消費税計算方法 10。 消費税10%になったら、計算式はどうなりますか?

消費税10パーセントを一瞬で計算する?驚きの方法公開

消費税計算方法 10

こんにちは、kazeです。 消費税の簡単な計算方法! っていうことで、今回はこの記事を書きます。 消費税が10%になって、家計のやりくりを見直す方も多いと思います。 8%と10%の混在も面倒な部分ですが、あえて10%の良いところを言うなら、計算がしやすくなったことくらいでしょうか。 私のまわりにいる人の一部や世間の計算が苦手な人の中には、普段の買い物などの日常生活の中でパッと計算ができなくて、「どうすればいいの」っていう人がいます。 全体でいうと、そういう人の比率って意外に多いんだなあって感じることがあります。 消費税の計算ではなくて、別の簡単な計算などで感じる部分です。 幸い、私は理数系なのでそのような計算に困ることはありません。 そこで、普段はいろいろな記事を書かせてもらっていますが、私発信の「消費税の簡単な計算方法」ということで、紹介していきたいと思います。 参考にしていただける部分もあるかと思いますので、読んでみてください。 ただし、計算に自身のある人はこれに該当しないかもなので、あしからずご了承の程を。 普通は、以下のようにやっていると思います。 まず、今までの8%で例を挙げてみますね。 (このあとは、これを「お母さん方式」と呼ぶことにします)(笑) 例えば、 300円の8%なら、 「サンパニジュウシ」で24円が消費税だから324円が払う金額ね。 っていう感じですね。 24と出したときに、2. 4円じゃあ小さすぎるし、240円じゃあ大きすぎるので、24円が妥当だってすぐわかります。 ほぼみんなこうやっているはず!?です。 (笑) では算数ではどうでしょう。 もちろん、このやり方でもOKですが、こんな計算をします。 300円が元になっていて、それを「1」とすると、消費税は「0. 08」に当たるから、税込価格は合わせて「1. 08」に当たります。 「割合」のことばを使うと、300円が「もとにする量」で、税込価格が「比べる量」または「比べられる量」です。 08=324円となります。 どうでしょうか。 日常では算数のような計算は普通しないですね。 お母さん方式の方がサッと計算ができます。 では、税抜価格を 250円にしてみましょう。 ここで、この計算をサッとやる方法をご紹介します。 片方の数字は35から70に2倍していて、もう片方は16から8に半分にしています。 こうすれば、どちらも同じ答えになります。 頭の中で、2倍と半分の数字をかければ、5と8の1桁の九九計算をするだけになるので、サッと答えが出ます。 これ、日常でも結構使えますよ。 先程の消費税計算に話を戻します。 もとが250円なので、2円では小さすぎるし、200円では大きすぎるので、消費税は20円とわかるので、税込価格は、250円に20円を加えて270円となります。 (笑) つまり、 8%は面倒なことが多いわけです。 その点、10%は簡単になります。 ではその10%計算ですが、今度はお母さん方式を使う必要もなくなります。 1=30ですが、答えは もとの300の「0」を1個取るだけでよくなります。 260円とかでも26円ですし、56円でも5. 6円と 小数点をつけるだけ。 とても簡単になります。 ですので、税込価格は、260円ならそれに0を1個取った26円をたして、286円となります。 8%のときより全然簡単ですね。 