コンピュータ システム 研究 所。 コンピュータシステム研究所、伊藤忠建材と建材流通界の生産性向上に向け業務提携|不動産のいえらぶニュース

コンピュータシステム研究所、伊藤忠建材と建材流通界の生産性向上に向け業務提携|不動産のいえらぶニュース

コンピュータ システム 研究 所

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 株式会社コンピュータシステム研究所(以下:当社)では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の発表を受け、以下の対応を実施いたします。 事業活動の制限からお客様にはご不便をお掛けすることもあり誠に恐縮ではございますが、従業員やその家族、お客様、お取引様、地域の方々の健康被害を最小限に抑えることを最優先といたしたく存じます。 感染の流行を早期に終息させるための措置としてご理解およびご協力を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申しあげます。 緊急事態宣言に伴う事業活動について 現在、従業員のテレワーク実施率を高め、出社が必要な業務に限り、感染防止対策を十分講じた上で、人員を縮小して対応しております。 今後は、テレワークを継続しつつ、地域の感染状況を踏まえながら段階的に出社を含めた通常体制へと移行してまいります。 緊急事態宣言に伴うお客様訪問自粛について 緊急事態宣言の「対象地域」ならびに「近隣都道府県」のお客様への訪問を自粛いたします。 なお、お客様からのご依頼がある場合には、お客様との合意のもと感染防止対策を実施のうえ訪問対応いたします。 また、感染状況を考慮し、ご依頼がある場合でも対応できない場合がございます。 イベント・出張・ご来社の制限 イベント(展示会・講習会)の開催・出展・参加の自粛、不要不急の出張の禁止、また、お客様のご来社も原則としてご遠慮いただきますようお願いいたします。 製品のご購入・お問合せ・サポートについて 製品のご購入・お問い合わせ・サポートについては、引き続き実施しておりますが、従業員のテレワーク等に伴い、電話応答、お問い合わせへの対応に時間がかかる場合がございます。 これにより通話音質が低下する場合がございます。 お客様には、大変ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 当社では、これまで個人の感染予防の徹底・全従業員への時差通勤の推奨・対象従業員への在宅勤務の推奨・イベント主催自粛および参加自粛・不要不急の出張の制限・体調管理への配慮等、対策を講じておりましたが、今後も、従業員・お客様・お取引様ならびに関係する皆様の安全確保を第一に、迅速な対策を実施してまいります。 (更新履歴) 2020年5月22日:近畿3府県の緊急事態宣言解除に伴い「2. 緊急事態宣言に伴うお客様訪問自粛について」の対象地域を変更しました。 2020年5月15日:39県の緊急事態宣言解除に伴い「1. 緊急事態宣言に伴う事業活動について」「2. 緊急事態宣言に伴うお客様訪問自粛について」を変更しました。 2020年4月28日 「1. 緊急事態宣言に伴う事業活動について」の期間を5月29日まで延長しました。 2020年4月17日:緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大したことをうけ「1. 緊急事態宣言に伴う事業活動について」の対象を全国拠点に「2. 緊急事態宣言に伴うお客様訪問自粛について」の対象を特定警戒都道府県ならびに近隣都道府県に変更しました。 お問合わせ先.

