大豆プロテイン。 筋トレにソイプロテインを選ぶべき理由【効果・効能・メリット】│TheHealthyLife

プロテインのメリットと効率的な飲み方とは?

大豆プロテイン

ホエイプロテインもカゼインプロテインも、牛のお乳から作られる乳由来のタンパク質ですが、プロテインにはヘルシーな植物性タンパク質もあります。 その代表格が 「ソイプロテイン」。 大豆が原料であるソイプロテインの生理機能やソイプロテインを選ぶメリットを解説します。 ソイプロテインとは ソイプロテインの「ソイ(Soy)」は、 「大豆」のこと。 大豆には「油脂」のほか、「タンパク質」が 約35%程度含まれています。 ソイプロテインは、大豆から油脂を絞った後に、タンパク質を取り出したものです。 植物由来の 「大豆タンパク質」がたっぷり含まれているのです。 ・動物性タンパク質と植物性タンパク質 肉・魚・卵・牛乳・乳製品などに含まれている動物性タンパク質は、アミノ酸スコアが良好で、さらに体内での利用効率が 90%以上と優れています。 タンパク質を体内に取り込むためには有効な栄養成分です。 しかし、動物性タンパク質を摂取しようとすると、飽和脂肪酸やコレステロールなど、過剰摂取による生活習慣病が懸念される栄養成分が多く含まれるため、赤身肉を選ぶなどの工夫が必要です。 一方、豆類、穀類、野菜、果物に含まれる植物性タンパク質はアミノ酸スコア、利用効率ともに動物性タンパク質より劣ります。 では、動物性タンパク質同等の栄養価、利用効率を持つ植物性タンパク質があったら摂取してみたいという方も多いのではないでしょうか。 ・動物性タンパク質と同等の栄養価、利用効率を持つ「ソイプロテイン(大豆タンパク質)」 ソイプロテインは植物性タンパク質でありながら、アミノ酸スコアも利用効率も動物性タンパク質に負けていません。 さらに、植物性タンパク質に属する大豆タンパク質は、飽和脂肪酸含有量が低く、コレステロールを含まれないことから、脂質異常症などの生活習慣病にはつながりにくいと言われています。 日常の食生活で、肉や魚などの動物性タンパク質を摂ることも大事ですが、ヘルシーな大豆・大豆製品を取り入れ、積極的に大豆タンパク質を摂取しましょう。 手軽に利用できるソイプロテインを活用することもおすすめです。 「inバー プロテイン グラノーラ」 ソイプロテインの生理作用とメリット ソイプロテインはアミノ酸結合が多いため、アミノ酸が数個から数十個結合したペプチドという形にまで分解されている場合があります。 これを 大豆ペプチドと呼びます。 この大豆ペプチドの生理作用の研究は数多く行われ、報告されています。 その中から、アスリートにとって有効な筋肉への作用、減量やダイエットを促す作用、あらゆる年代、性別、アスリートから健康志向の方など多くの方におすすめできる内容をピックアップしてご紹介します。 ・アスリートの方に ソイプロテインはカラダづくりが期待できます。 そのため、トレーニング後だけでなく、朝食などトレーニング前の食事での摂取もおすすめです。 また、重要なエネルギー源であるブドウ糖のカラダへの取り込みを促進すると言われているため、翌日のトレーニングの準備として就寝前の利用にも向いています。 脂肪成分が少ないためトレーニングオフの日、就寝前にも安心して使うことができます。 ホエイプロテインより劣りますが分岐鎖アミノ酸(BCAA)も含まれています。 カラダづくりにおすすめですので是非活用しましょう。 ・女性のお悩みごと ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる身体的・精神的な不調。 これは女性ホルモンの分泌量が低下して起こると言われています。 ソイプロテインには注目の イソフラボンが含まれています。 ソイプロテインのデメリット 多くの生理作用が期待できるソイプロテインですが、これらは利用方法によってはデメリットとなることがあります。 また筋肉の修復に時間がかかることにもつながります。 即効性を期待する場合はホエイプロテインが有効です。 即効性を期待する場合はソイプロテインの中でも、大豆ペプチドのように分解をすすめた成分のものを選ぶことをおすすめします。 牛乳のタンパク質から作られるプロテインより独特の風味がでています。 苦手な方は、いくつかのソイプロテインの商品から好みの味をみつけましょう。 フレーバーがついた商品もおすすめです。 アスリートのからだづくり、日々の健康サポート、吸収がゆるやかで、美容に良い成分も入っている、大豆パワーたっぷりの「ソイプロテイン」。 植物由来なので、乳由来のたんぱくが苦手な方におすすめのプロテインとも言えます。 メリット・デメリットを理解することで、家族みんなで利用できるのがソイプロテインです。 プロテイン初心者の方も、まずはヘルシーなソイプロテインから始めてみてはいかがですか。

