ニキビ 治る 過程。 なかなか治らない!しこりニキビ・硬結ニキビの原因と治し方

化膿したニキビ、吹き出物の治し方とは?自分でできる対策と秘訣

ニキビ 治る 過程

毛穴が健やかな場合、 皮脂は毛穴を通って肌表面へ。 ポツポツと目立ってからではなく、実は肌の奥でジワジワとできはじめている ニキビ。 「過剰な皮脂」と「毛穴の詰まり」、そして「アクネ菌の繁殖」といった基礎条件が揃うと発症しやすくなります。 毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺が備わっています。 肌が健康な場合は、皮脂は毛穴を通って肌の表面へと排出、ベールのようにうるおいを守る働きをします。 ところが、さまざまな原因により過剰に分泌された皮脂や古くなった角質などで毛穴が詰まると、本来外に出ていくはずの皮脂が中に閉じ込められてどんどんたまっていくということに。 皮脂を栄養とするアクネ菌や細菌などの温床になり、ニキビの初期段階である白ニキビができてきます。 できはじめのタイミングを見逃さずに、早めにケアすることがこの先の炎症や進行を防ぎます。 詰まった皮脂を栄養にしてアクネ菌や細菌が繁殖し、炎症が起こった「赤ニキビ」に。 ニキビのできはじめは、肌の表面からはほとんど気づきません。 毛穴のまわりの角質が厚く硬くなってきて、毛穴に皮脂や古い角質が溜まり始めると次第にポツポツとニキビの症状が出はじめます。 溜まった皮脂が固まってできたコメド 面皰 が毛穴の出口を栓のようにふさぐようになると、 中の皮脂はますます肌表面に出ることができずに溜まる一方に。 この皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖、からだが抵抗しようとして炎症に。 赤く腫れてきて、さらに重症化すると膿んで痛みを伴うに症状へと進行して、鎮まってからも色素沈着やニキビ跡が残りやすくなります。 「そのうち治る」と思っているうちに進行いくニキビ。 肌に負担をかける前に、すみやかに適切なお手入れが必要です。 古くなった角質ははがれ落ちて、新しい皮膚と交代。 肌は一定のサイクルで生まれ変わりを繰りかえしています。 肌奥の基底細胞でつくられた新しい皮膚が次々と表面へと押し上げられて、いちばん表面の古くなった角層と入れ替わるターンオーバーにより、美しさや健やかさを守っているのです。 このサイクルがきちんと保たれなくなると、 ニキビができやすい状態へ。 本来はがれ落ちるはずの古い角質が肌表面に残ったままで、毛穴を詰まらせてしまうのです。 20代で約28日とされるターンオーバーは、年齢を重ねるほど長くなります。 大人ニキビはできると治りにくく、跡が残りやすいのは肌の生まれ変わりが遅くなっているため。 肌内部のうるおいを守り、外からの刺激からガードするバリア機能も衰え、トラブルを抱えやすくもなります。 ターンオーバーを整えるには、 スキンケアだけでなく、ビタミンの摂取など内側からのサポートが有効です。 ニキビができる原因だからとマイナスな印象を持たれがちな「皮脂」。 でも、みずみずしく美しい肌に欠かせない重要成分でもあります。 肌の奥で作られる皮脂は、毛穴を通り道として肌表面に排出されます。 そして皮脂膜となって水分の蒸発を防ぎ、外からの刺激からガード。 うるおいを保つ働きをしているのです。 しかし、皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴に溜まったりするともともと肌に存在するアクネ菌の栄養に。 たちまちニキビができてしまうというわけです。 重要なのは、皮脂のバランス。 そして毛穴に詰まらせないこと。 ジャマ扱いしないで皮脂の働きを知ることおくことがニキビ予防と美肌の秘訣です。 炎症を起こした ニキビは膿が外に出るか、また中で吸収されることでやっと治まっていきます。 しかし、ひどくなった後、鎮まっても、陥没したような跡やシミなどの色素沈着となって残る場合も少なくありません。 特に赤くぶよぶよした膿がたまって、痛みを感じるなど、炎症症状が進んだニキビは跡が残りやすく注意が必要です。 鏡を見るたびにユウウツになるニキビの跡。 できるだけ残さないためにも早めのお手入れを。 無理につぶしたり、紫外線などの刺激も避けてください。 できているときはもちろん、治まっても跡になって、悩まされ続ける肌ダメージ。 ニキビは原因からケアして、できにくい肌に整えていくことが大事です。 スキンケアやメイクの時に、肌をしっかりとチェック。 ニキビを寄せ付けない健やかなコンディションを守っていきましょう!

