うさぎ ふう た。 うさぎブログ 人気ブログランキングとブログ検索

デザートに大興奮!|うさぎのふうた

うさぎ ふう た

来歴 [ ] 出身。 その後、親の転勤で、と移り住む。 その後、系の繊維会社で営業をしていたが1年半で退社。 その後やとして活躍。 特に『』()誌上では「イボンヌ木村」 名義でゲームレビューなどを担当し人気を博したほか、「イボンヌ」を「イヌボン」と書き間違えてハガキを送ってきた読者がきっかけで「犬梵」なるキャラクター(創作者は)まで生まれた。 なお「犬梵」は当時のPC用『戦国秋葉原信長伝』()にも登場する人気キャラとなっている。 としてデビュー、より『』で人気を博す。 その後、ライトノベルを中心に作品を発表していたが自らの浪費家ぶり(品の買い物、通いなど)を赤裸々に書いたエッセイ『ビンボー日記』、『ショッピングの女王』がヒットした。 現在では、主にエッセイストとして活動している。 に顔を計12箇所し、話題を集めた。 その後、にをし、豊胸前・豊胸後のトップレスをで公表した。 さらに8月に「自分の女としてのを確かめる」ため、嬢として店で勤務した。 こうした体験実録は『新潮45』に掲載され、『週刊新潮』で記事にして宣伝していた。 6月には、7月9日号の『さん、税金払ってよ!』で『宗教団体に課税して、の復興財源に充当せよ』と発言している。 この発言に対し、宗教団体の『』は『宗教団体が非課税の理由』について、中村と対談を行っている。 2011年にとともに、HKB48(閉経Bフォーティーエイト)を結成し、デモ楽曲を作成し番組で公開するところまで至るも、資金が集まらず、早々にプロジェクト終了となった。 2013年、『狂人失格』のモデルの女性から名誉棄損で訴えられ、5月30日、堺支部により中村と刊行元のに対し100万円を支払うよう命じる判決が下された。 2013年8月に原因不明の手の震え、嘔吐などから入院。 同年9月15日にとなり大学病院のにおいて治療を受け 、9月18日に意識を回復した。 と診断されている。 100万人に1人という難病であったが回復し後にTOKYO-MXの「5時に夢中」にも復帰を果たした。 退院後テレビに出演したときに以前に比較して、顔にむくみ らしきものがあったため多くのユーザーサイトで話題になったが、中村自身はこの件については触れていない。 2015年1月、TOKYO-MXの水曜日の「5時に夢中」にと共にレギュラー主演していたが、美保とのトラブルが報じられ出演しなくなった。 発端は中村が5時に夢中のに対し、美保のことを「ポルノ女優のくせに」と言ったと報じられているがその後2人ともこの点には触れていない。 「2度とあの番組には出ない」と1月末に自身のブログに書いたあと5時に夢中の生放送の番組内でビデオ出演し「私はテレビに出るのは向かないかも」と言って謝罪し、番組を正式に降板した。 但し「また出るかも知れない」という含みのある言葉は残していた。 美保の事務所、本人は一切この件について語ることはなかった。 人物 [ ]• を自認している。 漫画家のと親しく、いくつもの共著を出しており、その愛称「くらたま」とあわせて「うさたま」と称される。 『』ではとの掛け合いの絶妙さから「うさじゅん」コンビと呼ばれていたこともあった。 「本名が平凡な名前だから、子供相手のファンタジー小説を書いてるから、子供が覚えやすい名前にしろと言われて、担当編集者がうさぎを飼ってて毎日うさぎの話ばっかりしてるから、じゃあ、うさぎでいいか」と「中村うさぎ」となった。 2013年7月15日の朝日新聞で、以降の日本が右傾化していると考えそれを問題視しており、「こんな流れが続くんだったら、税金払うの嫌だし、出て行くわ。 夫が香港の人だから香港でも行こうかな」などと発言している。 作品リスト [ ] ゴクドーくん漫遊記シリーズ [ ]• 全13巻(角川スニーカー文庫)1991-99 (11巻まで「極道くん」)• 外伝(電撃文庫)メディアワークス• 聖マリア修道院の怪談 電撃文庫 1993• アーサガ王妃と電卓の騎士たち• 俺たちは天使じゃねぇ• 王子と叔父貴とおかしなヤツら• 渚のオテンバ人魚• 眠れる森の美女と野獣• 幽霊城でつかまえて! 