次の

コンピュータシステム研究所、伊藤忠建材と建材流通界の生産性向上に向け業務提携|不動産のいえらぶニュース

コンピュータ システム 研究 所

株式会社ユニバーサルコンピュータ研究所 所在地:大阪市中央区、代表取締役:横山 雅俊、以下 UCL は、USJと海遊館を結ぶシャトル船「キャプテンライン」の乗船客における体表面温度の計測に、4月より販売開始している体表面温度を監視できるサーモグラフィーシステム「サーもん」が導入されることを発表いたします。 2020年6月26日よりユニバーサルシティポート USJ側 で運用開始の予定です。 運用開始においては、ユニバーサルコンピュータ研究所および大阪港振興協会のスタッフも協力し、「サーもん」の円滑な導入をサポートいたします。 サーモグラフィーカメラによる遠隔計測で、対象者に無用な負担を与えません。 特に、幅広いラインナップ、IoT対応、クラウド連携、自社開発による柔軟な判定機能や管理機能が従来にない特長です。 個人の顔検出により顔領域の最高温度を計測するため、マスクをしていても問題なく、手に熱い飲み物を持っていても誤判定がありません。 既定温度を超える体温が検出されアラーム発生 表示および音 した人物は日時と顔映像が記録され、係員による追跡調査も可能です。 それにより、高体温の人物を特定して未然にクラスター発生を防ぐことが可能になります。 ICカード・QRコード・バーコードリーダを併用することで、乗船チケット・クルーズカード・社員証・交通系カード・パスポート等を識別し乗船客を個人別に体温管理することが可能です。 ターミナルにおける乗船下船時の検温はもちろん、長い洋上航海を伴う外航船では船内における検温も検討すべき課題です。 厳密な感染症防止の観点からは、乗員乗客の個人を識別できる検温体制も必要になる場合があります。 個人の識別には、クルーズカードやパスポートなどの利用が考えられます。 「サーもん」では、それらの要求に応える機能をすべて備えております。 これらは、大阪港で長年クルーズ客船の対応を実施しクルーズ客船の事情を熟知した大阪港振興協会の協力を得て開発いたしました。 今回の実績を経て、今後、外航客船はもちろんフェリー船のターミナルでの検温システムさらには船内での検温システム展開も積極的に進めていきます。 クルーズ客船ダイヤモンド・プリンセス号 【会社概要】 株式会社ユニバーサルコンピュータ研究所 略称UCL 主要実績:全国のSOLAS港湾監視システム、公共監視システム、映像鮮明化システム 設立 :1984年10月 代表者 :代表取締役 横山 雅俊 大阪大学工学博士 所在地 :大阪市中央区西心斎橋1丁目9番16号 大京心斎橋第2ビル5F 【会社概要】 株式会社キャプテンライン USJと海遊館を結ぶシャトル連絡船を運航しています。 「船乗りには周知のお酒を持つ船長の顔」画家であると同時に多数の「船」にまつわる著書を執筆する「筆を持つ海の男」柳原 良平氏が、キャプテンラインの船をデザインしました。 キャプテンラインは、クルー及び関係スタッフは全員女性という全国でも前例のない事業運営です。 所在地: 大阪市港区海岸通1-5-37 設立 : 2006年6月 代表者: 代表取締役会長 奥野 誠 URL : E-Mail: 【会社概要】 公益社団法人大阪港振興協会 大阪港の振興を戦後間もない時期から取り組んでいます。 大阪港でのクルーズ客船対応については豊富な経験を持つスタッフに支えられており、新型コロナの難局も一丸となって乗り越える努力をしています。 設立 : 1947年7月 代表者: 会長 川本 清 所在地: 大阪市港区築港2-1-2 第一大阪港ビル7階 URL : E-Mail: 「サーもん」クルーズ専用メール 【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】 株式会社ユニバーサルコンピュータ研究所 略称UCL URL : URL : 「サーもん」専用サイト、デモ動画があります。 E-Mail: E-Mail: 「サーもん」専用サイト.

次の

スーパーコンピュータTop500、「富岳」が日本製として久々の首位奪還

コンピュータ システム 研究 所

略称 NRI 野村総研 本社所在地 〒100-0004 一丁目9番2号 ( 27-30F ) 設立 事業内容 コンサルティング 金融ITソリューション 産業ITソリューション IT基盤サービス 代表者 代表取締役社長 此本臣吾 資本金 186億円 発行済株式総数 2億6,400万0000株 売上高 連結:4,245億4,800万円 (2017年3月期) 営業利益 連結:263億4,100万円 (2017年3月期) 純利益 連結:450億6,400万円 (2017年3月期) 純資産 連結:4,472億9,700万円 (2017年3月31日現在) 総資産 連結:6,289億4,400万円 (2017年3月31日現在) 従業員数 NRIグループ:11,605人 (NRI単体:6,003名) (2017年3月31日現在) 決算期 主要株主 26. )は、にを置く、日本の最大手、、。 