豆腐 料理 レシピ 人気 簡単。 【豆腐の人気レシピまとめ】簡単でおすすめの豆腐料理厳選20!ダイエットの味方に

簡単なのに激ウマ!絹ごし豆腐のおすすめレシピ20選

豆腐 料理 レシピ 人気 簡単

豆腐の栄養素について 豆腐の原料である大豆は畑の肉とも称されるくらい栄養価が高く、高たんぱく質で低カロリー。 消化しやすいので赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の方が食べやすい食品です。 豆腐には木綿豆腐と絹ごし豆腐がありますが、木綿豆腐の方が凝縮されている分タンパク質や鉄分などの栄養素が高めです。 ビタミンB1、B2、Eのほかに女性ホルモンに似たはたらきをするイソフラボンや活性酸素を抑制するはたらきがあるサポニンなどを含んでいます。 骨粗しょう症の予防や更年期障害の改善、がんの予防、腸内環境をよくする働きなど健康志向の方に特に注目されています。 偏った食事をしている方は、献立に豆腐を加えてみてはいかがでしょうか。 豆腐の調理法について 豆腐は古くから日本でも精進料理などでよく使われ日本人になじみのある食材。 冷やしてそのまま食べる「冷ややっこ」が定番ですが、湯豆腐、豆腐サラダ、豆腐ステーキ、豆腐の味噌汁、揚げだし豆腐など幅広い料理に使用されています。 地域によって煮たり、炒めたり、揚げたりさまざまな調理法があるのも特徴。 豆腐を凍らせてから解凍し水分を絞ると肉の様な食感になるので、現代ではお肉の代わりに豆腐を使用することが多く、ハンバーグの中に混ぜたり、からあげにしたり、ベジタリアンやヘルシー志向の方に人気があります。 豆腐ドーナッツやプリン、ケーキなどダイエット中でも食べれるスイーツとして特に女性に注目されています。 キッチンペーパーで包んだ絹ごし豆腐をレンジで2分加熱し、水分を飛ばします。 食べやすい大きさに切り、表面に片栗粉をつけたら油で揚げ焼きにします。 フライパンに調味料を入れ、ぐつぐつしてきたら豆腐を入れてからめてできあがりです。 仕上げにお好みでネギやのりをかけるのもおすすめ。 安い豆腐で簡単に手早くできるレシピです。 豆腐ハンバーグは、ボーリュームがあってしかもヘルシーなので、特に女性に人気のあるメニューです。 豆腐はどんな食材とも相性が良いので、その日の気分で、使う肉の種類や野菜を変えて作るという楽しみもあります。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 この記事では、豆腐ハンバーグの基礎知識に加え、ひき肉でつくる豆腐ハンバーグ、肉なし豆腐ハンバーグ、れんこん入り豆腐ハンバーグ、ひじき入り豆腐ハンバーグにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【簡単】木綿&絹豆腐の人気レシピつくれぽ1位は!?大量消費も【全20選】

豆腐 料理 レシピ 人気 簡単

豆腐の栄養素について 豆腐の原料である大豆は畑の肉とも称されるくらい栄養価が高く、高たんぱく質で低カロリー。 消化しやすいので赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の方が食べやすい食品です。 豆腐には木綿豆腐と絹ごし豆腐がありますが、木綿豆腐の方が凝縮されている分タンパク質や鉄分などの栄養素が高めです。 ビタミンB1、B2、Eのほかに女性ホルモンに似たはたらきをするイソフラボンや活性酸素を抑制するはたらきがあるサポニンなどを含んでいます。 骨粗しょう症の予防や更年期障害の改善、がんの予防、腸内環境をよくする働きなど健康志向の方に特に注目されています。 偏った食事をしている方は、献立に豆腐を加えてみてはいかがでしょうか。 豆腐の調理法について 豆腐は古くから日本でも精進料理などでよく使われ日本人になじみのある食材。 冷やしてそのまま食べる「冷ややっこ」が定番ですが、湯豆腐、豆腐サラダ、豆腐ステーキ、豆腐の味噌汁、揚げだし豆腐など幅広い料理に使用されています。 地域によって煮たり、炒めたり、揚げたりさまざまな調理法があるのも特徴。 豆腐を凍らせてから解凍し水分を絞ると肉の様な食感になるので、現代ではお肉の代わりに豆腐を使用することが多く、ハンバーグの中に混ぜたり、からあげにしたり、ベジタリアンやヘルシー志向の方に人気があります。 豆腐ドーナッツやプリン、ケーキなどダイエット中でも食べれるスイーツとして特に女性に注目されています。 キッチンペーパーで包んだ絹ごし豆腐をレンジで2分加熱し、水分を飛ばします。 食べやすい大きさに切り、表面に片栗粉をつけたら油で揚げ焼きにします。 フライパンに調味料を入れ、ぐつぐつしてきたら豆腐を入れてからめてできあがりです。 仕上げにお好みでネギやのりをかけるのもおすすめ。 安い豆腐で簡単に手早くできるレシピです。 豆腐ハンバーグは、ボーリュームがあってしかもヘルシーなので、特に女性に人気のあるメニューです。 豆腐はどんな食材とも相性が良いので、その日の気分で、使う肉の種類や野菜を変えて作るという楽しみもあります。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 この記事では、豆腐ハンバーグの基礎知識に加え、ひき肉でつくる豆腐ハンバーグ、肉なし豆腐ハンバーグ、れんこん入り豆腐ハンバーグ、ひじき入り豆腐ハンバーグにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