燃えよギョーザ3兄妹• パルミットの笛吹き• 地獄に堕ちた亡者ども JAJA姫武遊伝シリーズ [ ]• 悪魔が来たりてホラを吹く• 平安京鬼の乱• 全4巻• 物騒な女神たち• 獣の顔を持つ天使• さまよえるエロス 前・中編 シリーズ外 [ ]• 家族狂 角川書店、1997• ア・リトル・ドラゴン 1-4• 僕らは霊能探偵団! 1-2(イラスト:)• 愛と資本主義• 九頭龍神社殺人事件• イノセント• 月 9(げつく) 漫画原作 [ ]• 『ア・リトル・ドラゴン』作画:「」連載,刊,全5巻• 『』作画:「」連載,刊,全3巻• 『JAJA姫武勇伝』作画:「」連載,刊,全3巻• 『ショッピングの女王』作画:「」連載,刊,全2巻 エッセイ [ ]• ビンボー日記シリーズ• 『だって、買っちゃったんだもん! 『パリのトイレでシルブプレ〜〜! ショッピングの女王シリーズ• 『ショッピングの女王』、1999 のち文庫• 『崖っぷちだよ、人生は! 『ショッピングの女王 FINAL 最後の聖戦! 』文藝春秋、2004 のち文庫• 『うさぎの行きあたりばったり人生』、2000 のち角川文庫• 『屁タレどもよ! 』フィールドワイ、2001 のち• 『ダメな女と呼んでくれ』角川書店、2001 のち文庫• 『オヤジどもよ! 』フィールドワイ、2002 のち文春文庫• 『さびしいまる、くるしいまる。 』角川書店、2002 のち文庫• 『私、Hがヘタなんです! 』、2003• 『壊れたおねえさんは、好きですか? 』フィールドワイ、2003 のち文春文庫• 『穴があったら、落っこちたい! 』角川文庫、2003• 『悩み相談で解き明かす「人生って何? 」 生きる』マガジンハウス、2004• 『欲望の仕掛け人』、2004• 『中村家の食卓』フィールドワイ、2004• 『花も実もない人生だけど』角川書店、2004 のち文庫• 『生きる』マガジンハウス、2004 「悩んでなんぼ! 生きたオンナの作り方」ゴマ文庫• 『美人とは何か? 美意識過剰スパイラル』 2005 のち• 『愚者の道』角川書店 2005 のち文庫• 『さすらいの女王』文藝春秋 2005 のち文庫• 『女という病』、2005 のち文庫• 『私という病』新潮社、2006 のち文庫• 『芸のためなら亭主も泣かす』文藝春秋 2006 のち文庫• 『プロポーズはいらない』 2007 のち文庫• 『地獄めぐりのバスは往く』文春文庫 2007• 『鏡の告白』 2007• 『セックス放浪記』新潮社、2007 のち文庫• 『うさぎが鬼に会いにいく』、2007• 『女はかくもままならぬ』角川書店 2008• 『ババア・ウォーズ新たなる美貌』文春文庫 2009• 『こんな私が大嫌い! 』よりみちパン! セ 2009 のち• 『「イタい女」の作られ方 自意識過剰の姥皮地獄』集英社文庫 2009• 『狂人失格』 2010• 『閉経の逆襲 ババア・ウォーズ 2』文春文庫 2010• 『愛という病』新潮文庫(オリジナル)2010• 『税務署の復讐 ババア・ウォーズ 3』文春文庫 2011• 『月9 呪われた女たち』小学館文庫、2011• 『死からの生還』文藝春秋 2014• 『他者という病』新潮社 2015• 『あとは死ぬだけ』太田出版、2016年 共著・対談 [ ]• 『税金を払う人使う人 ・中村うさぎの激辛問答』日経BP社 2001• 『うさぎとくらたまのホストクラブなび』(共著)角川書店、2002 のち文庫• 『最後のY談』、 、2003• 『うさたまの暗夜行路対談』(倉田真由美)講談社、2004 「うさたまのいい女になるっ」文庫• 『うさたま恋のER緊急救命室』(倉田真由美共著)、2004• 『うさたま見聞録』倉田真由美 角川書店 2004• 『中村うさぎの四字熟誤』松田洋子 2004• 『自分の顔が許せない! 