あくタイプ ガラル。 【ポケモンGO】どくタイプ複合相性まとめ! エスパーが効かない曲者もいるから注意が必要!

ブラッキー|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

あくタイプ ガラル

概要 は種族ごとに、1,2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。 そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。 あくタイプは、『』(第2世代)で登場したタイプの一つ。 日本語の五十音順的にも英語にもよりも先に来るので、 16番目のタイプと考えてよさそう。 前作まで猛威を振るっていたに対する抑止力として投入された。 戦い方が残忍で狡猾なものや、狂暴で獰猛な性質の動物があくタイプのポケモンとして分類されやすい。 そのほとんどが眼光鋭くいかにもワルそうな見てくれをしていて、体色もやを象徴的に含むものが多くを占める。 ただし、のように人間の偏見を含んだ分類のもの、やのように黒色が身体のごく一部にしかないものもいる。 ポケモンのほとんどが「属性」や「種族」でタイプを分けられている中、あくタイプは珍しく 「概念」による位置づけとなっている。 また、英語版での名称が"Dark type"となっているように、と共にとしての役割も果たしていると言える 魔力を思わせる技は殆どはゴーストタイプに譲っているが。 暗所を住処にしているものや、夜行性の種族もまた多い。 パラメーター的には 攻め重視の傾向が強く、攻撃・特攻の高い種族が多い。 あくタイプのわざは半減されにくく通りが良いことからも、安定した攻撃性能を発揮しやすい。 もちろんエスパータイプ無効を活かした抑止力としての活躍も期待できる。 メジャーなフェアリーを弱点に持つ点はつらいものの、同じく通りの良い に耐性を持つ数少ないタイプの1つでもあり、補完としてパーティに組み込みやすい。 一方で、大体のタイプにある威力100を超える汎用性の大技には恵まれておらず 汎用的なあくタイプの攻撃技は最高威力が80止まりという難点も抱えている。 一見最高威力に見える「」も 相手の攻撃力を使ってダメージを与えるものであり、自身の攻撃力は活かせない。 また「」や「」、「」のように条件によって威力が変動するわざも多く、強力だが使いこなすにはプレイヤーの読みスキルが強く求められる。 あくタイプを象徴する高威力先制技の「」などはその最たる例で、相手の攻撃技に合わせなければ技そのものが失敗してしまう。 エスパータイプやゴーストタイプに有利なのは冒険においても都合がよい。 パーティに入れて連れ歩いていると、上記2タイプが厄介な補助技を使ってくる前に倒すなどして戦闘で楽ができる。 第5世代以降では序盤で比較的楽に見つかるため、捕獲する労力も考えなくてよい。 ただし、、、と癖の強いポケモンが少なくないため、技構成や特性はきちんと確認しておこう。 漢字では 「悪」と表記される事が多い。 複合タイプだと弱点を3つ以下に出来るのはノーマル、かくとう、毒、エスパー、ゴースト、はがね、フェアリーのみ。 それ以外は全て弱点が増えてしまう。 加えて3つ以下に出来るタイプも毒、ゴースト、フェアリー以外は全て4倍弱点を抱えているのでその点で注意が必要となる。 各世代ごとの特徴 第1世代 このころはまだあくタイプは存在しておらず、さらに なぜかのわざがエスパータイプに対して効果が無かった(設定ミス)ため、エスパータイプが対戦において非常に強かった。 詳しくはの記事を参照。 カントー図鑑No. 151までにはのちの世代を含めてもあくタイプを含むポケモンが一切存在しなかったが、の実装によって・・とその進化形が加わることとなった。 また、でもあくタイプになれる。 技ではこの世代でノーマルタイプだった「」が第2世代以降はあくタイプの攻撃技となっている。 第2世代 猛威を振るったエスパータイプに対する対抗策として、と共に新たなタイプとして追加された。 『』発売以前から公開されていたや高い人気を誇るをはじめ、第3世代では数多くのあくタイプが追加された。 しかも 攻撃技がほとんど増えていない上に タイプ一致あく技すらまともに覚えない種族もざらにいた。 例えば『RS』当初のはあくタイプの攻撃技が 威力20の「」のみだった。 その為普通のポケモンはおろか弱点であるエスパータイプ、ゴーストタイプもろくに倒せなかった。 一方で変化技は大幅に追加され、相手のへんか技を封じる「」・相手の特防を2段階下げる「」・自分が瀕死になる代わりに相手の攻撃・特攻を2段階下げる「」などがある。 