吉野 彰 ノーベル 賞 受賞。 ノーベル賞受賞の吉野彰さんが講演「持続可能社会の構築に責任」はちょっと無理では。

吉野彰氏にノーベル化学賞 : 日本出身のノーベル賞受賞者一覧

吉野 彰 ノーベル 賞 受賞

Contents• I 吉野彰氏が開発したリチウムイオン電池はこんなに凄いものだった!! 吉野彰氏は、この電池の原形を1985年(昭和60年)に世界で初めて作りました。 それでは、何がどうそれまでの電池と異なっていたのでしょうか? 吉野彰氏が開発したリチウムイオン電池は、小型・軽量で出力が大きい上に激しい発熱を抑えて安全性が高く、充電しながら何度でも繰り返し使うことができます。 「ニッケル」や「鉛」などを使ったそれまでの電池は、1. 5ボルト前後という低い電圧しか取り出せませんでした。 一方で、「リチウム」を使うと3ボルト以上という高い電圧は得られることはわかっていたのですが、発熱や発火のおそれがあり安全に充電することができないという大きな問題点を持っていたんです。 また、それまでの充電式電池の主流は、ニッケル・カドミウム蓄電池やニッケル水素電池などが使われていましたが、これらの電池は、最後まで放電してから充電をしないと、次第に電池の容量が減ってしまうという問題点がありました。 当時(約35年前)は、「 もっと小さくて使いやすい充電池がほしい…」という社会のニーズが間違いなくありましたし、「 小型、軽量、高出力で安全、繰り返し使える電池…」を実現するために世界のあまたの科学者が頭を悩ませていたわけです。 電池は、正負の電極にどんな物質を使うかによって性能が決まるといわれています…。 吉野彰氏は、試行錯誤を繰り返しつつ遂に共同受賞者のグッドイナフ氏らが開発したコバルト酸リチウムを正極に、炭素材料を負極に選び、1985年、ついに世界のあまたの科学者が頭を悩ませつづけてきた…「小型、軽量、高出力で安全、繰り返し使える電池…」を作る技術を確立したわけです。 吉野彰氏がリチウムイオン電池を開発したのち、ソニーが1991年(平成3年)にデジタルビデオカメラを小型化する目的で初めて製品化しました。 その後は、ノートパソコンやスマートフォンといった携帯機器を中心に搭載されるようになりましたね。 最近は電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の動力源としても欠かせないほか、太陽光発電で生み出した電気を蓄える用途でも需要が拡大しているわけです。 もしこのリチウムイオン電池がなければ…これらの製品も普及していないことを鑑みるとその社会的、経済的な影響は計り知れないわけです! 1992年(平成3年)9月には、リチウムイオン電池をバックパックとして初めて搭載した家庭用ビデオカメラがソニーから発売されました。 そうなんです…といってもわかる方にしかわかりませんけどね!…なんと私が結婚して6年目、まだまだ新婚気分が残っていた?頃でしたでしょうか…(笑) 当時、20万円ぐらいしたのではないかと思いますが、何か月かの分割払いで即購入しました。 当時は北海道にいましたので車でよく旅行したものですが、旅のお供には必ずパスポートサイズのハンディカメラを持ち歩いていたのを覚えていますよ。 そういえばたしかに、結婚した6年前のハワイへの新婚旅行の時は、小型のビデオカメラはありませんでした。 実家の親父(今はもう80になりますが…)が新しもの好きで、肩で担ぐタイプのビデオカメラを持っていましたので、これを拝借していましたが、さすがに重いし大きいので結局新婚旅行には持っていくことはできなかったんです。 そして、90年代半ば(約25年前)にIT革命が起きますと、さらに小型軽量化されたリチウムイオン電池は爆発的に普及しました。 いまやもう、何の違和感もなく普通にスマートフォンやパソコンなどのモバイル機器に広く使われているわけです。 90年代半ば(約25年前)には、携帯電話が登場しました。 仕事の都合で海外に出張する機会がありましたが、当時JALのマイレージキャンペーンかなにかで、携帯電話などがもれなくもらえる…というのがありまして、これに応募して携帯電話を初めてゲットしたのも鮮明に覚えていますよ。 これには胸が躍りましたね。 今のように当然薄型ではありませんでしたよ。 ちょうど固定電話の子機ぐらいの大きさだったでしょうか、これでも家の中ではなく間違いなく外でも使える携帯電話を手にできたことで、当時は大感動していたわけです…(笑) まあ、いずれにしましても…吉野彰氏の偉大な発明が 現代生活を支える文明の利器として我々の住む世界(身近な生活)を正に実感できるように変えてくれたことは間違いありません。 …すごいことだと思います!! そして、近年は電気自動車や太陽光発電の蓄電池などにその用途が広がっていますし、 環境問題を解決する新しい未来の社会ができる可能性を切り開いています。 リチウムイオン電池は、以上のように現代生活を支える文明の利器として我々の住む世界を変えてくれましたが、我々の現代生活の根本となる我が国の平和と安全を守る防衛装備にも多く使用されていることをご存じでしょうか? そうりゅう型潜水艦の11番艦「おうりゅう」は、リチウムイオン電池を搭載した世界初の潜水艦です。 リチウムイオン電池は液体の電解質を使わずガスを放出しません。 エネルギーも2倍になると言われています。 そこでまず、注目しなければならないと思う点は、吉野彰氏が 民間企業の研究者であることです。 過去には、02年の化学賞を受けた田中耕一氏(島津製作所シニアフェロー)や、徳島県のメーカーで青色発光ダイオードを開発し、14年の物理学賞を受けた中村修二氏らがおられます。 企業での研究開発は、 商品化というゴールを常に意識することが求められているわけです。 吉野彰氏は当初、ノーベル化学賞受賞者の白川英樹氏らが開発した「電気を通すプラスチック」ポリアセチレンの産業応用を検討する中で、これを電池の電極に使えないかと思いついたそうです。 このアイデアは結果的に不調に終わりましたが、試行錯誤を重ねた結果、代わりに電気的特性の似た炭素材料を選び、画期的な発明につなげたわけです。 基礎研究の成果を応用へと生かした涙ぐましい努力の成果を結実させた素晴らしい事例だと言えると思います。 「…頂いたときに最初に申し上げたいのは、インダストリーの吉野を選んでくれたということ。 ノーベル賞は傾向としてはアカデミアの世界のものだった。 産業界の研究者のモチベーションにつながれば…」 …と受賞前の取材の時は、受賞したときにこのように答えたいとおっしゃっていたそうです。 受賞後に実際ご本人から具体的な言及があったかにつきましては定かでは御座いませんが… そうした事については、このリチウムイオン電池が、 現代生活を支えそしてこれからも支え続けていく発展性のある文明の利器 であること… 世界中の方々がこの恩恵を被り続けるわけですから、常に新しい商品化を目標を求められている企業の研究者の一人である吉野彰氏がこのノーベル化学賞という偉大なる賞を受賞したということを我々は忘れてはならないと強く思っています。 吉野彰氏の周りには、若手の研究者が絶えず集まってくるといわれています… 吉野彰氏と一緒に研究している名城大理工学部の土屋文氏(50)は、吉野氏の人柄について「とにかく優しくて気さく」… 「こちらが話をしてもまず否定せず受け入れて、『こうしたら』とアドバイスをくれる」と言う。 相談のメールをすると、「部屋に来て下さい」と快く応じてくれ、とにかく「敷居が低い」方であるとおっしゃっているそうです。 後に続く後輩研究者が励みとなる対応をされている姿が目に浮かぶようです。 お人柄は会見時のお写真、表情からもうかがえることができますよね。 実るほど頭を垂れる稲穂かな…ノーベル賞を受賞されるに相応しい大きな器を持っていらっしゃる方だと強く感じたのは私だけではないと思います。 受賞後の会見を拝見しておりますと、よく「剛」と「柔」、「信念をもって前に進む粘り強さ」と「なんとかなるさという磊落さ」のバランスをうまくとってゆくことが研究者として重要な資質だという趣旨のお話を耳にします。 まさに吉野彰氏が実践されてきたことですし、それが氏のお人柄そのものであると強く感じました。 吉野彰氏がノーベル賞候補に挙がったのは7~8年前だそうですが、いつかきっとノーベル賞を取れるものだと確信をしていたそうです。 「…必ずいつかは受賞できると思っていました。 化学賞の対象分野はフィールドがとても広いのです…だからなかなか順番が回ってこないのですよ…これは仕方ないんですよね…」こう言った趣旨のことをおっしゃっておられたのがとても印象に残っています。 「剛」と「柔」の実践、「信念・忍耐力」と「磊落・フレンドリーさ」バランスの取れたお人柄…器の大きい、素晴らしいお方だと思う次第です。 これでないとノーベル賞は取れませんよね。 …この度は誠におめでとうございます。 今回は、吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞できた2つの理由について解りやすく解説させていただきました。 最後までご覧いただき誠にありがとうございました。 それではまた…。