』対談 2004• 『女神の欲望』岩井志麻子、共著、テレビ東京『女神の欲望』編 メディアファクトリー 2004• 『うさたまの霊長類オンナ科図鑑』倉田真由美 角川書店, 2005• 『うさぎ・邦正の人生バラ色相談所 苦悩の泥沼にハマッてしまった人へ』 2005• 『うさたまのオバ化注意報』倉田真由美 小学館 2005• 『結婚はオートクチュール』フィールドワイ、2005(「」の書籍版)• 『幸福論』対談 2006• 『マッド高梨の美容整形講座』 マガジンハウス 2006• 『彼らの地獄我らの砂漠 事件巡礼』 メディアックス 2006• 『うさぎとマツコの往復書簡』 2010 リレーコラムの書籍化• 『全身ジレンマ』• 『愚の骨頂 続うさぎとマツコの往復書簡』毎日新聞社 2011 「自虐ドキュメント」双葉文庫• 『聖書を語る-宗教は震災後の日本を救えるか』 文藝春秋 2011 のち文庫• 『騙されない生き方 本当の幸せをつかむ方法』 2011• 『喧嘩上等 うさぎとマツコの往復書簡 3』毎日新聞社 2012• 『わたしのままでママをやる』,,倉田真由美,共著 WAVE出版 2012• 『脳はこんなに悩ましい』 新潮社、2012 新潮文庫、2015• 『女子漂流 うさぎとしをんのないしょのはなし』共著 毎日新聞社 2013• 『聖書を読む』佐藤優共著 文藝春秋 2013 文春文庫、2016年• 『同行二人 うさぎとマツコの往復書簡 4』毎日新聞社 2014• 『死を笑う うさぎとまさると生と死と』佐藤優共著 毎日新聞社 2015• 『ぼくは、かいぶつになりたくないのに』絵/、文/中村うさぎ(、2018) テレビ出演 [ ]• (ホステス)• ( 2004年4月19日)• ( 2004年9月5日)• ( 2007年4月より)• ( 2007年11月18日)• ( 2008年1月30日 - 2015年2月11日)• ( 2009年5月27日) 映画 [ ]• UTAKATA ウタカタ -~女王・中村うさぎ「愛のショック療法」~(2005年1月8日 )出演:中村うさぎ、、倉田真由美、中瀬ゆかり 監督:中村文 舞台 [ ]• (2016年) - 書き下ろし原作とテーマソングの作詞を務める。 WEB連載 [ ]• 中村うさぎのアダルトクエスト(第1回:2013年06月29日 - 第6回:2013年12月19日、) 脚注 [ ]• 名付け親は(現・社長)。 また「木村」は当時の苗字。 その後、離婚したため本名は「中村」姓に戻ったが、ペンネームとしては「木村」姓をその後しばらく使い続けた。 「蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾」(アスキー、2007年)pp. 8-9• 朝日新聞 2013年5月30日• スポニチ 2013年9月18日 16:15• 中村うさぎvsマッド高梨 ガチBLOG! 2013年9月18日• 『セックス放浪記』131頁• 中村うさぎ 2013年7月15日. 2013年7月15日閲覧。 2013年6月29日. 2013年7月29日. 2013年8月30日. 2013年9月29日. 2013年10月30日. 2013年12月19日. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• nakamurausagi - 旧アカウント この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の

デザートに大興奮!|うさぎのふうた

うさぎ ふう た

来歴 [ ] 出身。 その後、親の転勤で、と移り住む。 その後、系の繊維会社で営業をしていたが1年半で退社。 その後やとして活躍。 特に『』()誌上では「イボンヌ木村」 名義でゲームレビューなどを担当し人気を博したほか、「イボンヌ」を「イヌボン」と書き間違えてハガキを送ってきた読者がきっかけで「犬梵」なるキャラクター(創作者は)まで生まれた。 なお「犬梵」は当時のPC用『戦国秋葉原信長伝』()にも登場する人気キャラとなっている。 としてデビュー、より『』で人気を博す。 その後、ライトノベルを中心に作品を発表していたが自らの浪費家ぶり(品の買い物、通いなど)を赤裸々に書いたエッセイ『ビンボー日記』、『ショッピングの女王』がヒットした。 現在では、主にエッセイストとして活動している。 に顔を計12箇所し、話題を集めた。 その後、にをし、豊胸前・豊胸後のトップレスをで公表した。 さらに8月に「自分の女としてのを確かめる」ため、嬢として店で勤務した。 こうした体験実録は『新潮45』に掲載され、『週刊新潮』で記事にして宣伝していた。 6月には、7月9日号の『さん、税金払ってよ!』で『宗教団体に課税して、の復興財源に充当せよ』と発言している。 この発言に対し、宗教団体の『』は『宗教団体が非課税の理由』について、中村と対談を行っている。 