次の

なかなか治らない!しこりニキビ・硬結ニキビの原因と治し方

ニキビ 治る 過程

黄ニキビ=化膿ニキビ 黄色いニキビ(以下、黄ニキビ)は、今まであったニキビが膿んでしまった状態のもの。 そのため、「黄ニキビ=化膿ニキビ」といえます。 ニキビは通常、毛穴に白っぽい状態で発生し、その後炎症が広がって赤ニキビになります。 ここまでのあいだできちんとケア・治療をしていれば、だいたいのニキビは引いてくれるでしょう。 しかし、どこかで道を間違えてしまった結果、化膿し、黄ニキビが発生してしまったのです。 その黄色いものはもちろん「膿」(うみ)です。 なんとも哀れな状態なのです。 ニキビといえば「アクネ菌」と言われるほどですが、実は「黄色ブドウ球菌」というのもネックな存在です。 黄色ブドウ球菌は皮膚に存在している常在菌ですが、体の免疫力が低下すると悪さをしに来て、ニキビの炎症の悪化にも拍車をかけていきます。 治っても、ニキビ跡が残る可能性大 このような状態にまでなってしまうと、炎症は皮膚の表面付近だけでは済みません。 奥のほう(真皮)までアクネ菌に侵されてしまっているため、事態は深刻です。 例えば、怪我をしたとき、擦り傷は跡に残らずに治癒することが多いですよね。 しかし、切り傷や深い傷の場合は跡に残ってしまうことが多いです。 それも黄ニキビと同様に、奥のほう(真皮)まで傷が到達してしまっているためです。 でも真皮はターンオーバーがなされないため細胞は新調されず、跡として残ってしまうのだ。 周辺組織までに悪影響 黄ニキビの周辺を少しだけ押さえてみると、ニキビでないところも痛い感じがするかと思います(もちろん程度にもよります)。 つまりそれは、皮膚の奥で、周辺まで炎症が広がっているということです。 ニキビの周辺の組織まで悪影響が及ぶと、そこの皮膚機能に乱れが生じることがあります。 それがキメの粗さや肌荒れを招くことにもなるため、黄ニキビは一刻も早く対処することが望ましいと言えましょう。 「潰して解決」のウソ・ホント 「黄ニキビができました。 だから、潰して膿を押し出してやりました。 とりあえずこれで一件落着です。 たしかに、潰してしまえば黄ニキビとはさよならできます。 ただし、「見かけ上は」です。 先に述べた黄ニキビの実情を思い出してみてください。 毛穴の内部はアクネ菌の繁殖と炎症により凄まじいことになっています。 炎症は皮膚の奥のほう(真皮)まで及んでいます。 潰す(膿をかき出す)という行為は、その患部に刺激を与えてしまう行為にほかならず、その見えない炎症部分をさらに悪化させてしまいます。 その結果、目立つニキビ跡が残りやすくなるというわけです。 しかしそれは、その場しのぎ。 解決なんかできるどころか、余計に悩みを抱えてしまうことになります。 それは「白ニキビ」と「黒ニキビ」だ。 モノクロニキビと覚えておこう。 「」の記事の中でも述べているが、粘膜に傷がつくおそれがあるため、白ニキビであっても潰すのは好ましくない。 さらに、「白ニキビ」と「黄ニキビ」を見間違える人も少なくなく、本当は「黄ニキビ」であるところを「白ニキビ」だと勘違いして潰してしまう・・・なんてことがあったら取り返しのつかない事態にもなりかねない。 ほかにやってはいけない行為 やってはいけないのは「潰す」だけではありません。 洗顔を何度もやる・強くやる• 何度も患部を触る• メイク等で隠す• 市販薬で治そうとする 心当たりはないでしょうか? では、一つずつ解説していきましょう。 洗顔を何度もやる・強くやる ニキビが気になると、「肌が汚いのがいけない」「洗えば菌も膿が流される」と考える上、「早くキレイな肌になりたい」と気持ちが焦るばかりかと思います。 たしかに洗顔は大切ですが、一日に何度も洗っていたり、洗うときに強く力を入れてしまっている場合は、ニキビにはもちろん肌そのものに負担になっている可能性が大きいでしょう。 ニキビの悪化や跡残りが懸念されますし、肌荒れや肌老化の促進にもつながります。 