36,000円の買い物をしたら、36,000+3,600=39,600円とすればいいわけです。 これからは、税込価格計算は、税抜価格がどんな場合でも簡単になります。 冒頭でお伝えした通り、その点だけ?がメリットじゃないでしょうか。 ありがたくはないですけどね。 今度は、8%の話は省略して10%の話だけです。 税抜価格が300円なら、税込価格は330円ですが、この関係を見てみます。 算数で言うと、300円を「1」とすると、330円は「1. 1」にあたることになりますが、そんなことより結論ですよね。 330円から300円を求める方法は2つあります。 1=300という算数のように求める方法です。 どうしてこうすると求められるのかを説明すると、読みたくなくなると思いますので省略します。 (笑) でも、後者の方がいいのではないでしょうか。 税込価格を11で割り、その答えを税込価格から引くと税抜価格が出る。 ただこれには、面倒なことがあります。 330円は11で割り切れるのでいいですが、11って割り切れないことの方が圧倒的に多いんです。 ちょっとやってみましょう。 計算すると45. 45…となります。 11で割ると、45. 45454545…というように「4」と「5」が永遠に続いていきます。 このように同じ数字が永遠に繰り返される小数を「循環小数」というのですが、11で割った場合、割り切れない計算の答えは必ず循環小数になるんです。 ですので、こういう場合は、 およそ45円くらいだから、500-45=455円くらいだな ってやるのがせいぜいなんですね。 これ以上は、簡単にやる方法がないんです。 これは仕方ないと思ってください。 (笑) ちなみにですが、以下の計算は間違いです。 こういう間違いをしている人って必ずいると思いますので、お伝えしておきますね。 先程の税込価格が500円の問題で、 消費税が10%だから、500の10%は50円なので、500-50=450円 とやるのは間違いです。 10%は税抜価格が元になっていますので。 もしかしてやっていませんでしたでしょうか。 そうです。 税込価格から内税を計算するには、11で割ればいいだけです。 割る11の計算は嫌ですけどしょうがないです。 最後に… 消費税増税を気に、消費税の計算についてお伝えしました。 最後に、 売り手側はどんなことを考えて商品の価格を決めているのかを紹介しておきます。 例えば、 5,000円程度の価格をつけたい場合、だいたい3つの方法があると思います。 1、税込価格を4,980円と決める 先に税込価格を5,000円をぎりぎり越えないところに決めて数値を見せます。 この場合、税抜価格が細かい数字になります。 10%の場合、税抜価格は4527円(小数点以下切り捨て)になります。 2、税抜価格を4,980円と決める 税抜価格で5,000円をぎりぎり超えない見せ方をします。 この場合、税込価格は5,478円になります。 3、税抜価格を1. 1倍して5,000円をギリギリ越えない価格に決める 1の応用形で、税込価格5,000円で税抜価格を計算すると4545. 4円なので、それを4,544円にして1. 1倍すると4998. 4円になるので、それを考えて価格表示します。 税抜価格4544円(税込価格4,998円)というように見せます。 売り手はいろいろと考えますからね。 以上、消費税計算に関する記事でした。 参考になれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