2011年にとともに、HKB48(閉経Bフォーティーエイト)を結成し、デモ楽曲を作成し番組で公開するところまで至るも、資金が集まらず、早々にプロジェクト終了となった。 2013年、『狂人失格』のモデルの女性から名誉棄損で訴えられ、5月30日、堺支部により中村と刊行元のに対し100万円を支払うよう命じる判決が下された。 2013年8月に原因不明の手の震え、嘔吐などから入院。 同年9月15日にとなり大学病院のにおいて治療を受け 、9月18日に意識を回復した。 と診断されている。 100万人に1人という難病であったが回復し後にTOKYO-MXの「5時に夢中」にも復帰を果たした。 退院後テレビに出演したときに以前に比較して、顔にむくみ らしきものがあったため多くのユーザーサイトで話題になったが、中村自身はこの件については触れていない。 2015年1月、TOKYO-MXの水曜日の「5時に夢中」にと共にレギュラー主演していたが、美保とのトラブルが報じられ出演しなくなった。 発端は中村が5時に夢中のに対し、美保のことを「ポルノ女優のくせに」と言ったと報じられているがその後2人ともこの点には触れていない。 「2度とあの番組には出ない」と1月末に自身のブログに書いたあと5時に夢中の生放送の番組内でビデオ出演し「私はテレビに出るのは向かないかも」と言って謝罪し、番組を正式に降板した。 但し「また出るかも知れない」という含みのある言葉は残していた。 美保の事務所、本人は一切この件について語ることはなかった。 人物 [ ]• を自認している。 漫画家のと親しく、いくつもの共著を出しており、その愛称「くらたま」とあわせて「うさたま」と称される。 『』ではとの掛け合いの絶妙さから「うさじゅん」コンビと呼ばれていたこともあった。 「本名が平凡な名前だから、子供相手のファンタジー小説を書いてるから、子供が覚えやすい名前にしろと言われて、担当編集者がうさぎを飼ってて毎日うさぎの話ばっかりしてるから、じゃあ、うさぎでいいか」と「中村うさぎ」となった。 2013年7月15日の朝日新聞で、以降の日本が右傾化していると考えそれを問題視しており、「こんな流れが続くんだったら、税金払うの嫌だし、出て行くわ。 夫が香港の人だから香港でも行こうかな」などと発言している。 作品リスト [ ] ゴクドーくん漫遊記シリーズ [ ]• 全13巻(角川スニーカー文庫)1991-99 (11巻まで「極道くん」)• 外伝(電撃文庫)メディアワークス• 聖マリア修道院の怪談 電撃文庫 1993• アーサガ王妃と電卓の騎士たち• 俺たちは天使じゃねぇ• 王子と叔父貴とおかしなヤツら• 渚のオテンバ人魚• 眠れる森の美女と野獣• 幽霊城でつかまえて! 燃えよギョーザ3兄妹• パルミットの笛吹き• 地獄に堕ちた亡者ども JAJA姫武遊伝シリーズ [ ]• 悪魔が来たりてホラを吹く• 平安京鬼の乱• 全4巻• 物騒な女神たち• 獣の顔を持つ天使• さまよえるエロス 前・中編 シリーズ外 [ ]• 家族狂 角川書店、1997• ア・リトル・ドラゴン 1-4• 僕らは霊能探偵団! 1-2(イラスト:)• 愛と資本主義• 九頭龍神社殺人事件• イノセント• 月 9(げつく) 漫画原作 [ ]• 『ア・リトル・ドラゴン』作画:「」連載,刊,全5巻• 『』作画:「」連載,刊,全3巻• 『JAJA姫武勇伝』作画:「」連載,刊,全3巻• 『ショッピングの女王』作画:「」連載,刊,全2巻 エッセイ [ ]• ビンボー日記シリーズ• 『だって、買っちゃったんだもん! 『パリのトイレでシルブプレ〜〜! ショッピングの女王シリーズ• 『ショッピングの女王』、1999 のち文庫• 『崖っぷちだよ、人生は! 『ショッピングの女王 FINAL 最後の聖戦! 』文藝春秋、2004 のち文庫• 『うさぎの行きあたりばったり人生』、2000 のち角川文庫• 『屁タレどもよ! 』フィールドワイ、2001 のち• 『ダメな女と呼んでくれ』角川書店、2001 のち文庫• 『オヤジどもよ! 』フィールドワイ、2002 のち文春文庫• 『さびしいまる、くるしいまる。 』角川書店、2002 のち文庫• 『私、Hがヘタなんです! 』、2003• 『壊れたおねえさんは、好きですか? 』フィールドワイ、2003 のち文春文庫• 『穴があったら、落っこちたい! 