アマゾン アフィリエイト 稼ぐ。 Amazonアフィリエイトのやり方は?登録方法と稼ぐコツ!|ひつじアフィリエイト

ブログ+Amazonアフィリエイトで稼ぐ5つの方法と稼げない1つの理由

アマゾン アフィリエイト 稼ぐ

アマゾンアソシエイトのメリット・デメリット メリット デメリット• 紹介料率が高い 楽天アフィリエイトに比べ• 商品数が無限• 売れやすい• 報酬が現金で受け取れる• クッキー有効期間が24時間と短い• 紹介料上限が1商品につき1000円 アマゾンアソシエイトのメリットは紹介料率の高さと売れやすさ アマゾンアソシエイトのメリットは楽天アフィリエイトと比べて 紹介料率が高いことが上げられる。 実に8倍の差だ。 もう一つ大きなメリットとしては 紹介できる商品数が無限であることだ。 アマゾンではA8. netのようなASPでは扱っていない商品も紹介できる。 つまり、ライバルが少ない商品を紹介して報酬をゲットできるのだ。 しかも、アマゾンユーザー数は多く売れやすい。 アマゾンアソシエイトのデメリットはクッキー有効期間の短さと紹介料上限 一方、アマゾンアソシエイトのデメリットとして、まず上げられるのは クッキーの有効期間が24時間と短いことだ。 楽天アフィリエイトのクッキー有効期間が30日間であることと比べるとかなり短い。 つまり、せっかくクリックしてもらっても、その人が25時間後に購入すれば、報酬は1円も発生しないのだ。 もう一つのデメリットは1商品あたりの 紹介料上限が1000円であること。 上限が1000円と決まっているため、この場合でも1000円の紹介料しか入ってこない。 つまり、アマゾンアソシエイトは高単価の商品を紹介するのにはあまり向いていないのだ。 僕はどちらかというと、1商品あたりの紹介料上限がない楽天アフィリエイトに力を入れているので、あまりアソシエイトの報酬は高くない。 だいたい平均すると月3000円くらいだ。 この数字は比較的高い方だと思う。 コンバージョン率が高いということはクリックが購入につながっているということのなので、それだけ 見てくれた人に合った商品を紹介できているということになる。 アマゾンアソシエイトに関しては僕もまだまだ勉強中なのでこれからだという感じだ。 コンバージョン率が悪くないのでブログのPV数を上げていけば報酬も順調に伸びるだろうと考えている。 なぜならこれらのカテゴリーは紹介料率が高いだけでなく、商品の単価も高いものが多いからだ。 もちろん食品カテゴリーなどがダメな訳ではないが、平均的に単価が低いため、1個売れても報酬金額が少ない。 アマゾンアソシエイトで稼ぐなら上の4つのカテゴリーがおすすめだ。 1万円前後の商品を選ぶ アマゾンアソシエイトで効率的に稼ぐためには 1万円前後の商品を数多く売ることだ。 なぜかというと、アマゾンアソシエイトの場合、 リンクを踏んでから24時間以内に買ってもらわないと報酬が発生しない。 もしリンクをクリックした人が25時間後に商品を購入しても報酬は0円なのだ。 このことを考えると、 クリックしてからなるべく早く買ってくれる値段の商品を紹介するほうが報酬につながりやすいことが分かる。 ここでちょっと考えてみてほしい。 やはりクリックして24時間以内にすぐに買える商品は高くても2万円くらいの商品が多いのだ。 アマゾンアソシエイトでは 紹介料上限が1000円と決まっている。 つまり、1400円が無駄になっている。 頑張って高単価の商品を売ってもアマゾンアソシエイトでは労力の無駄になる。 これくらいの 1万円前後の価格の商品を紹介して売ることが一番紹介料のロスが少なくて済むのだ。 レビュー記事で購入意欲の高い人に購入してもらう アマゾンアソシエイトはレビュー記事との親和性が高い。 なぜかというとレビュー記事を読む人は その商品に対し興味を持ち、購入意欲の高い人達だからだ。 先程も書いたようにアマゾンアソシエイトはクリックしてから24時間以内に購入してもらわなければ報酬は発生しない。 そのため、購入意欲が高く、すぐに買ってくれそうな読者が集まりやすい記事を書くほうが効率がいい。 自分で商品を購入しなかればならないので、レビュー記事はハードルが少し高い。 しかし、自分が好きなジャンルの商品に特化したブログを作れば、ファンも集まりやすく、紹介した商品も売れやすくなる。 1記事で複数の商品を紹介してクリック数を増やす 楽天アフィリエイトやアマゾンアソシエイトはその特性上、多くの人にクリックしてもらうために1記事でたくさんの商品を紹介して、クリックしてもらった方が効率的だ。 実際に金額を確認したわけではないが、SAKIDORIさんはPV数もかなり多いため、1記事で複数の商品のアマゾンアソシエイトや楽天アフィリエイトのリンクを配置して、毎月結構な額を稼いでいると推測される。 実際、サイトにもアマゾンアソシエイトを利用していることが書かれている。 アマゾンアソシエイトで稼ごうと考えている人はSAKIDORIさんのサイトを参考にするのもアリだ! まとめ 今回の記事ではアマゾンアソシエイトで稼ぐ方法を解説した。 まとめると アマゾンアソシエイトで稼ぐ方法• 料率の高いカテゴリーの商品を選ぶ• 1万円前後の一般の人が購入しやすい価格帯の商品を紹介する• レビュー記事で購入意欲の高い人にリンクをクリックしてもらう• 1記事でたくさんの商品を紹介することで多くの人にクリックしてもらう アマゾンアソシエイトは楽天アフィリエイト同様に初心者でも始めやすく、報酬につながりやすい。 アマゾンアソシエイトで効率的に稼ぐためにも今回の記事を活用してほしい。

