ジムニー 納期 最新 情報。 ジムニー新型の人気カラー(色)をスバリ聞いてみた!納期や納車時期はいつ?|会社員デルの検証ブログ

新型ジムニー/シエラの5ドア(4ドア)ロング仕様が来年に出る!?真相はいかに!

ジムニー 納期 最新 情報

スープラ、ジムニーとも生産を拡大したが…… トヨタ・スープラの納期も長い。 2019年3月上旬に予約受注を開始したが、この時点で販売店は「車両に関する解説を掲載したスタッフマニュアルの端末情報が届いていない」と言っていた。 それでも3リッターターボ車の「RZ」は数日間で売り切れ、2リッターターボ車の「SZ」と「SZ-R」も残りわずかになった。 2019年モデルの販売を終えてしまい、この時点で販売店は「スープラRZは2020年にならないと受注できない」とコメントしていた。 しかしこの後、生産枠を拡大。 販売店では「人気の高いRZについて、日本向けの生産枠を1500台上乗せした。 それでも納期は曖昧だが、2019年の6月に契約すれば、2020年の1~3月には納車できるだろう」と予想する。 不可解なのは外装色が「マットストームグレーメタリック」の仕様だ。 カタログに掲載されながら、当面は24台の限定抽選販売としている。 顧客を抽選で選別する方法も含め、快い売り方とはいえない。 これが少量生産のメーカーであれば納得もできるが、スープラはかつて大量に売られたなじみのあるトヨタ車だ。 トヨタ車の素晴らしさは、住んでいる地域などにかかわりなく、誰でも公平に、適切な価格と納期で信頼性の高い商品とサービスを購入できることにある。 新型スープラは優れたスポーツカーだが、こうした「トヨタ車の素晴らしさ」というところからは逸脱している。 このような商品を販売したいなら、GRブランドなどから、スープラとは異なる別の車名で発売するべきだった。 スズキ・ジムニーは2018年7月に発売された。 20年ぶりのフルモデルチェンジとあって受注が増え、納期が一気に1年にまで延びた。 ジムニーはオフロードSUVだが、手軽に購入できる軽自動車でもある(「ジムニーシエラ」は1. 5リッターエンジンの小型車)。 納期が1年では長すぎる。 そこで最新の納期を販売店に尋ねると「ジムニーは納期が延びたのを受けて、2019年1月から増産しています。 それでも納期は10カ月から1年を要しています。 今後、短縮されるメドは立っていません」という返答だ。 このように人を待たせて行列ができることが、今では常識になりつつある。 原稿の締め切りを守ることを含め、自戒して受け止めたい(本稿も遅れてしまいました。 申し訳ございません!)。 (文=渡辺陽一郎/写真=マツダ、トヨタ自動車、スズキ、webCG/編集=藤沢 勝).

次の

まだまだ人気なのか?気になる新型ジムニーの2020年最新の納期は?

