豪 炎 寺。 イナズマイレブン オリオンの刻印 第2話感想! 絶対的エース豪炎寺の離脱⁉ ついに明かされた『オリオンの使徒』とは⁉

イナズマイレブンRTA 雷門ルート

豪 炎 寺

FF編 1期 妹のが事故にあって以来サッカーはしないと誓っていたが、雷門中との初試合後にとからサッカーへの情熱を忘れたのかと説得され、ピッチに復帰した。 雷門中ではと並ぶ攻めの主軸であり、参入までは頭脳労働も担当していた。 円堂・鬼道とは短期間で強い信頼関係を築いており、終盤ではに3人で「親友」と評されていた。 妹のために手料理を作っていたこともあり、じゃが芋の皮むきを始めとした家庭的料理が得意である。 また、この頃はギャグパートでもちょくちょく顔を見せることがあったが、常に涼しい表情(所謂「」)をポージングしていたのが特徴。 「脅威の侵略者」編 2期 「脅威の侵略者」編では夕香を人質に取られたことで、事情を察したの計らいにより戦力外通知という形で奈良にて離脱。 その後 沖縄に渡り、宅に身を寄せて(ゲームではに灯台に匿われる)必殺技の特訓を続けつつ、やの協力のもと夕香についての人質問題を無事解決し、豪炎寺についての手がかりを求めて沖縄へ渡った雷門メンバーと合流して無事復帰した。 復帰後は本調子に戻り、たまにのイタズラに対して頭脳プレイで勝る等、ギャグパートにも参加していた。 FFI編 3期 編では、アジア予選決勝の際に父親から医者になる事を目指す為、サッカーを辞める様に諭される。 一度はサッカーへの道を諦めかけるが、円堂の熱心な説得や韓国戦で全力で戦う姿を見た父親が納得し、サッカーを続けることを許された。 上記のように、サッカーが好きなのに出来ない、という運命に何度もさらされている不幸な人物でもある(や別時間軸のにおいてもこの難は続く)。 家族構成 豪炎寺修也本人とその父、そして妹夕香の3人暮らしである。 母は幼い頃亡くなっている。 父が医者で多忙ということもあり、のフクさんが母親代わりとして家事を勤める。 ゲーム2(ブリザード版)には従兄弟のが登場している。 ホーリーロード編 GO1期 日本代表の選手として活動していたが、ある目的でかつてのサッカーを取り戻すために髪全体を下ろし、サッカー管理組織「」の聖帝 を名乗り、表向きの黒幕を演じていた。 イシド時は仰々しい物言いで固めていたものの実際は昔と変わっておらず、夕香の前では素の部分も出ていた。 同一人物だということは、円堂から24話にて認定される。 「脅威の侵略者」編で沖縄に滞在していたころ、木材の下敷きになりそうになったを助け、彼がサッカーを始めるきっかけを作っていた模様。 ちなみにアニメではノーマルシュートで木材を吹っ飛ばしているが、ゲーム内アニメーションだと炎を纏ったボールで木材を木端微塵に粉砕しており、のステージで居合わせた声優陣に危ない危ないと言われまくっていた。 その他にもにとって憧れの対象だったりと、登場人物に大きな影響を与えている。 クロノ・ストーン編 GO2期 「 炎のエースストライカー」。 2016年7月20日に配信した生放送番組「レベルファイブ公式生放送SP PART2」にて視聴者に新作に登場するキャラクターを投票で決める番組内企画で見事1位を獲得。 後に7月27日に開催した「LEVEL5 FAN NIGHT」にて新デザインが公開された。 本作はエイリア学園の襲撃が無かったパラレルワールドという設定で、フットボールフロンティアで急成長した雷門中から全国の中学校へ『 強化委員』が派遣され、その中学校の選手として共に戦うという新システムが導入される。 2017年3月24日放送『イナズマウォーカー』Vol. 4内で放映されたパイロットフィルム第2弾より豪炎寺もその強化委員の一人として、かつての在籍校へ派遣された模様。 そのためGOでの天馬との関わりが無くなると思われる。 