ウイイレ 2020 ベッカム。 【ウイイレアプリ2020】デビッドベッカム(24)の能力と使い方|ゲームエイト

TOP

ウイイレ 2020 ベッカム

ウイイレ2020おすすめ若手の選考基準 ・ウイイレ2020に収録される10代の若手選手(19歳以下)から選考する ・2019-20シーズンの成績 ・海外サイト「transfermarkt」の市場価値 ・僕の主観 今回は若手選手の紹介ということなので 10代の選手から選出していきます。 また、 2019-20シーズン途中までの成績であったり、 移籍情報や選手の市場価値をまとめた海外サイト「transfermarkt」をもとに選んでいます。 最終的には僕の主観で選考していますが、その点ご了承ください。 ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手 それではここからウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手を紹介していきます。 まずはゴールキーパーからです。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ゴールキーパー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) イラン メリエ(19) フランス GK 75 リーズ W(イングランド2部リーグ) べケル エゼル(19) トルコ GK 73 未所属 フリスティアン フリュートル(19) ドイツ GK 68 バイエルン ミュンヘン(その他ヨーロッパ) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ゴールキーパーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 まず1人目はリーズ Wに所属するイラン メリエです。 2018-19シーズンまではフランス2部リーグのFCロリアンでプレーしていました。 各年代のフランス代表でプレー経験がある十分な実績を持つ若手選手になります。 また、移籍情報サイト「transfermarkt」では10代のゴールキーパーでNo. 1の市場価値をマークしています(2020年1月時点)。 2人目は未所属のべケル エゼルです。 現実世界ではフェネルバフチェからベルギー2部リーグのKVCウェステルローというクラブにレンタル在籍中です(記事執筆時点)。 各年代のトルコ代表でプレーしており、A代表に招集されたこともあります。 3人目はバイエルン ミュンヘンに所属するフリスティアン フリュートルです。 実際はドイツ3部リーグにあるバイエルン ミュンヘンのリザーブチームでプレーしています。 年代別のドイツ代表でもプレーしており、将来が楽しみな若手選手です。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ディフェンダー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) ウィリアム サリバ(18) フランス CB 75 サン テティエンヌ(Ligue 1 Conforama) ベノワ ベディアシレ(18) フランス CB 74 モナコ(Ligue 1 Conforama) マックス アーロンス(19) イングランド RSB 74 ノリッジ YG(イングランドリーグ) イーサン アンパドゥ(19) ウェールズ CB 73 未所属 ライアン アイト ヌーリ(18) フランス LSB 63 アンジェ(Ligue 1 Conforama) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ディフェンダーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン ティティエンヌに所属するウィリアム サリバです。 2019年夏にはアーセナルやトッテナムといったビッククラブが争奪戦を繰り広げた注目の若手有望株です。 結局サリバはアーセナルが獲得し、2019-20シーズンはサン ティティエンヌにレンタル中です。 2人目はモナコに所属するベノワ ベディアシレです。 各年代のフランス代表でプレーする注目の若手選手で、現在はU-19フランス代表でプレーしています。 チェルシーやレアル・マドリードといったビッククラブが関心を示すフランス期待の若手選手です。 3人目はノリッジ YGに所属するマックス アーロンスです。 ノリッジユースからトップチームのレギュラーまで駆け上がったノリッジ期待の若手選手になります。 チェルシー、アーセナル、トッテナムといったプレミアリーグの強豪が獲得に興味を示す逸材です。 4人目は未所属のイーサン アンパドゥです。 現実ではチェルシーが保有権を持っていて、2019-20シーズンはドイツ1部リーグのRBライプツィヒにレンタルで在籍しています。 すでにウェールズ代表にも召集され、数試合プレーしている注目の若手選手です。 5人目はアンジェに所属するライアン アイト ヌーリです。 「総合値めちゃくちゃ低いじゃねーか!」と思った方もいるでしょうが、現実では10代の左サイドバックの中で世界最高額になります(2020年1月時点:1200万ユーロ)。 ウイイレ2020での初期総合値は低いためみなさんのマスターリーグで育ててあげてください。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はPSVに所属するモハメド イハターレンです。 PSVの生え抜き選手で、2019-20シーズンのオランダリーグで輝きを放っている1人になります。 各年代のオランダ代表でもプレーしている注目の逸材です。 2人目はべレス サルスフィエルドに所属するトリスタン アルマダです。 U-20アルゼンチン代表の選手です。 現実ではマンチェスター・シティが獲得を狙っているようでNEXTメッシとも言われています。 3人目はフラメンゴに所属するヘイニエル カルヴァーリョです。 2019シーズンにフラメンゴでトップチームデビューを果たしたブラジル期待の新星になります。 FCバルセロナ、マンチェスター・シティなどビッククラブが注目する逸材で、レアル・マドリードが獲得間近とされています。 4人目はレンヌに所属するエドゥアルド カマヴィンガです。 今季、リーグ・アンで輝きを放っている注目の若手です。 移籍情報サイト「transfermarkt」によると10代のセントラルミットフィルダーの中ではNo. 1の市場価値(2020年1月時点:3500万ユーロ)になります。 5人目はマヨルカ RNに所属する久保 建英です。 日本人としては日本人選手を獲得してマスターリーグで活躍させたいのではないでしょうか。 そこで当ブログでは2019年夏、レアル・マドリードに加入した日本期待の若手選手、久保建英の獲得をおすすめします。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン パウロに所属するアントニです。 サンパウロの下部組織で育ち、今やトップチームの中心選手として欠かせない存在となりました。 アーセナルやミランといった複数の欧州クラブが獲得に興味を示すほどの逸材です。 2人目はラヌースに所属するペドロ デ ラ ベガです。 ラヌースの下部組織で順調に成長したデ ラ ベガは2018年9月にトップチームデビューを果たしました。 U-20アルゼンチン代表でもプレーしていて今後が楽しみな期待の逸材です。 3人目はバルセロナに所属するアンスマネ ファティです。 バルセロナの下部組織で育ったアンスマネ ファティは16歳という若さでトップチームデビューを飾りました。 その後、出場機会を与えられた試合では結果を残し、ここ数ヵ月で市場価値が爆上げしている若手選手です。 4人目はAZに所属するマイロン ボアドゥです。 AZの下部組織で育ったマイロン ボアドゥはAZ史上最高の逸材とも言われています。 各年代のオランダ代表でもプレーしていて、2019年11月にはすでにA代表デビューも飾っています。 5人目はマンチェスター ユナイテッドに所属するメイソン グリーンウッドです。 マンチェスター ユナイテッドの下部組織で育ち、現在はトップチームでプレーするまでに成長しました。 ウイイレ2020では初期総合値が低い気がしますが、今後の成長が楽しみな注目の若手です。 まとめ 今回はウイイレ2020のマスターリーグで獲得をおすすめしたい若手選手まとめということでいろいろな若手選手を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 現実世界で活躍していたり、注目されている若手選手をまとめたので、ウイイレ2020の総合値については低い選手もたくさんいます。 その点お許しください。 今後、ウイイレ2020のマスターリーグをテーマに取り扱った記事をどんどん書いていくつもりなので興味がある方は当ブログを是非チェックしてみてください。 また、もやっていますので心優しい方はぜひともフォローしてあげてください。