次の

吉野彰の受賞理由を解りやすく解説!実力・功績や旭化成での評判他

吉野 彰 ノーベル 賞 受賞

10日午後、妻の久美子さんとそろって記者会見に応じた旭化成の吉野彰名誉フェロー ノーベル賞受賞発表から一夜明けた10日午後、都内で改めて吉野氏の記者会見が開かれた。 同席した妻の久美子さんは、吉野氏のどんなところに引かれたのかとの質問に「まず、誠実であると感じられたこと。 何事も一生懸命だというところ。 社会悪に立ち向かっていくということを感じられたこと」と答えた。 吉野氏が当時、感じていた社会悪とは公害問題だったようだ。 実際、吉野氏はリチウムイオン電池が環境問題の解決につながることに強い意義を感じている。 「EV(電気自動車)の普及で車をクリーンにするだけではない。 EVに積んでいる電池が巨大な蓄電システムを兼ねるようになる。 そうすれば太陽光発電や風力発電などの変動が激しい発電方法が普及しやすくなる」。 9日夜の会見で、吉野氏はリチウムイオン電池と環境問題の関係をこう説明した。 電話機、パソコン、掃除機、工具……。 リチウムイオン電池のおかげで世の中の様々なものから電源コードが取り外された。 カメラや携帯型ゲーム機、音楽プレーヤーなどは電池交換の煩わしさから解放された。 「リチウムイオン電池はIT革命というとてつもない革命とともに生まれ育ってきた」と吉野氏は振り返る。 ところが当の本人は「私自身は携帯電話を持つことに抵抗があったので、最近まで持たなかった」と会見で苦笑いした。 5年前に買ったスマートフォンが、自身が所有する最初の携帯電話機になったという。 10日午前、ノーベル化学賞受賞決定から一夜明け、社員から花束を贈られ笑顔を見せる旭化成の吉野彰名誉フェロー(写真:共同通信) 「発電によるCO2(二酸化炭素)排出問題を解決するには再生可能エネルギーで発電する社会システムにしていく必要がある」と語る吉野氏。 太陽光や風力などによる発電量の変動を吸収して安定供給するための蓄電システムが必要になるが、「そのためだけに作ると相当な費用がかかってしまう」。 そこでEVを通じて大容量の電池を社会に普及させ、それを蓄電システムの一部として利用していく。 これが吉野氏の願うシナリオだ。 「リチウムイオン電池の決め手となるリチウムイオンの本当の姿はまだまだ謎だらけ」と吉野氏は話す。 「全固体電池」などの新しい技術の登場で、従来の考え方では説明しきれない現象が出てきたのだという。 「リチウムイオンとは何かという原点に立ち返って調べなければならない状況にわくわくしている」。 吉野氏の目は今も未来に注がれている。 本サミットでは、こうした中で自動車産業はもとより通信事業者や電機メーカーは何を狙っていくのか。 新たなサービスはどこへ向かおうとしているのか。 各社のマイルストーンと共に、事業化への羅針盤を探ります。 今年創刊50周年を迎える経営誌「日経ビジネス」と、先端技術誌「日経Automotive」の知見とネットワークを集結し、吉野氏(予定)を初めとする国内外から各分野の一流講師を招きます。

