アドセンス 10万。 【グーグルアドセンスとは?】2020年 これから初心者さんが一番成果にしやすいアフィリエイト手法だろうな

Google Adsense (グーグルアドセンス)で1万円稼ぐ方法

アドセンス 10万

アドセンスの収益、上がっていますか? こんにちは。 2015年の3月はアドセンスで、月間17万PVで7万円の収益を達成したまえちゃんです。 最近ぼくのアドセンス収益が多いのでたまにやり方を聞かれます。 しかし相手の内情を聞くと、けっこう基本的なことをみんなやっていないのに、アドセンス収入が難しいと嘆いている気がするんです。 ブロガーのみなさん、 あきらめたら、そこで試合終了ですよ? ブログ飯は難しいかもしれませんが、ぼくの経験上、基本的なやり方を学べばアドセンスで最低1万円くらいは誰でもいけると思います。 だから今回はぼくがアドセンスで1万円稼ぐ方法を解説してみました。 あらかじめ言いますが、この記事は長いです。 複数の記事になりますが合計で1万字以上あります。 でもこの通りにやれば、1万円くらいなら結果は出るはずです。 いや、ぼくがこれから語る手法を使って、真面目にアドセンスに取り組んだのは9,000円台だったので、それから試行錯誤して8ヶ月で7万円台です。 だから努力次第でもっと上の収益を狙えるんじゃないでしょうか? 紹介できる範囲でぼくのブログの一番収益の高い場所から配置の方法まで、紹介しています。 この記事がすべてのブロガーのみなさんに参考になれば嬉しいです。 では行ってみましょう。 Contents• そもそもアドセンスで月に1万円はどうすれば稼げるのか? しょっぱなからなんですが、アドセンスの収益額はPVに比例します。 うぇぶ小屋さんのによれば PV数とAdsense収益の関係 月間PVと収益額(円• 1万PV 2,000〜4,000円• 5万PV 10,000〜20,000円• 10万PV 20,000〜40,000円 だそうです。 ぼくの経験を照らし合わせても 「納得!」の数字だと言えるでしょう。 つまり PVなきブログに、アドセンス収益ナシ!という残酷な仕組みを伝えなければなりません。 1万PVだとまだたりない……。 5万PVくらいでアドセンス収益で1万円稼げるレベルになります。 このパーセンテージは5,000PVだろうが、15万PVだろうが、ほぼ変わることがありません。 だからブログを始めて数ヶ月で、「安西先生、アドセンス収益がほしいです……」と嘆かれても、 「キミ、退場!」と言われてしまいます。 「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」と言いたいのはやまやまなんですが、そもそもアドセンス収益は PVがないと試合のホイッスルが鳴りません。 ここからはブログが3万PV以上ある人の話になってきます。 アドセンス収益のデータについて 次にアドセンスで1万円稼ごうと思ったら、アドセンスの仕組みを知らなくてはいけません。 しかしグーグルアドセンスのレポートデータで注意してみる数字は、たった5つなんです。 PV数 記事が何回表示されたか?• クリック数 何回クリックされたか?1日あたりと、月のトータル• ページCTR クリック数をPVで割った数字• CPC 1クリックあたりの広告単価• Page RPM 1,000PVあたりの目安収益 PV数は何回ブログの記事が読まれたかになります。 ただグーグルアナリティクスのPVと違うのは、アドセンス広告が含まれているか否かです。 トップページにアドセンス広告がなければ、トップページのPVはカウントされません。 クリック数は何回クリックされたかです。 1日と月のトータルクリック数を気をつけてチェッックしてみてください。 CPC コストパークリック はアドセンスの広告を押してもらって得られる報酬の平均単価です。 平均的な数字は10〜30円といわれています。 つまり1回押してもらうごとに10〜30円の収入が入る計算です。 ページCTRはクリック数をPVで割った数字になります。 ページRPMは1,000回広告が表示された時の目安収益です。 こちらは最初は理解してなくてもオッケーです。 以上の数字とデータを覚えてみてください。 アドセンスで月に1万円稼ぐために必要な数字 さてどうやったら月に1万円アドセンスで稼げるか、いよいよ本題に入らせてもらいます。 月収1万円のアドセンス収益はこういう式です。 たとえばCTRが0. 333…. だから334回、月にクリッックしてもらえれば良いわけです。 この場合のCTRが0. 5%なら、パーセンテージを数字に直すと0. 005になります。 求められるブログのPVは• というわけで、自分のブログの 月の平均CPC 広告単価 が30円で、 月の平均CTR 平均クリック率 が0. 005 CTR =335 という数字が算出できました。 166… なので1日あたり11〜12クリックあって、かつ毎日330〜350円収益が出てれば、1ヶ月に1万円稼げます。 アドセンスで稼ぐためには、まず細かいデータを意識すべし 1万円を30日で割れば、1日あたりに334円収益があればいいのはわかります。 しかしクリック単価 CPC やクリック率 CTR まで深く計算する人は、初心者にあまりいません。 しかしこの細かいデータをきちんとわかってるか、わかってないかで、アドセンス収益のレポートの見方が変わってきます。 