大成建設株価。 大成建設 (1801) : 株価診断・理論株価 [TAISEI]

大成建設|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:1801)

大成建設株価

みんかぶリサーチによる株価診断。 現在は【割高】 理論株価 3,801円 と判断されており、結論に至った経緯と要因を、過去比較、相対比較、業績推移の視点から説明しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

大成建設 (1801) の株価・株式|QUICK Money World

大成建設株価

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の

大成建設 (1801) : 株価/予想・目標株価 [TAISEI]

大成建設株価

1959年10月上場 略称 大成 本社所在地 〒163-0606 一丁目25番1号 () 設立 (6年) (株式会社大倉土木組) 事業内容 ・・・ 代表者 () (代表取締役) (代表取締役兼) (代表取締役兼副社長執行役員) 資本金 1,124億4,829万8,842円 発行済株式総数 11億4675万2860株 売上高 連結:1兆7,513億3,000万円 単独:1兆4,095億2,300万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:1,677億5,500万円 単独:1,415億9,800万円 (2020年3月期) 純利益 連結:1,220億8,700万円 単独:1,001億9,500万円 (2020年3月期) 純資産 連結:7,539億1,500万円 単独:4,830億6,400万円 (2020年3月31日現在) 総資産 連結:1兆8,899億9,500万円 単独:1兆6,699億3,600万円 (2020年3月31日現在) 従業員数 連結:14,644人 単独:8,548人 決算期 会計監査人 主要株主 (信託口) 6. この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年10月) 5社(大成建設、、、、)の一角。 のの流れを汲むが、現在スーパーゼネコンでは唯一の非同族会社であり、社員が会社を買い取ったという背景から、社員の会社であるという雰囲気が強いと言われてる。 また、現場に与えられる権限が比較的強いと言われる。 (昭和21年)に現在の社名に改名したが、創業者・の戒名「大成院殿礼本超邁鶴翁大居士」にちなむ。 社名に『』と付けたはしりである(から訳出)。 や、、、などの大規模な工事を得意としているが、一般向け「」「空間王」も手がけるなど、住宅事業にも進出し、高機能性の住宅として注目を浴びている。 海外受注拡大(の海底トンネル、ボスポラス海峡海底トンネル、建設)に注力し、技術力とグループ力に強みを持つ。 特に近年、において大規模な送水管建設をはじめ、積極的な事業展開を進めている。 『月からも見えるやしの木型人工島』で世界的に注目されているの海底トンネル工事においては、斬新な提案が評価され、欧米の競合を退けて受注に至り、このプロジェクトにおける環境対策は地元の新聞にも大きく紹介された。 はヨーロッパとアジアを結ぶ鉄道トンネルとして100年も前から計画され、トルコ人が待ち望んでいたため、注目されている。 環境対策としての大量の枯損木のも行い、の河川事業で水質浄化材として試用が検討されている。 特にでは国内トップクラスの実績を誇る。 系(:旧系)。 (平成4年)頃から現在まで、やで「 地図に残る仕事。 」というを使用している。 日本土木会社の揃いの法被を着た職人たち。 の日本館「」を作った。 沿革 [ ]• (明治6年)10月 - により大倉組商会を創立。 (明治20年)3月 - 、大倉喜八郎(大倉組)、()らによって有限責任日本土木会社を設立。 (明治25年)11月 - 有限責任日本土木会社解散。 (明治26年)6月 - 大倉喜八郎が単独経営の大倉土木組を創設し、日本土木会社の事業を継承。 (明治44年)11月 - 株式会社大倉組に合併され、株式会社大倉組土木部と改称。 (大正6年)12月 - 株式会社大倉組より再度分離し、資本金200万円の株式会社大倉土木組発足(公式にはこの(大正6年)12月設立とされている)。 (大正9年)12月 - 日本土木株式会社と改称。 (大正13年)6月 - 大倉土木株式会社と改称。 (昭和3年) - 創業者大倉喜八郎逝去(享年90才)• (昭和20年) - 大西進が社長に就任。 (昭和21年)1月14日 - 大成建設株式会社と改称。 (昭和22年) - 社員投票により藤田武雄社長と役員を選出。 (昭和49年) - 社員株主制度が実現、非同族会社となる。 (昭和31年) - 株式を東京店頭市場に公開。 (昭和32年) - 加藤一衛が社長に就任。 株式を東京証券取引所に上場(建設業界初)。 (昭和33年) - 銀座大成ビル竣工、本社を移転。 (昭和63年) - 水嶋篤次が社長に就任。 (昭和38年 - 本間嘉平が社長に就任。 (平成2年)4月2日 - 現在のシンボルマークを制定((平成15年)4月に社章に昇格)。 (平成12年)10月9日 - 内にの常設博物館をオープン((平成22年)9月末で閉館)。 (平成13年) - 葉山莞児が社長に就任。 (平成19年) - 山内隆司が社長に就任。 (平成25年) - 創業140周年。 (平成27年) - 村田誉之が社長に就任。 主な施工物件 [ ] 国内(五十音順)• (2代目庁舎、現・、)• (埼玉県)• 旧社屋(移転により解体 )• (解体 )• (解体 )• (大阪市)• (東京都)• (東京都、JV案件、旧NHK千代田放送所も建設)• (東京都)• TFT工場• (京都府)• 千里丘リージョナルセンター• (東京都)• 新館の解体工事(東京都)• (東京都)• (東京都)• (閉店)(東京都)• 役所本庁舎(千葉県)• (大阪府)• (解体、東京都)• ダイヤモンドシティ・ソレイユ(現)(広島県)• (愛知県)• 7号系列本館(愛知県)• ・本社・放送センタービル(愛知県)• ホール棟(東京都千代田区、JV幹事会社)• (東京都)• - 間(現在の)• (東京都、JV幹事会社)• (東京都)• 川崎工場• (東京都)• (愛知県)• 燃料製造プラント• (東京都)• 本館(東京都)• 別館(東京都、JV幹事会社)• (東京都)• 小田原工場• (北海道)• (横浜市、JV幹事会社)• (東京都)• (埼玉県)• (東京都) 海外• 消波堤()• (2010年、)• の(アラブ首長国連邦)• (2014年、)• (、ほか3社が参画)• (台湾)• (台湾、ほか3社が参画)• 第2ターミナル(2014年、)• コロンボ外郭環状道路(2015年、) 広告活動 [ ] 大成建設は、アニメーションCMを中心に積極的に企業広告を行っている。 アニメーションCM [ ] 2011年度より制作のによる企業イメージCMが放映されている。 CMは概ね1年ごとに差し替えられているが、2015年頃からは過年度のCMの再放送も行っている(最後のサウンドロゴの箇所でインフラ整備の「完成」もしくは「完成予定」をアナウンスしている)。 監督によるもの• ()篇 - 音楽:「ファイト」・声の出演:• ()篇 - 音楽:・声の出演:• ()篇 - 音楽:「Change」・声の出演:• ()篇 - 音楽:「」・声の出演:• ()篇 - 音楽:「春泥棒」・声の出演:• 監督および作画によるもの• ()篇 - 美術:・音楽:・声の出演: その他 [ ] ラジオCM やといった有名な施工実績建造物等をナレーターが読み上げるという構成となっている。 提供番組 [ ] 現在 [ ]• (、関東ローカル) 過去 [ ]• (、、)• (日本テレビ系)• (テレビ東京系列)(平成24年)1月より3月まで• (テレビ東京系列)7月より3月まで• (系列)4月より3月まで、現在、金曜ロードSHOW! にて番組提供継続。 (テレビ東京系列)• (、)• 土曜日 1988年10月〜1991年3月• -1990年代 その他 [ ]• (日本放送協会・2007年5月19日)で「質問バンバン! 」のコーナーで「ビルのクレーンのしくみ」の特集で大成建設のビルのクレーンが取り上げられた。 CS局で放送中の番組『エキストリーム・エンジニアリング』で、上記のボスポラス海峡海底鉄道トンネルの函体建造に携わる同社の日本人技術者が紹介され、番組途中に同社のイメージCMが放送されていた。 住宅地開発 [ ]• 八千代・もえぎ野• いわき市泉もえぎ台 開発住宅団地 [ ] 大成建設では関連会社の大成ユーレック(旧社名:大成プレハブ(2001年改称)とともに、いくつかタイプの住宅団地の開発を手がけている。 