白血病 あざ 特徴。 白血病のあざの特徴について 白血病によるあざの特徴が知りたい…

急性骨髄性白血病 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

白血病 あざ 特徴

白血病であざができやすい場所やどこなのでしょう。 がんは、がん細胞が増えることで、正常な細胞の割合が減っていくという病気です。 そして血液のがんと言われている白血病でも、同じような現象が血液において起こります。 がん細胞が増殖するにつれて、正常な赤血球や白血球が減少していくことになるのです。 スポンサーリンク 血液の中には、血液を固める力を持つ血小板もあります。 怪我をして出血した時に、血液は徐々に固まってかさぶたとなりますが、それは血小板の働きによるものなのです。 この血小板も、白血病になると少なくなります。 そのため白血病を発症すると、血液が固まりにくくなります。 つまり、出血した場合には、なかなか止まらず流れ続けるということです。 また、あざも治りにくくなります。 あざは、皮膚の内部で起こる出血なので、これも通常は血小板の働きによって、徐々に治っていきます。 しかし血小板が少ないと、なかなか治らないのです。 また、白血病が原因となっているあざには、特にできやすい場所や部位があります。 具体的には、太ももから膝にかけての内側や裏側です。 スポンサーリンク 下半身の血管は、上半身の重みによって圧迫されがちです。 その中でも特にこれらの場所や部位は、柔らかい分、重みの影響を受けやすいのです。 そのため圧迫された血管から内出血が起こりやすく、しかも出血が止まりにくいので、目立つあざとなるわけです。 もちろん、何かにぶつかったりした場合にも、内出血が生じることがあります。 しかし特にそのような記憶がないにもかかわらず、これらの部位や場所に赤色や紫色のあざが多くでき、なおかつそれがなかなか治らない場合には、念のために血液検査を受ける方が良いとされています。 その結果、仮に白血病だったとしても、早期発見だった場合には、負担の少ない治療で完治させることが可能です。 スポンサーリンク.

次の

白血病のあざの特徴について 白血病によるあざの特徴が知りたい…

白血病 あざ 特徴

白血病の初期症状と診断 1個の腫瘍細胞ができ、約6~7ヶ月経つと症状が出るという推定されています。 しかしながら、白血病の症状は様々であり、白血病に特徴的と言えるものは特にありません。 特に主とされる初期症状は風邪によく似ており、そのため初期の段階で白血病の診断するのは専門の医師でもとっても難しい事です。 白血病の診断としては医師による問診および触診の他、血液検査での末梢血液中の白血病細胞の有無、その増殖の度合いを見ます。 但し、白血病だからといって、必ずしも白血球数が増加しているとは言えず、時には正常範囲内やむしろ減少している事もあります。 その場合は、より正確な診断の為には 骨髄検査(骨髄穿刺)での白血病細胞を確認が必要となってきます。 白血病の症状 白血病の症状は急性白血病と慢性白血病では若干異なってきます。 (1)急性白血病の症状について 白血病では、骨髄の中でがん化した細胞(白血病細胞)が異常増殖することにより、血液をつくる場所がなくなり、赤血球、白血球、血小板などの正常な血球が減少してしまいます。 そのため、例えば、赤血球が減ると酸素を運ぶ事ができなくなり、貧血、顔面蒼白、全身のだるさ、日常のちょっとした動作での動悸や息切れなどの症状が出てきます。 また、白血球が減ると、感染症を起こしやすくなります。 その場合、発熱やのどの腫れなど感染症のような症状が出てきます。 但し、発熱においては、白血病細胞が殖えることでも起こる場合があります。 血小板が減ると、血が止まりにくくなる事から、内出血による青あざができやすくなり、鼻血や歯ぐきからの出血が症状として見られます。 他にも白血病細胞が骨髄で増え過ぎてくると、骨や関節に痛みが出る事があります。 あるいは白血病細胞が血管の流れにより他の離れた臓器に広がり、肝臓や脾臓が大きくなったり、リンパ節が腫れたり、歯ぐき(歯肉)腫れる事もあります。 白血病細胞が脳や脊髄の中に広がると、頭痛、吐き気等が症状として出てくる事があります。 この状態を「中枢神経白血病(中枢神経浸潤)」と呼びます。 (2)慢性白血病 急性白血病と違い、慢性白血病においては進行がゆっくりなため、初期には殆どの患者さんが無症状です。 そのため、通常の生活の中では気づきにくく、健康診断の血液検査で発見され診断されることがよくあります。 他にも、肝臓や脾臓が大きく腫れてきたり、リンパ節が腫れたりする症状が見られる事があります。 これに加え、慢性リンパ性白血病では免疫力が低下するため、細菌やカビ、ウイルスなどにより、自己免疫性疾患の溶血性貧血などを合併することがあります。 <白血病の主な症状まとめ> 貧血症状 : 顔面蒼白、身体がだるい、疲れやすい、ちょっとした動作での動悸・息切れ など 感染症状 : 発熱、のどの痛みや腫れ、咳、下痢 など 出血症状 : 内出血による青あざ、鼻出血、歯肉出血、怪我をした時に血が止まりにくい など その他症状: 骨の痛み、おなか(肝臓や脾臓)が大きく膨れる、リンパ節の腫れ、頭痛、嘔気や嘔吐、腫瘤の形成など 白血病の症状のあざについて 白血病の症状のひとつにあざがありますが、これは一般的なあざと見た目は似ていますが区別するのは容易です。 いわゆる打撲などでできる青あざは皮下出血によるものですが、しばらくすると自然と治癒してなくなります、それに較べて白血病によるあざは同じく皮下出血ではありますがなかなか治りにくくまた治りかけている間に他の部位にどんどんあざが増えて治癒する兆候がありません。 時間とともに増えるので一般的な打撲のあざとは明らかに違いがあります。 一か所もしくは数か所の打撲あざがある程度で他の部位に増えることがなければ心配することはありません。 ですが頻度が少なくても並行して重度の貧血や体の明らかなだるさ等が慢性的に起こる場合は一応精密検査を受けたほうが良いでしょう。 女性の場合は貧血等は起こりやすいのでそれほど神経質になる必要はないですが慢性的な場合は注意が必要です。

