岸和田 市 コロナ 感染 者。 厚生労働省・大阪府等からの通知 新型コロナウイルス関係(児童福祉担当)

岸和田市の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

岸和田 市 コロナ 感染 者

これまでに感染者の死亡を発表したのは62自治体。 このうち44自治体は、死因に関係なくすべて「死者」として集計していた。 感染者1人が亡くなった青森県は「医師は死因を老衰などと判断した。 感染が直接の死因ではないが、県としては陽性者の死亡を『死者』として発表している」と説明している。 埼玉県は12日時点で13人の感染者について、「死因はウイルスとは別にある」として新型コロナの死者から除外。 13人はがんなどの死因が考えられるといい、県の担当者は「ウイルスの致死率にもかかわるので、コロナなのか、そうでないのかを医学的に区別するのは当然だ」と話す。 横浜市でも、これまでに死亡した感染者1人について、医師の診断により死因が別にあるとして、死者から除外したという。 北九州市では、感染者が亡くなればすべて「死者」として計上している。 これに対し、県は、医師の資格を持つ県職員らが、主治医らへの聞き取り内容を精査して「コロナか否か」を判断。 この結果、これまでに4人の感染者について、北九州市は「死者」として計上し、県は除外するというズレが生じている。 また、62自治体のうち残る5自治体は「定義は決めていないが、今のところコロナ以外の死因は考えられず、死者に含めた」などとしている。 厚生労働省国際課によると、世界保健機関(WHO)から死者の定義は示されていないといい、同省も定義を示していない。 だが、複数の自治体からは「国が統一的な定義を示してほしい」との声が上がっている。 国「速報値と捉えて」 厚労省は12日現在、「新型コロナウイルス感染症の死亡者」を922人と発表している。 都道府県のホームページ上の公表数を積み上げたといい、この死者数をWHOに報告している。 一方で同省は、新型コロナによる死者だけでなく国内のすべての死亡例を取りまとめる「人口動態統計」を毎年公表している。 同統計は医師による死亡診断書を精査して死因が分類されるため、新型コロナの死者は現在の公表数よりも少なくなるとみられる。 国として二つの「死者数」を示すことになるが、同省結核感染症課の担当者は「現在の公表数についての判断は自治体に任せており、定義が異なっていることは承知している。 現在の数字は速報値、目安として捉えてもらいたい。 統一された基準でのウイルスによる死者数は、人口動態統計で示される」と話している。 識者「統一すべきだ」 大阪市立大の新谷歩教授(医療統計)は「死者数は世界的な関心事項で、『自治体によって異なる』では、他国に説明がつかない。 国際間や都道府県間での感染状況を比較するためにも、死者の定義を国が統一し、明示すべきだ」と指摘する。 患者の治療に当たっている国立国際医療研究センター(東京)の大曲貴夫・国際感染症センター長も「医療従事者にとって、死者数は医療が適切に行われているかどうかを見定める指標の一つ。 第2波に備える意味でも、ぜひ定義を統一してほしい」と求めた上で、「迅速性が重要なので、『陽性判明から4週間以内に死亡したケース』など、人の判断を挟まない方法が良いのではないか」と提案している。 あわせて読みたい•

