正月飾り付け。 中国の春節(旧正月)の2020年最新情報と基礎知識 [中国] All About

中国の春節(旧正月)の2020年最新情報と基礎知識 [中国] All About

正月飾り付け

お正月の期間はいつからいつまで? お正月の期間は、特に決められていません。 ですので「お正月の期間はこの日からこの日ですよ!」と言い切ることはできませんが、お正月の期間はとして考えられるものがいくつかありますのでひとつずつご説明します。 三が日(さんがにち) 期間:3日間 1月1日、2日、3日の3日間で、多くの企業や官公庁は三が日を「正月休み」とし、1月4日が仕事始めとなります。 松の内(まつのうち) 期間:7日間または15日間 松の内の始まりは1月1日で、終わりは地域によって異なり、関東では1月7日まで、関西では1月15日までとなっています。 松の内については後ほどご説明します。 二十日正月(はつかしょうがつ) 期間:20日間 二十日正月とは、1月20日のことです。 元日にお迎えした年神様(毎年お正月、各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)がお帰りになる日で、正月料理や餅などを食べつくし、正月行事が全て終わる日と考えられています。 正月(しょうがつ) 期間:一ヶ月間 もともと「お正月」とは1月の事を指していました。 つまり、1月の1ヶ月間すべてが「お正月」だったのです。 正月飾りはいつ片付けるの? 正月飾りは、一般的には松の内が明けたら片付けます。 松の内とは、門松やしめ縄、正月花(縁起の良い花を活けたもの)などのお正月飾りを飾っておく期間のことをいいます。 年神様(毎年お正月、各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)が迷うことなく家にいらっしゃるよう、目印になるのが 「門松」で、神様をお迎えするのにふさわしい場所であることを表すのが 「しめ縄」です。 また、年神様は 「鏡餅」に宿ると言われており、松の内は鏡餅をお供えして年神様をお迎えし、松の内が終わった後に鏡餅をお雑煮やお汁粉などにして、無病息災を願って食べるのが 「鏡開き」です。 松の内を1月7日までとする関東では1月11日に、1月15日までとする関西では1月15日または1月20日に鏡開きをすることが多いようです。 なぜ松の内が関東と関西で違うかというと、関東でも関西同様、もともと松の内は1月15日までで、鏡開きは二十日正月である1月20日に行われていました。 しかし、江戸時代の徳川三代将軍家光が慶安4年(1651年)4月20日に亡くなり、徳川幕府のお膝元である関東では月命日の20日を避けて、鏡開きが1月11日になったと言われています。 鏡開きが1月11日になったことで、松の内はまだ年神様がいらっしゃるのに鏡開きを行うのは、年神様に対して大変失礼なのではないか?ということになり、松の内を1月15日から1月7日に変更しました。 このように関東では鏡開きが1月11日に変更されましたが、全国的に広まらなかったため、地域によって鏡開きの日が異なるのです。 正月飾り処分方法は? 松の内が明け、片付けた正月飾りは一般的に、神社やお寺で行われる 「どんど焼き」で処分してもらいます。 どんど焼きは、年神様が空へ帰っていくのをお見送りし、無病息災や五穀豊穣などを祈願する行事です。 やぐらなどを組み火をつけ、お正月飾りや書き初めなどを燃やしますが、年神様はこの時の煙に乗って空へ帰っていくと考えられています。 松の内が明けて、どんど焼きまでに日数がある場合でも、正月飾りをそのまま飾りっぱなしにするのではなく、取り外して保管しておくのが作法です。 どんど焼きは、もともとは1月15日の小正月(こしょうがつ)に行われていましたが、松の内が1月7日の地域では、1月7日から1月15日ごろに行い、1月15日の地域では、1月15日から1月中に行われることが多いようです。 神社やお寺によって日程が異なりますので事前に確認しておきましょう。 また、どんど焼きを行わない神社やお寺でも「お焚き上げ(おたきあげ・不要になって処分する物に感謝し、燃やすことで空へ帰ってもらう儀式)」をしてくれますので問い合わせてみてください。 門松は縁起物ですので、ゴミとして処分するのはなるべく避けたいところですが、様々な事情でゴミとして処分することもあるかもしれません。 その際は、塩で清めてからゴミに出すようにしましょう。 また、門松は粗大ごみのサイズになることもありますので、お住いの自治体の粗大ごみ処理の方法を確認してください。 お正月の期間は特に決まっていないのですね。 官公庁や多くの企業では1月4日が仕事始めなので、三が日だけが「お正月」という人も多いかもしれませんが、7日間や15日間、20日間、31日間も「お正月」の期間なのですね。 正月飾りを片づけるのは、一般的には松の内なのですが、二十日正月に片付ける人もいるそうです。 地域やご家庭によって異なりますので、年配の方などに確認すると良いですね。 関連: 関連: 関連: -.