』角川文庫、2003• 『悩み相談で解き明かす「人生って何? 」 生きる』マガジンハウス、2004• 『欲望の仕掛け人』、2004• 『中村家の食卓』フィールドワイ、2004• 『花も実もない人生だけど』角川書店、2004 のち文庫• 『生きる』マガジンハウス、2004 「悩んでなんぼ! 生きたオンナの作り方」ゴマ文庫• 『美人とは何か? 美意識過剰スパイラル』 2005 のち• 『愚者の道』角川書店 2005 のち文庫• 『さすらいの女王』文藝春秋 2005 のち文庫• 『女という病』、2005 のち文庫• 『私という病』新潮社、2006 のち文庫• 『芸のためなら亭主も泣かす』文藝春秋 2006 のち文庫• 『プロポーズはいらない』 2007 のち文庫• 『地獄めぐりのバスは往く』文春文庫 2007• 『鏡の告白』 2007• 『セックス放浪記』新潮社、2007 のち文庫• 『うさぎが鬼に会いにいく』、2007• 『女はかくもままならぬ』角川書店 2008• 『ババア・ウォーズ新たなる美貌』文春文庫 2009• 『こんな私が大嫌い! 』よりみちパン! セ 2009 のち• 『「イタい女」の作られ方 自意識過剰の姥皮地獄』集英社文庫 2009• 『狂人失格』 2010• 『閉経の逆襲 ババア・ウォーズ 2』文春文庫 2010• 『愛という病』新潮文庫(オリジナル)2010• 『税務署の復讐 ババア・ウォーズ 3』文春文庫 2011• 『月9 呪われた女たち』小学館文庫、2011• 『死からの生還』文藝春秋 2014• 『他者という病』新潮社 2015• 『あとは死ぬだけ』太田出版、2016年 共著・対談 [ ]• 『税金を払う人使う人 ・中村うさぎの激辛問答』日経BP社 2001• 『うさぎとくらたまのホストクラブなび』(共著)角川書店、2002 のち文庫• 『最後のY談』、 、2003• 『うさたまの暗夜行路対談』(倉田真由美)講談社、2004 「うさたまのいい女になるっ」文庫• 『うさたま恋のER緊急救命室』(倉田真由美共著)、2004• 『うさたま見聞録』倉田真由美 角川書店 2004• 『中村うさぎの四字熟誤』松田洋子 2004• 『自分の顔が許せない! 』対談 2004• 『女神の欲望』岩井志麻子、共著、テレビ東京『女神の欲望』編 メディアファクトリー 2004• 『うさたまの霊長類オンナ科図鑑』倉田真由美 角川書店, 2005• 『うさぎ・邦正の人生バラ色相談所 苦悩の泥沼にハマッてしまった人へ』 2005• 『うさたまのオバ化注意報』倉田真由美 小学館 2005• 『結婚はオートクチュール』フィールドワイ、2005(「」の書籍版)• 『幸福論』対談 2006• 『マッド高梨の美容整形講座』 マガジンハウス 2006• 『彼らの地獄我らの砂漠 事件巡礼』 メディアックス 2006• 『うさぎとマツコの往復書簡』 2010 リレーコラムの書籍化• 『全身ジレンマ』• 『愚の骨頂 続うさぎとマツコの往復書簡』毎日新聞社 2011 「自虐ドキュメント」双葉文庫• 『聖書を語る-宗教は震災後の日本を救えるか』 文藝春秋 2011 のち文庫• 『騙されない生き方 本当の幸せをつかむ方法』 2011• 『喧嘩上等 うさぎとマツコの往復書簡 3』毎日新聞社 2012• 『わたしのままでママをやる』,,倉田真由美,共著 WAVE出版 2012• 『脳はこんなに悩ましい』 新潮社、2012 新潮文庫、2015• 『女子漂流 うさぎとしをんのないしょのはなし』共著 毎日新聞社 2013• 『聖書を読む』佐藤優共著 文藝春秋 2013 文春文庫、2016年• 『同行二人 うさぎとマツコの往復書簡 4』毎日新聞社 2014• 『死を笑う うさぎとまさると生と死と』佐藤優共著 毎日新聞社 2015• 『ぼくは、かいぶつになりたくないのに』絵/、文/中村うさぎ(、2018) テレビ出演 [ ]• (ホステス)• ( 2004年4月19日)• ( 2004年9月5日)• ( 2007年4月より)• ( 2007年11月18日)• ( 2008年1月30日 - 2015年2月11日)• ( 2009年5月27日) 映画 [ ]• UTAKATA ウタカタ -~女王・中村うさぎ「愛のショック療法」~(2005年1月8日 )出演:中村うさぎ、、倉田真由美、中瀬ゆかり 監督:中村文 舞台 [ ]• (2016年) - 書き下ろし原作とテーマソングの作詞を務める。 