ジムニー 納期 最新 情報

こんにちは!今日も明日も納車待ち!首を長~くして納車を待っているんですが、待っているだけでは気が晴れないのでジムニーの納期に関しては常にアンテナを張っています。 [ジムニー 納期]なんて調べると情報はたくさん出てくるのですが、発売してから1年半以上経過してバックオーダーは依然無くならず、納期も劇的に変わらずといった状況なので、その検索して出てくる情報っていうのも古いのから新しいのまで様々です。 リコールで納期が伸びる!って情報や、製造ラインが増えて納期短縮!?って情報なんかも出てきますが、過去の話です。 ここで一旦これまでの整理と共に最新情報をまとめたいと思います。 ソースありの情報から、噂話まで、僕は納車まで一喜一憂したいので色々調べてるのでご参考程度に見ていってください!• 納期は相変わらず1年前後 まず、この1年前後という言葉を鵜呑みにしてはいけません! 納期1年前後って聞くと、11ヶ月から13ヶ月くらいなのかなーと考えがちですが、実際の納車期間は本当に様々で、キャンセル車に当たって3ヶ月で納車!ラッキー!って人もいれば、すっごーく待たされる県のディーラーでその中でも問題を抱えた店舗などで注文して運が悪かったりすると1年半なんてのもザラです。 さすがに2年というのは聞いたことないですが、早い人は早いし、遅い人は遅い、それを平均して1年前後なんです。 2020年に入っても劇的に納期が早まったという情報は今の所耳にしていません。 わかってきたのは、直営ディーラーやサブディラー、都道府県ごとや、カラーやグレードとAT・MTの希望により納期に差があるということです。 これらの情報はまた今度、「ジムニー納期短縮のコツ」として紹介したいと思います。 とりあえず今回は、劇的に納期は早まらない現状の中でも、今後ちょっと早まりそうかも!?って情報が出てきたので取り上げてみます! 2020年までのジムニーの納期に関する変遷 新型ジムニーは発売後すぐあっという間に受注が生産予定を上回り、大量のバックオーダーを抱え発売直後からすぐに長い納期を要することになってしまいました。 それでずっと1年近い納期で推移しているのですが、その経過の中でも 燃料ホースの不具合のリコールがあったり、製造の完成検査で無資格者が検査を行っていたことに対するリコールや、それらに関して機関が監視することでの生産の鈍化など、色々な出来事で納期が遅くなったり、でもそれじゃいかんと生産ラインを強化したり、しかし強化した生産ラインは海外輸出用だったり(これは実際僕がディーラーで聞きました)、すごーく紆余曲折を経ています。 一番の要因は実際の受注がスズキの予想を大きく上回ったというところです。 納期が長くなり僕も困りものですが、現在ではレアになってしまったこういったスクウェアボディがウケているという事実がメーカーや世間に知れ渡ったことはとても意義があることだと思います。 (なのでランクルとかディフェンダーとかまたカクカクに戻して~) 実際の受注とスズキの予想の差による納期の長期化についてはシーエルリンクさんのYouTubeにわかりやすくまとめられてるのでリンク張っておきます。 欧州ではジムニーの販売が一時ストップしてマイルドハイブリッドで排出規制をクリアしてまたラインナップに戻るとのことなんだけども、その一時ストップする間は生産された分は他の国に回るので他の国の納期が少し縮まるんじゃないかって話です。 そのソース記事がこれなんですが、オートカーインディアという海外のサイトで英語です。 この記事自体は前回紹介した欧州にマイルドハイブリッドと排出規制に関係ないツーシーター商用モデルで今後再販っていう内容がメインなんですが、最後にこんな一文が… Suzuki builds the Jimny for all markets at its Kosai plant in Japan. The small off-roader already has become a surprise success for Suzuki, with waiting periods of up to a year in some markets. Google翻訳にぶち込みましたところ 「スズキは、日本の湖西工場ですべての市場向けにジムニーを製造しています。 小さなオフロード車は、スズキにとってすでに驚くべき成功を収めており、一部の市場では最大1年間の待機期間があります。 SUVの欧州市場からの撤退は、受注残がかなり削減されたおかげで、他の地域でジムニーを待っている顧客にとって安心となる可能性があります。 」 ジムニーをまっている顧客、はい私です。 安心となる可能性があります、というこの記者の言葉に胸を踊らせているわけです。 果たしてこの欧州で売るはずだった生産分が国内のバックオーダー分にどれだけ割り当てられるかは謎ですが、藁にもすがる思いで納期短縮を期待しています。 スズキ インドに新工場を建設、2020年から稼働!? これまたビッグニュースです! まずソースはこちら スズキはインドも主力市場だそうで、僕がディーラーの店長さんに話を聞いた時 契約した2019年9月 も、製造ラインを増やしたけど増やした分は国内じゃなく販売が好調のインドへ輸出されると言っていました。 この記事にはジムニーの生産増強とは書かれていませんが、輸出分のジムニーはすべてこのインド工場での製造になるそうです。 この話はソースはなしですが有力。 もしそうなれば、これまで湖西工場で国内と輸出分まですべて作っていたものが、湖西工場では国内分・輸出分はインド工場となり劇的な納期短縮になるんじゃないかと、ジムニー難民たちは小躍りどころではない、祭りが始まりそうな気配がしているわけです。 欧州縮小とインド工場で期待が高まりますが、これまで肩すかしを何度もくらっているので過度な期待はしないようにしてますが、心の底では納車を渇求しているので続報を見守っていこうと思います。