次の

Amazon

大豆プロテイン

大豆たんぱく質の栄養成分と期待できる効果 大豆からタンパク質成分だけを取り出し、パウダー状にしたものがソイプロテインです。 そして大豆たんぱく質は、びっくりするくらい多くの栄養成分が入っていて、以下のような色々な効果が期待できます。 成分 期待できる効果 タンパク質 ペプチド 血中コレステロール低下作用 血圧上昇抑制 抗酸化作用 肥満防止 脂質 善玉コレステロールの増加 脂質代謝の改善 記憶力・集中力の増加 糖質 ビフィズス菌増殖作用 胃の粘膜保護 イソフラボン 細胞のガン化を抑制 ガン細胞の増殖を抑制 骨粗しょう症の緩和 更年期障害の緩和 食物繊維 整腸作用 大腸ガンの抑制 ビタミン 成長促進作用 抗酸化作用 カルシウム 骨粗しょう症の緩和 サボニン 抗酸化作用 ガン増殖抑制 トリプシンインヒビター 糖尿病の予防 フィチン酸 ガン抑制効果 アントシアニン 抗酸化作用 このように、大豆タンパク質は、がんや肥満などの 生活習慣病・メンタルの安定・アンチエイジングにポジティブな効果があります! さらに、大豆タンパク質は満腹中枢にはたらきかけ食事の満腹感を上げてくれるので、ダイエットにも効果的です。 体内では20種類のアミノ酸が使われていて、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分かれているが、正直どちらも必要。 例えば、BCAA バリン・ロイシン・イソロイシン という必須アミノ酸は筋肉を使う人にとっては効果的なので、トレーニーやダイエッターの間でよく飲まれている。 増量 筋肥大 と減量 体脂肪を減らす のどちらにも使える【勘違い注意】 ソイプロテインも、筋肉を増やしたりウエイトダウンしたいときに使うことができます。 ホエイやカゼインと同じようにです。 つまり「増量用」「減量用」という名前に関係なく、あらゆるプロテインはあらゆる目的に使うことができます。 例えば、痩せたいときに「増量用プロテイン」を飲んでも全く問題ありません。 そもそも、理想の自分になれるかどうかは、あなた自身がした運動の種類で決まります。 つまり、プロテインを飲むことだけで筋肉を増やしたり痩せたりすることは無いのです。 ソイプロテインの場合、植物性でヘルシーなイメージがあることから「減量用」や「女性用」として売られることが多いです。 が、本当は全くそんなことは無く 誰でもどんな目的でも使ってOKです。 デメリットになりうる点3つ ソイプロテインは、動物性プロテインと比較してヘルシーで価格も安く最高なのですが、飲み始める前に確認しておくと良い点が3つあります。 豆乳が苦手な人にとっては飲みにくいかも• 無添加だとホエイプロテインに比べ溶けにくい• 大豆アレルギーの人は飲めない ソイプロテインは、無調整豆乳の風味を更に濃厚にしたような味。 そのため「豆乳の味が得意でない」人にとっては、かなり飲みにくいと思います。 その場合は、ホエイと半々で混ぜるなどの工夫をすると、かなり飲みやすくなります。 次に、ソイプロテインはホエイよりも溶けにくく、適当に混ぜたりするとダマになって残ってしまい不便と言われています。 が、サキノの場合、実際あまりこのデメリットを感じたことはありません。 ホエイでも適当にシェイクするとダマになりますし…。 プロテインの種類どうこうと言うより、混ぜ方が問題でしょう。 最後に、当然の話になってしまいますが、ソイプロテインは大豆タンパク質の塊なので、大豆アレルギーの人は飲むことができません。 