次の

新型コロナウイルス感染症に関する情報/東村山市

岸和田 市 コロナ 感染 者

これまでに感染者の死亡を発表したのは62自治体。 このうち44自治体は、死因に関係なくすべて「死者」として集計していた。 感染者1人が亡くなった青森県は「医師は死因を老衰などと判断した。 感染が直接の死因ではないが、県としては陽性者の死亡を『死者』として発表している」と説明している。 埼玉県は12日時点で13人の感染者について、「死因はウイルスとは別にある」として新型コロナの死者から除外。 13人はがんなどの死因が考えられるといい、県の担当者は「ウイルスの致死率にもかかわるので、コロナなのか、そうでないのかを医学的に区別するのは当然だ」と話す。 横浜市でも、これまでに死亡した感染者1人について、医師の診断により死因が別にあるとして、死者から除外したという。 北九州市では、感染者が亡くなればすべて「死者」として計上している。 これに対し、県は、医師の資格を持つ県職員らが、主治医らへの聞き取り内容を精査して「コロナか否か」を判断。 この結果、これまでに4人の感染者について、北九州市は「死者」として計上し、県は除外するというズレが生じている。 また、62自治体のうち残る5自治体は「定義は決めていないが、今のところコロナ以外の死因は考えられず、死者に含めた」などとしている。 厚生労働省国際課によると、世界保健機関(WHO)から死者の定義は示されていないといい、同省も定義を示していない。 だが、複数の自治体からは「国が統一的な定義を示してほしい」との声が上がっている。 国「速報値と捉えて」 厚労省は12日現在、「新型コロナウイルス感染症の死亡者」を922人と発表している。 都道府県のホームページ上の公表数を積み上げたといい、この死者数をWHOに報告している。 一方で同省は、新型コロナによる死者だけでなく国内のすべての死亡例を取りまとめる「人口動態統計」を毎年公表している。 同統計は医師による死亡診断書を精査して死因が分類されるため、新型コロナの死者は現在の公表数よりも少なくなるとみられる。 国として二つの「死者数」を示すことになるが、同省結核感染症課の担当者は「現在の公表数についての判断は自治体に任せており、定義が異なっていることは承知している。 現在の数字は速報値、目安として捉えてもらいたい。 統一された基準でのウイルスによる死者数は、人口動態統計で示される」と話している。 識者「統一すべきだ」 大阪市立大の新谷歩教授(医療統計)は「死者数は世界的な関心事項で、『自治体によって異なる』では、他国に説明がつかない。 国際間や都道府県間での感染状況を比較するためにも、死者の定義を国が統一し、明示すべきだ」と指摘する。 患者の治療に当たっている国立国際医療研究センター(東京)の大曲貴夫・国際感染症センター長も「医療従事者にとって、死者数は医療が適切に行われているかどうかを見定める指標の一つ。 第2波に備える意味でも、ぜひ定義を統一してほしい」と求めた上で、「迅速性が重要なので、『陽性判明から4週間以内に死亡したケース』など、人の判断を挟まない方法が良いのではないか」と提案している。 あわせて読みたい•