次の

お正月飾りいつからいつまで飾るのか|飾り方(場所/意味)、処分法を解説

正月飾り付け

そもそも、お正月とは何なのでしょうか…? お正月の飾りだけでなく、言葉の語源・由来や、地方によっての違いなど、実は色々な意味があったりするようです。 知れば知るほど味わいが深くなって行くお正月。 ここでは、お正月の意味や歴史などを紹介して行きます! お正月の意味とは? お正月とは、そもそも 一月全体を表しており、1年間の農耕・穀物などの豊穣をつかさどる としがみ(年神・歳神)さまをお家に迎えるおめでたい行事の事もさします。 しめ縄や 松飾り・鏡餅などお正月のかざりつけを玄関など家のほうぼうに飾るのは、この年神様をお迎えする為の日本人の心構えともと言えるかもしれません。 年神様が毎年のはじめにお家にやってくるのをきちんとお迎えし、今年の穀物・農作物が豊かに実ってくれますようにと家族一同でお祈りをするのが、古くからあるお正月の意味の一つと言って良いでしょう。 お正月の歴史が知りたい! いつ頃からこのようなお正月の習わしがあるのかは、正確にわからない程、ふるくから存在しているようです。 もともとは夏のお盆と同じ意味の、 ご先祖様を供養する習わしだったようですが、六世紀に仏教が日本に伝わり、それが広まってゆくにつれて解釈が変化して行き、 先祖崇拝ではなく 神様をまつる「神祭り」の形になってきたとも言われています。 「正月」の語源 また「正月」の語源は 「まつりごと(政)を行う位の高い人を祭るお祭り」と言う意味より、 「政月=まつりごとのつき」だったものが 正月に変化したと言う説 仏教の法会である修正会(しゅしょうえ)が毎年一月にあり、 「正すための月」をさす為、正月に繋がったと言う説 など諸説あります。 元旦って? 「元旦」と言ったり「元日」と言ったり、1月1日の表記・呼び名は実際にどちらを使えば良いのか判りづらいところもありますが、• 元日は一月一日の1日、24時間全てを指します。 元旦は、上記の「元日」の夜明け・初日の出の時間帯を表すようです。 また、一月一日から三日までを 三ヶ日 一月一日から七日までを 松の内と呼ぶ事は多くの方がご存知だと思います。 日本全国の地方によっては認識が違い、十五日や二〇日までをお正月とする地もあるようです。 門松・松飾り・しめ飾りの意味とは? お正月に様々な意味があるように、松飾りやしめ飾りなどのお正月の飾りつけにもひとつひとつ意味があります。 ここでは、そんな「かざり」をひとつひとつ紐解いて行ってみたいと思います。 松飾り・門松の意味とは? 豊穣を司る神様をお家に迎え入れるお正月。 一般的に門や玄関に松を飾ったりするのが門松=松飾りです。 門・玄関は家屋の入り口ですから、門松は 神様に迷わずお家に来ていただく為の目印と考えることが出来ます。 松飾り・門松の松をよりしろ(依り代)として、歳神様が降りてくるイメージですから、松飾り・門松は飾り付けの中でも重要な意味合いを持っていると言えるでしょう。 その他の飾り 松かざり・門松の他にも、 玄関にはしめ縄やしめ飾り、輪注連(わじめ)などを飾ります。 鏡餅も立派なものは玄関にかざるのが良いとされています 室内には破魔弓・破魔矢や掛け軸、いけ花などを飾ります。 また柳や榎木などの枝に小さく丸いお餅をさし飾る「もちばな(餅花)」や、魔除けや厄ばらいの願いが込められている羽子板も室内に飾ります。 これらは代表的なものですが、こちらも地方によって違いがあるようです。 鏡餅 鏡餅は「さんぽう(三方)」と呼ばれるお供えの台座に、和紙や半紙を敷きシデ・羊歯の一種であるうらじろ(裏白)・ユズリハなどを重ねて飾ります。 飾り方や一緒にお供えするものも、こちらも地方によって変化したりするようです。 ほし柿を串にさした串柿や蜜柑は、お餅とあわせて三種の神器をあらわしていると言われ、それぞれが下記に対応しているようです。 お正月の飾りの様々な種類が見えてきました。 では、これらのかざりはいつからいつまで飾るのが正しいのでしょうか…? お正月飾り・飾り始め 年末の大掃除を終え、一年間のホコリ・汚れをしっかりと落としてからお飾りは飾って下さい。 家中を清めて、歳神様をお迎えする準備をする、と言った流れをイメージすると良さそうですね。 上記の意味でお正月の準備は12月の大掃除から既にスタートしていると言えそうです。 具体的な日にち 大掃除を終えたのち、12月27日辺りより飾るのが良いとされていますが、29日・31日は避けるべきと言われています。 29日 日にちの中に「九」が入っていることから「苦」に繋がるとされる為。 31日 数字の読み・語呂としては問題ありませんが、大晦日に飾るとお飾りは「一夜飾り」となってしまい、神様をお迎えする準備としては不十分。 上記の理由から、クリスマスの飾り付けを片付けた後の、 26・27・28日辺りがお正月のかざりを飾るのに適していると言えるでしょう。 松飾り・しめ飾りなどを飾ったあとは、玄関などを再度掃き掃除をして綺麗な状態にして神様をお迎えすると良いのではないでしょうか。 また、 28日までに飾れなかった場合は30日に飾りましょう。 