また後ほどセルフケアの項でお伝えしますが、洗顔料にも注意です。 安物によく見られますが、刺激になるような強い洗顔料も、同じく負担をかけます。 ニキビの悪化や乾燥肌・肌荒れを招く原因となってしまいます。 それが災いして黄ニキビになってしまったという可能性も無きにしもあらずだ。 むろん、そればかりではないので一概には言えないが。 何度も患部を触る ニキビが気になると何度も触ってしまいます。 鏡を見ながら溜め息をついて、ついつい触っていたりしませんか? 触ってもニキビは治りません。 そればかりか、その行為そのものがニキビに刺激になる上、手についている雑菌がニキビに侵入したりすることもあります。 当方も、ニキビができたときはついつい触ってしまいがちなので、気持ちはとてもよく分かります。 でも絶対に触らないようにしましょう。 「触らぬニキビに祟りなし」です! メイク等で隠す 特に女性に言えますが、これもよくやってしまいがちな行為ですね。 メイクはコンプレックスを隠す上でとても便利です。 ニキビだって、あの凹凸を隠すことはできずとも、存在感を薄めることはできます。 赤ニキビなら赤色を、黄ニキビなら黄色を、周りの色に同化させられますからね。 でも、メイクをするという行為そのものとメイク化粧品の成分がニキビに刺激になります。 黄ニキビなんかは特にまずい状態なので気を付けたいところです。 たしかに、「隠したい」という気持ちも理解できます。 隠せないとなると、人目ばかりが気になってストレスが溜まりますよね・・・。 しかしここで我慢をしないと、今後、さらなるストレスにさいなまれるかもしれないのです。 市販薬で治そうとする 自己判断で市販薬を買って治そうというのは、その「姿勢」だけは素晴らしいと思います。 でも、自分での判断は見誤ることもあるし、経過観察なども含めて独断で進めるのはリスクが伴います。 ドラッグストアなどで薬剤師と相談して購入する人もいると思いますが、それもおすすめできません。 薬剤師は医師ではないので、それで失敗して悪化しても、薬剤師に最後まで責任をとってもらうのは困難だと思います。 そういう人に対してまで、当方は「我慢しなさい」「大丈夫!」などという言葉をかけるつもりはない。 本当に悩みが深い人には、とりあえず今の気持ちが少しでも楽になる方法を考えてほしいと願うばかりだ。 そのひとつの方法として、以下で説明するものが一番だと思う。 悩み深き方の力になれるかは分からないが、とりあえず参考にしてほしい。 治し方 では、黄ニキビはどのように治していけば良いのでしょうか。 このまま自然治癒を待てば良いのでしょうか。 それとも・・・。 当方が考えるのは、以下のとおりです。 皮膚科で診てもらう• 精神科・心療内科で診てもらう これが最も強調して言いたいことです。 大袈裟なことを言うならば、「ここから先は読まなくて良いから、一刻も早く病院へ行きましょう」となります。 黄ニキビにまで成長してしまったら、自然治癒はほぼ困難といえるでしょう。 では、一つずつ説明していきます。 早く皮膚科・美容皮膚科で診てもらう 黄ニキビの最良の方法は、皮膚科や美容皮膚科で診てもらい、さしたる治療を受けることにほかなりません。 お金はかかってしまうかもしれませんが、面倒くさがらずに早いうちに受診しましょう。 なるべく、ニキビ治療の実績のある皮膚科に通うのが良いかと思いますが、近くに無いならばこの限りではありません。 おそらく、抗生物質、ホルモン剤、ビタミン剤などの外用薬・内服薬による治療になるかと思います。 場合によってはダイオードやレーザーなどの光治療が行われる場合もあるでしょう。 黄ニキビの状態や発生部位、医師の考え方などによって治療法は変わるかと思います。 治るまでの期間は人それぞれでしょう。 最低2~3ヶ月は見ておいたほうが良いかなと思います。 ただ、治っても跡が残る可能性が大きいのが黄ニキビの大きなデメリットです。 そのため、悩みやすい方には精神的なケアも視野に入れるのをおすすめします。 