WEB連載 [ ]• 中村うさぎのアダルトクエスト(第1回:2013年06月29日 - 第6回:2013年12月19日、) 脚注 [ ]• 名付け親は(現・社長)。 また「木村」は当時の苗字。 その後、離婚したため本名は「中村」姓に戻ったが、ペンネームとしては「木村」姓をその後しばらく使い続けた。 「蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾」(アスキー、2007年)pp. 8-9• 朝日新聞 2013年5月30日• スポニチ 2013年9月18日 16:15• 中村うさぎvsマッド高梨 ガチBLOG! 2013年9月18日• 『セックス放浪記』131頁• 中村うさぎ 2013年7月15日. 2013年7月15日閲覧。 2013年6月29日. 2013年7月29日. 2013年8月30日. 2013年9月29日. 2013年10月30日. 2013年12月19日. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• nakamurausagi - 旧アカウント この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の

うさぎブログ 人気ブログランキングとブログ検索

うさぎ ふう た

来歴 [ ] 出身。 その後、親の転勤で、と移り住む。 その後、系の繊維会社で営業をしていたが1年半で退社。 その後やとして活躍。 特に『』()誌上では「イボンヌ木村」 名義でゲームレビューなどを担当し人気を博したほか、「イボンヌ」を「イヌボン」と書き間違えてハガキを送ってきた読者がきっかけで「犬梵」なるキャラクター(創作者は)まで生まれた。 なお「犬梵」は当時のPC用『戦国秋葉原信長伝』()にも登場する人気キャラとなっている。 としてデビュー、より『』で人気を博す。 その後、ライトノベルを中心に作品を発表していたが自らの浪費家ぶり(品の買い物、通いなど)を赤裸々に書いたエッセイ『ビンボー日記』、『ショッピングの女王』がヒットした。 現在では、主にエッセイストとして活動している。 に顔を計12箇所し、話題を集めた。 その後、にをし、豊胸前・豊胸後のトップレスをで公表した。 さらに8月に「自分の女としてのを確かめる」ため、嬢として店で勤務した。 こうした体験実録は『新潮45』に掲載され、『週刊新潮』で記事にして宣伝していた。 6月には、7月9日号の『さん、税金払ってよ!』で『宗教団体に課税して、の復興財源に充当せよ』と発言している。 この発言に対し、宗教団体の『』は『宗教団体が非課税の理由』について、中村と対談を行っている。 2011年にとともに、HKB48(閉経Bフォーティーエイト)を結成し、デモ楽曲を作成し番組で公開するところまで至るも、資金が集まらず、早々にプロジェクト終了となった。 2013年、『狂人失格』のモデルの女性から名誉棄損で訴えられ、5月30日、堺支部により中村と刊行元のに対し100万円を支払うよう命じる判決が下された。 2013年8月に原因不明の手の震え、嘔吐などから入院。 同年9月15日にとなり大学病院のにおいて治療を受け 、9月18日に意識を回復した。 と診断されている。 100万人に1人という難病であったが回復し後にTOKYO-MXの「5時に夢中」にも復帰を果たした。 退院後テレビに出演したときに以前に比較して、顔にむくみ らしきものがあったため多くのユーザーサイトで話題になったが、中村自身はこの件については触れていない。 2015年1月、TOKYO-MXの水曜日の「5時に夢中」にと共にレギュラー主演していたが、美保とのトラブルが報じられ出演しなくなった。 発端は中村が5時に夢中のに対し、美保のことを「ポルノ女優のくせに」と言ったと報じられているがその後2人ともこの点には触れていない。 「2度とあの番組には出ない」と1月末に自身のブログに書いたあと5時に夢中の生放送の番組内でビデオ出演し「私はテレビに出るのは向かないかも」と言って謝罪し、番組を正式に降板した。 但し「また出るかも知れない」という含みのある言葉は残していた。 