次の

アマゾンアフィリエイト報酬率が低すぎ!?アドセンスと比べてどう?

アマゾン アフィリエイト 稼ぐ

Ameba Pickを始めるに必要なもの Ameba Pickを始めるには先に利用申請が必要です(申請の流れは後述)。 また、Ameba Pickはアメブロ内でほぼ完結する仕組みではあるのですが、Ameba Pickで楽天の商品を紹介する場合は「楽天アフィリエイトのアカウント」が必要です。 すでに楽天市場などで楽天の会員登録している方はそのアカウントが利用できます。 また、楽天の商品が売れた場合の報酬に関しては楽天アフィリエイトからの付与になります。 報酬は現金ではなく「楽天ポイント」です。 注意点としては3,000ポイント超える報酬については「楽天銀行の口座」か「楽天カード」が必要で、条件をクリアしてないと3,000ポイント以上のポイントはもらえません。 楽天カードを発行されていること• 楽天銀行口座の楽天会員リンク登録 楽天IDへの紐付け をされていること どちらも年会費など一切かからないので持ってない方は申込みしておくことをおすすめします(私はどちらも利用してます)。 メールアドレスが表示されるので「送信する」をクリック。 登録したメールアドレスに本登録のURLの書かれたメールが届くのでメール内のURLをクリック。 氏名、住所、生年月日、電話番号など必要事項を入力していきます。 利用規約の同意にチェックを入れて「申請する」をクリック。 以上で申請は完了です。 Ameba Pickの審査にかかる日数は? 時期によって違う部分はあると思いますが、私の時は4日後に審査通過のメールが来ました。 申請日:4月28日• 審査通過メール:5月2日 1週間程度見ておけば良いかなと思います。 早めの申請をしておくのが良さそうです。 アメブロアフィリエイト(Ameba Pick)のやり方 ブログ投稿画面で右側の「Ameba Pickボタン」をクリックして紹介したい商品のあるショップを選択。 商品名で検索して紹介したい商品の「Pick」をクリック。 投稿ページに商品がPickされました。 リンクの「編集」ボタンをクリックするとレイアウトや商品画像の大きさを選択できます(プレビュー見ながら選択)。 Ameba Pick内のAmazonと楽天の商品は何が違う? Amazonも楽天も同じような商品を扱ってますが違いは以下3点。 Cookieの違い• 紹介料の違い• ユーザーの違い Cookieの違い Cookieは紹介した商品がいつまでに購入されたら成果になる?という期間です。 jp へアクセスし、24時間以内にカードに入れて購入した商品の報酬が反映されます。 上記のようにAmazonと楽天でそれぞれCookieの期間が違うのも大きな特徴の違いです。 紹介料の違い 紹介料はリンク作成するときに表示されてます。 利用するユーザーの違い 毎回Amazonで買い物する方もいますし、ポイントためているので楽天でって方も多いのです。 そのため、通常のブログでは取りこぼしを減らすためにAmazon、楽天、Yahooショッピングのリンクを作成するツール(Rinkerやカエレバなど)を使うことが多いですが アメブロでは以下Rinkerやカエレバのようなリンクは利用できません。 関連 アメブロアフィリエイトのメリット アメブロのメリットとしてはフォロー(読者登録)、いいね!、ペタなどアメブロ内で繋がりが持てるツールが揃っているという部分です。 通常はGoogleなどの検索エンジンからの流入やSNSからの流入を狙っていくのが王道ですが、アメブロの場合はそれ以外でも自分の記事を見てもらえる仕組みがあるというのはメリットになります。 また、通常商品やサービスのアフィリエイトをする場合にはそれぞれの案件を扱っているASPに無料会員登録して案件ごとに提携を申し込みする必要がありますが、アメブロのアフィリエイト(アメーバPick)の場合はそれ自体がASPのようなものなので、すぐに簡単にアフィリエイトを始めることができます。 