略称は NRI、 野村総研。 会社概要 [ ] 概略 [ ] の本格的な民間 である株式会社野村総合研究所 NRI と、日本で初めて商用を導入したシステム開発会社である野村コンピュータシステム株式会社 NCC が合併し、現在の野村総合研究所が誕生した。 この合併により、リサーチ、コンサルティング、ITソリューション、システム運用等をトータルに提供する会社となる。 ナビゲーション、ソリューションそれぞれのサービスにおいて、専門性が特化されてきた分野について、積極的に分社化し、NRIグループを形成している。 ・に強みがあり、(現・)の、の構築など、分野も拡大している。 コンサルティングサービス - 、、 等• ITソリューションサービス - ・の製品販売、・共同利用型・情報提供サービス、システム機器等の商品販売 等 米国ペンシルバニア大学による2019年グローバル・シンクタンク・ランキング(営利企業部門)では、1位に位置づけられている。 また、就職活動中の東京大学生が選ぶ、注目企業ランキングでは、2018年と2020年に1位に位置づけられている。 また、とは一定の資本関係があるものの、ではない。 なお、社員の給与水準が極めて高いことが有名であり、2018年度の平均年収は1235. 2万円(有価証券報告書2020年3月期)である。 経営理念 [ ]• 顧客の信頼を得て、顧客と共に栄える• 新しい社会のパラダイムを洞察し、その実現を担う 沿革 [ ]• (昭和40年) - 日本初の本格的な民間 として(株)野村総合研究所 設立• (昭和41年) - (株)野村電子計算センター 設立((昭和47年)、野村コンピュータシステム(株)に社名変更)• (昭和42年)1月 - ニューヨーク事務所 開設(現 Nomura Research Institute America, Inc. (昭和43年) - 野村オペレーションサービス(株) 設立((平成8年)、NRIデータサービス(株)に社名変更)• (昭和47年) - ロンドン事務所 開設(現 Nomura Research Institute Europe Limited)• (昭和52年)4月 - 香港現地法人 設立(現 Nomura Research Institute Hong Kong Limited)• (昭和56年)1月 - 野村投資顧問(株) 設立(現 野村アセットマネジメント株式会社)• (昭和58年)• 1月 - 野村システムサービス(株) 設立((平成9年)、NRI情報システム(株)に社名変更)• - ワシントン事務所 開設(現 Nomura Research Institute America, Inc. (昭和59年) - シンガポール事務所 開設(現 Nomura Research Institute Asia Pacific Private Limited)• (昭和63年)1月 - (株)野村総合研究所と野村コンピュータシステム(株)が合併• (平成3年)4月 - 野村システムズ関西(株) 設立((平成23年)、(株)に社名変更)• (平成6年)• 4月 - NRI Pacific Inc. - 台北事務所 開設(現 NRI台湾)• (平成7年)4月 - ソウル支店 開設(現 NRIソウル)• (平成9年)• 4月 - NRIラーニングネットワーク(株) 設立• - マニラ支店 開設(現 NRI APAC マニラ支店)• (平成11年)4月 - (株)野村総合研究所がNRI情報システム(株)を合併• (平成12年)• 8月 - NRIセキュアテクノロジーズ(株) 設立• 12月 - NRIシェアードサービス(株) 設立((平成19年)、NRIワークプレイスサービス(株)に社名変更)• (平成13年)• 4月 - NRIデータiテック(株) 設立• 7月 - NRIサイバーパテント(株) 設立• 12月 - 東京証券取引所第一部に上場• (平成14年)• 7月 - 野村綜研(上海)咨詢有限公司 設立• 10月 - 野村綜研(北京)系統集成有限公司 設立• (平成15年)• 1月 - 鎌倉研究センター跡地を鎌倉市へ寄付• 7月 - NRIウェブランディア(株) 設立• 11月 - (株)インステクノ 設立• (平成17年)• 8月 - 野村綜研(北京)系統集成有限公司 上海支店 開設• 10月 - 野村綜研(上海)咨詢有限公司 北京事務所(現 北京支店)開設• (平成18年)4月 - (株)野村総合研究所がNRIデータサービス(株)を合併• (平成19年)• 4月 - エムシー・エヌアールアイグローバルソリューションズ(株)設立(現 上海菱威深信息技術有限公司)• 8月 - (株)ユビークリンクを設立• 10月 - NRI社会情報システム(株)を設立• (平成20年)• 8月 - NRIアメリカ ダラスオフィス 開設(現 