追加された数少ない攻撃技「はたきおとす」も、威力が恐ろしく低い反面「相手の持ち物を無効化する」という効果を持つ為、変化技のような扱いを受けた。 現在のあくタイプの『相手の行動を読んでこそ真価を発揮する』という路線はこの頃から始まっていたのかもしれない。 対戦環境に目を向けると、が、唯一ヘルガーはまともに活躍していた。 またバンギラスも 「」を手に入れたことで、解禁されているルールであれば活躍したが、公式大会がレベル50打ち止めになったため出禁となってしまった。 第4世代 あくタイプが本領を発揮するようになったのはここからである。 まず、技ごとに物理と特殊に分けられるようになった影響で、 既存のあくタイプの攻撃技が全て物理化した。 これにより、これまで活かされることの無かった高い攻撃力を生かせるようになった。 特殊アタッカーとして活躍していたあくタイプにも「かみくだく」と同じ威力の 「」が追加され、むしろ強化された。 さらに、『相手が攻撃技を選択していれば先制攻撃ができる』という先制技 「」が追加され、 「逃げればおいうち、攻めればふいうち」という二択を相手に迫ることができるようになった。 そして恐怖の「」を持つ幻のポケモンと、豪華なラインナップである。 また、が天候「すなあらし」の仕様変更で 登場しただけでいわタイプ 自身含む の特防が1. 5倍という攻防共に隙が少ない要塞に化けた。 苦手なも「ヨプのみ」で1回はあしらえる。 しかし、 あくタイプの恒常火力は最大80止まりという部分は一切改善されなかった。 せっかく高い攻撃力を生かせるようになったと思えば、今度は そもそも火力が足りていないという厳しい現実を突きつけられることに。 第5世代 エスパー、ゴースト共に多彩かつ耐久の高いポケモンが次々追加される中、弱点であるはずのあくタイプの火力不足は改善されなかった。 威力95を誇る技「イカサマ」が追加されたが、 相手の攻撃力でダメージを計算する技であったため、自分の攻撃を活かすことが出来ない。 「いばる」とのコンボをかますこともできなくはないが、技スペースを1つ潰すことになる。 (耐久型のポケモンであれば自分の攻撃の低さを補えるため、十分なダメージソースとなるのだが) 相手の行動を呼んで戦うのは変わらないが、その常識に当てはまらない強力なポケモンも増えたのも向かい風。 かくとうタイプとの複合であり、あくタイプにしては珍しい耐久型のステータスを持つは「」「」などの優秀な積み技を持ち、自身のタイプの技でほとんどの相手に有効打を与えることが出来る。 第2世代で追加されたとの初の複合タイプであるも登場している。 その一方で、「」というあく技を受けると攻撃が上がる特性の追加、強力なむしタイプの増加等といった逆風もあり、特にむしタイプはエスパーとあくを諸共刈り取ってしまうため非常に厄介な存在として立ちはだかった。 第6世代 タイプ相性が見直され、攻撃相性では フェアリー半減を追加、はがね半減を削除、防御相性では フェアリー弱点を追加された。 に弱点を一方的に突かれるのは大きな痛手で、特にやは突如4倍弱点を抱えることになった。 しかもただでさえ弱点の多い・・は 弱点の数が全ポケモン中最多(7属性)になってしまった。 ただしフェアリーはかくとうタイプにも強いため、あくタイプが苦手とするかくとうタイプをフェアリーが抑止してくれる側面もあり、悪いことばかりではない。 一方でに等倍で「おいうち」や「ふいうち」を通せるようになったのは嬉しい仕様変更であり、対策に無理してやなどを入れる必要性が薄まった。 威力90以上の主力技が殆ど無いあくタイプにとっては大きな追い風である。 また、「」・「」が威力60に、「はたきおとす」が威力65に強化。 特に「はたきおとす」は 相手が道具を持っていると威力が1. 5倍になるという強力な性能となった。 も(メガシンカによってタイプが変わるものも含めて) 6種族おり、全体的には強化の方が大きい。 特にシングルでは 「はたきおとす」があちこちで使われた他 サザンドラが技の通りを買われて復権し、ダブルでは キリキザンが 「」やフェアリータイプに強いあくタイプかつ 強力な「ふいうち」持ちとして大活躍を見せた。 今回の完全新規ポケモンは炎御三家のとウルトラビーストののみ。 そのほかの・・があくタイプとなった。 この世代からあくタイプにやで有名な 「」を介した補助技を無効化できる仕様が追加された。 懸案の火力不足もZ技 「」で一度だけ超火力を放てるようになり、少し改善された。 新技では先のガオガエン専用技「」や『USUM』で汎用化した音技封じの効果を持つ「」などが登場している。 ……しかし、あくタイプはこの第7世代、 環境からの数々の逆風に晒されてしまう。 その上に、先制技を封じる特性で止められるようになってしまう。 こうなった原因はもちろんやのせい。 完全にとばっちりである。 次に、「ダークホール」が何と 命中率50に下降かつ 「」の適応範囲に入ってしまったことでダークライが大幅に弱体化。 こちらはドーブルの轍を踏まされた形になった。 そもそも ドーブルが使っても失敗するようになった時点で十分な弱体化なのだから命中率低下や「ワイドガード」はやりすぎとも言える。 そして カプを始めとしたフェアリータイプが前作以上に暴れ始めたこと。 その影響はかなり大きく、 シングルではゲッコウガとメガギャラドスとバンギラスを除く悪タイプが使用率30位以内から消滅するという事態に陥った。 しかもゲッコウガは基本的にあくとしての役割が期待されておらず、ギャラドスもみずタイプとしての側面が強いため、 あくタイプの覇道を突き進んでいるのはバンギラスのみとなっている。 そのバンギラスもいわとしての側面も併せ持つが、拘ったを牽制できる暴力的耐久 「」も余裕で耐える が功を奏している面もある。 一方ダブルバトルに目を向けると、相方でフォローが利くのかこちらは存外生き残っており、 バンギラスはもちろん、どく複合でフェアリーを等倍に抑え込める が耐久の高さと優秀な技や特性を買われて活躍を始めた。 更に新登場の ガオガエンは耐久が高く技もダブル向きのものを多く揃え、のメガシンカ解禁後は同ポケモンとのコンビ 通称「サナガエン」 が見出され、加えて『USUM』で隠れ特性「」が解禁されたことで 何と使用率第1位にまで躍進した。 ワルビアルも耐性と「」が評価され少しずつ活躍の場を増やしており、どちらも公式大会優勝メンバーの一員になった。 一方で前作大活躍したキリキザンは「ふいうち」の弱体化で大きく需要を落としたが、「いかく」ガオガエンが現れてからは一度落ちた需要を取り戻しつつある。 第8世代 前作の完全新規のポケモンよりも多く、今回登場したのは系統、電気袋枠の、フェアリー複合の系統の3系統6種。 ではの「いちげきのかた」があくタイプである。 リージョンフォームでは、にあくタイプが追加され、その進化系でもあるが登場。 また、の1体もあくタイプを持っている。 今世代ではダークライ等のかつてで話題になったポケモンがいないが、同時に天敵であるフェアリータイプで前の世代で猛威を猛威を振るっていた者達がミミッキュ以外リストラ、が廃止されてが弱体化 に至っては不在 されかくとうタイプも減った他、環境ではゴーストタイプが急増したことで、以前に比べて動きやすくなった。 特に サザンドラはこういった理由から大幅に数を増やし、 あくタイプではトップの使用率を誇る。 バンギラスも多少なりとも弱体化したにも関わらずそれなりに猛威を振るっている。 鎧の孤島で追加されたウーラオスの「いちげきのかた」に関しては、直接攻撃が「まもる」を貫通できる専用特性「」が強烈。 キョダイマックスするとあく技がダイウォールをも貫通するようになる。 タイプ相性と特性 タイプ相性 攻撃側 タイプ 抜群(2倍) 超、霊 今ひとつ(0. 5倍) 闘、悪、妖 効果なし(無効) - 防御側 タイプ 抜群(2倍) 虫、闘、妖 今ひとつ(0. 5倍) 霊、悪 効果なし(無効) 超 タイプ特性• 特性 「」によって先制化した技を受けない。 状態になったとき、エスパータイプの技との相性は等倍に変わる。 「ねらいのまと」を持つと、エスパータイプの技が当たるようになる。 ・は 太字で記載。 第2世代 No. 初期 No. 中間 No. 最終 197 - - 〇 198 - - 215 - - 〇 228 229 - - 248 〇 第3世代 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. 最終 430 - - 434 435 - - 〇 442 - - - - 452 - - 〇 461 - - 〇 491 - - - - 第5世代 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. ポケモン タイプ(変化前) タイプ(変化後) ノーマル・ ノーマル ノーマル・ あく ノーマル あく ノーマル あく どく・ あく どく どく・ あく ノーマル ノーマル・ あく ノーマル ノーマル・ あく ・ あく・ひこう フォルムチェンジ No. ポケモン フォルムチェンジ 493 こわもてプレート 658 720 773 ダークメモリ 892 いちげきのかた あくタイプポケモンの主な使い手.