次の

感染者出れば休業は不可避…「既に限界」介護業界は戦々恐々|【西日本新聞ニュース】

岸和田 市 コロナ 感染 者

ここへのコメントは、 コメントガイドライン(コメント書き込む前に、これを見てからにしてね) に添って書いてください。 よろしくお願いします。 犯罪エリート一家のボンボンとして、独裁者ぶりを発揮し続けている永野耕平(維新)市長の思い込みが具現化すれば、どれほど市民や職員に迷惑をかけるかのわかりやすい事例。 前回の全職員マスク着用命令でもわかるように、行政としてパニックを煽る間違った市政運営を露呈したコーヘーであるが、それを補完する副市長共々、それについて全く説明できなかったと映像で示す。 仮に市庁舎内で保菌者がいるとすれば、それが拡散せぬためにマスクやゴーグル、タイベックスが必要となるし、そのような服装をするほど大量の物は揃えられず、タイベックスを着用しながらデスクワークなどを8時間以上できうるものか疑問だ。 しかも、マスクは手で触れば、使い捨てせねばならない。 排泄物からの感染ルートもリスクが大きいので、トイレに1回使用ごとの消毒措置をとる必要がある。 しかし、マスクですら1日中1個で対応しており、非常に雑な、衛生上意味のないアリバイ作りでしかない。 トイレにも消毒液などは用意されておらず、本部長である市長の補佐をする秘書課においてすら、職員に知識もない。 それではと、本部長である無脳のコーヘーを尋ねると、稲垣宏一・秘書課長が応対してくれた。 だが、その説明は要領を得ないものであった。 私の主張はこうだ。 ・突然、全職員がマスクをするのは、それだけウイルスの恐怖感を増す効果があり、市民に恐怖感やパニックを助長してしまい、誤ったメッセージを発する。 ・役場で予防したいとアピールするなら、その周知と説明、トイレでの使用ごとの消毒など一定の予防措置例を、テレビ岸和田などを通じて、市長などが行うべき。 ・春先に収束するとも限らないので、長期間を見据えて施策を始めるべし。 大体、患者が発見された、大阪市役所で職員全員マスク姿など晒していないし、コーヘーのボスである松井一郎・大阪市長も、現時点でそんな命令は出すまい。 更に、岸和田市内の郵便局や国の行政機関などでも、このようなバカ騒ぎをやっている機関はないし、近隣他自治体でも同じだ。 そんな懸念を抱えて岸和田市保健センターへと向かい、話を訊いて、より対応のまずさが浮き彫りになった。 マスクは、重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時に、消防が寄付を受けていたものを含めて、6万枚のストックのうちから4万枚を借りた。 これが一般的なサージカルマスクだとしても、ゴムの劣化などがあり、2003年頃からストックし続けたマスクは消費期限をとうに過ぎているのではないのかとの疑問がある。 消毒用アルコールは、市民病院の取引業者が市民病院用にストックしておいた分から100本を借りた。 市としては、118施設で280ヶ必要であるが、利用率が高い場所を絞って配置している。 今後、「正しい手洗い方法、症状が出たら…・」のチラシを作製し、市の窓口、町会回覧する予定。 これはあくまでも1か月以内に収束を見込んでのことで、私はその時、今よりも感染は拡大していると予想する。 そうなれば、追加のマスクは用意できず、全職員は突然マスクなしとなる。 仮に市内で患者が出ておれば、「患者が出た市なのに、今までしていたマスクをやめよった。 どういうこっちゃんねん?」と、市民に対して不信感しか残さない。 だからこそ、全職員のマスク着用などといった愚行をどの自治体も行っていないのだ。 しかも、議会招集すらも行っていない。 市長は臨時会の招集権限をもつ。 そしてそれは、コーヘー市長とその奴隷の土佐犬副市長に権力を集中させ、いずれも岸和田市を踏み台にして、国会議員や府での昇進のネタにするために行う、支配政治を制度とするために、2019年4月2日、岸和田市事務分掌条例の一部改正が、市長収集臨時議会で決められている。 同じ議案は12月・3月議会と2度も否決されており、その焼き直しを府議や政令市議の統一地方選挙の最中である選挙期間中にやられて、米田貴志(公明)市議も、こへーと同級生でJCネトウヨ仲間である金子拓矢(刷新)市議も怒り心頭で抗議の言葉を議事録に残している。 私の議場で生で見たが、全ての議員がコーヘーの招集に怒り心頭であった。 詳細はシリーズで書いたこちらを参照していただきたい。 姑息極まりない、永野(維新)市長の選挙前のアリバイづくり臨時会 府議選挙の嫌がらせが主目的な、4. 