Nomura Research Institute IT Solutions America, Inc. 10月 - モスクワ支店 開設• (平成21年)• - 中部支社 開設• 4月 - NRI・BPOサービス(株)設立((平成22年)7月、NRIプロセスイノベーション(株)に社名変更)• (平成22年)9月 - 野村綜研(大連)科技有限公司 設立• (平成23年)• 7月 - (株)野村総合研究所が(株)ユビークリンクを合併• 10月 - Nomura Research Institute India Pvt. Ltd. (平成24年)• 4月 - NRIシステムテクノ(株)発足• 4月 - Nomura Research Institute Asia Pacific Private Limited ジャカルタ駐在員事務所(現 NRIインドネシア) 開設• 7月 - Nomura Research Institute Financial Technologies India Pvt. Ltd. 8月 - NRIセキュアが(株)ユービーセキュアを子会社化• 11月 - 台灣野村總研諮詢顧問股份有限公司 設立• 11月 - (株)野村総合研究所ソウル 設立• (平成25年)• , Ltd. 3月 - Nomura Research Institute Europe Limited ルクセンブルク支店 開設• (平成26年)• 4月 - (株)だいこう証券ビジネスを子会社化• 4月 - 北米事業を再編・強化し、Nomura Research Institute Holdings America, Inc. および Nomura Research Institute IT Solutions America, Inc. 7月 - NRIフィナンシャル・グラフィックス(株)を設立• (平成27年)• 4月 - Nomura Research Institute Singapore Pte. Ltd. を子会社化• 7月 - NRIみらい(株)を設立• 10月 - PT. Nomura Research Institute Indonesia を設立• 10月 - 日本智明創発ソフト(株)と智明創発グループを子会社化• (平成28年)• 4月 - ブライアリー・アンド・パートナーズ・ジャパン(株)を設立• 6月 - 米国の資産運用分野のリサーチおよびコンサルティングの提供事業者であるCutter Associates, LLCを子会社化• 6月 - NRIリテールネクスト(株)を設立• 8月 - NRIデジタル(株)を設立• 12月 - 本社をから内に移転• 12月 - ASG Group Ltd. をグループ会社化 NRIグループ [ ] 母体企業 [ ] 野村総合研究所 NRI [ ] (昭和40年)、株式会社 調査部が分離独立し、株式会社野村総合研究所が発足した。 現在の・部門の母体であり、日本最大規模のコンサルティングファームである。 ・産業界のトップ企業をほぼ網羅して、サービスを提供してきている。 のStanford Research Institute(現在の)をモデルに、日本初の本格的な民間 として設立された。 株式の上場をきっかけに、経営の効率化を目的として、リサーチ部門の在り方を変化させた。 証券・経済研究等を行う部門は、証券調査・市場調査などの一部を野村グループにインハウス化し、残る一部は研究創発センターに移管され、政策・金融・経済研究などを引き続き行っている。 また、社会・産業研究等の部門はコンサルティング機能を強化し、「〜研究部」から「〜コンサルティング部」へ名称を変え、現在に至っている。 コンサルティング部門としてリサーチ機能・コンサルティング機能を併せ持つ。 このような背景から今日のリサーチ・コンサルティング部門では、徹底したに基づいた「Research-based Consluting」が基本となっている。 「異才融合」を理念に掲げ、官公庁や各産業のリーディングカンパニーを主な顧客として、産業政策・行政改革に関する提言・支援等や、成長戦略策定・実行支援等を提供し、最先端の調査研究・コンサルティングに取り組む。 野村コンピュータシステム NCC [ ] (昭和41年)、株式会社 電子計算部が、日本一の本格的なコンピューターセンターとして独立し、株式会社野村電子計算センターが発足した。 その後、(昭和47年)に野村コンピュータシステム株式会社へ商号変更した。 現在のシステム部門の母体であり、野村證券株式会社を始めとする、株式会社・株式会社を始めとするや、、などを主要な顧客として、システム開発に黎明期より携わっている。 (昭和30年)には、日本で初めて商用(のUNIVAC 120)を導入した(当時 野村證券電子計算部)。 また、窓口販売や基幹業務などのやを積極的に展開しており、となっているシステムを数多く提供している。 子会社 [ ]• - 構築との企画・構築・運用をトータルでサポートする。 