ゴール 収益 を決める前のドリブル・パス・リバウンド、 CPC、CTR、クリック率 すべてが収益につながるのです。 アドセンスの広告単価について さてアドセンスで収益を上げるための公式はカンタンです。 つまり収益を多くしたければ、 クリック数を上げるか、 広告単価 CPC を高くするか、どちらかを試してみればいいでしょう。 しかーし、そうカンタンにできれば苦労しないのがアドセンスです……。 クリック数を上げるやり方は後述しますが、広告単価は広告主とグーグル側で決められます。 こちらはブログの書き手が関与する方法がほぼありません。 アドセンスのコードを配置すれば広告を自動配信してくれるんだから、こんな便利なのに高単価の広告配信してくれ!なんてムシが良過ぎますよね。 だけど広告単価を上げる方法がないわけではありません。 広告単価の高い記事を書く グーグルアドセンスには広告単価があります。 いわゆるCPC コストパークリック というモノですね。 この単価の平均は1クリックあたり、10〜30円だと言われています。 つまり1回クリックされたら10〜30円の収入が入ってくるという意味です。 しかしあくまでもこれは一般論です。 広告単価が50〜200円のモノもあります。 もっと単価の高いものもあるかもしれません。 ニキビやワキガなどのお悩み解決系の記事、旅行や転職などの記事は高単価のクリック収入が見込めるので、ブログとの相性次第だと思われます。 ちなみにぼくのブログのテーマは旅行・仕事、たまに海外やブログで稼げる系の記事を書いているため、ちまたで言われる平均的な数字には当てはまらないです。 具体的な数字を公開するのは規約で禁止されているため明かせません。 ただ平均的なアドセンスの広告単価をぼくが自分のブログのデータで確認したら 「異常だ」と感じるので、ブログの相性と記事で平均相場を上回ることは可能じゃないでしょうか? ただ逆に文房具やゲームなど、アドセンスとは相性の悪いジャンルもあるのも事実。 ぼくのブロガー仲間でという文房具ブログを運営しているげんきくんは、「アドセンス収入が本当に悪い」と言って、いろいろ試した末にアドセンスで稼ぐことを諦めてました。 だからアドセンスだけがブログの収入源ではありません。 収益データ測定してダメだとわかったら、アドセンスの貼り方に頭を悩ますより、他のAmazonやA8、バリューコマースなどの成果報酬型アフィリエイトを試すのも手です。 プレースメントターゲットを設定する プレースメントターゲットとは、広告主に 「ウチのブログの広告、こんなジャンルでPVはこれくらいありますよ!」と知らせる方法です。 もし自分のブログのアドセンスを踏んで広告先から購入してもらえる確率が、他のサイトやブログより高かったします。 そうすると高い単価の広告を配信してもらいやすくなるのです。 ぼくもデータを眺めてると、1クリックで 「マジで!」と驚く結果が出てることがあるので、設定しておくことをオススメします。 ただこの方法はある程度PVや結果がないといけないし、すぐ結果が出るわけじゃないです。 甘い期待は禁物ですが、中長期的な効果を期待できるので、試す価値はあるでしょう。 設定のやり方はこちらのリンクをどうぞ。 まとめ まずアドセンスの仕組みを覚えよう いかがでしたか? ……長い、長い!ここまで読ませておいて、まだアドセンスの貼り方とか触れないのかい! ええ、一番そんな文句を言いたいのは書いているぼく自身です。 1記事にまとめるはずだったのですが、なぜか未だに貼り方まで話を進めることができませんでした……。 しかしこの細かいデータの仕組みを理解できずに、アドセンス収益は上げられないとぼくは思います。 わかってもらえるでしょうか?女性への気配りがないオトコが女性に 「キミが好きだと叫びたい!」 と言ったところで、振り向いてもらません。 そしてアドセンスもまた結果を出したければ、細かい数字まで気を配らないといけないのです。 何事も 意識なきものに、結果なし!。 「あ、オマエが女性からモテないのはそういう理由なのね」っていうツッコミをされると 胸に激痛が走るので、調子に乗ってすみませんでした! このアドセンス解説が終わったら、ぼくもモテるために自分磨きに取り組みます……。 というワケで、次はクリック率を上げるために必要な貼り方を説明します。 ぼくが試行錯誤して、今のところ一番効果の高い配置も紹介するので、数日後にアップする次の記事も見捨てずに読んでもらえた嬉しいです。 ではまた! [関連書籍] ぼくがアドセンスで月に7万円得るために参考にした書籍です。 こちらはPVが5万PV以上、もしくはアドセンス収益が1万円以上、1年以上やって自分のブログスタイルが確立してる人にオススメの技術書です。 ぼくは現在も参考にしています。 初心者が読むとハードルが高いのですが、中級者が読むと非常に参考になります。 ぼくがアドセンスで月収7万円オーバーできたのはこの本のおかげです。 [関連記事] YouTube始めました ブログに加えて、YouTubeチャンネルも始めました。 台湾の観光地やグルメ、ハウツーなどを動画でも発信しています。 文字と写真だけでは伝えきれない台湾を動画にすることで、よりいっそうわかりやすく、面白く紹介する予定です。 動画は 毎週の水曜日に上げており、これからは 日曜日も上げていきます。 よかったら下からチャンネル登録、お願いします!.