精神科・心療内科で診てもらう 皮膚科等で治療を受けるのに並行して、精神科や心療内科を受診する必要がある場合があります。 ニキビに悩んで心まで深く傷が付いている人。 黄ニキビに圧倒されて疲労困憊してしまった人。 肌の悩みで頭がいっぱいの人。 ニキビができたら潰さずにはいられない人(強迫性障害)。 その他、あらゆるストレスが重なってしまっている人。 以上のような人は、心の病からニキビの発生につながっている可能性がありますし、逆にニキビのせいで精神を病んでしまうことがあります。 そうでなくても、ニキビの治療やケアに集中することが困難になる可能性があります。 そのため、少しでも心当たりがあれば、精神科や心療内科への受診を視野に入れましょう。 ただ、精神科や心療内科の先生は、ニキビについて詳しいとは限らない。 ニキビの治療をするにしても、心の面からアプローチする治療になると思う。 また、医師によっては「酷くないよ」「大丈夫大丈夫」と言い放つ人もいるようだ。 むろん、医師自身の治療作戦のひとつとして言っている場合もあると思うが、なるべく評判のある病院で診てもらうのが良い。 変に傷付いてもいけないからだ。 もし受診することがあれば、自分の気持ちを素直に述べるようにしよう。 医師も人間なので、熱い思いには傾聴してくれると信じたい。 むしろどちらも一緒くたになっていることが多い。 一応説明すると、「精神科」は心のそのものの病に関して、「心療内科」は心の乱れからくる体の不調に関して診る科だ。 そのため、ニキビに限っていえば、「精神科」ではニキビによって病んでしまった心を治療し、「心療内科」ではストレス性ニキビを内科的手法で治療することになるだろう。 ただこれは厳密に言えばのお話だ。 とりあえずは、どちらでも良いので電話で相談してみよう。 身も心もボロボロでは、心のケアなくしてニキビケアはできないだろう。 むろん、病院以上に心の支えになってくれる人や物が存在すれば、そちらに頼っても構わないと思う。 対処・対策(セルフケア) 治し方は以上とし、次にセルフケアについてお話ししましょう。 治療を施していくと、次第に症状も改善されてくると思います。 それに並行し、自分の力で肌を整えたりニキビ予防をしたりすることも大切です(ただ念のため、医師と話し合ってからにしましょう)。 対処・対策は以下のとおりです。 低刺激のクレンジング・洗顔をする• ニキビ対策用の薬用化粧水を使う• メイクは患部を避け、ナチュラルに• 紫外線に気を付ける• 定期的にストレスを発散する• 食生活や睡眠生活を向上させる• 必要以上に触らない やるべきことが多く、これだけでもストレスを感じてしまうかもしれません。 しかし、どれも大切です。 是非全て実行していただきたいですが、とりあえずはできるところから一個一個始めていけば、次第に慣れていくかと思います。 では、一つずつ解説していきましょう。 低刺激のクレンジング・洗顔をする 患部、および治りかけのところには、極力刺激を与えないようにしたいものです。 しかし、肌を不浄な状態にしておくと、それはそれで患部の悪化につながるし、肌荒れにも陥りかねません。 だからクレンジング・洗顔は大切です。 低刺激アイテムを使って、丁寧にゆっくりと洗っていくことを心がけましょう。 メイクを落ちやすくしておくためには、(後述するように)メイクを軽めにしておくのが良いでしょう。 そうすれば、洗顔料しかなくても、それで一回洗えば落ちてくれる確率が高くなります(つまり洗う回数を最小限にできる)。 あくまで例ですが、洗顔石鹸にこだわるなら薬用の「NonA」(ノンエー)という良いアイテムがあります。 ノンエーはとてもシンプルな固形石鹸ですが、泡立ちがとても良く、ニキビ対策として重宝できるかと思います。 今日早速、手に入れておいてはいかがでしょうか。 ニキビ対策用の薬用化粧水を使う ニキビの発生を予防してくれる薬用化粧水といってもその種類は色々です。 当方は、次の条件を満たす薬用化粧水が良いのではないかと思います。 