アゾ リウス フライヤー。 アゾリウス・スピリット(スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

MTGアリーナ(PC):ヒストリックアンソロジー2が間近

アゾ リウス フライヤー

Contents• 最初はアリストクラッツでよく見かけるような生け贄要素をたくさん組み込む形で作り始めたものの、1種類1枚だとさすがにパーツが足りないので断念したそうです。 サーチカードがたくさんあれば別ですが、 ブロールの1種類1枚という構築ルールでは、少数の特定のカードを主力にするというのはちょっと難しいという判断だったみたいですね。 スタンダードでもおなじみの 《大釜の使い魔》と 《魔女のかまど》のコンボは強力なのでぜひ入れたかったと思いますが、さすがに1枚だと揃えられなさそうですね。 猫かまどエンジン 《石とぐろの海蛇》はブロール戦では常に一定の働きをしてくれます。 ブロールでは相手が多色デッキのことが多く、自ずと多色の呪文も多く採用されているため、プロテクション 多色 が除去耐性や回避能力として輝きます。 単色相手でも、ある程度のサイズで出せばそれなりの脅威になってくれます。 いつ出しても仕事をします 今後の調整や別バージョンで採用し得るカード 前述したとおり、 《災いの歌姫、ジュディス》とシナジーのある生け贄パーツがたくさんあればアリストクラッツ型で組み上げることができそうです。 1種類1枚という縛りはあるものの、 《災いの歌姫、ジュディス》は統率者なのでほぼほぼ確実に場に出せるため、 《災いの歌姫、ジュディス》とシナジーする生贄パーツがあるカードを大量に採用することでカバーできるかもしれません。 ライフをゴリゴリ削る 他の部分については今回アグロ型で組んでいるのもあり、横並びからの 《災いの歌姫、ジュディス》でのパンプアップというシナジーはあるものの、基本的にはコンボ要素は排した割と素直な構成になっています。 あとは横並びプランが基本戦術なので、 《エンバレスの宝剣》が置きやすいというのはありますね。 基本的には飛行ビート軸で構成されています。 《風の憤怒、カイカ》はなるべく長く場に留めたいということで、統率者を守るために全体的にスペル多めで若干受け身構成。 全体的に軽いので主力といえるカードはほぼありませんが、自分の手札や相手に応じて柔軟に戦えます。 まずは 序盤からクリーチャーを並べてウィニーとして振る舞うプラン。 動きとしてはスタンダードのアゾリウス・フライヤーに近いですね。 さすがにオーバーキル 呪文でコントロールしながらクロックを作っていく 《僧院の導師》のような使い方であれば、コントロールならワンチャンあり…か?! 呪文でコントロールしてるうちに自然と盤面を掌握 コンボ・ギミック コンボというコンボではありませんが、おしゃれ枠?として 《栄光の好機》が入っています。 全員、突撃!! ちなみに、 《栄光の好機》の破壊不能付与には「ターン終了時まで」のような効果終了の制限がないので、敗北の誘発型能力を 《物語の終わり》で打ち消すと 自軍に永続的に破壊不能が付与されます。 統率者も打ち消せるナイスなカード 大変に気持ちいいので快楽重視の構築を試してみたい方はオススメ。 ブロールということで、4Cケシスのようなコンボデッキではなく強力な伝説のカードをふんだんに盛り込んだグッドスタッフデッキになっています。 《隠された手、ケシス》の能力で伝説の呪文のコストを軽減して連打するほか、対処されても墓地から再利用し、 カードパワーで押し潰します。 アタッカーにはスタンダードでも活躍している 《探索する獣》、 《悪ふざけの名人、ランクル》、 《虐殺少女》などが採用されています。 制作者曰く、「正直レジェンドで弱いカードはほとんど入ってないと思います。 」とのこと。 また、「 ケシスの能力を有効活用すると実は自由度が低いのでほとんどの人がこれに近い形に落ち着く気がしています。 それでも強いカードを軒並み採用できるのでパワーはある印象。 」という総評でした。 今後の調整や別バージョンで採用し得るカード 今回は採用されていませんが、 《永遠神ロナス》、 《永遠神オケチラ》を採用する案もあったそうです。 コンボ・ギミック グッドスタッフなのでこれといって目立つものはありませんが、 《デヴカリンのリッチ、ストーレフ》の回収能力は 《ゴルガリの女王、ヴラスカ》や 《悪ふざけの名人、ランクル》などのサクリファイス系カードとシナジーを形成しています。 もちろん、生贄にしたパーマネントが伝説の場合は、統率者である 《隠された手、ケシス》の能力で墓地から唱えることもできます。