また木戸川在籍時に当時小学生だったと出会い、彼に進むべき道を照らした。 2017年8月19日に放送された『イナズマウォーカーVol. 7』内で放映されたショートアニメ「イナズマイレブン アウターコード」第6話で先行登場。 美容院「ザ・エッジ」のスタイリスト・滝田あつしによって、と共に新しいヘアースタイルに変えられるという内容だが・・・。 続編「」では日本代表「イナズマジャパン」のメンバーに選ばれる。 FFIアジア予選第1試合・韓国代表「」戦では新必殺技「ラストリゾート」でゴールを決めるが、相手チームの仕掛けた罠で足を負傷してしまい、しばらくの間は予選試合を欠場することになる。 アジア予選後に鬼道と共にチームに合流するが足は完治しておらず、ラストリゾートを放てるコンディションでないため別のメンバーに技の継承を考え、ロシア本戦で、、の3人を選んだ。 本戦時もベンチウォーマーの状態が続いていたが、決勝トーナメント準決勝・イタリア代表「」戦後半で窮地に陥ったイナズマジャパンのため、負傷したに代わり交代出場。 明日人たちにラストリゾートをぶっつけ本番で完成させるためサポートに走り、継承を求める小僧丸にもチャンスを与えた。 特徴 イナズマイレブン 白く逆立った髪と先端がイナズマのような形をした独特の眉をしている(所謂 イナズ眉毛)。 無印初期は浅黒めの肌色だったが、GOでは褐色肌になった。 なお目と眉のデザインがゲーム1の初期デザインとTVアニメのデザインで異なっていたが、ゲーム2からTVアニメのデザインに変更された。 利き足は左足で、多くの必殺シュートは左足で蹴っている。 雷門のユニフォームは 襟立てして着ており、ソックスは 他の雷門中の部員が白色なのに対してオレンジのもの(古巣である木戸川清修のではない)をはいている。 ゲーム1の顔グラフィックと攻略本内のとあるイラストでは右耳に白いピアスをしていた。 また、ゲーム1の頃は口調が荒く口数が少ない訳ではなかったが、ゲーム2以降からはアニメ基準のクールな性格となる(ただしそれでもアニメより口数は多い)。 なお夕香が事故に遭って以来、昏睡状態の彼女に対して多少過保護になった部分もあり、 「これを俺だと思って」と大きなピンクのクマのぬいぐるみをプレゼントした事もあった。 さらに3期ではこれまた大きなカメのぬいぐるみを夕香への土産用に買っており、周囲に呆れられていた。 この点はシスコンネタにされることもある。 イナズマイレブンGO GOの逆毛姿は昔とあまり変わりないヘアスタイルだが前髪が一束たれている(作画ミスなのかアップになったシーンではなぜか毛束が消えているが)。 髪をにしてジャージを着ている姿は、キャラデザの氏いわく「聖帝をやめた直後に一瞬だけ出るのだろうと、本当に着替えただけというような感覚で描いてます。 」とのこと。 元々ゲームでは逆毛verとイシドverでデザインされていたためか追加デザインの一つ結びはGO1の段階では登場しておらず、アニメに先行し漫画版で初のお目見えという形となった。 なおで逆立った髪を作っていたことが劇場版「」で判明。 主な必殺技 無印• (メンタル治療にも有効活用。 詳細は個別項目にて)• (と共に使用した技)• (のからヒントを得た必殺技)• (虎丸のと爆熱ストームの合体技)• (パートナーは、虎丸)• (劇場版にて使用した技)• (同上にて鬼道と共に使用した技。 ヒロトの流星ブレードからのシュートチェインで発動)• (同上) GO• ファイアトルネード• (ゲーム)• (日本代表の頃に使用していた技。 パートナーは不明) ゲームGOでは を自力取得している。 化身技は「爆熱ストーム」。 教え子の一人であると共通。 ファイアトルネード• 爆熱ストーム (のとファイアトルネードの合体技)• (シュート技).