みずみずしく、さっぱりしている• 保湿機能も備わっている• 低刺激性である さっぱりという点と低刺激性という点は理解しやすいと思いますが、「保湿」というのは少し妙な感じがしませんか? 「脂っぽい肌(脂性肌)だからニキビができたんじゃないの?」と考えている人は、けっこう多いと思います。 その脂性肌には大きく2種類あります。 「真の脂性肌」と「乾燥性脂性肌(隠れ乾燥肌)」です。 成人の多くは後者の「乾燥性脂性肌」であることが多いと言われています (この両者の違いに関しては「」の記事に詳しいので、興味があればご覧ください)。 いずれにせよ、保湿は大切です。 「乾燥性脂性肌」ならもちろん、「真の脂性肌」でも、肌のうるおいを維持するために、保湿ケアは歳を重ねていく人たちにとって欠かせないタスクなのです。 そこで当方は、「ルナメアAC」のニキビ対策向けの薬用化粧水をおすすめします。 青くすがすがしいデザインが特徴的です。 是非、1週間のお手入れキットで試してみてはいかがでしょうか。 メイクは患部を避け、ナチュラルに 先にも述べましたが、メイクでニキビを隠すことは絶対に控えるべき行為です。 また、ニキビを避けて下地・ファンデを塗ったりメイクをしても、クレンジングを入念にやらなければ落ちない!というような状態ではいけません。 患部を避けて塗るのはもちろんですが、なるべく軽く(薄く)、ナチュラルな状態に仕上げるようにしましょう。 そうすればクレンジングで手間がかからないし、洗顔一回だけで済むかもしれません(メイク化粧品の質にもよります)。 もしをしてしまったら、そこをケアするとともに、メイクで隠すことをおすすめする。 黄ニキビは治っても色素が残って跡になりやすいが、そこでファンデーションやメイクが心強い味方になるというわけだ。 紫外線に気を付ける ニキビの患部はとても弱っています。 紫外線を食らうと、メラニンが生成されてしまってシミが発生することがあります。 そのため、紫外線対策には十分に気を払いたいところですね。 顔に黄ニキビができたときは、マスクや帽子が有効です。 日焼け止めは直接患部に塗るとまずいので、医師と相談してOKをもらってからにするのが無難ですね。 腕や背中などに黄ニキビができていたら、なるべく風通しの良い衣類で遮光するようにしましょう。 定期的にストレスを発散する ストレスが溜まると、ニキビはなかなか治りませんし予防もできません。 ストレスのせいで交感神経(自律神経のひとつ)が活発になると、男性ホルモンが増えて皮脂分泌量が増え、ニキビができやすくなります。 ストレスは、日頃から運動(軽いウォーキングでも十分に効果があります)をしたり、趣味に時間を費やすことで解消できます。 はほかにもありますので、是非色々研究してみてくださいね。 だからと言って、ストレスに感じるものを「気にしないでおこう」と強がってしまうと、それもまたストレスとなる。 だから、感じるときは感じて良いと思う。 ただ、溜まったら吐いてやることが大切だ。 食生活や睡眠生活を向上させる 食生活や睡眠生活というのは、体や心の調子に深く関わっています。 偏った栄養素ばかりとっていると、やはり体調に乱れが生じます。 睡眠も、その質が低いことで自律神経が整わず、心身の乱れが生じます。 栄養バランスを考えた食事を追求(せめては制限)し、ことを心がけるようにしましょう。 それでニキビの呪縛から解放されるとは断言できませんが、長い目で続けていくことで、心身の健康度を維持することはできるようになるはずです。 必要以上に触らない 黄ニキビが治っていようが治っていなかろうが、必要以上に触るのは避けましょう。 たとえ、跡形もなく完治したとしても、肌を必要以上に触ることで雑菌が付着したりします。 ニキビ予備軍があるとき、もしそこで触っていなければそのまま収まったかもしれないのに、下手に触ったことで悪化してしまったというパターンだってあります。 スキンケアやメイクなどをする以外には、あまり肌を触らないように心がけてくださいね。 