次の

【アドセンス】1日1000円の収益達成!PV数・クリック数公開【月収10万円へ上げる方法】

アドセンス 10万

アドセンス広告とブログで稼ぐ仕組みとは? アドセンス広告とブログを使って収益化する仕組みはとてもシンプルで、 自分が書いたブログ記事の中に『アドセンス広告』というGoogleが出している広告を貼り付けておいて、その広告がクリックされたら収益が発生する、ただそれだけです。 一般的にWEB上で広告代理業をすることを 『アフィリエイト』と言いますが、俗に言うアフィリエイトとアドセンスの違いは、報酬発生のタイミングの違いです。 アフィリエイト:成果報酬型(実際に商品が買われたら報酬発生)• アドセンス:クリック報酬型(広告がクリックされただけで報酬発生) 従って、広告がクリックされてから実際にユーザー(クリックした人)が商品を購入したり、何か定期購読をしたり、お申し込みをしたり…といったアクション(アフィリエイト案件によって条件は異なる)を起こさない限り収益が発生しないアフィリエイトに比べて、ただ 広告がクリックされただけで報酬が発生するアドセンスは非常に難易度が低いと言えます。 ちなみに、クリック報酬型広告はアドセンス以外にも結構あります。 多くの人がアドセンスを推奨している理由は、アドセンス並にクリック単価が高い広告が存在しないからです。 ブログのアクセスを伸ばす• 広告のクリック率を伸ばす• 広告のクリック単価を伸ばす やるべきことはこの3つだけだと考えると、とてもシンプルでわかりやすいですよね。 それでは、ひとつずつ見ていきます。 ブログのアクセスを伸ばす アドセンスの収益を伸ばす上で、 最も重要になるのが『ブログのアクセスを伸ばすこと』です。 後述しますが、広告のクリック率も広告のクリック単価も、• 伸ばすと言っても限界がある• 自分では完全にコントロールできない(特に単価) という点で、どちらも注力する労力や時間に対するリターンが少ないですが、ブログのアクセス数は基本的に伸ばそうと思えば際限なく伸ばすことができます。 最終的には『いかにブログのアクセスを伸ばすのか』がポイントになっていきます。 参考: 広告のクリック率を伸ばす ただ、どれだけブログのアクセス数が伸びても、広告がクリックされなければ収益にはつながりません。 適切な位置に広告を設置する• コンテンツボリュームに応じて適切な数の広告を設置する• 記事内の画像の使い方などを含めて、できるだけ広告に目が止まりやすくする• 関連コンテンツ型の広告を利用する• リンクユニット広告を利用する• 広告のサイズや形式を変更する こういった工夫を施しながら、できるだけ広告のクリック率を高めていきたいです。 また、アドセンス広告で表示される広告のジャンルは• 検索ユーザーが普段よく検索しているキーワードと関連が深いもの• コンテンツの中身と関連が深いもの この2点に沿って配信されます。 従って、記事の中身(キーワード)、ブログ訪問者の日々の検索傾向、広告の中身の3点が一致した時には、ブログ訪問者にとって興味があるジャンルの広告が表示される傾向にあるので、クリック率も高くなりやすいです。 ただ、 一般的な雑記ブログの場合、1PVあたりのクリック率は1. 広告のクリック単価を伸ばす 一般的に アドセンスの平均クリック単価は25円〜40円前後と言われています。 そもそもアドセンスのクリック単価はどのようにして決められているかというと、• 広告で紹介されている商品の種類• そのサイト上の広告経由での商品購入率の高さ これらの要素によって決められると言われています。 (あとは決算期は広告主が広告費を多く使うために単価も上がりやすかったり…) 例えば、 キャッシングや住宅関連、転職系、英語教材など、商品の原価率が低くて利益率が高いジャンルや、高価格帯のジャンルは、クリック単価も上がりやすいです。 そのようなジャンルの広告が配信されるようにブログのジャンルを考えていくことで、クリック単価を伸ばすことも可能です。 