消費税の内税の計算方法、簡単な計算式[8%、10%]|KW BLOG

消費税計算方法 10

こんにちは、kazeです。 消費税の簡単な計算方法! っていうことで、今回はこの記事を書きます。 消費税が10%になって、家計のやりくりを見直す方も多いと思います。 8%と10%の混在も面倒な部分ですが、あえて10%の良いところを言うなら、計算がしやすくなったことくらいでしょうか。 私のまわりにいる人の一部や世間の計算が苦手な人の中には、普段の買い物などの日常生活の中でパッと計算ができなくて、「どうすればいいの」っていう人がいます。 全体でいうと、そういう人の比率って意外に多いんだなあって感じることがあります。 消費税の計算ではなくて、別の簡単な計算などで感じる部分です。 幸い、私は理数系なのでそのような計算に困ることはありません。 そこで、普段はいろいろな記事を書かせてもらっていますが、私発信の「消費税の簡単な計算方法」ということで、紹介していきたいと思います。 参考にしていただける部分もあるかと思いますので、読んでみてください。 ただし、計算に自身のある人はこれに該当しないかもなので、あしからずご了承の程を。 普通は、以下のようにやっていると思います。 まず、今までの8%で例を挙げてみますね。 (このあとは、これを「お母さん方式」と呼ぶことにします)(笑) 例えば、 300円の8%なら、 「サンパニジュウシ」で24円が消費税だから324円が払う金額ね。 っていう感じですね。 24と出したときに、2. 4円じゃあ小さすぎるし、240円じゃあ大きすぎるので、24円が妥当だってすぐわかります。 ほぼみんなこうやっているはず!?です。 (笑) では算数ではどうでしょう。 もちろん、このやり方でもOKですが、こんな計算をします。 300円が元になっていて、それを「1」とすると、消費税は「0. 08」に当たるから、税込価格は合わせて「1. 08」に当たります。 「割合」のことばを使うと、300円が「もとにする量」で、税込価格が「比べる量」または「比べられる量」です。 08=324円となります。 どうでしょうか。 日常では算数のような計算は普通しないですね。 お母さん方式の方がサッと計算ができます。 では、税抜価格を 250円にしてみましょう。 ここで、この計算をサッとやる方法をご紹介します。 片方の数字は35から70に2倍していて、もう片方は16から8に半分にしています。 こうすれば、どちらも同じ答えになります。 頭の中で、2倍と半分の数字をかければ、5と8の1桁の九九計算をするだけになるので、サッと答えが出ます。 これ、日常でも結構使えますよ。 先程の消費税計算に話を戻します。 もとが250円なので、2円では小さすぎるし、200円では大きすぎるので、消費税は20円とわかるので、税込価格は、250円に20円を加えて270円となります。 (笑) つまり、 8%は面倒なことが多いわけです。 その点、10%は簡単になります。 ではその10%計算ですが、今度はお母さん方式を使う必要もなくなります。 1=30ですが、答えは もとの300の「0」を1個取るだけでよくなります。 260円とかでも26円ですし、56円でも5. 6円と 小数点をつけるだけ。 とても簡単になります。 ですので、税込価格は、260円ならそれに0を1個取った26円をたして、286円となります。 8%のときより全然簡単ですね。 36,000円の買い物をしたら、36,000+3,600=39,600円とすればいいわけです。 これからは、税込価格計算は、税抜価格がどんな場合でも簡単になります。 冒頭でお伝えした通り、その点だけ?がメリットじゃないでしょうか。 ありがたくはないですけどね。 今度は、8%の話は省略して10%の話だけです。 税抜価格が300円なら、税込価格は330円ですが、この関係を見てみます。 算数で言うと、300円を「1」とすると、330円は「1. 1」にあたることになりますが、そんなことより結論ですよね。 330円から300円を求める方法は2つあります。 1=300という算数のように求める方法です。 どうしてこうすると求められるのかを説明すると、読みたくなくなると思いますので省略します。 (笑) でも、後者の方がいいのではないでしょうか。 税込価格を11で割り、その答えを税込価格から引くと税抜価格が出る。 ただこれには、面倒なことがあります。 330円は11で割り切れるのでいいですが、11って割り切れないことの方が圧倒的に多いんです。 ちょっとやってみましょう。 計算すると45. 45…となります。 11で割ると、45. 45454545…というように「4」と「5」が永遠に続いていきます。 このように同じ数字が永遠に繰り返される小数を「循環小数」というのですが、11で割った場合、割り切れない計算の答えは必ず循環小数になるんです。 ですので、こういう場合は、 およそ45円くらいだから、500-45=455円くらいだな ってやるのがせいぜいなんですね。 これ以上は、簡単にやる方法がないんです。 これは仕方ないと思ってください。 (笑) ちなみにですが、以下の計算は間違いです。 こういう間違いをしている人って必ずいると思いますので、お伝えしておきますね。 先程の税込価格が500円の問題で、 消費税が10%だから、500の10%は50円なので、500-50=450円 とやるのは間違いです。 10%は税抜価格が元になっていますので。 もしかしてやっていませんでしたでしょうか。 そうです。 税込価格から内税を計算するには、11で割ればいいだけです。 割る11の計算は嫌ですけどしょうがないです。 最後に… 消費税増税を気に、消費税の計算についてお伝えしました。 最後に、 売り手側はどんなことを考えて商品の価格を決めているのかを紹介しておきます。 例えば、 5,000円程度の価格をつけたい場合、だいたい3つの方法があると思います。 1、税込価格を4,980円と決める 先に税込価格を5,000円をぎりぎり越えないところに決めて数値を見せます。 この場合、税抜価格が細かい数字になります。 10%の場合、税抜価格は4527円(小数点以下切り捨て)になります。 2、税抜価格を4,980円と決める 税抜価格で5,000円をぎりぎり超えない見せ方をします。 この場合、税込価格は5,478円になります。 3、税抜価格を1. 1倍して5,000円をギリギリ越えない価格に決める 1の応用形で、税込価格5,000円で税抜価格を計算すると4545. 4円なので、それを4,544円にして1. 1倍すると4998. 4円になるので、それを考えて価格表示します。 税抜価格4544円(税込価格4,998円)というように見せます。 売り手はいろいろと考えますからね。 以上、消費税計算に関する記事でした。 参考になれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