お正月飾り・いつ外す? 続いてお飾りを外し片付ける時期を一つ一つ見て行きましょう。 松飾りとしめ飾りを外すタイミング 松の内(一月七日まで)があけたら、すみやかに片付けましょう。 どんど焼きに持っていって焼いて貰うと、玄関からいらした神様を天へとしっかりお見送りする事が出来るでしょう。 ここまでで代表的なお正月かざりを紹介してきましたが、お飾りは市販のものを購入してそのまま飾るだけが全てではありません。 市販のものに少し手を加えたり、素材を考慮し自分で手作りする部分を加えるだけで、お正月の印象が例年と少し変化したり、我が家ならではの個性豊かな彩りが重箱に添えられます。 ここでは、お正月と言えば欠かせないおせち料理の飾り付けについてご紹介します! おせち料理をはなやかに飾りましょう 王道!かまぼこの飾りきり おせちの飾りと言えば、かまぼこを工夫して切る 飾り切り・飾りカマボコです。 かまぼこは練り物で形も整えやすく扱いやすいですし、色彩が紅白でおめでたいので、そのバリエーションはとても豊かです。 重箱が淋しくなってきたら作り足しても良いですね。 イクラ・かに味噌・とんぶり・かいわれ大根・シソ・大葉・塩辛・ワサビ漬け・チーズ類 挟む食材によって、調味料も変えると更に美味しく頂けます。 和物には山葵や七味・一味 チーズなどには黒胡椒 マヨネーズなどを添えるとお子様向けの味付けになります かまぼこは味が濃くないので、お酒のおつまみに食べるような食材を挟んでもアイデア次第で美味しく頂けます。 器・プレートを意識してみましょう おせちの重箱をそのまま食卓に乗せるのではなく、一人ずつワントレーに乗せ用意するのも、見え方が大きく変わります。 和風で綺麗なお正月を演出するなら 黒や赤のお盆がおすすめです。 黒に見える焦げ茶などでも良いかもしれません。 お盆の上に置くお皿・小鉢は、 明度の高い白に近いものを選ぶとシックに上品に見えます。 柄が入っている場合もうるさくなり過ぎないように全体を見て調整して行くと良いでしょう。 全体に食材も含め「紅白」の色彩や、食材そのものの色がすっきりと見えるよう意識すると、まとめやすいです。 豪華なおせちを食べるなら、デパ地下・料亭だけではなく、通販でお取り寄せをしてみるのもおすすめです。 には、通販でお取り寄せするおせちや人気のサイトがぎっしりと紹介されています。 お取り寄せならあらかじめ予約をして、指定をした日に届くので、安心して他の料理やお飾りの準備をする事が出来そうですね。 しめ縄かざりを作ってみよう! 続いては玄関に欠かせないあの飾り付け、 しめ飾りを手作りする方法をご紹介したいと思います。 次のお正月にそなえて、世界にひとつだけのしめ飾りをハンドメイドで作ってみましょう! しめ飾りを手作りしてみよう 先ずは、• しめ縄を1つ• お好きな造花を数種類(大きさに変化をつけるとバランスがとり易いです)• 金封などについている 水引 以上を用意して下さい。 100円ショップで揃えて頂いても大丈夫ですが、選ぶ時は色や質感などが安っぽくない、表面がマットめなものを選ぶと良いかもしれません。 道具は、 強めの鋏・軍手・ペンチ・木工用ボンドなどを用意して下さい。 近年流行している グルーガンなども使い慣れている方は使用されると作業が早く、固定もしっかりとなされます。 100円均一で売られているしめ縄は既にしめかざりの輪の形になっていますので、造花を萼の部分で切り、しめ縄に貼ります。 大きいメインのお花をつける位置を見たあとにバランスを見て小さいお花の位置を決めます。 お花をとめたら、金の水引を10本程度丸くとめて、貼り付けます。 水引をしめ飾りの円の内側にするとまとまり易いですが、しめ縄の外側に持ってくる場合は、しめ縄の大きさとのバランスを見て水引の円が大きくなり過ぎないようにしてみて下さい。 しめ飾り・また自分でアレンジしたしめ縄リースも、トレーやお皿と同じで、メインの色彩を決め、それ以外を派手過ぎないようにまとめるとばらばらな印象になりづらいです。 お店でしめ縄・造花各種を購入する時に並べてみて、色彩の調和を見てみて下さい。 また玄関の雰囲気もお家によって様々、あらかじめどんなしめ飾りがご自宅の玄関に似合うかイメージしておくと色などを選びやすくなりそうです。 何年か作って、慣れてきたらしめ縄や松にこだわらず、様々な素材の松飾りを作る事が出来ます。 紅白の 赤を主体につくり、それ以外の色を抑えめにしたりすると、松を使わなくてもお正月を迎える厳かな雰囲気のかざりになりやすいです。 手作りが苦手な方には? また、手作りが苦手な方には、いま流行しているハンドメイドの飾り付けを通販で購入してみるのも一つのおすすめの方法です。 近年ハンドメイドが流行っていることから• 柔らかい色彩のナチュラルなもの• 鮮やかな色彩のオシャレなもの• 縄ではなくお花が主体なもの など素敵なしめ縄リースを手にする事が出来そうです。 100円ショップで材料を買ってきて作る事に抵抗がある方、手作りする時間はないけど可愛く個性的なしめ縄飾りを飾りたい方におすすめです。 さいごに.