ただ、あくまでも広告のクリック単価はこちらではコントロールが難しい要素になるので、そこまでシリアスになりすぎず、30円〜40円あたりのラインに載せることができたら、あとはただアクセス数を伸ばすことに注力するのをオススメします。 1PVあたりのクリック率の平均:1. 015(1. (もちろんあくまで目安です!) これを30で割ると、だいたい 1日で9000PVくらいは必要になります。 ただ、クリック率もクリック単価も、記事やブログの内容によって変動するので、あくまで目安程度に捉えていただければ。 ジャンルを選ばない雑記的なごちゃ混ぜサイトの場合、キリが良いところで、デイリーで1万PVくらいを目指したいです。 アドセンスで月収10万円を稼ぐために必要な記事数は? 『どれくらい記事を書けば月収10万円くらい収益化できますか?』的な質問は今までにも数多くいただいていますが、 個人差があるから一概に言えない、としか言えません。 (ごめんなさい) 正確にいうと、• どういうキーワードを選定しているのか• キーワードをしっかりと重要な箇所に使いながらライティングしているか• SNSやアプリでの拡散や他サイトからの被リンクは狙っているのか• 上位表示されるような記事の書き方をしているのか などなど『作業の質』によって必要な量が異なるのは言うまでもありません。 ただ、僕自身や周りのコンサル生の事例を見ると、 ごちゃ混ぜ型の雑記ブログを初心者の段階から始める場合、150〜300記事くらいがアドセンス広告だけで月収10万円の収益化の平均ラインかなとは思います。 だから、とりあえず少なくとも200記事くらいは淡々と書き続けていただきたいですが、50〜100記事ほど正しい方向性に沿って更新していれば、段々とアクセスも伸びていくはずです。 結果が出るとブログ運営自体も楽しく感じられるものですし、段々と感覚も掴めてくると思います。 しかし、こういう話をすると稀に記事を量産することだけが目的になる人もいて、質の薄い記事(or 検索エンジンで上位表示される要素を満たせていない記事)を量産した挙句『500記事書いたにも関わらず全然成果が出ません!』と途方に暮れるケースも無きにしも非ずです。 戦略次第では30〜50記事くらいでも月収10万円ラインに到達することも可能な世界ですから、あくまで記事数は『目安』として捉えていただければ幸いです。 一番大事なことは 『アクセスを集めること』ですから。 ブログのアクセスを伸ばすために大事なことは? そもそも読者はどのようにしてブログにたどり着くかというと、主に3つの流入経路が考えられます。 検索エンジンで検索してブログ記事を見つける• SNS経由でブログ記事を見つける• 他のサイトからのリンクでブログ記事を見つける どれも貴重なブログへの導線になるのですが、最も重要視すべきは 『検索エンジン経由でアクセスを集めること』です。 なぜなら、検索エンジンで需要(検索数)の大きいキーワードでブログ記事を上位表示させることができれば、 安定して自動的にアクセスを集めることができる『資産』を作ることができるからです。 その一方でSNSからはスポット的(単発的)にはアクセスが集まりますが、継続的かつ自動的にアクセスを集めてくれる資産にはなりづらいですし、他のサイトからのリンクはこちらでコントロールできる問題でもないし、そもそも規模的に大きなアクセスが見込めるようなサイトからの被リンクに期待するのもどうかと思います。 だから、 基本的な軸としては『検索エンジンで記事を上位表示させてアクセスを集める』ことにフォーカスし、SNSでの拡散を狙ったりするのはあくまでサブ的な立ち位置で考えてあげるといいですね。 検索エンジン経由でブログのアクセスを伸ばすために考えるべきことは大きく分けて2つです。 (細かいことを言い出すと無限にありますが、とりあえず大事なことはこれ!) 