次の

【ウイイレ2020】ベッカム【アイコニック/確定スカウト/選手能力/レベマ/ウイニングイレブン2020】

ウイイレ 2020 ベッカム

ヌドンベレの詳しい能力値は下記の記事でご確認ください。 ローター・マテウス 守備的な中盤の選手で最強クラスの選手です。 操作感としては、とても軽い。 扱いやすい選手です。 また、 ポリバレント性能が高く、最終ラインに入ることもできます。 パス、シュート能力も高く、 プレースキッカーとしても活躍できます。 もちろん、 守備能力も超一級品。 カンテより、攻撃に参加したときに強さがある選手、特にシュートが上手いので大きな武器になります。 アンカーのオススメ選手 ブスケツ FCバルセロナ所属の31歳の選手です。 黒玉最強のアンカー。 レベルマックスにすれば、 総合値は94です。 ボディコントロール90、ボールキープ94、グラウンダーパス96、フライパス92、スタミナ91、ディフェンスセンス94、ボール奪取91。 保有スキルは 「ルーレット」「軸裏ターン」「ワンタッチパス」「バックスピンロブ」「ピンポイントクロス」「マリーシア」「インターセプト」「キャプテンシー」「闘争心」。 ブスケツの魅力は、高い守備能力と超一流のパスセンス。 またそれに加え、 上背があり、フィジカルも強く、ボールキープも上手い。 アンカーとして必要な能力値は超絶に高い、理想的な能力値。 コンディション安定度も7、ノーマルでも十分に強い。 ただし、弱点が鈍足。 とにかく、出足が遅い。 ディフェンスセンスが高いので、ポジショニングがいいが、カウンターを受けたときに相手に置き去りにされることがよくあります。 ただ、ブスケツはそれを差し引いても強い! 中盤の奥底に配置するのがベター。 ボール奪取95、ディフェンスセンス93、フィジカルコンタクト93、スピード89と、一級の潰し屋さんです。 黒玉でいうとカンテのような選手です。 保有スキルも中盤の守備選手として完璧です。 「マンマーク」「インターセプト」「アクロバティッククリア」「闘争心」を持っています。 「ダブルタッチ」を持っている点では、バリオスのドリブルの上手さが表されています。 ポジション適正においても優秀です。 右サイドバックの選手としても優秀です。 そして、 コンディション安定度が7です。 確定スカウト.