次の

【ポケモン剣盾】あくタイプのポケモン一覧【ポケモンソードシールド】

あくタイプ ガラル

概要 主に設定で凶悪、獰猛なポケモンが多く分類される。 悪のイメージからか黒色のものが多い。 より登場。 タイプと同じくの手持ちであることが多く、どくタイプがしたっぱに使われやすいのに対し、こちらは幹部クラスやボスクラスのトレーナーによく使われている。 最近はの最終進化系にこのタイプが付くことも増えており、やは高い人気を誇る。 自身の技はのポケモンに有効である一方でエスパー技はこちらには効かない。 まさしくエスパー対策に特化したタイプと言ってよい。 弱点は3つだがいずれもで半減できるので、相互補完としては優秀な部類。 ではタイプに分類される。 ポケモンとしてのあくタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ややタイプの技は、効果が抜群となる。 やあくタイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプの技は、効果無しとなる。 関係する状態(・・)• 状態になったとき、エスパータイプの技との相性は等倍に変わる。 関係する• を持つと、エスパータイプの技が当たるようになる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとあくタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとあくタイプになる。 相手のとくせいのにより優先度が上がった技は無効になる。 無効化できる技はに限定されず、により出た攻撃技も無効化する。 いたずらごころにより優先度が上がったにより出された技である場合のみは有効。 いたずらごころのポケモンが自分・味方である場合は有効。 場を対象とする技は有効。 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• (ガラルのすがた)• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• あくタイプの歴史 またはの能力が高く、一方でやといった耐久面は低い。 で既存の技の全てと新技のほとんどはになり、はと、で登場した・のみである。 なおが80を超える技はになってようやく登場した(上記のナイトバースト)。 現在でも攻撃タイプとしては地味で、安定して高い威力を出せる技は少ない。 やでトリッキーにダメージを出していくのが特徴である。 からを絡めたを無効にできるという特権を得た。 ほぼ全員がを使えることも相まって補助タイプのポケモンに対しては強い。 さらにはによって物理アタッカーに、によって特殊アタッカーに対応していくことができ、相手の戦術に順応して捌いていくのが得意なタイプと言える。 第二世代 第一世代の環境は絶対神のタイプを筆頭に、タイプごとの優遇・冷遇がはっきりしていたため、これらを少しでも改善するために追加されたのがあくタイプとタイプだった。 あくタイプは、今まで事実上弱点なしだったエスパータイプに対し弱点を突け、逆にエスパー技は無効にするなど、まさにエスパーを弱体化させるために追加された要素として代表的な存在であった。 また、第一世代で冷遇されていた、を弱点とするため、それらへの救済の意味合いもあった。 このように、新タイプを追加することで異常に優遇されていたエスパータイプを弱体化させ、逆に冷遇されていたかくとうタイプを強化させることでバランスを調整しているのだと考えられる。 第二世代の環境において、あくタイプで特に使われたポケモンは、、、の3匹。 ブラッキーはブイズで珍しく耐久向けのステータスで当時の努力値の仕様と相性が良く、ヘルガーはエスパータイプおよびはがねタイプに対してとても強く、バンギラスはレベル55限定という制限にありあまるほどの強さを誇った。 新タイプは2つとも、初登場から可もなく不可もなくとそれなりのポジションとなっていた。 第三世代 数多くのあくが追加されたが、どれもがを上回るなどであるあくとはアンチシナジー。 主力あくウエポンを欠くポケモンも多く、特に期のはあくの最高威力がを考慮しなければ威力20の止まりであった。 環境に影響を及ぼしたあく技は程度なものであった。 この世代では50戦がメインでありレベル51以上のポケモンがレベル50に補正される機能も実装されていなかったため、が公式大会に出場不能となった。 そうしたこともあって、この世代で活躍できたのはヘルガー程度なものであり、そのヘルガーすらも枠としての性質が強かった。 第四世代 の・の分離によって、多くのあくの物理アタッカーが救済された。 