特に顔は皮膚が薄く、刺激も受けやすい部位です。 肌の老化の進行を速めないためにも、うんと肌をいたわっていきましょう! ニキビがあろうがなかろうが、ひたすらケアを 今回は、黄ニキビにまつわる原因や治し方、対処・対策などをお伝えしてきました。 ニキビ対策というのは、ニキビがあろうがなかろうが、ひたすらに続けていくことが望ましいタスクといえるでしょう。 途中でお話しした「真の脂性肌」や「乾燥性脂性肌(隠れ乾燥肌)」なら、もちろんニキビに悩まされやすい肌質といえます。 でも、これまでにニキビとあまり縁がなかった「カラッカラの乾燥肌」「普通肌」の人でも、ある日皮脂機能が乱れてニキビを誘発してしまう可能性を秘めています。 「才能じゃあるまいし、そんな可能性を内に秘めていたって嬉しくも何ともないったら」と言われそうですが、事実なので仕方がありません。 だからこそ、ニキビがあろうがなかろうが、常日頃から保湿やニキビ対策のケア、それも外側と内側の両方からのケアを楽しく続けていくようにしましょう! では最後に、今回のおさらいとして、要点をまとめて終わりにしたいと思います。 黄色いニキビは、炎症が悪化・拡大した化膿ニキビである• 黄ニキビを治すには、すぐに皮膚科等を受診することが大切• 心を塞ぎがちな人や悩みが深い人は、精神科や心療内科も視野に• 独断で治そうとしないこと• でも、内・外からのセルフケアは命• ただ治療中は、医師との相談の下でケアをしていこう この記事では色々書きましたが、ざっと以上のようになります。 ニキビというのは、本当嫌ですね。 美容に無頓着そうなオッサンだって、ニキビのひとつは大きな悩みの種となることでしょう。 でも、ニキビがあるからといって暗くなっては、本当に暗い人生になってしまいます。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。 健闘をお祈りします! スポンサーリンク•

次の

黄色いニキビは膿んだ状態!潰すことなく正しく治そう

ニキビ 治る 過程

美容部員の教えまとめ(ニキビ跡が治るまでの期間は?)• 赤み:3ヶ月~2年(症状によっては3年以上)• 色素沈着:1ヶ月~6ヶ月(症状によっては1年以上) 少しでも早く治すためには、 効果がある化粧品を早く使うこと。 とくにビタミンC誘導体を高濃度で配合している化粧品がおすすめとのことです。 美容部員の方が教えてくれた「ニキビ跡にオススメのビタミンC誘導体を配合した化粧品」は、以下のページにまとめています。 美容部員の方がニキビ跡の赤みと色素沈着が消えるまでの理論的な期間について詳しく教えてくれました。 この期間についてを知りたいというマニアな方はチェックしてみてください(せっかく教えていただいたのでメモとして残しています)。 ニキビ跡が治るまでの期間は、肌のターンオーバーと関係しています ニキビ跡が治るまでの期間は、肌のターンオーバーのサイクル(肌の新陳代謝)と密接に関係しています。 肌のターンオーバーのサイクルは、皮膚が生まれ変わるサイクルのことです。 下の図は、肌のターンオーバーのサイクルの様子です。 図のように、肌の中で新しく生まれた皮膚は、約28日間(約1ヶ月)で角質となって皮膚の外に剥がれ落ちていきます。 この肌のターンオーバーが繰り返されることで、赤みや色素沈着(シミ)といったニキビ跡は、自然に薄くなっていき、完治していきます。 しかし、年齡による肌状態の変化、肌荒れなどの肌トラブルがおきると肌のターンオーバーのサイクルが2ヶ月になったり、3ヶ月になったりと遅くなります。 年齡による肌のターンオーバーの期間 10代~20代:約28日(約1ヶ月) 30代~40代:約45日(約2ヶ月) 50代~60代以降:約56日(約3ヶ月) 赤みと色素沈着(シミ)のニキビ跡が消えるまでの期間については、詳しく下で説明していきますね。 ニキビ跡の色素沈着(シミ)が消えるまでの期間 茶色や黒いシミが残るニキビ跡の色素沈着は、「 肌の中にあるシミが浅い、深い場所にある」、「 メラニン色素が多い、少ない」によって消えるまでの期間に違いがあります。 