次の

閃電十一人GO 聖帝的問題

豪 炎 寺

FF編 1期 妹のが事故にあって以来サッカーはしないと誓っていたが、雷門中との初試合後にとからサッカーへの情熱を忘れたのかと説得され、ピッチに復帰した。 雷門中ではと並ぶ攻めの主軸であり、参入までは頭脳労働も担当していた。 円堂・鬼道とは短期間で強い信頼関係を築いており、終盤ではに3人で「親友」と評されていた。 妹のために手料理を作っていたこともあり、じゃが芋の皮むきを始めとした家庭的料理が得意である。 また、この頃はギャグパートでもちょくちょく顔を見せることがあったが、常に涼しい表情(所謂「」)をポージングしていたのが特徴。 「脅威の侵略者」編 2期 「脅威の侵略者」編では夕香を人質に取られたことで、事情を察したの計らいにより戦力外通知という形で奈良にて離脱。 その後 沖縄に渡り、宅に身を寄せて(ゲームではに灯台に匿われる)必殺技の特訓を続けつつ、やの協力のもと夕香についての人質問題を無事解決し、豪炎寺についての手がかりを求めて沖縄へ渡った雷門メンバーと合流して無事復帰した。 復帰後は本調子に戻り、たまにのイタズラに対して頭脳プレイで勝る等、ギャグパートにも参加していた。 FFI編 3期 編では、アジア予選決勝の際に父親から医者になる事を目指す為、サッカーを辞める様に諭される。 一度はサッカーへの道を諦めかけるが、円堂の熱心な説得や韓国戦で全力で戦う姿を見た父親が納得し、サッカーを続けることを許された。 上記のように、サッカーが好きなのに出来ない、という運命に何度もさらされている不幸な人物でもある(や別時間軸のにおいてもこの難は続く)。 家族構成 豪炎寺修也本人とその父、そして妹夕香の3人暮らしである。 母は幼い頃亡くなっている。 父が医者で多忙ということもあり、のフクさんが母親代わりとして家事を勤める。 ゲーム2(ブリザード版)には従兄弟のが登場している。 ホーリーロード編 GO1期 日本代表の選手として活動していたが、ある目的でかつてのサッカーを取り戻すために髪全体を下ろし、サッカー管理組織「」の聖帝 を名乗り、表向きの黒幕を演じていた。 イシド時は仰々しい物言いで固めていたものの実際は昔と変わっておらず、夕香の前では素の部分も出ていた。 同一人物だということは、円堂から24話にて認定される。 「脅威の侵略者」編で沖縄に滞在していたころ、木材の下敷きになりそうになったを助け、彼がサッカーを始めるきっかけを作っていた模様。 ちなみにアニメではノーマルシュートで木材を吹っ飛ばしているが、ゲーム内アニメーションだと炎を纏ったボールで木材を木端微塵に粉砕しており、のステージで居合わせた声優陣に危ない危ないと言われまくっていた。 その他にもにとって憧れの対象だったりと、登場人物に大きな影響を与えている。 クロノ・ストーン編 GO2期 「 炎のエースストライカー」。 2016年7月20日に配信した生放送番組「レベルファイブ公式生放送SP PART2」にて視聴者に新作に登場するキャラクターを投票で決める番組内企画で見事1位を獲得。 後に7月27日に開催した「LEVEL5 FAN NIGHT」にて新デザインが公開された。 本作はエイリア学園の襲撃が無かったパラレルワールドという設定で、フットボールフロンティアで急成長した雷門中から全国の中学校へ『 強化委員』が派遣され、その中学校の選手として共に戦うという新システムが導入される。 2017年3月24日放送『イナズマウォーカー』Vol. 4内で放映されたパイロットフィルム第2弾より豪炎寺もその強化委員の一人として、かつての在籍校へ派遣された模様。 そのためGOでの天馬との関わりが無くなると思われる。 また木戸川在籍時に当時小学生だったと出会い、彼に進むべき道を照らした。 