さらに、としてが追加されて、には滅法強くなり、すれば、居座って突っ張れば、といった具合に択を迫れるようになった。 新規勢もメタとして強力な、無しの耐久型である、最大威力のふいうちが持ち味のなど、粒揃いであった。 しかし何と言っても大きいのは、の導入によってが使用可能になったことであろう。 バンギラスはの効果をうけて自身のを1. 5倍強化し、生半可な特殊火力ならであっても受けることができた。 第五世代 の追加、、、、の登場が主な変化。 サザンドラは高い特攻と広い技範囲、低くない素早さを活かしてアタッカーとして活躍。 一方ゾロアークは実際の対戦では見せ合いがあるため、「使いこなせば強い」程度に落ち着いた。 はによる居座り耐久型として使ってよし、サイクル型として使ってよしと、型の豊富さ、汎用性の高さで環境における活躍を果たした。 は全盛の環境とあってシングルバトルでは立場がなかったが、でアタッカーとして活躍。 第六世代 の登場、に対するあくの技の相性仕様見直しが主な変化。 フェアリーに弱点を突かれることも然ることながら、役割対象となっていたがやのパワーを受け切れないため環境から減少し、ひいてはあくの仕事も少なくなった。 この世代で活躍していたあくポケモンはゲッコウガ、ギャラドス、サザンドラ(期)(期)程度であり、そのうちはが主流、は後限定であり、それを考えるとあくの活躍が乏しかったと言える。 第七世代 この世代の完全新規のあくはとのみ。 としては、、が追加された。 の仕様低下、やの登場などの普及がきつく、SM期のシングルバトルではととを除くあくタイプが使用率ベスト30に一切入選しない異常事態となった。 上述のゲッコウガとメガギャラドスの性質から、あく枠を地で行っているのはバンギラスしかいない状況となった。 しかしでのあくの技範囲は評価されている。 というのも、この世代の最強トリオと名高い、、の3匹、通称「カバマンダガルド」をしても全員が等倍以上で受けることに甘んじるのが、あくなのである。 そのうち前者はで打つとなるとから一致で抜群を取られるジレンマを抱くことになるため、「カバマンダガルド」を相手に一致技の範囲を活かすなら後者が適任である。 では新入りのアローラベトベトン、アローラペルシアン、ガオガエンが中々強く、バンギラスも依然の始動役としてトップメタを守っている。 特にガオガエンはSM期にも使用率が高かったが、を解禁されるとダブルバトル使用率1位を自身の特等席とした。 これまでのあくタイプは火力に乏しくやを倒しきれない悩みがあったが、を用いることで高い瞬間火力を出せるようになった。 GSダブルではを流せるとしての意味合いを持つようになった。 タイプの横行したこのルールにおいてあくタイプの通りはよく、ガオガエンはもちろんやといった比較的マイナーなものも用いられた。 によりの高いを逆に利用できるメリットが強力であった。 ピカブイ ピカブイではにしか存在しない為数が極めて少ない。 第八世代 前世代で猛威を振るったは存在しないことから、以前ほどあくタイプが生きられない状態では無くなっている。 初のフェアリータイプとの複合であるは、現在環境トップであるを止められるポケモンとして評価されている。 さらに・が廃止されたことでが対戦環境において通りやすくなったことから採用を上げることとなった。 トップメタには、が存在している。 特にサザンドラは主要なフェアリーの削除、かくとうの環境からの死滅などから、簡単には弱点を突かれない存在となった。 バンギラスはあく枠というよりの耐久型として引き続き使われることとなった。 わざとしてのあくタイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・あく・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 関係する• あくわざの威力を上げるとして、・・がある。 あくわざの威力を下げるもちものとして、がある。 関係する• とくせいがのポケモンは、あくタイプのを受けるとが1段階上がる。 とくせいがのポケモンは、むし・ゴースト・あくタイプの技を受けるとが1段階上がる。 過去の仕様• までは全てだった。 まではタイプには効果が今一つだった。 あくタイプを好むポケモントレーナー• から追加された。 このタイプの専門の使い手であるはまで存在しなかった。 のとしてなら、がいる。 これにより、以外の肩書きを持つあくタイプの専門の使い手が登場した事になる。 このため、第五世代ののでは、全タイプの中で唯一すべてのバトルが一般トレーナーとの対戦である。 タイプを除くすべてのタイプとの組み合わせがある。 のポケモンがこのタイプを持つポケモンとして目立つ。 これは、のモブトレーナーが使う悪役キャラとしての役割を持たせるためとも考察されている。