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 - サービス専門会社。 株式会社ユービーセキュア• NRIサイバーパテント株式会社 - に関わる業務を支援し、最適な情報を提供。 2020年にQuestelに売却。 NRIワークプレイスサービス株式会社 - グループ各社への業務サポートサービスを提供。 NRIデータiテック株式会社 - サポートサービスの専門会社。 NRI社会情報システム株式会社 - の地域活動を促す事業を、業務・経理システムの面で支える。 NRIプロセスイノベーション株式会社 - サービスの提供。 業務の受託。 NRIフィナンシャル・グラフィックス株式会社• NRIシステムテクノ株式会社 - グループの情報システムの企画・開発・運用。 株式会社 - 証券業務に関わるミドル・バックサービスをワンストップで提供。 株式会社ジャパン・ビジネス・サービス• 東京自動車管理株式会社• 株式会社DSB情報システム• 株式会社DSBソーシング• NRIみらい株式会社 -• 日本智明創発ソフト株式会社 - ソフトウェア受託開発、技術支援サービス• NRIリテールネクスト株式会社 - ソリューションの研究・検証• NRIデジタル株式会社 - ビジネスコンサルティング、デジタルITソリューション、デジタルアナリティクス• Nomura Research Institute Holdings America, Inc. Nomura Research Institute America, Inc. - (NRIアメリカ)• Nomura Research Institute IT Solutions America, Inc. Brierley Europe Limited• ブライアリー・アンド・パートナーズ・ジャパン株式会社• Cutter Associates, LLC• Cutter Associates Europe Ltd• Nomura Research Institute Europe Limited - (NRIヨーロッパ)• 野村綜研(北京)系統集成有限公司 - (NRI北京)• 野村綜研(上海)咨詢有限公司 - (NRI上海)• 野村綜研(大連)科技有限公司 - (NRI大連)• 智明ホールディングス・BVI• 北京智明創発軟件有限公司 - (北京智明)• 上海智明創発軟件有限公司 - (上海智明)• 大連智明創発軟件有限公司 - (大連智明)• 無錫智明創発軟件有限公司 - (無錫智明)• 吉林智明創発軟件有限公司 - (吉林智明)• Nomura Research Institute Asia Pacific Private Limited - (NRI APAC)• Nomura Research Institute Hong Kong Limited - (NRI香港)• Nomura Research Institute Singapore Pte. Ltd. - (NRIシンガポール)• 台灣野村總研諮詢顧問股份有限公司 - (NRI台湾)• 株式会社野村総合研究所ソウル - (NRIソウル)• Nomura Research Institute India Pvt. Ltd. - (NRIインド)• Nomura Research Institute Indonesia - (NRIインドネシア)• Nomura Research Institute Financial Technologies India Pvt. Ltd. - (NRI FT India)• , Ltd. - (NRIタイ)• ASG Group Limited. 関連会社 [ ]• 丸紅ITソリューションズ株式会社 - グループ向けのITシステム、一般顧客向けソリューションの提供。 上海菱威深信息技術有限公司 - 中国でのICTサービス事業。 株式会社との共同事業。 Market Xcel Data Matrix Pvt. Ltd. - インド国内8都市に調査拠点を有する調査会社。 株式所有25. 株式会社サザンウィッシュ - 向けソフトウエア開発、販売。 、インビオ等と共同で設立。 株式会社ウエルス・スクエア - 金融機関を通じてファンドラップ・ビジネスを展開すう会社。 株式所有33. 関連団体 [ ]• 公益財団法人野村マネジメント・スクール - 企業経営の研究、および、その成果をベースに経営管理者教育を行う。 財団法人東京国際研究クラブ - 世界経済の診断、および、継続的な具体的研究を実施・提案する。 野村総合研究所・清華大学人文社会科学学院中国研究センター - 中国の経済、社会や産業政策の研究や人材交流等を行う。 事業概要 [ ] ナビゲーションとソリューションを相乗的に機能させ、トータルソリューションを提供している。 これらのサービスは、社会のほとんどの分野、企業活動や人々の生活にかかわるあらゆるテーマをカバーしている。 