りんそくじゅ。 アヘン戦争について宿題でアヘン戦争について新聞をつくろうと...

アヘン戦争について宿題でアヘン戦争について新聞をつくろうと...

りんそくじゅ

アヘン戦争に関連してのご質問ですか? アヘン戦争はイギリスが対中国の貿易赤字解消のために、 イギリスの植民地だったインドで生産されたアヘンを中国に売りつけ、 アヘン害のため中国が輸入禁止、廃棄処分にしたことに腹を立てたイギリスが、 中国に喧嘩をしかけた戦争です。 中国でアヘンが生産されて戦争の切っ掛けになったわけではありません。 18世紀後半、イギリスで花開いた紅茶文化は、 その大半は中国(清)からの輸入に頼っており、 その対価として支払っていた銀が不足するほどの輸入超過に悩みます。 代わりにイギリスは綿製品を中国に輸出しようとしますが、 中国(清)自身優れた綿製品を自国生産できることもあり、 輸出量が増えません。 イギリスは植民地インドでアヘンの大規模栽培を開始し、 中国へのアヘンの輸出により貿易の不均衡を解消しようとします。 イギリスからインドへは綿製品が輸出され、 インドから中国へはアヘン、 中国からイギリスへは茶、絹、陶磁器などを輸入するという、 三角貿易を画策します。 1767年には2000箱(1箱は100斤、約60Kg)以上を売りさばき、 1821年に4770箱(290t)、1838年には23000箱(1380t)、 清側が決済する銀に換算して1500万両にのぼり、 当時の清朝の年間歳入が4000万両でしたので、 40%近くがイギリスに流れたわけです。 中国のアヘン市場が大きな規模であり、 利益を生むことにイギリスは気付き、 19世紀半ばになると、インドで生産されるアヘンは、 年4,000トン (現在の世界の生産量は非合法を含めて年4,000~6,000トン前後) を越え、うち85%が中国へ輸出されたといいます。 総額は500万ポンドを越え、 中国からイギリスへの紅茶の輸入総額が330万ポンドだったことを考えると、 イギリスの思惑は見事的中したわけです。 一転して大量の銀(当時の通貨)が中国から流出し、 これに対して中国は、 1796年にはアヘン輸入の禁止を宣言し、 アヘン販売の禁止 1813 、 ケシ栽培とアヘン製造の禁止 1823 、 アヘン輸入の厳禁 1831 と様々な禁令を出します。 アヘンは清の国に蔓延し、労働力生産力は落ち込み、 道光帝が「林則徐(りんそくじゅ)」を欽差大臣に任命し、 1839年)アヘン取締りにあたらせます。 則徐は港で20283箱 1425トン)のアヘンを没収し、 20日間かけて海岸で焼却し、 アヘンの密売をする英商人を取り締まります。 それに対して英議会は、清国への軍の派遣を 戦争賛成271票、反対262票で可決し、 インド総督は東洋艦隊遠征軍を派遣します。 これが「アヘン戦争」1840年です。 英は厦門・寧波・上海等を占領し南京にも迫ります。 清はあわてて林則徐を左遷、事態の収拾を図りますが 交渉は決裂、本格戦争に突入します。 清軍は近代装備の英軍に歯が立たず、 香港は事実上占領されます。 戦争は、1842年8月29日、 英との間で南京条約全13条を締結して終結します。 没収、破棄したアヘンの代金の支払い600万$。 香港を英に割譲。 戦争賠償金1200万$の支払い。 貿易港として上海、寧波、福州、厦門、広東の五港の開港します。 中国国内でもケシの花は生産されていたそうですが、 四川省が中心だったといわれています。

次の

アヘン戦争について宿題でアヘン戦争について新聞をつくろうと...