次の

【ラヴニカの献身】新メカニズム1

アゾ リウス フライヤー

関連動画• 再生回数:2294 コメント:96 マイリス:3• 再生回数:2354 コメント:71 マイリス:3• 再生回数:2650 コメント:121 マイリス:4• 再生回数:3276 コメント:140 マイリス:8• 再生回数:710 コメント:76 マイリス:4• 再生回数:1986 コメント:24 マイリス:1• 再生回数:6077 コメント:101 マイリス:104• 再生回数:8535 コメント:534 マイリス:19• 再生回数:2437 コメント:154 マイリス:8• 再生回数:2476 コメント:97 マイリス:5• 再生回数:1582 コメント:140 マイリス:1• 再生回数:2848 コメント:141 マイリス:5 タグ がついた人気の動画•

次の

【MTGデッキ案内】圧倒的エンチャント力で戦う!『アゾリウスオーラ』デッキの紹介

アゾ リウス フライヤー

1 白 伝説のクリーチャー — ドワーフ Dwarf アドバイザー Advisor あなたがオーラ Aura 呪文か装備品 Equipment 呪文か機体 Vehicle 呪文を1つ唱えるたび、カードを1枚引く。 オーラ戦術特有のの損失のリスクの高さはなどのアドバンテージ源で緩和したり、などの軽量なでを弾くことで対処する。 [] サンプルリスト• StarCityGames. com Standard Classic Dallas 3位()• 使用者:• (++) 白青オーラ(UW Aura)Jim Davis 土地 20 7 4 3 4 2 クリーチャー 19 4 3 4 4 4 呪文 21 3 4 4 2 4 3 1 サイドボード 15 2 2 2 2 1 4 1 1 [] 戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影ブロック+カラデシュ・ブロック+アモンケット・ブロック期 白青フラッシュ WU Flash が引き続きに存在している。 2 白 白 ソーサリー パワーが3以上のクリーチャーをすべて破壊する。 3 白 白 ソーサリー 余波(この呪文はあなたの墓地からのみ唱えられる。 その後、これを追放する。 ) あなたの墓地からパワーが2以下のクリーチャー・カードをすべてあなたの手札に戻す。 オケチラの碑によって・のを減少させつつをし、横に並べていく。 に特化した構成と相性の良いの採用も特徴。 詳細はを参照。 [] サンプルリスト• 優勝 ()• 使用者:• (+++) WU Flash 土地 25 1 4 4 10 6 クリーチャー 22 4 4 4 4 2 4 呪文 13 4 3 4 2 サイドボード 15 1 3 2 3 2 1 2 1 [] 戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影ブロック+カラデシュ・ブロック期 前のの流れを汲む、のが登場。 持ちを中心とすることから 白青フラッシュ WU Flash と呼ばれる。 3 白 白 伝説のクリーチャー — 天使 Angel 瞬速 飛行、警戒 大天使アヴァシンが戦場に出たとき、ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは破壊不能を得る。 あなたがコントロールする天使 Angel でないクリーチャーが1体死亡したとき、次のアップキープの開始時に、大天使アヴァシンを変身させる。 において4人が部門9勝1敗、うち1人がTop8進出という好成績を残したことで注目を浴びる。 翌週のではに急浮上し、Top8に6人を送り込んだ。 その後、参入と同時に反射魔道士と密輸人の回転翼機がに指定され、大きく弱体化した。 [] 白青• 優勝 ()• 使用者:• (++) WU Flash 土地 25 10 6 1 4 4 クリーチャー 22 4 4 4 4 4 2 呪文 13 4 1 4 4 サイドボード 15 1 1 2 1 4 3 1 1 1• 白青2色のタイプ。 [] タッチ黒• 使用者:• (++) WUb Flash 土地 25 8 4 4 2 3 4 クリーチャー 22 4 4 2 4 4 4 呪文 13 4 1 4 4 サイドボード 15 2 2 2 2 3 2 1 1• のタイプ。 [] テーロス・ブロック期 青白英雄的 UW Heroic と呼ばれるを中心としたが、と(主に参入後)にそれぞれ存在している。 あなたがタッサの試練を生け贄に捧げたとき、カードを2枚引く。 やなどの英雄的を持つをし、・のやなどの、などのを取るでそれらをサポートする。 詳細はを参照。 [] ミラディンの傷跡ブロック+イニストラード・ブロック期 でがのに位置付けられたことにより、やといった強力なが登場。 これらの影響もあって、に近い構成ながらを増やした、2種類のが現れた。 1つはのを主体とした。 も採用されるが、基本構成はを用いたである。 不採用型の白青人間は厳密には部族デッキとは言えないため、特にこのタイプを指して白青ビートダウンと呼ぶこともある。 を初めとして、青ながら優秀なも多い。 詳細は各項目を参照。 [] サンプルリスト• ベスト8、初日部門全勝 ()• 使用者:• (++) Wu Aggro 土地 24 4 1 4 11 4 クリーチャー 24 4 4 3 3 4 2 4 呪文 12 2 4 3 1 2 サイドボード 15 1 1 1 2 1 1 1 1 2 4 [] ゼンディカー・ブロック期 強力なのやを主力としたが活躍する中、のにシフトしたデッキも登場した。 そのプレイヤーのライブラリーの一番上のカードを見る。 あなたはそのカードを、そのプレイヤーのライブラリーの一番下に置いてもよい。 [0]:カードを3枚引く。 その後、あなたの手札のカード2枚をあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。 [-1]:クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。 [-12]:プレイヤー1人を対象とする。 そのプレイヤーのライブラリーからすべてのカードを追放する。 その後、そのプレイヤーは自分の手札を自分のライブラリーに加えて切り直す。 3 動きはいわゆるであり、などの優秀によるをなどのやプレインズウォーカーの精神を刻む者、ジェイス、とそこからされるでサポートする。 のほか、後のでも活躍している。 特にでなどの優秀な装備品やそれと相性がよいなどが加わったことが大きい。 を使用したクロック・パーミッション型のをと呼ぶ。 それがミラディンの包囲戦以降、石鍛冶の神秘家+装備品を取り込んでへと進化し、の中心として猛威を振るった。 [] スタンダード版• ベスト8 ()• 使用者:• (+++) UW beatdown 土地 25 4 3 4 4 4 1 1 4 クリーチャー 11 4 4 3 呪文 32 8 4 4 3 4 2 2 1 4 サイドボード 15 4 2 1 2 3 1 1 1• 参入後ののデッキ。 [] ブロック構築版• ベスト8 (7-2-1)()• 使用者:• (++) UW Aggro 土地 25 4 4 2 3 2 1 5 4 クリーチャー 21 3 4 3 3 4 4 呪文 14 3 2 2 4 3 サイドボード 15 1 4 1 1 2 4 2• のデッキ。 のを利用してからをし+のを搭載する。 [] ローウィン=シャドウムーア・ブロック期 を主力とした、が活躍した。 1 青 青 クリーチャー — フェアリー Faerie ならず者 Rogue 瞬速 飛行 厚かましい借り手は、飛行を持つクリーチャーのみをブロックできる。 期に加えやといったに噛み合ったを獲得している。 [] サンプルリスト• 使用者:CReactor• (〜) Azorius Tempo 土地 25 2 4 4 2 7 6 クリーチャー 21 3 4 2 4 4 4 呪文 14 2 4 4 4 サイドボード 15 1 1 1 2 3 3 3 1 [] エクステンデッド(ローウィン期) で優秀なを獲得したことでを主力にしたが登場、の名で呼ばれた。

次の