トータルソリューションは、 1 ・の予測と展望、 2 分析・業務分析・経営診断、 3 企業経営・政策立案に関する提言、 4 経営・業務革新のソリューション提示、 5 設計・ソリューション提供、 6 ・システム運用、 7 ビジネスの実行支援、の7つで構成される。 主な事業分野は以下のとおりである。 政策提言• 社会・産業構造分析• 市場動向分析• 技術評価・技術予測• 経営戦略・事業戦略• 業務改革• 組織・人材戦略• IT戦略• ITマネジメント支援• IT組織・人材戦略• システム基盤ソリューション• システム開発基盤• セキュリティ基盤• コンテンツ管理基盤• 運用基盤• システムソリューション• システム• システム• システム• システム• システム• システム• 共同利用型ソリューション• システム商品販売• ITマネージドサービスソリューション• ・ビジネス支援• 支援・企業再生支援• 事業開発支援• 商品・サービス [ ] 主なサービス・プロダクト [ ]• マネジメントコンサルティング - ノウハウとコミットメントの深さで革新を支援する。 システムコンサルティング - 全般にわたる総合的・実践的サービスを提供。 システム基盤ソリューション - 顧客の業務に最適なシステム基盤を実現。 金融ITソリューション - ビジネスの環境変化を先取りし、最適なシステムを構築。 金融ナレッジソリューション - の資産運用のあらゆる側面を支援するサービスを提供。 流通ITソリューション - 革命にフィットする、トータルソリューションを提供。 産業ITソリューション - 企業の業務改革や新事業創発、効率化を支援する。 ヘルスケアソリューション - 企業に対して、コンサルティング、ソリューションの両面から支援。 保険ITソリューション - のトータルサポートを提供。 公共ITソリューション - ベンダーフリーの特長を生かし、最適なシステムを構築。 ITアウトソーシングソリューション - 24時間365日、安定的な運用サービスを提供。 ナレッジアプリケーションズ - 豊富な実績を活かしたナレッジアプリケーションを提供。 個別の商品・サービス、グループ各社の商品・サービスについてはリンクを参照()。 事業所 [ ] 主な国内拠点 [ ] 当社公式サイト内の「」も参照。 東京本社( - )• 木場総合センター( - タワーN棟・タワーS棟)• 汐留センター( - )• 大手町分室(千代田区 - )• 江戸橋分室()• 東京第一データセンター()• 東京プリントセンター(江東区)• 大手町ラーニングセンター(千代田区)• 新宿ラーニングセンター()• 札幌開発センター( - ビル)• 横浜総合センター( - )• 横浜みなと総合センター(横浜市 - 〈隣接〉)• 横浜開発センター(横浜市 - NRIタワー〈〉)• 日吉データセンター(横浜市)• 横浜第一データセンター(横浜市保土ケ谷区)• 横浜第二データセンター(横浜市)• 横浜ラーニングセンター(横浜市保土ケ谷区)• 中部支社 ( - )• コンサルティング事業本部名古屋オフィス(名古屋市中区 - 丸の内KSビル)• 大阪総合センター( - ・ウエスト)• 大阪開発センター(大阪市北区 - 西館)• 大阪データセンター(大阪市)• 大阪第二データセンター(彩都やまぶき4丁目)• コンサルティング事業本部大阪オフィス(大阪市北区 - アクア堂島西館)• 福岡開発センター( - 福岡RDビル) 主な海外拠点 [ ] 当社公式サイト内の「」も参照。 Nomura Research Institute Holdings America, Inc. Nomura Research Institute America, Inc. Nomura Research Institute IT Solutions America, Inc. Nomura Research Institute IT Solutions America, Inc. パシフィック支店• ロサンゼルス支店• Cutter Associates, LLC• NRIセキュアテクノロジーズ北米支店• Nomura Research Institute Europe Limited• Brierley Europe Limited• Cutter Associates Europe Ltd• Nomura Research Institute Europe Limited ルクセンブルク支店• モスクワ支店• 野村綜研(北京)系統集成有限公司• 野村綜研(北京)系統集成有限公司 上海分公司• 野村綜研(上海)咨詢有限公司• 野村綜研(上海)咨詢有限公司 北京分公司• 野村綜研(大連)科技有限公司• 北京智明創発軟件有限公司• 北京智明創発軟件有限公司 成都分公司• 上海智明創発軟件有限公司• 上海智明創発軟件有限公司 杭州分公司• 大連智明創発軟件有限公司• 無錫智明創発軟件有限公司• 吉林智明創発軟件有限公司• 