りんそくじゅ

[生]乾隆50 1785 [没]道光30 1850 中国,清末の政治家。 福建省福州の人。 字は少穆。 号は竢村老人。 諡は文忠。 嘉慶 16 1811 年の進士。 翰林院から地方官に転出,治水などに尽力し,名声を得た。 道光 12 32 年江蘇巡撫,同 17年湖広総督に就任。 黄爵滋のアヘン厳禁上奏に応じて,アヘン厳禁を主張,同 18年として,広東のアヘン貿易取締りを命じられ,同 19年赴任し,イギリス商人のアヘンを,棄却した。 このためが,林則徐は海外事情を研究し,を整え,官民を協力させて抵抗したが,和平派の圧力により同 20年免職,翌年イリ へ流された。 のち復職を許され,雲貴総督となり,同 30年討伐のため欽差大臣として赴任中病死。 その上奏文を集めた『林文忠公政書』などがある。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 中国、清 しん 代の政治家。 字 あざな は少穆 しょうぼく 、諡 おくりな は文忠。 晩年、竣村 しゅんそん 老人と号す。 福建省候官県(現福州市)の人。 嘉慶16年(1811)進士。 また清廉潔白な清官で、清代最高の官僚と評されている。 アヘンの害を痛感し、1837年湖広総督に任じてその厳禁に成果をあげ、翌年黄爵滋の厳禁論に賛同する上奏により、アヘン問題解決のための欽差 きんさ 大臣として広州に派遣された。 外国商人にアヘン提出を厳命し、強硬手段でイギリス商人などから237万余斤のアヘンを提出させて虎門 こもん 海岸で焼却した。 一方、西方の事情を理解するため、外国の地理書、法律書、新聞などを翻訳させ、自ら『四州志』『各国律令』を編集して、正当な貿易は保護し、また外国の近代兵器を購入して防衛力を強化しようとした。 さらに漁民や水上生活者を海上の義勇兵に組織して、総力をあげて事にあたろうとした。 40年両江総督に任じてまもなくアヘン戦争が始まったが、北進したイギリス軍を目前にして朝廷内で和平論が高まり、戦争挑発者として罷免された。 41年新疆 しんきょう 省イリに流され、3年後代理陝甘 せんかん 総督、ついで陝西巡撫、雲貴総督として再登用された。 この間、新疆の水利建設に努め、また西南少数民族の反乱鎮圧にあたった。 50年広西の反乱鎮圧の欽差大臣として赴任途上病死した。 アヘン商人による毒殺説もある。 『林文忠公政書』『雲左山房文鈔 しょう 』『雲左山房詩鈔』の著作がある。 [小島晋治] …したがって,この関係は次の矛盾を内包していた。

次の

洪秀全(こうしゅうぜん)とは

りんそくじゅ

アヘン戦争に関連してのご質問ですか? アヘン戦争はイギリスが対中国の貿易赤字解消のために、 イギリスの植民地だったインドで生産されたアヘンを中国に売りつけ、 アヘン害のため中国が輸入禁止、廃棄処分にしたことに腹を立てたイギリスが、 中国に喧嘩をしかけた戦争です。 中国でアヘンが生産されて戦争の切っ掛けになったわけではありません。 18世紀後半、イギリスで花開いた紅茶文化は、 その大半は中国(清)からの輸入に頼っており、 その対価として支払っていた銀が不足するほどの輸入超過に悩みます。 代わりにイギリスは綿製品を中国に輸出しようとしますが、 中国(清)自身優れた綿製品を自国生産できることもあり、 輸出量が増えません。 イギリスは植民地インドでアヘンの大規模栽培を開始し、 中国へのアヘンの輸出により貿易の不均衡を解消しようとします。 イギリスからインドへは綿製品が輸出され、 インドから中国へはアヘン、 中国からイギリスへは茶、絹、陶磁器などを輸入するという、 三角貿易を画策します。 1767年には2000箱(1箱は100斤、約60Kg)以上を売りさばき、 1821年に4770箱(290t)、1838年には23000箱(1380t)、 清側が決済する銀に換算して1500万両にのぼり、 当時の清朝の年間歳入が4000万両でしたので、 40%近くがイギリスに流れたわけです。 中国のアヘン市場が大きな規模であり、 利益を生むことにイギリスは気付き、 19世紀半ばになると、インドで生産されるアヘンは、 年4,000トン (現在の世界の生産量は非合法を含めて年4,000~6,000トン前後) を越え、うち85%が中国へ輸出されたといいます。 総額は500万ポンドを越え、 中国からイギリスへの紅茶の輸入総額が330万ポンドだったことを考えると、 イギリスの思惑は見事的中したわけです。 一転して大量の銀(当時の通貨)が中国から流出し、 これに対して中国は、 1796年にはアヘン輸入の禁止を宣言し、 アヘン販売の禁止 1813 、 ケシ栽培とアヘン製造の禁止 1823 、 アヘン輸入の厳禁 1831 と様々な禁令を出します。 アヘンは清の国に蔓延し、労働力生産力は落ち込み、 道光帝が「林則徐(りんそくじゅ)」を欽差大臣に任命し、 1839年)アヘン取締りにあたらせます。 則徐は港で20283箱 1425トン)のアヘンを没収し、 20日間かけて海岸で焼却し、 アヘンの密売をする英商人を取り締まります。 それに対して英議会は、清国への軍の派遣を 戦争賛成271票、反対262票で可決し、 インド総督は東洋艦隊遠征軍を派遣します。 これが「アヘン戦争」1840年です。 英は厦門・寧波・上海等を占領し南京にも迫ります。 清はあわてて林則徐を左遷、事態の収拾を図りますが 交渉は決裂、本格戦争に突入します。 清軍は近代装備の英軍に歯が立たず、 香港は事実上占領されます。 戦争は、1842年8月29日、 英との間で南京条約全13条を締結して終結します。 没収、破棄したアヘンの代金の支払い600万$。 香港を英に割譲。 戦争賠償金1200万$の支払い。 貿易港として上海、寧波、福州、厦門、広東の五港の開港します。 中国国内でもケシの花は生産されていたそうですが、 四川省が中心だったといわれています。

次の