【誰でも分かる】消費税10パーセントの計算方法は?世界一分かりやすく解説するよ!【簡単】

消費税計算方法 10

仕入税額控除とは? 仕入税額控除の仕組み 消費税法では同一の商品やサービスなどに対して消費税が繰り返し課税されることがないように、事業者が納付する消費税から仕入れ時に支払った消費税を控除することができます。 これを仕入税額控除といいます。 仕入税額控除の計算 上記の例では事業者が納付する消費税額をシンプルに「受け取った消費税-支払った消費税」と計算しましたが、正確には支払った消費税の全額を控除できるのは次の要件を満たす場合に限られます。 なお、一定の中小事業者については簡易な方法で仕入税額控除の計算をすること(簡易課税制度)も認められています。 (例)当課税期間の課税売上高は1億円でした。 他に課税売上はなく課税標準額1億円(税抜き)、課税仕入額6,000万円(税抜き)、課税売上割合は98%でした(中間申告等は考慮しない)。 課税売上高5億円以下、かつ、課税売上割合95%以上ですので、仕入れ時に支払った消費税額の全額を控除できます。 このような場合に選択できる一つ目の方法が個別対応方式です。 計算の方法 個別対応方式では課税仕入等を「課税資産の譲渡等にのみ要するもの」「非課税資産の譲渡等にのみ要するもの」「課税資産の譲渡等と非課税資産の譲渡等の両方に要するもの」の3種類に区分して、それぞれ次のように仕入税額控除の計算します。 (例)個別対応方式によって仕入税額控除の計算をしています。 課税売上割合は90%、課税仕入等の金額は次のとおりでした。 項目 課税仕入等(税込み) 1 課税資産の譲渡等のみに要するもの 1億1,000万円 2 非課税資産の譲渡等のみに要するもの 1,100万円 3 課税資産と非課税資産の両方に要するもの 5,500万円 合計 1億7,600万円 個別対応方式を選択しているため、課税仕入等を3種類に区分して次のように仕入税額控除を計算します。 課税資産の譲渡等にのみ要するもの(具体例) そのまま譲渡される課税資産 課税資産の原材料、容器、包紙、機械及び装置、工具、器具、備品 課税資産の保管料、運送料、広告宣伝費、支払手数料、加工賃 (例)賃貸経営のためにアパートを建築しました。 アパートは全て住宅用として賃貸されます。 アパートの全てが非課税売上(住宅の賃貸)のために使用されるため、建築費用は非課税資産の譲渡等にのみ要するものに該当します。 課税資産と非課税資産の譲渡等の両方に要するもの 課税資産と非課税資産の譲渡等の両方に要するものとは課税仕入等のうち「課税資産の譲渡等についてのみ行われるもの」「非課税資産の譲渡等についてのみ行われるもの」以外のもので、例えば課税売上と非課税売上がある会社の本社家賃があります。 課税資産と非課税資産の譲渡等の両方に要するもの(具体例) 本社の家賃、福利厚生費、交際費等の一般管理費(資産の譲渡等が課税資産の譲渡等のみの会社を除く) 土地と建物を一括で譲渡する場合の仲介手数料 (例)Y社は一括比例配分方式によって仕入税額控除の計算をしています。 課税売上割合は90%、課税仕入等の金額は次のとおりでした。 項目 課税仕入等(税込) 1 課税資産の譲渡等のみに要するもの 1億1,000万円 2 非課税資産の譲渡等のみに要するもの 1,100万円 3 課税資産と非課税資産の両方に要するもの 5,500万円 合計 1億7,600万円 一括比例配分方式では課税仕入等を区分せずに次のように仕入税額控除を計算します。 2万円 簡易課税制度 仕入税額控除を計算するためには課税仕入や非課税仕入等を区分して経理しなければならないなど経理事務に負担がかかりますが、消費税法では中小事業者の負担を考慮して、基準期間の課税売上高が5千万円以下の場合には、上記の方法に代えて簡易な方法によって仕入税額控除の計算を認めています。 これを簡易課税制度といいます。

次の