1. ブログ記事のキーワード選定とタイトル 検索者はGoogleやYahoo! などの検索エンジンを使って『キーワード』で検索をして、検索結果画面に表示されたコンテンツの中から気になるサイトにアクセスします。 だから、検索エンジン経由でアクセスを集めるためには、検索需要があるキーワードで自分の記事を検索結果画面で上位表示させる必要があります。 例えば、こんな感じで。 ブログにアクセスを集めるために大事なことは 『どのキーワードを狙うか(キーワード選定)』ですが、 狙ったキーワードは必ず記事タイトルに含ませるようにしてあげましょう。 好きなことや日記的なブログをただ書いているだけのブログではアクセスを集めることができません。 アドセンスで稼いでいくためには『需要のあるキーワードで検索順位の上位を狙う』ことが大事なので、まずは需要があってライバル記事が少なそうなキーワードを選定するところから初めていくといいですね。 参考: 2. 検索で上位表示されるような記事の書き方をする キーワード選定まで行ったら、実際に記事の本文を書いていくことになりますが、その際にも 『どういう記事を書けば上位表示されるか』を強く意識して内容を考えることが重要です。 僕が記事を書くときに意識しているのは、大きく次の3つです。 そのキーワードで検索をした人の疑問や悩みが解決するような内容• 検索で上位に居る記事群の共通点を満たしている内容• 丁寧で読者にとってわかりやすく思いやりのある内容 検索者は『検索する理由(意図)』があるからわざわざ検索をしているので、その理由を満たしてあげられるような記事を書くことが必要です。 また実際に上位表示されている記事というのは、Googleが高く評価している記事ということになるので、 上位表示されている記事をチェックすれば『どんな内容をどれくらい丁寧に書いていけばGoogleから評価されるのか』がわかります。 何も参考にしないで、ただ書きたいことを書き連ねるスタイルだと、Googleからも読者からも評価されない自己満足な記事になってしまい、結果的にアクセス数も伸びないので気をつけるようにしましょう。 最後に:アドセンスブログの収益で月収10万円以上稼ぐために アドセンスという収益化のハードルが低い広告を使うことで、ブログを使ったマネタイズの難易度はとても低くなります。 とりわけ月収10万円くらいのレベルであれば、正しい方向性に沿って実践を重ねていけば、誰でも到達可能です。 毎月の収入が10万円増えることは誰にとっても嬉しいことであるはずですし、ブログは資産になるので、10万円を稼いだ後に収益を20万、30万円と伸ばしていくことはさほど難しいことでもありません。 (あるいは違うブログを立ち上げてもいいですし) ただ、正しい方向性に沿っていない努力は実を結ばないですし、ブログの場合は特に『頑張れば何とかなる』ものでもないので、まずはしっかり『どうすればアクセスが伸びて、どうすれば収益化の効率が良くなるか』の指針を手に入れることから始めるのをオススメします。 ブログ収益化などインターネットを使ったビジネスの手法や、ひとりでも副業から始められる起業術はメルマガ内でもより詳しく解説をしています。 興味があったらぜひ下のバナーから登録をしてみてください。 慶應義塾大学卒業後、一部上場のインフラ企業にて総合職として就職するも、このままの人生をあと40年続けることに疑問を感じ、PC1台で起業。 やりたいことも人に誇れる実績や強みもない状態から、ブログ集客やリストマーケティングを実践しながら学び、現在は個人法人問わず500名以上の方にコンサルティングをしたり、オンラインサロンを作って起業家志望の方向けの学び場を運営したりしています。 トレンド性の高いブログ集客や、個人ブランディングに重きを置いたリストマーケティング、コミュニティ運営全般が得意です。 このサイトを通じて、1人でも多くの人が自分らしい働き方を考えるキッカケを掴んでいただき、そして実際に行動を起こしていただけたら嬉しいです。