次の

神棚の飾り方やお供えものの配置は?正月のごぼうじめの飾り付けの仕方も

正月飾り付け

門松・しめ縄・鏡餅の意味、飾る場所 お正月飾りと言えば、門松、しめ縄、鏡餅ですが、それぞれ意味と飾る場所があります。 門松の意味、飾る場所 門松は、年神様が迷わずに家に入ってこれるようにするための目印、案内役となっています。 依り代(よりしろ)。 門松の「松」は、年神様を「待つ」の意味も入っています。 飾る場所は、家の門の前に飾りましょう。 マンションなどで、簡易的なものをドアの横に飾ることもあります。 しめ縄(しめ飾り)の意味、飾る場所 玄関や神棚、床の間、神棚などにしめ縄やしめ飾りをしましょう。 その意味は、そこが神聖で、年神様にふさわしい場所であることを示しています。 結界、魔よけにもなります。 最近は減りましたが、車にもしめ縄の飾りつけしている人も多かったです。 飾る場所は、玄関ドアに飾りましょう。 鏡餅の意味、飾る場所 鏡餅は年神様の泊まる家となっています。 床の間やリビングには大きなメインとなる鏡餅を飾りましょう。 もし無ければ家族が集まる居間に飾ります。 また、神棚や台所(キッチン)、各部屋などにはちいさな鏡餅を置きます。 その後、年神様の魂が宿る鏡餅をお雑煮や焼きもちとして食べることで、その魂を体内に取り込むという意味が込められています。 スポンサーリンク お正月の飾りつけはいつから?いつまで? 大掃除で家中をお清めした後は、年神様をお迎えするために、門松、しめ縄、鏡餅の飾りつけをしましょう。 正月飾りは年神様を家の中まで来てもらうためのものなので、目印であると同時に、いつまでに飾りつけをするのかが重要です。 お正月の飾りつけは、お正月事始めとなる12月13日から28日の間に済ませましょう、遅くても30日に行いましょう。 29日、31日はダメ!一夜飾りがいけない理由 28日までか、30日に飾りつけをします。 ということは29日と31日の飾りつけは避けるように言われています その理由は、29日は「にじゅうく」から「二重苦」や「苦餅(苦持つ)」「苦松(苦待つ)」で、縁起が悪い日となっています。 また、 31日は「一夜飾り」と言います。 これは葬儀を連想されるので縁起が悪く、年神様に失礼にあたるので避けるようにしましょう。 いつ片付ければ良いのか? 元旦から7日(地方によっては15日)までを「松の内」といい、年神様ががいる期間となっています。 地方によっていはまちまちですが、一般的に 松の内が終わる1月7日にお正月飾りを片付けましょう。

次の