話が少し飛びますが、「ホエイやカゼインを飲むと何だかお腹の調子が悪い」という方は、乳由来の乳糖やカゼインが原因の可能性があります。 こういう方の場合は、ソイプロテインは特におすすめです。 以上、大豆たんぱく質の栄養成分・効果・メリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがでしたか? ソイプロテインは、長期的な健康維持・ダイエット・増量に使える、スーパー食品なのです!次章からは、ソイプロテインの効果的な飲み方や、美味しく飲む方法を見ていきましょう! ソイプロテインの飲み方 ソイプロテインは、ホエイ等のプロテイン粉末と同じように水・豆乳・アーモンドミルクなどで溶かして飲むのがおすすめ。 ちなみにサキノの場合、自宅にいるときはアーモンドミルクで割りで、外出先で飲むときは水割りで飲んでいます。 飲む量はどのくらい? まず最初に、あなたの1日のタンパク質必要量 およそ を求めてみましょう。 体重1㎏あたり 運動習慣が無い 0. 8g 運動(軽め) -1. 2g 運動(中くらい) -1. 5g キツイ運動 -2g 例えば、平日20分のウォーキングをしているAさんは体重1㎏あたり1. 2gのタンパク質を摂れば十分です。 Aさんが60㎏とすると、こうなります。 ソイプロテインはほぼタンパク質の塊なので、このように食生活に取り入れるとかなり楽にタンパク質を摂取することができますね。 ちなみに、タンパク質は1度に吸収できる量が 20g程度と言われているので、だいたい20g~30gのソイプロテインを1度の分量として摂取しましょう。 例えば、ソイプロテインに含まれる鉄分は非ヘム鉄という種類の鉄分で、普通に摂取するとたった5%程度しか吸収されません。 が、非ヘム鉄は ビタミンCと一緒に摂取すると、吸収率が上がります。 オレンジ1個やバナナ1本と一緒にソイプロテインドリンクを飲んだり、野菜やフルーツとソイプロテインをブレンドしてスムージーを作ったり…。 フルーツや野菜と合わせて飲めば、ソイプロテイン自体も飲みやすくなりますし栄養も摂取できて一石二鳥です。 に詳しい人は、たぶん疑問に思うでしょう。 確かに、ホエイプロテインの方がアミノ酸を多く含んでいて、かつ吸収スピードも速いのは事実です。 ですから、筋肥大を第一優先とする人はホエイを飲むのもアリです。 例えば、日々体をハードに鍛えている本気のトレーニーや、結果を出すために頑張っているスポーツ選手はホエイ。 ホエイの中でも、カゼインや乳糖が取り除かれているWPI ホエイプロテインアイソレート を選びましょう。 繰り返しますがソイでも筋肥大は問題なくできます。 ただ、ダイエットや長期的な健康を第一優先として考えると、やはりソイプロテイン一択。 「いやいや、どちらのメリットも捨てがたい~」というあなたは、 置き換え食としてソイ、筋トレ後はホエイ WPI を飲むなどして、状況に合わせて使い分けするのがおすすめ。 そうすれば、ソイとホエイの良いとこ取りの効果を期待することができます! 以上、ソイプロテインの栄養成分の効果とホエイとの使い分けについて、まるっと解説してきましたが、いかがでしたか? ソイプロテインは、筋肥大・減量ともに使えて、かつ動物性タンパク質とは違い長期的な健康にも効果的な、スーパー食品。 さあ、あなたも今日からソイプロテインを食生活の一部に取り入れて、理想の自分に近づきましょう! 引用.

次の

プロテインのメリットと効率的な飲み方とは?