次の

スズキ新型ジムニーの納期・納車は遅い?最新情報のまとめ

ジムニー 納期 最新 情報

スズキ ジムニーXC キネティックイエロー 1970年にがデビューしたスズキの軽クロスカントリー車「ジムニー」は、先代のが1998年10月に発売され、以後20年間に渡り基本設計に変更がないまま生産が続けられるロングセラーモデルとなっていました。 初代モデルからの伝統であるラダーフレームシャシーと4輪リジッドサスペンションを踏襲し、同クラスでは随一の悪路・雪路走破性を持つ車種となっています。 現代の車としては非常に珍しい角ばったデザインと本格的な走行性能が評判となり、発売前から非常に人気の高いモデルとなりました。 発売直後も大量の注文が入り値引き交渉は難しい状況でしたが、受注状況もやや落ち着き、増産も開始されたのでやや値引き額も広がりつつあります。 納期:12ヵ月程度 ジムニーシエラ• 納期:18ヵ月程度 2019年1月頃から湖西工場(静岡県湖西市)の生産ラインを増設し、軽4輪駆動車「ジムニー」と小型車「ジムニーシエラ」を合わせた月産能力を約1. 5倍の7,000台に引き上げており、一時はシエラで3年とも言われていた納期が短縮しつつありましたが、生産台数に対して注文台数が大きい事に変わりはなく、納車まで1年程度を待つ覚悟でなければ厳しい状況は続いています。 車検などで納期まで待てない人のキャンセルなどもあるので、色やグレードを妥協できる人はキャンセル車両などを早く入手できる場合もありますので、どうしても早く入手したい人は、こまめにディーラーからの情報収集を行いましょう。 また、のような中古車を探してくれるサービスもありますので、未使用車や低走行車を購入するのも一つの手段です。 しかし、 焦りは禁物。 商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。 まずはなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。 複数社に査定してもらうと査定の差額は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると すぐに相場がわかります。 エンジン:0. 66L DOHC吸気VVTターボ• 駆動:パートタイム4WD グレード 変速機 税込価格 XG 5MT 1,485,000円 4AT 1,584,000円 XL 5MT 1,611,500円 4AT 1,710,500円 XC 5MT 1,776,500円 4AT 1,875,500円 ジムニーシエラのグレード別 新車価格 グレード共通仕様• エンジン:1. 5L DOHC 吸気VVT• 最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。 5L直4とそれぞれ1種類となります。 駆動方式パートタイム4WDのみ。 トランスミッションは4速ATと5MTがあります。 ジムニーの見積もり価格 おススメグレードの「ジムニーXC(AT)」に以下の装備を選択したケース• 標準的な値引き交渉で5万円と端数をカットしてもらった場合、ジムニーXCの乗り出し価格は214万円となります。 ジムニー・シエラとも悪路走破性能を重視した4WDであり、市街地から郊外まで全般的に同クラスの乗用車と比べると燃費性能は芳しくありません。 また、空気抵抗の多いボディ形状なので高速巡行においても燃費性能はあまり伸びにくいと思った方が良いでしょう。 愛嬌のある丸いヘッドランプと相まって、独自の世界観を持っています。 140万円からの手頃な価格 本格的な悪路走破性能を持ちながら、エントリーモデルは140万円台からとジムニーの価格設定は非常に良心的と言えます。 5L~2. 0Lの乗用車クラスではハッチバックとSUVの価格差は50万円程度となる事から、ジムニーの価格設定はかなり良心的と言えます。 豊富なカスタマイズバリエーション 今では軽自動車クラスとして唯一の本格4WD車となり、モデルチェンジも少ないことからアフターパーツも豊富に販売されており、個性的なカスタマイズが可能となっています。 現代レベルに追いついた先進安全技術 モデルライフが長いジムニー故に、その間急速に進歩した先進安全技術に追いついていませんでしたが、4代目では大きくその遅れを取り戻しました。 市街地走行でのモッサリ感 悪路走破性能を重視している為、ターボを搭載しているとは言え市街地での走行シーンではモッサリとした加速性能となります。 その為、荒れた路面やカーブなどでは揺すられ感が強くなります。 試乗の際には少し荒れた路面を走行して確認しましょう。 また、昨今の空力を意識したクルマとは違い、スクエアなフォルムである為、高速走行時でトラックが横を通る時や風の強い日などにはフラつきも大き目となります。 5ドアの設定がない 国内市場においては軽自動車まで4ドア(5ドア)が主流となっており、後席ドアのない2ドア(3ドア)はスポーツモデル以外では設定されなくなってきました。 普段は1人、2人での乗車が多い人でも、ちょっとした駅までの来客送迎など、ワンポイントで後席に人を乗せる場面は年に何度かあると思うので、その際には割り切りが必要となります。 ただし、ホイールベースを延長した5ドアモデル追加の噂もあるので、どうしても後席ドアが欲しい人は、もうしばらく様子を見た方が良いかもしれません。 マツダ ロードスターのようにメーカーがこだわりを持って存続してくれている事に頭が下がります。 生産台数が少ない為、ジムニー・シエラ共に納期がかなり長くなっていますので、ジックリと待てる人じゃないと新車で購入するのは難しいですが、新古車・未使用車も市場に出回り始めているので、そちらを購入するのも一つの手です。 値引きに関しては期待できないが続いている状態ですが、モデルライフが約20年(先代モデル)と長いことや独占市場という事もあり、長く乗っても下取りがかなり期待できます。 開発コストや販売台数を考えたらバーゲンプライスとも言えるので、あまりジックリと値引き交渉をするよりは、気に入ったらスパッと決断しましょう。 車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握! 車の買い替えに 焦りは禁物です。 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 査定額の差は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。 新車ではなく未使用車という選択も 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。 そんな方には 未使用車や低走行車もおススメ。 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 は、 お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

次の