大宮七里グリーンハイツ:(昭和46年)、、開発主体:大成建設、:大成建設グループ• :(昭和49年)、千葉県、開発主体:大成建設、設計施工:大成プレハブ• 船橋二和グリーンハイツ:千葉県、開発主体:大成• 鎌ヶ谷グリーンハイツ:(昭和47年)、千葉県、開発主体:大成• 鎌倉グリーハイツ:1972年(昭和47年)、神奈川県、開発主体:大成建設、設計施工:大成プレハブ• 湘南長沢グリーンハイツ:(昭和55年)、神奈川県、開発主体:事業主:大成建設、設計施工:大成プレハブ• 鵜野森ハイツ:(昭和42年)、神奈川県、開発主体:大成プレハブ、設計施工:大成プレハブ• 新原町田グリーンハイツ:(昭和45年)、神奈川県相模原市、開発主体:大成プレハブ、設計施工:大成プレハブ• 藤阪ハイツ:1974年(昭和49年)、大阪府、開発主体:、設計施工:大成プレハブ• 高槻グリーンハイツ:(昭和54年)、大阪府、開発主体:東京建物・大成プレハブ、設計施工:大成プレハブ• 宮前平グリーンハイツ:神奈川県、開発主体:大成建設、施工:大成建設、管理:大成サービス• 戸塚芙蓉ハイツ:(昭和48年)、神奈川県、開発主体:昭興、設計施工:大成プレハブ グループ企業 [ ] 建設事業• 成和リニューアルワークス• ボー 不動産・開発事業• シンボルタワー開発()• 大成建設ビルマネジメント ホテル事業• ホテルプリシード名古屋• ホテルプリシード郡山• ホテルプラザ神戸(旧グループ) その他事業• 大成情報システム• 大成ツーリスト• 大成スタッフサービス• 大成ビジネスサポート• タイセイ総合研究所(トータルソリューション研究所)• 北軽井沢開発(軽井沢高原ゴルフ倶楽部)• ミュージアム・タイセイ() 海外現地法人• PP大成インドネシア建設• 大成タイランド• ビナタ・インターナショナル• 大成ミャンマー• 大成フィリピン建設• インドタイセイ インダ デベロップメント 不祥事 [ ]• (平成18年) - にからむ不正入札に関して、から30日間の営業停止命令が下りる。 また、同事件にからむ営業停止命令は、同社を含んだゼネコン大手など8社に及ぶ規模。 (平成19年) - TKN(大成建設、鹿島建設、新日鉄エンジニアリングのジョイントベンチャー)が建設中のが崩落し、死者55人、負傷者79人を出す大事故となった。 調査の結果、事故の主因は予測不可能であったと結論され、TKNにより建設が継続された。 同社が2010 - 2013年3月期の3年間で、約2億円のをから指摘されていたことが、2014年6月に判明した。 指摘額のうち約6,000万円については、同社幹部社員の男性が、会社に対し虚偽の発注を繰り返した上でを捻出し、私的にを建設するための費用に使っていたとして、所得隠しと認定された。 同社はこの件については、の取材に対しコメントを避けており、問題の幹部社員も取材に応じていない模様である。 (平成28年)-博多駅前道路陥没事故(はかたえきまえどうろかんぼつじこ)の前2丁目交差点付近で発生した。 崩落の原因について、にまとめられた有識者委員会の報告書では、工事の地盤調査の誤りと、地盤のもろさが指摘されている。 (平成30年) - をめぐる談合で、元常務執行役員が違反の容疑でに逮捕された。 その後の刑事告発を受けに法人としての鹿島建設と担当部長が起訴された。 脚注 [ ] []• 160• 『週刊朝日「大いに成るほど〜近代化遺産編」2002年1月4日・11日合併号』 当時の大倉土木組の施工 [ ]• 台湾総督府鉄道部 1911-12. デジタルコレクション. 241. 「カントー橋崩落事故に関するベトナム国家事故調査委員会最終報告について」 および「ベトナム公表資料(仮訳)」 外務省 平成20年7月4日• 2014年6月19日• ビジネスジャーナル公式ホームページ• 朝日新聞. 2018年3月2日. 2018年3月24日閲覧。 毎日新聞. 2018年3月24日. 2018年3月24日閲覧。 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援• 道普請人• ボランティアプラットフォーム• 日本印刷産業連合会• 日本CFO協会• 地球環境戦略研究機関• 国際協力NGOセンター• 日本食品分析センター• ACE• ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サスティナブル・サプライチェーン• 学校法人国際学院• 岩井医療財団• プラン・インターナショナル・ジャパン• あと会• 学校法人大阪夕陽丘学園• 日本建築センター• 国際開発機構 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の