大豆プロテイン

ホエイプロテインもカゼインプロテインも、牛のお乳から作られる乳由来のタンパク質ですが、プロテインにはヘルシーな植物性タンパク質もあります。 その代表格が 「ソイプロテイン」。 大豆が原料であるソイプロテインの生理機能やソイプロテインを選ぶメリットを解説します。 ソイプロテインとは ソイプロテインの「ソイ(Soy)」は、 「大豆」のこと。 大豆には「油脂」のほか、「タンパク質」が 約35%程度含まれています。 ソイプロテインは、大豆から油脂を絞った後に、タンパク質を取り出したものです。 植物由来の 「大豆タンパク質」がたっぷり含まれているのです。 ・動物性タンパク質と植物性タンパク質 肉・魚・卵・牛乳・乳製品などに含まれている動物性タンパク質は、アミノ酸スコアが良好で、さらに体内での利用効率が 90%以上と優れています。 タンパク質を体内に取り込むためには有効な栄養成分です。 しかし、動物性タンパク質を摂取しようとすると、飽和脂肪酸やコレステロールなど、過剰摂取による生活習慣病が懸念される栄養成分が多く含まれるため、赤身肉を選ぶなどの工夫が必要です。 一方、豆類、穀類、野菜、果物に含まれる植物性タンパク質はアミノ酸スコア、利用効率ともに動物性タンパク質より劣ります。 では、動物性タンパク質同等の栄養価、利用効率を持つ植物性タンパク質があったら摂取してみたいという方も多いのではないでしょうか。 ・動物性タンパク質と同等の栄養価、利用効率を持つ「ソイプロテイン(大豆タンパク質)」 ソイプロテインは植物性タンパク質でありながら、アミノ酸スコアも利用効率も動物性タンパク質に負けていません。 さらに、植物性タンパク質に属する大豆タンパク質は、飽和脂肪酸含有量が低く、コレステロールを含まれないことから、脂質異常症などの生活習慣病にはつながりにくいと言われています。 日常の食生活で、肉や魚などの動物性タンパク質を摂ることも大事ですが、ヘルシーな大豆・大豆製品を取り入れ、積極的に大豆タンパク質を摂取しましょう。 手軽に利用できるソイプロテインを活用することもおすすめです。 「inバー プロテイン グラノーラ」 ソイプロテインの生理作用とメリット ソイプロテインはアミノ酸結合が多いため、アミノ酸が数個から数十個結合したペプチドという形にまで分解されている場合があります。 これを 大豆ペプチドと呼びます。 この大豆ペプチドの生理作用の研究は数多く行われ、報告されています。 その中から、アスリートにとって有効な筋肉への作用、減量やダイエットを促す作用、あらゆる年代、性別、アスリートから健康志向の方など多くの方におすすめできる内容をピックアップしてご紹介します。 ・アスリートの方に ソイプロテインはカラダづくりが期待できます。 そのため、トレーニング後だけでなく、朝食などトレーニング前の食事での摂取もおすすめです。 また、重要なエネルギー源であるブドウ糖のカラダへの取り込みを促進すると言われているため、翌日のトレーニングの準備として就寝前の利用にも向いています。 脂肪成分が少ないためトレーニングオフの日、就寝前にも安心して使うことができます。 ホエイプロテインより劣りますが分岐鎖アミノ酸(BCAA)も含まれています。 カラダづくりにおすすめですので是非活用しましょう。 ・女性のお悩みごと ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる身体的・精神的な不調。 これは女性ホルモンの分泌量が低下して起こると言われています。 ソイプロテインには注目の イソフラボンが含まれています。 ソイプロテインのデメリット 多くの生理作用が期待できるソイプロテインですが、これらは利用方法によってはデメリットとなることがあります。 また筋肉の修復に時間がかかることにもつながります。 即効性を期待する場合はホエイプロテインが有効です。 即効性を期待する場合はソイプロテインの中でも、大豆ペプチドのように分解をすすめた成分のものを選ぶことをおすすめします。 牛乳のタンパク質から作られるプロテインより独特の風味がでています。 苦手な方は、いくつかのソイプロテインの商品から好みの味をみつけましょう。 フレーバーがついた商品もおすすめです。 アスリートのからだづくり、日々の健康サポート、吸収がゆるやかで、美容に良い成分も入っている、大豆パワーたっぷりの「ソイプロテイン」。 植物由来なので、乳由来のたんぱくが苦手な方におすすめのプロテインとも言えます。 メリット・デメリットを理解することで、家族みんなで利用できるのがソイプロテインです。 プロテイン初心者の方も、まずはヘルシーなソイプロテインから始めてみてはいかがですか。

次の