次の

ノーベル化学賞に吉野彰さん

吉野 彰 ノーベル 賞 受賞

こんにちは! かなさん()です! 日本人としては9年ぶりになる「ノーベル化学賞」を、旭化成名誉フェローの吉野彰さんが受賞しました! 本当におめでとうございます! 吉野彰さんは、私たちの生活には欠かせないものとなっているスマートフォンやパソコンに使われている、リチウムイオン電池を開発された方なんです。 吉野彰さんがいなかったら、私たちはこんなに便利な生活を送っていなかったかもしれないですよね。 そんな素晴らしい開発をされた吉野彰さんですが、ノーベル化学賞を受賞するような方はどんなお家に住んでいるのか、気になりませんか? やはり豪邸なのでしょうか! 気になったので、吉野彰さんの自宅の住所や画像、次女と同居しているらしい、という噂についてなど調べてみました。 旭化成名誉フィロー吉野彰が2019年ノーベル化学賞を受賞! 吉野彰さん「研究者は頭が柔らかくないといけない。 登壇した吉野さんは「私自身、興奮しております。 受賞したことを報告したいと思います」とした上で、「これからいろいろと大変なことが続くと思うが、リチウムイオン電池が受賞対象になり、うれしい。 若い研究者に大きな励みになる」と喜びを語った。 引用: 吉野彰さん、本当におめでとうございます! 吉野彰の自宅がすごい?住所はどこなの? さて、ノーベル化学賞という素晴らしい賞を受賞した吉野彰さんですが、自宅はどこなのでしょうか。 出身は、大阪府吹田市、ということですが、どうやら現在は別の所に住んでいるようですよ。 では、どこに住んでいるのでしょうか。 吉野彰さんの現在の自宅は、 「神奈川県藤沢市」ということです。 この辺りですね。 神奈川県藤沢市といえば、湘南です。 夏ともなれば、若者で賑わう街ですよね。 そんなところに、吉野彰さんは現在住んでいるようです。 子供が生まれてから、神奈川県藤沢市に引っ越してきたそうですので、こちらでの生活はかなり長いのではないでしょうか。 近所では、趣味のテニスも週一回のペースで楽しんでいるようです。 「肉体とメンタルの健康のためにつづけている」ということで、湘南は海も近いですし、スポーツをするにも気持ち良くリフレッシュできそうですね。 そして、神奈川県藤沢市のどこに住んでいるのか、詳しい住所を探してみましたが、見つからず。 記者が押し寄せていることから、大体の場所はわかりそうですが、特定出来るような情報はありませんでした。 自宅は豪邸?画像はこちら! では、どんな素敵なお家に吉野彰さんは住んでいるのでしょうか。 こちらも気になりますよね。 ということで、吉野彰さんのご自宅の画像を探してみました。 すると、吉野彰さんの奥さんがノーベル化学賞受賞についてのインタビューを、自宅前で受けている動画を見つけました。 その動画に、吉野彰さんのお家が写っていましたよ。 それがこちら わかりましたか? 「YOSHINO」と書かれた表札がついていますので、吉野彰さんのご自宅に間違いはないですよね。 そして、 玄関のドアから門までは少し距離があり、その奥には広いお庭がありそうな雰囲気です。 奥さんの久美子さんがタクシーに乗り込んで行くまでの、 家の外壁もけっこう続いていますよね。 これは、吉野彰さんの自宅が広いことがわかるのではないでしょうか。 やはり、吉野彰さんのご自宅は豪邸かも! そして、ご自宅の中も取材の時に写っていましたね。 さすが、吉野彰さんです、すでに数々の賞を受賞しています。 これ以外には、吉野彰さんのご自宅が詳しくわかる画像などは見つかりませんでしたが、神奈川県藤沢市の吉野彰さんの自宅は広くて緑に溢れる素敵なお家のようでしたね。 次女と同居している?何人家族なの? どうやら吉野彰さんは、次女の裕子さんと同居をしているようです。 というのも、 ノーベル化学賞の受賞が決まった時に、それを知った妻の久美子さんは次女である裕子さんとその場で抱き合って喜んだ、といわれていました。 ということは、吉野彰さんは現在は、 妻の久美子さん・次女の裕子さん、と3人で暮らしているようですね。 次女の裕子さんは現在35歳。 今後、もしかしたらご結婚などされて、吉野彰さんと久美子さんの2人暮らしになるかもしれませんね。 吉野彰さんには、他にもお子さんが2人いらっしゃいます。 長男と長女、がいらっしゃるのですが、お名前や年齢などはわかりませんでした。 ですが、次女の裕子さんが35歳ということですから、それよりも年齢は上ですよね。 すでにご結婚されて、自宅からは離れているのかもしれません。 きっと、長男・長女も今回の吉野彰さんのノーベル化学賞受賞に驚いて、喜んでいらっしゃるでしょうね! 吉野彰の自宅がすごい!現在の住所や画像は?次女と同居で家族構成は?【ノーベル化学賞】まとめ 吉野彰さんの、ご自宅や家族構成についてご紹介しました。 出身は大阪府吹田市の吉野彰さんでしたが、現在は神奈川県藤沢市に住んでいらっしゃるそうです。 動画でもわかるように、かなり大きなご自宅でしたね。 緑が茂り、お庭もとても広そうです。 家の中には、たくさんの盾がありそれだけ賞を受賞している、もともと有名な方だったようですね。 そして、吉野彰さんは妻の久美子さんと次女の裕子さんと、3人暮らしでした。 また、自宅に同居はしていませんが、他にも長男・長女といらっしゃるそうで、吉野彰さんは5人家族でした。 きっと、ご家族全員今回のことで驚き、喜んでいらっしゃいますよね。

次の