次の

【ウイイレアプリ2020】アイコニックデイヴィッドベッカム(1999/05/26)の能力と使い方|ゲームエイト

ウイイレ 2020 ベッカム

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 ウイイレ2020のスタートダッシュに欠かせない、レジェンド選手についてご紹介させていただきます。 この記事は下記の動画を参考にさせていただいております。 オススメのレジェンド選手ランキング ~レジェンドエディション特典~【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 レジェンドエディション版を購入すると、レジェンドガチャを引く特典がついてきます。 11名の中から1人だけランダムで獲得できます。 レジェンド選手をオススメランキング形式でご紹介いたします。 順位選定の主な要素は、1年間最後まで活躍してくれることに主眼をおいています。 レジェンド選手オススメランキング形式 1位 ディエゴ・マラドーナ 総合値97のレジェンドの中のレジェンド。 とにかく強い。 ドリブル、シュート、パスの能力値がずば抜けています。 前線でボールを持てば、そのまま一人で打開することもできてしまいます。 1年間、最後の最後まで活躍できること間違い無しの選手です。 スタミナが低いので、フル出場は厳しいかもしれません。 ディエゴ・マラドーナの詳細は下記の記事でご確認ください。 マラドーナ100行くやんか 昨日当てて良かったわ — KKNM ウイイレ垢 NKnm36723596 2位 パトリック・ヴィエラ 守備的な中盤で最強の選手です。 圧巻のフィジカル能力をもっています。 スピードもあります。 くわえて、ディフェンス能力はもちろん、パス能力も高いです。 まぁ、とにかく強い。 とにかく、欠点のない超優秀な選手です。 前作では大変お世話になりました。 ヴィエラの詳細は下記の記事でご確認ください。 3位 オリヴァー・カーン この選手を獲得できれば、1年間はゴールキーパーに心配することがありません。 プレースタイルも守備的GKで、固い守りをしてくれます。 コンディション安定度が8というのもオススメポイントです。 ライブアップデートもどこ吹く風です。 【ウイイレ2018ブログ】第32話 コンディション安定度の検証してみた — はなび ウイイレ2020 hanabi5541 4位 ローター・マテウス マテウスも、守備的な中盤の選手で最強クラスの選手です。 また、ポリバレント性能が高く、最終ラインに入ることもできます。 パス、シュート能力も高く、プレースキッカーとしても活躍できます。 もちろん、守備能力も超一級品。 身長が低いのがたまにキズですが、最後まで活躍してくれる選手です。 マテウスの詳細は下記の記事でご確認ください。 5位 ヨハン・クライフ プレースタイル「2列目からの飛び出し」が強い。 当然のことながら、攻撃に関する能力値が全て高い。 使い方が豊富すぎます。 センターフォワードでも活躍できますし、ウイングストライカー、OMFでもできます。 さらには、プレースキッカーもこなせます。 長く活躍できる選手です。 クライフの詳細は下記の記事でご確認ください。 6位 ディビッド・ベッカム プレースキッカーとして、超一級品。 蹴る人がこれくらい一流だと、得点機会が増えます。 当然のことながら、パス能力も超一流です。 彼のすごいのは、意外と守備能力も高く、中央の守備的なポジションとしても活躍できます。 ただ、FP選手の登場で、活躍の場を譲ることが出てくる可能性のある選手ではあるかと思います。 ベッカムの詳細は下記の記事でご確認ください。 7位 パベル・ネドベド THE・スタミナチャンピオン。 1試合、フルに走りつづける選手です。 能力値的には、ほとんどの数値が標準以上。 ただ、複数ポジションで活躍できるので、使い勝手抜群の選手です。 ただ、この選手も、1年間活躍できるのかというと、正直疑問の残る選手です。 8位 ガブリエル・バティストゥータ 今回のレジェンド選手で唯一のセンターフォワード。 決定力、キック力、ヘディングが武器の、いわゆる生粋のストライカーです。 ただ、ドンドンFPで素晴らしい選手が出てくる中、この能力では、最初の方しか使えないと思います。 9位 フランチェスコ・トッティ 攻撃に関する能力値が全て高い有能な選手です。 ただ、プレースタイル「ナンバー10」の使いやすさが気になる選手です。 足が速ければ、カバーできたのかもしれませんが、1年間、彼を使い続けるのは厳しいと思います。 10位 中田英寿 我らが、日本人のレジェンド。 個人的には大好きな選手。 日本人には説明不要ではあるとおもいますが、倒れないフィジカル、抜群のボールキープ力からの、キラーパス。 ピッチにいるだけでワクワクする選手です。 ただ、日本のレジェンドも、ウイイレのFP選手相手に、勝ち続けるのは難しいでしょう。 11位 パク・チソン スーパーユーティリティプレーヤー。 キーパー、センターバック以外は、全てこなせます。 ただ、能力値が標準的な数値ばかりで、逆を言えば器用貧乏キャラになってしまうのは、否めません。 正直、今回のレジェンド選手では、外れです。 レジェンド選手獲得候補リスト ST ディエゴ・マラドーナ ST ヨハン・クライフ GK オリヴァー・カーン DMF パトリック・ヴィエラ LMF パベル・ネドベド CF ガブリエル・バティストゥータ RMF ディビッド・ベッカム ST フランチェスコ・トッティ CMF ローター・マテウス OMF 中田英寿 LMF パク・チソン まとめ あたりと言えるのは、 マラドーナ ヴィエラ カーン マテウス クライフ ベッカム の上位6人まででしょうか。 彼らは、今作ずっと活躍できる能力をもっています。 開始当初から、こつこつ育てて、1年間活躍できる選手にしていきましょう。

次の