アメブロアフィリエイト(Ameba Pick)のデメリットは? アメブロアフィリエイトはメリットもありますが、デメリットもあります。 Pickした商品以外の商品購入は成果にならない• 他のASPのリンクは使用できない• 報酬がドットマネーで交換期限がある• Rinkerやカエレバのような無料ツールは使えない• 消せない広告が多い 1.Pickした商品以外の商品購入は成果にならない 通常Amazonや楽天でもブログで商品を紹介できます。 紹介した商品をユーザーがクリックしてAmazonや楽天のサイトで買い物すれば成果が発生します。 通常これは別の商品が売れても売上は発生しますがアメーバpickでは発生しないようです。 例えば自分のブログで掃除機を紹介し、実際には冷蔵庫が売れた場合でも通常成果は発生しますが、アメーバpickでは別の商品購入で成果が発生しません。 Q:Amazonや楽天など紹介した商品をクリック後、別の商品が売れても成果になりますか?Cookieの期間は本家Amazonや楽天などと同じ期間になるのでしょうか? A:Pickした商品からアクセスし、他の商品をご購入された場合は成果とはなりません。 2.他のASPのリンクは使用できない アメブロの場合、アメーバPick以外のアフィリエイトは使えませんし、他社のASPは利用できません。 現在アメーバPickでは「Amazon」「楽天」「ユニクロ」などのアフィリエイト機能が利用できますが、まだまだジャンルも少ないのが現状です。 誠に申し訳ございませんが、Ameba Pick以外のアフィリエイトリンクのご利用はできません。 参考: 以前は他のASPのリンクもOKだった時期もあるのですが、今回からはまたNGとなりました。 ちなみに以前OKだった時に貼っていた他社ASPのリンクに関してはそのままでもOKとのことです(問い合わせで確認済)。 Q:以前他のASPから生成したリンクは張替えが必要ですか?そのままでもOKですか? A:AmebaPickのリリース前に掲載したアフィリエイトリンクについてはそのまま掲載いただいて問題ございません。 なお、以前のアフィリエイトリンクが挿入されている記事については、編集することができませんのでご留意ください。 3.報酬がドットマネーで交換期限がある アメーバPickの報酬はドットマネーで支払い。 ドットマネーは1マネー=1円で、現金・ギフト券などに交換できます。 もちろん現金やその他ポイントに交換できるのですが、6ヶ月を過ぎると失効されるされます。 例えば現金に交換したい場合は6ヶ月以内に1,000ポイントを超えてないと失効してしまいます。 1,000ポイントは簡単そうに見えますが、成果は商品の数%にしかならないので1,000ポイント貯めるのは結構ハードル高いです。 他のASPが利用できれば報酬は現金で失効することはありませんのでこの点は残念です。 4.Rinkerやカエレバのような無料ツールは使えない 他のASPは使えないという事なので前述したように「Rinker」や「カエレバ」のような商品リンク作成ツールは使えません。 特にスマホページはコンテンツの上下はもちろん、画面の下に固定されている広告などもあり、自分の広告を設置する場所はほぼありません。 なので自前のサービスや店舗がある方などは集客するためにアメブロを利用するのがアリだと思いますが、正直アフィリエイトにはあまり向いていません。 ということで、アフィリエイト始めるほとんどの人がアメブロではなく、WordPressなどの独自ドメインブログを利用してます。 6.アメブロではGoogleアドセンス広告が利用できない アドセンス広告はクリック数に応じて報酬がもらえる広告で、ユーザーに合わせた広告が自動で表示されるため、ブロガーさんやアフィリエイターの方のほとんどが利用している広告です。 ただ、アメブロではGoogleアドセンスが利用できません。 申請もできませんので注意です。 上記6つのデメリットはWordPressですべて解決することができるのでブログで収益を上げたいのがメインの目的であればWordPressの利用をおすすめします。 関連 関連.