野村総合研究所・清華大学人文社会科学学院中国研究センター• Nomura Research Institute Hong Kong Limited• 台灣野村總研諮詢顧問股份有限公司• 株式会社野村総合研究所ソウル• Nomura Research Institute Asia Pacific Private Limited• Nomura Research Institute Singapore Pte. Ltd. Nomura Research Institute Asia Pacific Private Limited マニラ支店• Nomura Research Institute Indonesia• Nomura Research Institute India Pvt. Ltd. Nomura Research Institute Financial Technologies India Pvt. Ltd. , Ltd. 等 著名な研究員等(現職者・出身者) [ ]• - 元 、。 - 元 研究員、現 株式会社代表取締役社長• - 元 取締役、現株式会社代表取締役副社長• - 元 主席、現 株式会社代表取締役社長• - 元 上席コンサルタント、現 東京都市大学大学院教授• - 元 、総合計画局長、理事長・顧問、株式会社• - 主席研究員、、• - 元 研究員、ファンドマネジャー、 オオタケ・ウリザール&コーポレーションプレジデント• - 元 取締役、客員研究員。 現 常務理事、経済学部教授• 小野浩 - 元 コンサルタント、現 大学院国際企業戦略研究科教授• - 元 主任研究員、経営管理研究部教授• - 元 研究員、現 金融経済研究所経済調査部長兼チーフエコノミスト• - 元 、、、元国土交通省、元参議院議員• - 元 上級コンサルタント、現株式会社bajji創業者兼代表取締役CEO、現 株式会社LastRoots創業者、現• - 元 社長、防衛庁防衛研修所(現 )所長。 現 財団法人常任理事• - 元 研究員、教授、代表取締役• - 元 理事、経済企画庁・顧問、経済学部教授• - 元 研究理事、現 株式会社常務執行役員• - 顧問、財団法人顧問、顧問。 元 理事、、副社長。 - 元 所長、理事長、銀行局長、理事、副理事長、• - 元 副社長、、トレードセンター副所長• - 元 上席コンサルタント、現 教授• - 元 社長、顧問、営業局長、同理事。 現 財団法人世界平和研究所副会長• - 元 経営コンサルティング一部長。 現 グローバルビジネス研究科教授• - 元 研究員、現 教授。 グローバルベンチャーキャピタルマネージングパートナー• - 元 関西支社 経営コンサルティング室長。 現 株式会社 代表取締役社長兼• - 元 コンサルタント、現 衆議院議員• - 元 主席エコノミスト、現 経済学部特任教授。 元 高等国際問題研究大学院教授• - 元 コンサルタント、 D4DR株式会社代表取締役社長• - 元 経済社会研究室室長、現 経済学部長• - 元上席研究員、運用委員会員長代理• - 元 コンサルタント、 リンカーズ株式会社創業者、• - 元 顧問、• - 元 コンサルタント。 現 地球社会共生学部教授• - シニアフェロー、総合政策学部教授(特別招聘)、株式会社顧問。 元 理事長• - 元 、現 ビジネス研究科教授、 JAXA 主任研究員• - 元 主席研究員、外務大臣官房領事移住部領事移住政策課長。 現 国際開発学部教授• - 研究員、プロジェクト杉田玄白主宰者• - 研究創発センター主席研究員、チーフエコノミスト• - 元 研究員、現 チーフ・エコノミスト兼マネージング・ディレクター• - 元 研究理事、経済学部教授 主な出版物 [ ]• 主な事業別サイト [ ]• 企業支援・コンサルティング• (参考)• (参考)• インターネットリサーチ• eマーケットプレイス• ヘルスケア事業• 教育・人材育成• 情報提供サービス• ソリューション・アウトソーシング• 脚注 [ ] []• vorkers. 2020年2月25日閲覧。 OpenWork. 2020年2月25日閲覧。 Web版 2017年6月1日. 2018年1月25日閲覧。 プレスリリース , クエステルジャパン株式会社, 2020年2月4日 ,• (日本経済新聞 2016年10月25日)• (株式会社野村総合研究所:ニュースリリース 2016年10月31日)• (野村不動産株式会社 2017年2月13日)• (ヨコハマ経済新聞 2009年4月27日) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 民間企業や官公庁向けのコンサルティングや調査・研究事業を担当。 異才融合。 - 経済問題・財政構造・改革政策課題等の研究を行ない、課題解決に向けた最先端研究に取り組む。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の