2017年8月19日に放送された『イナズマウォーカーVol. 7』内で放映されたショートアニメ「イナズマイレブン アウターコード」第6話で先行登場。 美容院「ザ・エッジ」のスタイリスト・滝田あつしによって、と共に新しいヘアースタイルに変えられるという内容だが・・・。 続編「」では日本代表「イナズマジャパン」のメンバーに選ばれる。 FFIアジア予選第1試合・韓国代表「」戦では新必殺技「ラストリゾート」でゴールを決めるが、相手チームの仕掛けた罠で足を負傷してしまい、しばらくの間は予選試合を欠場することになる。 アジア予選後に鬼道と共にチームに合流するが足は完治しておらず、ラストリゾートを放てるコンディションでないため別のメンバーに技の継承を考え、ロシア本戦で、、の3人を選んだ。 本戦時もベンチウォーマーの状態が続いていたが、決勝トーナメント準決勝・イタリア代表「」戦後半で窮地に陥ったイナズマジャパンのため、負傷したに代わり交代出場。 明日人たちにラストリゾートをぶっつけ本番で完成させるためサポートに走り、継承を求める小僧丸にもチャンスを与えた。 特徴 イナズマイレブン 白く逆立った髪と先端がイナズマのような形をした独特の眉をしている(所謂 イナズ眉毛)。 無印初期は浅黒めの肌色だったが、GOでは褐色肌になった。 なお目と眉のデザインがゲーム1の初期デザインとTVアニメのデザインで異なっていたが、ゲーム2からTVアニメのデザインに変更された。 利き足は左足で、多くの必殺シュートは左足で蹴っている。 雷門のユニフォームは 襟立てして着ており、ソックスは 他の雷門中の部員が白色なのに対してオレンジのもの(古巣である木戸川清修のではない)をはいている。 ゲーム1の顔グラフィックと攻略本内のとあるイラストでは右耳に白いピアスをしていた。 また、ゲーム1の頃は口調が荒く口数が少ない訳ではなかったが、ゲーム2以降からはアニメ基準のクールな性格となる(ただしそれでもアニメより口数は多い)。 なお夕香が事故に遭って以来、昏睡状態の彼女に対して多少過保護になった部分もあり、 「これを俺だと思って」と大きなピンクのクマのぬいぐるみをプレゼントした事もあった。 さらに3期ではこれまた大きなカメのぬいぐるみを夕香への土産用に買っており、周囲に呆れられていた。 この点はシスコンネタにされることもある。 イナズマイレブンGO GOの逆毛姿は昔とあまり変わりないヘアスタイルだが前髪が一束たれている(作画ミスなのかアップになったシーンではなぜか毛束が消えているが)。 髪をにしてジャージを着ている姿は、キャラデザの氏いわく「聖帝をやめた直後に一瞬だけ出るのだろうと、本当に着替えただけというような感覚で描いてます。 」とのこと。 元々ゲームでは逆毛verとイシドverでデザインされていたためか追加デザインの一つ結びはGO1の段階では登場しておらず、アニメに先行し漫画版で初のお目見えという形となった。 なおで逆立った髪を作っていたことが劇場版「」で判明。 主な必殺技 無印• (メンタル治療にも有効活用。 詳細は個別項目にて)• (と共に使用した技)• (のからヒントを得た必殺技)• (虎丸のと爆熱ストームの合体技)• (パートナーは、虎丸)• (劇場版にて使用した技)• (同上にて鬼道と共に使用した技。 ヒロトの流星ブレードからのシュートチェインで発動)• (同上) GO• ファイアトルネード• (ゲーム)• (日本代表の頃に使用していた技。 パートナーは不明) ゲームGOでは を自力取得している。 化身技は「爆熱ストーム」。 教え子の一人であると共通。 ファイアトルネード• 爆熱ストーム (のとファイアトルネードの合体技)• (シュート技).