次の

スマホからAmazonアソシエイトで稼ぐ|スマホ副業にアマゾンは使えるか検証

アマゾン アフィリエイト 稼ぐ

Ameba Pickを始めるに必要なもの Ameba Pickを始めるには先に利用申請が必要です(申請の流れは後述)。 また、Ameba Pickはアメブロ内でほぼ完結する仕組みではあるのですが、Ameba Pickで楽天の商品を紹介する場合は「楽天アフィリエイトのアカウント」が必要です。 すでに楽天市場などで楽天の会員登録している方はそのアカウントが利用できます。 また、楽天の商品が売れた場合の報酬に関しては楽天アフィリエイトからの付与になります。 報酬は現金ではなく「楽天ポイント」です。 注意点としては3,000ポイント超える報酬については「楽天銀行の口座」か「楽天カード」が必要で、条件をクリアしてないと3,000ポイント以上のポイントはもらえません。 楽天カードを発行されていること• 楽天銀行口座の楽天会員リンク登録 楽天IDへの紐付け をされていること どちらも年会費など一切かからないので持ってない方は申込みしておくことをおすすめします(私はどちらも利用してます)。 メールアドレスが表示されるので「送信する」をクリック。 登録したメールアドレスに本登録のURLの書かれたメールが届くのでメール内のURLをクリック。 氏名、住所、生年月日、電話番号など必要事項を入力していきます。 利用規約の同意にチェックを入れて「申請する」をクリック。 以上で申請は完了です。 Ameba Pickの審査にかかる日数は? 時期によって違う部分はあると思いますが、私の時は4日後に審査通過のメールが来ました。 申請日:4月28日• 審査通過メール:5月2日 1週間程度見ておけば良いかなと思います。 早めの申請をしておくのが良さそうです。 アメブロアフィリエイト(Ameba Pick)のやり方 ブログ投稿画面で右側の「Ameba Pickボタン」をクリックして紹介したい商品のあるショップを選択。 商品名で検索して紹介したい商品の「Pick」をクリック。 投稿ページに商品がPickされました。 リンクの「編集」ボタンをクリックするとレイアウトや商品画像の大きさを選択できます(プレビュー見ながら選択)。 Ameba Pick内のAmazonと楽天の商品は何が違う? Amazonも楽天も同じような商品を扱ってますが違いは以下3点。 Cookieの違い• 紹介料の違い• ユーザーの違い Cookieの違い Cookieは紹介した商品がいつまでに購入されたら成果になる?という期間です。 jp へアクセスし、24時間以内にカードに入れて購入した商品の報酬が反映されます。 上記のようにAmazonと楽天でそれぞれCookieの期間が違うのも大きな特徴の違いです。 紹介料の違い 紹介料はリンク作成するときに表示されてます。 利用するユーザーの違い 毎回Amazonで買い物する方もいますし、ポイントためているので楽天でって方も多いのです。 そのため、通常のブログでは取りこぼしを減らすためにAmazon、楽天、Yahooショッピングのリンクを作成するツール(Rinkerやカエレバなど)を使うことが多いですが アメブロでは以下Rinkerやカエレバのようなリンクは利用できません。 関連 アメブロアフィリエイトのメリット アメブロのメリットとしてはフォロー(読者登録)、いいね!、ペタなどアメブロ内で繋がりが持てるツールが揃っているという部分です。 通常はGoogleなどの検索エンジンからの流入やSNSからの流入を狙っていくのが王道ですが、アメブロの場合はそれ以外でも自分の記事を見てもらえる仕組みがあるというのはメリットになります。 また、通常商品やサービスのアフィリエイトをする場合にはそれぞれの案件を扱っているASPに無料会員登録して案件ごとに提携を申し込みする必要がありますが、アメブロのアフィリエイト(アメーバPick)の場合はそれ自体がASPのようなものなので、すぐに簡単にアフィリエイトを始めることができます。 