下の図のように、メラニン色素のある深さによって肌表面からみえるシミの色が異なってきます。 図のように、真皮層と呼ばれる皮膚の奥にメラニン色素が落ちてしまうと、紫や青色、青紫色にみえることもあります。 深くなるにつれて、消えるまでの期間が3ヶ月、6ヶ月(半年)と長くなっていきます。 1日~1週間の期間で薄くなる場合 下の図のように、淡褐色が強い色(薄い茶色)の場合は、ビタミンC誘導体やピーリング化粧品を使ったケアをすると、1日~1週間程度で、皮膚の皮が剥けて薄くなってきます。 1ヶ月~3ヶ月の期間で薄くなる場合 下の図のように、薄い茶色から茶色の場合は、ビタミンC誘導体やピーリング化粧品を使ったケアを続けることで、1ヶ月~3ヶ月の期間で薄くしていくことができます。 6ヶ月(半年)~1年以上の期間がかかってしまう場合 下の図のように、濃い茶色や黒いシミの場合は、メラニン色素が多く集まっていたり、肌の深い場所にあったりするため、色素沈着したシミが消えるまでに、6ヶ月(半年)~1年以上の期間がかかってしまう場合があります。 ビタミンC誘導体やピーリング化粧品を使ったケアを続けることで、早く薄くできます。 美容部員の方が教えてくれたニキビ跡の色素沈着におすすめの化粧水を下のページで紹介しています。 (もちろんビタミンC誘導体を配合している化粧水です。 ) 色素沈着のニキビ跡を消す方法が詳しく知りたいという方は、のページを時間があるときにチェックしてください。 ニキビ跡の赤み・紫が消えるまでの期間 ニキビ跡の赤みは、肌の赤みの原因が「 肌内部の炎症」、「 拡がった毛細血管」によって治るまでの期間が異なってきます。 1日~1週間の期間で薄くなる場合 下の図のように、肌内部に残っている炎症が赤みの原因の場合は、ビタミンC誘導体を使ったケアをすると、1日~1週間程度の期間で、赤い炎症が引いて、ニキビ跡が治っていきます。 ニキビの炎症がひどかった場合は、状態により1ヶ月~3ヶ月、赤みの跡が残る場合があります。 この炎症による赤みが原因の場合は、茶色や黒い色素沈着のニキビ跡に悪化してしまうことがあります。 そのため、しっかりとビタミンC誘導体を配合している化粧水を使ってケアしていきましょう。 2ヶ月、3ヶ月~2年、3年以上の期間がかかってしまう場合 下の図のように、拡がった毛細血管が赤みの原因の場合は、2ヶ月から3ヶ月で治る場合もあれば、2年、3年以上の期間がかかってしまうことがあります。 これは、毛細血管がもとの大きさに戻るまでに、短期間の場合もあれば、長い期間かかってしまうこともあるからです。 毛細血管の拡張が原因の赤みのニキビ跡は、自然に消えることもありますが、早く治すためには、「ターンオーバーのサイクルを正常に保つ」、「ビタミンC誘導体化粧水を使う」ケアをすることが必要です。 美容部員の方が教えてくれたニキビ跡の赤みにおすすめの化粧水を下のページで紹介しています。 (もちろんビタミンC誘導体を配合している化粧水です。 ) 赤みのニキビ跡を治す方法が詳しく知りたいという方は、のページを時間があるときにチェックしてください。 ニキビ跡を早い期間で消すためのポイント ニキビ跡が、赤みや色素沈着(シミ)といった種類、症状の状態で消えるまでの期間に違いがあることがおわかりいたけたと思います。 このニキビ跡を少しでも早い期間で消すためには、「ニキビ跡が自然に消える」のを待つのではなく、早い段階から正しいスキンケアをすることが大切になります。 そうすることで、ニキビ跡が悪化して「赤みが色素沈着」、「色素沈着がシミ」として残り続けるのを防ぐことができます。 まずは、 ビタミンC誘導体化粧水を使ったケアからはじめていきましょう。 ビタミンC誘導体化粧品を早く知りたいという方は、以下のページでニキビ跡にオススメの化粧品を紹介していますので、ぜに、参考にしてくださいね。 ニキビ跡におすすめのスキンケア方法.

次の