次の

豪炎寺修也 (ごうえんじしゅうや)とは【ピクシブ百科事典】

豪 炎 寺

「理事長も影山は危険だと思ってるんだな」 「えぇ」 「とにかく何があるかは分からない。 気を付けてかかろう」 雷門から手紙を見せてもらった響木監督とついでにオレ。 なるほど、イナズマイレブンのあの電話も御影専農を裏から操っていたのも影山か。 だが、凄い単純な疑問が残る。 あの影山はそこまで歳を取っていない。 40年前ならせいぜいオレらと同じくらいの言わばガキ。 そんなガキがあのバス事故を計画、手配、実行を全てできるのか? 「円堂君たちには」 「いや、アイツらには言う必要ない。 それに」 「円堂は気付いている。 馬鹿なように見えてフットボールフロンティアの素晴らしさも潜む危険も」 「そう言うこった」 うーん。 オレとしちゃ影山単独犯説は薄く、影山の裏に誰か居る、もしくは協力者がいるの二択な気がする。 それに鬼瓦刑事が教えてくれたが『プロジェクトZ』一体何なんだ? そう思ってると音無が校門から出ていくのが見えた。 うーん。 無言で出ていったんだが……気になるな。 「って、お前もか」 「行くぞ。 十六夜」 そしたら隣に豪炎寺がいた。 え?なんでボール持って来てんの?ま、何でもいっか。 で、追っていくと、音無は鬼道と会ってそのまま河川敷の方に移動した。 「聞いたよ。 世宇子中戦のこと。 …………残念だったね」 「残念?残念なんてもんじゃない。 俺の目の前で仲間があんなことに……!こんなに悔しいことがあるか……!俺は…………!俺は!」 と、そんな時、鬼道の元に飛んでくファイアトルネード。 隣を見ると、手に持っていたボールは無くなり、シュートを撃った後か着地する豪炎寺が。 ……おい! 「……こんなボールを蹴ることが出来る奴は!」 そして蹴り返す鬼道。 蹴り返されたボールは豪炎寺のもとへ。 「豪炎寺!それに十六夜!」 いえ、オレは今回無関係です!無罪を要求します!っと、ボールを持って無言で歩き出す豪炎寺。 オレはそれについて行く。 「豪炎寺先輩!それに十六夜先輩も!お兄ちゃんは別に雷門のスパイをしていたわけじゃないんです!本当です!」 「 お ・ 兄 ・ ち ・ ゃ ・ ん ・ か……」 「まぁ、それぐらいは分かるよ。 さすがにね」 音無と鬼道は雷門中の前で会っていたが、別にスパイ活動だなんて微塵も思ってない。 「十六夜先輩…………豪炎寺先輩!」 「来い」 「ああ」 そして階段を降りていく二人。 オレは土手に座って成行きを見守る。 二人は距離を取り、豪炎寺が思い切り蹴るとそれを鬼道が蹴り返し、再び豪炎寺が、 「鬼道!そんなに悔しいか!」 「悔しいさ!世宇子中を!俺は倒したい!」 「だったらやれよ!」 「無理だ!帝国学園はフットボールフロンティアから敗退したんだ!」 「自分から負けを認めるのか鬼道っ!」 豪炎寺はファイアトルネードを撃って、鬼道の顔スレスレを通った。 そしてそのままシュートは河川敷の土手にぶつかり、クレーターを発生させる。 その瞬間にボールは破裂した。 豪炎寺。 二、三ヶ所ツッコませろ。 ……と、その前にアイツはオレを殺す気かぁっ!オレも座ってるんだぞ土手に!というかクレーター発生させたよ!地形を変化させちゃったよ!てか、サッカーボールって破裂するんだな!この世界のサッカーボールは破裂しない特別性能だと思っていたよ! 「一つだけ方法がある。 お前は円堂を正面からしか見たことがないだろう。 あいつに背中を任せる気は無いか?」 なるほど。 