アメブロアフィリエイト(Ameba Pick)のデメリットは? アメブロアフィリエイトはメリットもありますが、デメリットもあります。 Pickした商品以外の商品購入は成果にならない• 他のASPのリンクは使用できない• 報酬がドットマネーで交換期限がある• Rinkerやカエレバのような無料ツールは使えない• 消せない広告が多い 1.Pickした商品以外の商品購入は成果にならない 通常Amazonや楽天でもブログで商品を紹介できます。 紹介した商品をユーザーがクリックしてAmazonや楽天のサイトで買い物すれば成果が発生します。 通常これは別の商品が売れても売上は発生しますがアメーバpickでは発生しないようです。 例えば自分のブログで掃除機を紹介し、実際には冷蔵庫が売れた場合でも通常成果は発生しますが、アメーバpickでは別の商品購入で成果が発生しません。 Q:Amazonや楽天など紹介した商品をクリック後、別の商品が売れても成果になりますか?Cookieの期間は本家Amazonや楽天などと同じ期間になるのでしょうか? A:Pickした商品からアクセスし、他の商品をご購入された場合は成果とはなりません。 2.他のASPのリンクは使用できない アメブロの場合、アメーバPick以外のアフィリエイトは使えませんし、他社のASPは利用できません。 現在アメーバPickでは「Amazon」「楽天」「ユニクロ」などのアフィリエイト機能が利用できますが、まだまだジャンルも少ないのが現状です。 誠に申し訳ございませんが、Ameba Pick以外のアフィリエイトリンクのご利用はできません。 参考: 以前は他のASPのリンクもOKだった時期もあるのですが、今回からはまたNGとなりました。 ちなみに以前OKだった時に貼っていた他社ASPのリンクに関してはそのままでもOKとのことです(問い合わせで確認済)。 Q:以前他のASPから生成したリンクは張替えが必要ですか?そのままでもOKですか? A:AmebaPickのリリース前に掲載したアフィリエイトリンクについてはそのまま掲載いただいて問題ございません。 なお、以前のアフィリエイトリンクが挿入されている記事については、編集することができませんのでご留意ください。 3.報酬がドットマネーで交換期限がある アメーバPickの報酬はドットマネーで支払い。 ドットマネーは1マネー=1円で、現金・ギフト券などに交換できます。 もちろん現金やその他ポイントに交換できるのですが、6ヶ月を過ぎると失効されるされます。 例えば現金に交換したい場合は6ヶ月以内に1,000ポイントを超えてないと失効してしまいます。 1,000ポイントは簡単そうに見えますが、成果は商品の数%にしかならないので1,000ポイント貯めるのは結構ハードル高いです。 他のASPが利用できれば報酬は現金で失効することはありませんのでこの点は残念です。 4.Rinkerやカエレバのような無料ツールは使えない 他のASPは使えないという事なので前述したように「Rinker」や「カエレバ」のような商品リンク作成ツールは使えません。 特にスマホページはコンテンツの上下はもちろん、画面の下に固定されている広告などもあり、自分の広告を設置する場所はほぼありません。 なので自前のサービスや店舗がある方などは集客するためにアメブロを利用するのがアリだと思いますが、正直アフィリエイトにはあまり向いていません。 ということで、アフィリエイト始めるほとんどの人がアメブロではなく、WordPressなどの独自ドメインブログを利用してます。 6.アメブロではGoogleアドセンス広告が利用できない アドセンス広告はクリック数に応じて報酬がもらえる広告で、ユーザーに合わせた広告が自動で表示されるため、ブロガーさんやアフィリエイターの方のほとんどが利用している広告です。 ただ、アメブロではGoogleアドセンスが利用できません。 申請もできませんので注意です。 上記6つのデメリットはWordPressですべて解決することができるのでブログで収益を上げたいのがメインの目的であればWordPressの利用をおすすめします。 関連 関連.

次の