次の

急性骨髄性白血病 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

白血病 あざ 特徴

白血病でなぜあざができるの? 白血病は、血液のがんです。 血液にもがんができるのかと意外に思われるかもしれませんが、骨髄の中で生成される血液が何らかの原因により正常な赤血球や白血球、リンパ球などへと成長せず、がん細胞になってしまうことで、体にさまざまな症状をもたらします。 診断のためには、患者本人が感じている主訴の内容とともに、血液検査による白血球数やヘモグロビン、赤血球数の数値によって判断するほか、骨髄液の検査によって診断されます。 白血病には、がん化した血液の種類によって骨髄性かリンパ系かわかれます。 これらの成分には本来、体が正常に動くために必要なさまざまな作用があります。 わたしたち人間の体にはすみずみまで血管がとおり、血が流れています。 したがって、白血病による症状は全身に見られます。 主な白血病の症状は以下の通りです。 体重減少• 発熱・頭痛• 倦怠感• かゆみ• あざ 最後の3つはいずれも血液にかかわる症状でした。 これは、正常な血液が作られないことによる貧血や、止血作用をもつ血小板が減少することによって一度血が出ると止まりにくくなってしまったり、あざができやすくなってしまうためです。 スポンサードリンク 白血病のあざの特徴は? では、白血病が原因となってできるあざには特徴があるのでしょうか。 通常あざはどこかにぶつけることなどによってでき、ぶつけた衝撃やダメージもあるため押すと痛みを感じたり腫れが見られます。 しかし、白血病によるあざは 気が付かないうちにたくさんできていることが多く、痛みや腫れも見られません。 また、ぶつけたときなどのあざは徐々に赤紫のような明るい色から茶色へと変化し、いつの間にか消えていることが多いです。 しかし、白血病によるあざはいつまでも赤みが残っていたり、治ってもまたすぐ出てきたりと繰り返す傾向にあります。 あざが出現する部位も、体の体重がかかりやすい足やお腹、ひじ、腕などによく見られます。 形状としては大きさはまばらで、赤い斑点のようなものが見られることが多いです。 まとめ 白血病では、血小板の減少によりあざが見られることが少なくありません。 しかし、あざが増えたからといって白血病ではありませんので、精確な診断にはきちんとした血液検査が必要です。 思い当らないあざが増えて心配な方は、一度内科を受診されることをお勧めします。

次の