何が言いたいのかよく分かった。 鬼道も今の発言の意味するとこが分かったようだ。 ただな?やり方を考えろよ! そして夜。 「このクレーターはなんだ?十六夜」 「さ、さぁ…………隕石でも落ちたんじゃないのか?」 目を逸らして答える。 言えねぇ。 うちのチームメイトがやっただなんて言えねぇ。 「隕石だと!?」 そしてコイツは何でこんなに反応したんだ?理解できねぇ。 何か思い入れでもあるのか?隕石に。 「そろそろ試合を始めませんか?」 全国大会二回戦。 雷門中対千羽山中の試合当日。 オレたちは試合会場にきていて、ベンチに座っている。 審判の人が試合を開始するよう催促に来るが、 「すみません。 もうちょっとだけ待って下さい」 まぁ、オレたちが試合を開始させないよう遅らせてるだけなんですけどね。 オレは目を閉じて、静かにベンチに座っている。 「監督。 いい加減にしてください」 「いや、まだだ。 もう一人来る」 「もう一人もう一人って全員揃ってるじゃないですか!」 「いいですか?大会規約により後三分以内にフィールドに出ないと試合放棄となります」 『えぇっ!?』 いや、お前ら規約読んでないのかよ。 で、みんなで監督を説得しようとするも聞く耳を持たない感じで、 「円堂君!キャプテンでしょ!?監督に何か言ってよ」 木野が円堂に説得するよう頼む。 が、 「監督がまだって言ってるんだからまだなんじゃないか?」 円堂は監督を信じて待つ。 「後、三十秒……」 気付けば後三十秒に。 「監督。 来ましたよ」 オレは閉じていた目を開けて監督に伝える。 「ああ」 『え?』 瞬間、オレが言った意味が気になったのか、皆静かになる。 そして近づいてくる足音。 「来たな」 そこに立っていたのは、雷門中のユニフォームを纏う鬼道の姿が。 あれ?地味にマントの色が違うような……?気のせいか? 『うそぉおおおおおおおおおっ!?』 さてと、全員揃ったか。 「鬼道!?」 「どういうことですか監督」 『鬼道です!間違いありません!帝国学園の鬼道です!』 観客はそんなことが許されるのかと言っている。 何言ってんだか。 「『大会規定第64条第2項。 プレイヤーは試合前に転入手続きを完了していれば大会中でのチーム移籍は可能である』別にルールに反しちゃいない」 すると、実況の人が分厚い本を取り出して、そこから調べ、オレと全く同じことを言って、観客を納得させる。 と、ここで疑問が沸く。 「え?十六夜。 お前、アレ全部覚えてたの?」 「一応な。 だってあの使えない監督だったし、覚えとかねぇとマズかっただろ」 『…………』 別の意味で絶句された。 え?何、普通じゃないの?隅から隅まで覚えたんだけど。 てか、こういうのオレの仕事じゃねぇだろ。 「で、鬼道。 何か言う事は?」 「俺はあのままでは引き下がれない。 世宇子には必ずリベンジする!」 「鬼道!俺には分かってたぜ!お前があのまま諦める奴じゃないってことは!」 「なんて執念だ……」 まぁ、受け入れているからいっか。 「でもちょっと心強いね!」 「鬼道さんがいれば必殺技がなくても千羽山の守りを崩せるかも!よーし!頑張るぞっ!」 盛り上がる宍戸と少林の二人。 だけどなぁ…… 「宍戸、少林寺。 お前たちはベンチだ」 『あ…………はい』 軽く落ち込む二人。 「ただ、集中は切らすなよ。 戦国伊賀島の時みたく思わぬ負傷が出るかもしれねぇからな」 これ以上はスタメンに選ばれてる奴が言えることじゃねぇ。 後はどうするかは本人たち次第だ。 さぁ、試合開始だ。

次の