美保の事務所、本人は一切この件について語ることはなかった。 人物 [ ]• を自認している。 漫画家のと親しく、いくつもの共著を出しており、その愛称「くらたま」とあわせて「うさたま」と称される。 『』ではとの掛け合いの絶妙さから「うさじゅん」コンビと呼ばれていたこともあった。 「本名が平凡な名前だから、子供相手のファンタジー小説を書いてるから、子供が覚えやすい名前にしろと言われて、担当編集者がうさぎを飼ってて毎日うさぎの話ばっかりしてるから、じゃあ、うさぎでいいか」と「中村うさぎ」となった。 2013年7月15日の朝日新聞で、以降の日本が右傾化していると考えそれを問題視しており、「こんな流れが続くんだったら、税金払うの嫌だし、出て行くわ。 夫が香港の人だから香港でも行こうかな」などと発言している。 作品リスト [ ] ゴクドーくん漫遊記シリーズ [ ]• 全13巻(角川スニーカー文庫)1991-99 (11巻まで「極道くん」)• 外伝(電撃文庫)メディアワークス• 聖マリア修道院の怪談 電撃文庫 1993• アーサガ王妃と電卓の騎士たち• 俺たちは天使じゃねぇ• 王子と叔父貴とおかしなヤツら• 渚のオテンバ人魚• 眠れる森の美女と野獣• 幽霊城でつかまえて! 燃えよギョーザ3兄妹• パルミットの笛吹き• 地獄に堕ちた亡者ども JAJA姫武遊伝シリーズ [ ]• 悪魔が来たりてホラを吹く• 平安京鬼の乱• 全4巻• 物騒な女神たち• 獣の顔を持つ天使• さまよえるエロス 前・中編 シリーズ外 [ ]• 家族狂 角川書店、1997• ア・リトル・ドラゴン 1-4• 僕らは霊能探偵団! 1-2(イラスト:)• 愛と資本主義• 九頭龍神社殺人事件• イノセント• 月 9(げつく) 漫画原作 [ ]• 『ア・リトル・ドラゴン』作画:「」連載,刊,全5巻• 『』作画:「」連載,刊,全3巻• 『JAJA姫武勇伝』作画:「」連載,刊,全3巻• 『ショッピングの女王』作画:「」連載,刊,全2巻 エッセイ [ ]• ビンボー日記シリーズ• 『だって、買っちゃったんだもん! 『パリのトイレでシルブプレ〜〜! ショッピングの女王シリーズ• 『ショッピングの女王』、1999 のち文庫• 『崖っぷちだよ、人生は! 『ショッピングの女王 FINAL 最後の聖戦! 』文藝春秋、2004 のち文庫• 『うさぎの行きあたりばったり人生』、2000 のち角川文庫• 『屁タレどもよ! 』フィールドワイ、2001 のち• 『ダメな女と呼んでくれ』角川書店、2001 のち文庫• 『オヤジどもよ! 』フィールドワイ、2002 のち文春文庫• 『さびしいまる、くるしいまる。 』角川書店、2002 のち文庫• 『私、Hがヘタなんです! 』、2003• 『壊れたおねえさんは、好きですか? 』フィールドワイ、2003 のち文春文庫• 『穴があったら、落っこちたい! 』角川文庫、2003• 『悩み相談で解き明かす「人生って何? 」 生きる』マガジンハウス、2004• 『欲望の仕掛け人』、2004• 『中村家の食卓』フィールドワイ、2004• 『花も実もない人生だけど』角川書店、2004 のち文庫• 『生きる』マガジンハウス、2004 「悩んでなんぼ! 生きたオンナの作り方」ゴマ文庫• 『美人とは何か? 美意識過剰スパイラル』 2005 のち• 『愚者の道』角川書店 2005 のち文庫• 『さすらいの女王』文藝春秋 2005 のち文庫• 『女という病』、2005 のち文庫• 『私という病』新潮社、2006 のち文庫• 『芸のためなら亭主も泣かす』文藝春秋 2006 のち文庫• 『プロポーズはいらない』 2007 のち文庫• 『地獄めぐりのバスは往く』文春文庫 2007• 『鏡の告白』 2007• 『セックス放浪記』新潮社、2007 のち文庫• 『うさぎが鬼に会いにいく』、2007• 『女はかくもままならぬ』角川書店 2008• 『ババア・ウォーズ新たなる美貌』文春文庫 2009• 『こんな私が大嫌い! 