豆腐のレシピ

豆腐 料理 レシピ 人気 簡単

ズボラ飯とは「手間をかけずに身近な食材を使って作るごはん」です。 疲れている時や時間がない時に、一人でサクっと作って食べれる料理です。 基本的に、一人で食べる時に威力を発揮するので、見た目よりも手軽にできて美味しいことを優先します。 分量も細かく気にせず、気軽に作ってみましょう。 手元にある食材を使う ズボラ飯を作る時は、手元にある食材を使います。 冷蔵庫にある常備食や乾物、調味料などをうまく組み合わせて調理します。 便利な食材として、冷凍うどん、冷凍ごはん、パスタなどの主食に、納豆、卵、豆腐、ツナ缶詰、かつお節、塩昆布、梅干、マヨネーズ、バター、チーズがあるとレパートリーが広がります。 また、手元の食材をフル活用して作るので、料理好きな人にとってはゲーム感覚で作れます。 「簡単でどれだけ美味しく作れるか」というミッションをクリアするのが楽しいです。 同時に、冷蔵庫の食材を上手に食べきることもできるので、一石二鳥ですね。 料理の工程が少なく簡単にできる 料理の工程が少なく簡単にできるので、料理が苦手な人や忙しいけど自炊したい人にズボラ飯は、強い味方です。 洗い物も少なく、包丁を使わずに作れるレシピも多いのが特徴です。 必要な時は、調理ばさみやピーラーを使えば楽ですね。 基本的に、混ぜるだけ、煮込むだけ、焼くだけなど作業工程も少なく簡単です。 片付けに苦手意識があると、料理も億劫になりがちです。 片付けも少なく済むのは、嬉しいですよね。 ズボラ飯レシピをマスターすれば、レトルト食品やインスタント食品だけに頼らずに生活できますね。 ズボラ飯のポイント 節約料理とは違う ズボラ飯は、節約料理とは違います。 少ない予算で作るというよりは、手元にある食材で簡単に美味しく作ることに重点を置いています。 なので、美味しくなるためには、バターや鰹節、大葉、ゴマなどをふんだんにトッピングします。 手抜きであるけど美味しい 手抜きであるけど、美味しいのがズボラ飯のポイントです。 美味しいご飯は手が込んでいるものとは、限らないです。 始めは、美味しくても手抜き料理であるズボラ飯に抵抗を感じる人もいるかもしれません。 しかし、ズボラ飯は、自分の為のごはんです。 気楽に作って食べれて、美味しいなんて最高ですよね。 マフィンの型を使ってお弁当のおかずと同時に朝ごはんも一緒に作ります。 マフィンの型に、カットした野菜やソーセージをそのまま入れて焼きます。 オムレツも、溶き卵にミックスベジタブルを混ぜて、マフィン型に流して200度のオーブンで10分間焼きます。 フライパンで焼くよりも、全部同時に調理できるのでとっても簡単です。 挽き肉を丸めてハンバーグも焼けますし、千切りキャベツを敷き、生卵を落とせば巣ごもり卵もできます。 手抜きだけど、アイディア次第で朝の忙しい調理時間が短縮します。 オーブンに入れるだけなので、その間に身支度を整えることもできます。 下記の記事では、オーブントースターを使って作る簡単料理レシピを紹介しています。 メインのタンドリーチキンやキッシュからお菓子のスコーンやクッキーまでなんでも作れます!気になった方は下記の記事を一緒にチェックしてください。 バゲットの中をくり抜いて、ポテトサラダやツナマヨサラダ、クリームチーズなどを詰めるだけで完成です。 ツナマヨサラダには、生玉ねぎやパプリカ、生唐辛子を少し加えるとピリっとアクセントになって美味しいです。 オススメの作り方を下記で紹介します! 「スタッフドバゲット」の材料• フランスパン…1本 50cm程度• クリームチーズ…200g 常温• オリーブの実…お好きなだけ• ドライトマト…3スライス程• コーン…大2• 塩コショウ…少々• 乾燥ハーブ…バジルやオレガノなど少々 「スタッフドバゲット」の作り方• 1クリームチーズを泡だて器でクリーム状になるまで混ぜる• 2材料をクリームチーズと合わせる• 3パンの端っこをカットし、半分に切る• 4パンの中身をくり抜く• 5くり抜いた穴に具材を入れる• 6切り落とした端っこを元に戻し、ラップに包み冷蔵庫で2時間寝かせて完成 具材はなるべく水分のない材料を使いましょう。 水分のある食材だと、湿気でパンが濡れてしまいます。 例えば、トマトを使いたい場合は、水分の多い種を取るなど工夫をしてみてくださいね。 手抜き料理とは思えないおしゃれなスタッフドバケットは、お花見やピクニックなどにも活躍すること間違いなしです。 手軽に作れるズボラ飯レシピをマスターしよう いかがでしたでしょうか。 「ズボラ飯」を言うと聞こえが悪いですが、どれも美味しそうなメニューばかりですよね。 ズボラ飯レシピをいくつか知っておくだけで、いざという時に役に立ちます。 今、あなたの冷蔵庫にある食材を使って作れそうなものばかりではないですか?気軽にできるものばかりなので、挑戦してみて下さいね。 下記の記事で餃子の皮を使ったアレンジレシピを紹介しています。 余りがちな餃子の皮を有効活用してピザやアップルパイ、グラタンカップなどにアレンジしてみましょう。 下記の記事にて作り方を紹介しているので、一緒に読んでみてくださいね。

次の