2岸和田市議会臨時会 永野市長TWより これが永野謀略なのは、 ・市長招集による臨時会など、岸和田市議会で行われた記憶が無いと市職員も言うほど、異例のことである ・市長自らが押し切ろうとしながら、議会からソッポ向かれたので、嫌がらせに府議選挙中に開催を決定しながら、自分は公務を放棄して選挙応援に勤しんでいた ・臨時会でも否決されれば、市議選挙最中に嫌がらせを極めた招集を行う可能性があった 事などを理由とする。 さて、この過剰反応について、せめて早期に行われたことであるなら言い訳もできよう。 しかし、今回の岸和田市は迅速に動いたわけではない。 府や国の動きと対比するとこうだ。 1月24日 大阪府が新型コロナウイルス対策本部を設置。 27日 自民党が、新型コロナウイルス関連肺炎対策本部(本部長・田村憲久政調会長代理)を設置。 28日 政府は、施行を2月7日とする、新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症を感染症法上の「指定感染症」と検疫法上の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定。 これにより、2019-nCoV感染症の国内まん延を阻止するために、強制入院や就業制限、さらには入国者への検査指示などが可能となる。 29日 大阪府が府内で新型コロナウイルス感染者が発生した旨(大阪市に住む女性が感染していることが確認された)を報道発表。 中国湖北省武漢市の在留邦人が帰国したことなどを受け、自民党が2回目の対策本部を開催。 31日未明 新型コロナウイルスに関連した感染症について、WHO(世界保健機関)が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態、PHEICを宣言。 これを受け、政府は、「指定感染症」と検疫法上の「検疫感染症」に指定する政令施行を、2月7日から1日へと前倒し。 府下の自治体の対応も比較してみる。 岸和田市と同じく、維新の大松こと山本桂右市長は、2019年4月に初当選の新米市長(市議は4期)でありながらも迅速であった。 16日 国内で第1例の新型コロナウイルスに関連した肺炎患者発生の報道を受け、八尾市危機管理対応方針に基づき、関係部局等により情報連携を図る。 24日10時 「部局等危機管理対策本部」を設置。 27日 午前8時30分 八尾市危機管理対策本部設置及び第1回本部会議を開催。 27日8時30分 「八尾市危機管理対策本部」を設置し、第1回本部会議を開催。 大松市長が偽名を使用するのは、父で八尾市議であった大松こと山本銑太郎の例に、元秘書として倣ったもの。 大松姓は、東洋の魔女の監督であった博文氏に倣ったものかと、泉州に住んでおれば想像してしまう。 岸和田市長のコーヘーと異なるのは、同じ世襲でありながら、無脳と犯罪を相続していないことか? 28日 高槻市健康危機管理対策本部を設置。 ちなみに濱田剛史市長は、 コーヘーや維新、その信者らが敬愛してやまない辻元清美(当時民主、現立憲)衆議院議員候補者の応援演説を街頭で行っている。 28日 全部局長による「対策部長会議」を開催し、各部局による情報連携を図る。 30日16時 岸和田市が「岸和田市新型コロナウイルス対策本部」を設置し、「第1回対策本部会議」を開催。 しかも市のHPにおける市民への案内内容も、遅れて過剰対応した岸和田市は八尾市に劣る。 双方の目次を比較してみよう。 八尾市 新型コロナウイルス関連肺炎について (2020年1月27日) より ・国内・国外における発生状況は厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)をご確認ください。 ・大阪府・厚労省の相談窓口電話番号 ・医療機関を受診すべきと考えられる主な対象者 ・コロナウイルスとは 【参考】 国立感染症 人に感染するコロナウイルス(別ウインドウで開く) ・本市の対応について 岸和田市 ・新型コロナウイルス関連肺炎について、お知らせします ・啓発資料 (日本語、中国語、英語) 参考 新型コロナウイルス感染症の対応について(内閣官房ホームページ) みんなでできる感染症対策(大阪府ホームページ) ・新型コロナウイルスに関する府民向け相談窓口 ・来阪外国人向け電話相談窓口(多言語コールセンター(Osaka Call Center 公益財団法人 大阪観光局)、中国人スタッフ(1名)が対応する専用回線、24時間対応の多言語コールセンター(Japan Visitor Hotline 日本政府観光局)) そもそも来日外国人が日本語でしか書かれていない岸和田市HPのこの案内を活用できるのか? このように、他の自治体と比較することで、岸和田市の対応の出遅れと滑稽さが、更に浮き彫りになる。 これを指揮したコーヘーについて、「無脳」市長と呼ばずして、何と呼べばよいのだろうか?.

次の