』よりみちパン! セ 2009 のち• 『「イタい女」の作られ方 自意識過剰の姥皮地獄』集英社文庫 2009• 『狂人失格』 2010• 『閉経の逆襲 ババア・ウォーズ 2』文春文庫 2010• 『愛という病』新潮文庫(オリジナル)2010• 『税務署の復讐 ババア・ウォーズ 3』文春文庫 2011• 『月9 呪われた女たち』小学館文庫、2011• 『死からの生還』文藝春秋 2014• 『他者という病』新潮社 2015• 『あとは死ぬだけ』太田出版、2016年 共著・対談 [ ]• 『税金を払う人使う人 ・中村うさぎの激辛問答』日経BP社 2001• 『うさぎとくらたまのホストクラブなび』(共著)角川書店、2002 のち文庫• 『最後のY談』、 、2003• 『うさたまの暗夜行路対談』(倉田真由美)講談社、2004 「うさたまのいい女になるっ」文庫• 『うさたま恋のER緊急救命室』(倉田真由美共著)、2004• 『うさたま見聞録』倉田真由美 角川書店 2004• 『中村うさぎの四字熟誤』松田洋子 2004• 『自分の顔が許せない! 』対談 2004• 『女神の欲望』岩井志麻子、共著、テレビ東京『女神の欲望』編 メディアファクトリー 2004• 『うさたまの霊長類オンナ科図鑑』倉田真由美 角川書店, 2005• 『うさぎ・邦正の人生バラ色相談所 苦悩の泥沼にハマッてしまった人へ』 2005• 『うさたまのオバ化注意報』倉田真由美 小学館 2005• 『結婚はオートクチュール』フィールドワイ、2005(「」の書籍版)• 『幸福論』対談 2006• 『マッド高梨の美容整形講座』 マガジンハウス 2006• 『彼らの地獄我らの砂漠 事件巡礼』 メディアックス 2006• 『うさぎとマツコの往復書簡』 2010 リレーコラムの書籍化• 『全身ジレンマ』• 『愚の骨頂 続うさぎとマツコの往復書簡』毎日新聞社 2011 「自虐ドキュメント」双葉文庫• 『聖書を語る-宗教は震災後の日本を救えるか』 文藝春秋 2011 のち文庫• 『騙されない生き方 本当の幸せをつかむ方法』 2011• 『喧嘩上等 うさぎとマツコの往復書簡 3』毎日新聞社 2012• 『わたしのままでママをやる』,,倉田真由美,共著 WAVE出版 2012• 『脳はこんなに悩ましい』 新潮社、2012 新潮文庫、2015• 『女子漂流 うさぎとしをんのないしょのはなし』共著 毎日新聞社 2013• 『聖書を読む』佐藤優共著 文藝春秋 2013 文春文庫、2016年• 『同行二人 うさぎとマツコの往復書簡 4』毎日新聞社 2014• 『死を笑う うさぎとまさると生と死と』佐藤優共著 毎日新聞社 2015• 『ぼくは、かいぶつになりたくないのに』絵/、文/中村うさぎ(、2018) テレビ出演 [ ]• (ホステス)• ( 2004年4月19日)• ( 2004年9月5日)• ( 2007年4月より)• ( 2007年11月18日)• ( 2008年1月30日 - 2015年2月11日)• ( 2009年5月27日) 映画 [ ]• UTAKATA ウタカタ -~女王・中村うさぎ「愛のショック療法」~(2005年1月8日 )出演:中村うさぎ、、倉田真由美、中瀬ゆかり 監督:中村文 舞台 [ ]• (2016年) - 書き下ろし原作とテーマソングの作詞を務める。 WEB連載 [ ]• 中村うさぎのアダルトクエスト(第1回:2013年06月29日 - 第6回:2013年12月19日、) 脚注 [ ]• 名付け親は(現・社長)。 また「木村」は当時の苗字。 その後、離婚したため本名は「中村」姓に戻ったが、ペンネームとしては「木村」姓をその後しばらく使い続けた。 「蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾」(アスキー、2007年)pp. 8-9• 朝日新聞 2013年5月30日• スポニチ 2013年9月18日 16:15• 中村うさぎvsマッド高梨 ガチBLOG! 2013年9月18日• 『セックス放浪記』131頁• 中村うさぎ 2013年7月15日. 2013年7月15日閲覧。 2013年6月29日. 2013年7月29日. 2013年8月30日. 2013年9月29日. 2013年10月30日. 2013年12月19日. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• nakamurausagi - 旧アカウント この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の