次の

タイプ別ポケモン一覧

あくタイプ ガラル

『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』は、『ポケットモンスター 赤・緑』から続くシリーズ完全新作。 今回、本作の新たな情報が公開となったので、ご紹介しよう。 他の地方と姿が異なる、「ガラルのすがた」を持つポケモン 1. 1 リージョンフォーム ポケモンの中には、地方独自の環境に適応したことで、ひかの地域とは異なる姿で生息しているポケモンがいます。 姿が異なるポケモンたちは「リージョンフォーム」と呼ばれ、生態もこれまで発見されていた姿とは異なるようです。 「ガラル地方」にも、「ガラルのすがた」と呼ばれるリージョンフォームのポケモンたちが暮らしているようです。 名前:マタドガス(ガラルのすがた) 分類:まめだぬきポケモン タイプ:あく・ノーマル 高さ:0. 4m 重さ:17. 他の地方のジグザグマのジグザグとした動きは、原種とされているジグザグマ(ガラルのすがた)の習性が影響していると、いわれています。 ポケモン同士では、争いになることが多いこの動作ですが、人の目にはじゃれついているように映るため、挑発しても怒らない人間に、ジグザグマ(ガラルのすがた)は不満なようです。 送り出したポケモンたちは、お手伝いをこなし、成長して帰ってきます。 時間やタイプに応じて、経験値やきそポイントなどがもらえます。 「ポケジョブ」の内容はさまざまで、中には特定のタイプのポケモンが向いているものも。 また、たくさんお手伝いをしたり、1回にたくさんのポケモンを送り出したりするほど、いいことがあるようです。 ときには、珍しいどうぐがもらえることもあります。 「ロトミ」は多彩な機能を持ち合わせており、「ポケジョブ」の他にも、ポケモンボックスの利用や、IDくじを行うことができます。

次の