次の

アドセンス収益で月10万円稼ぐ目安は?PV数と記事数を解説!

アドセンス 10万

アナリティクス側で「188万PV」だったが、アドセンス側では「174万PV」だった• アナリティクス側で「200万PV」だったが、アドセンス側では「187万PV」だった このように、アナリティクス側とアドセンス側のページビューには開きがあります。 なぜなら、読者によっては広告ブロッカーを利用していたり、広告がその読者にマッチングせず空白だった、アドセンスをカウントしないクローラー…など読者やアドセンス側の都合によって広告が表示されないことが一定数含まれるからです。 こういった読者都合の場合はアドセンスが表示されないので、アドセンス側のページビューはカウントされません。 したがって開きが生じるというわけです。 1PV 単価「0. 1円」なら・・・85,000円• 1PV 単価「0. 2円」なら・・・170,000円• 1PV 単価「0. 3円」なら・・・255,000円• 1PV 単価「0. 4円」なら・・・340,000円• 1PV 単価「0. 5円」なら・・・425,000円 こんな感じになるでしょう。 ほとんどのブログさんは 1PV 単価が「0. 1~0. 3円」のラインじゃないかと思います。 いかがですか? これが、アナリティクスで月間100万PVをカウントしたときに得られるアドセンス収益の大体の金額です。 そこまでのズレは無いと思いますよ~! アドセンス側を月間100万PVにするなら、アナリティクス側は月間120万PV近く必要になるということです。 あとがき ブログ月間100万PVってすごくロマンのあるページビューですが、アドセンスの収益金額はそこまで高額でもないのです・・・。 本記事で紹介した計算で 1PV 単価を出して、85万~90万 ぐらいの数字を掛け算してみるとあなたのブログが月間100万PVになった時のアドセンス収益が予測できますよ!.

次の