生活福祉資金貸付制度 ブラックリスト。 日本政策金融公庫融資支援ドットコム

福祉協議会の緊急小口資金なら任意整理後でも借りれる? - 教えて!任意整理

生活福祉資金貸付制度 ブラックリスト

カードローン 実質年率 最短融資 特徴のまとめ 3. 一部金融機関、メンテナンス時間等除く。 30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。 市役所で即日お金を借りるのは可能? どんな支援を受けられるのか分からない人でも、 とにかく市区町村役場の窓口に行けば、解決策が提示される可能性があります。 相談に行くときは、次のものをすべて持っていくと、手続きがスムーズに済むケースが多いです。 運転免許証や健康保険証などの身分証明書• 所得証明書や課税証明書などの収入を証明する書類• 家賃を証明する書類• 資金が必要であることを示す書類(貸付証書や授業料の案内等)• 印鑑 生活費を貸付してくれる「生活福祉資金貸付制度」 最低限の生活にも困ったら、まずは市区町村の役場の福祉課に出かけて福祉相談を受けましょう。 福祉相談を受けると、状況に合った生活福祉資金貸付制度を紹介してもらえます。 生活福祉資金貸付制度の種類 資金の使途 貸付限度額 適用金利 生活支援費 生活を立て直すまでに必要な生活費• 2人以上の世帯は月20万円• 単身世帯は月15万円• 保証人あり:無利子• 保証人なし:年1. 5% 住宅入居費 敷金などの住宅入居にかかる費用 40万円• 保証人あり:無利子• 保証人なし:年1. 5% 一時生活再建費 滞納している公共料金の立て替えや就職に必要な費用など 60万円• 保証人あり:無利子• 保証人なし:年1. 5% 福祉費 事業継続に必要な費用や技能習得・福祉用具の購入に必要な費用など 580万円• 保証人あり:無利子• 保証人なし:年1. 5% 緊急小口資金 生活維持に必要かつ緊急な費用 10万円 無利子 教育支援費 高校・大学・専門学校等に修学するために必要な費用 大学の場合は月に6. 5万円まで。 特に支援が必要と認められるときは1. 5倍まで貸付可 無利子 就学支度費 高校・大学等に就学するために必要な費用 50万円 無利子 不動産担保型生活資金 生活資金 土地評価額の70%程度かつ月30万円以内 年3. 0%もしくは長期プライムレートのいずれか低いほうの金利 要保護世帯向け不動産担保型生活資金 生活資金 土地評価額の70%程度かつ生活扶助額の1. 5倍以内 年3. 0%もしくは長期プライムレートのいずれか低いほうの金利 参考: 連帯保証人がいれば金利が0%! 次の条件に当てはまるかたは、上記の生活福祉資金貸付制度を利用できます。 市町村民税が非課税レベルの収入の低所得世帯• 身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳、療育手帳を交付された家族がいる障害者世帯• 65歳以上の高齢者がいる高齢者世帯 申請してから所定の審査・手続きがあり、実際に融資を受けられるまでには1ヶ月ほどかかりますが、 連帯保証人がいれば無利子で、連帯保証人がいなくても年利1. 5%という超低金利でお金を借りられます。 しかも、融資を受けてから返済が始まるまでに6ヶ月ほどの猶予期間もありますので、すぐには返済できない厳しい状況のときでも利用できます。 また、融資額や融資目的にもよりますが、返済期間も20年以下と長めに設定されていますので、1回の返済額が少なく、月々の返済による負担が大きくなりすぎません。 同行申請をする機会があるのだけれど、社協の生活福祉資金貸付制度、基準は満たしているように見立てて行くのだが、壁が高く超えられたことがない… — Daisei KINOSHITA 【発売中】『ソーシャルアクション!あなたが社会を変えよう』 daiseikinoshita なお、上掲したツイートにもあるように、利用するにはそれなりに厳しい審査を乗り越えなければならないということは、きちんと念頭に置いておきましょう。 関連記事をチェック! 融資の返済目途がつかないときは生活保護 生活福祉資金貸付制度は、あくまでも貸付制度です。 借りたものは返さなくてはなりませんので、返済が始まるときには今よりも生活が改善していることが前提となります。 ですが、どんなに働いても今よりも生活が改善しないと考えられるときや、家族の介護等で働きに出ることも難しいときは、融資を受けても返済できませんよね。 そのようなときに活用できるのが、「生活保護制度」です。 生活保護の審査は生活福祉資金貸付の審査よりも厳しい 生活保護は生活費が支給される制度ですので、返済できない場合でも利用できます。 ただし、その分、審査は厳しくなりますので、返済できる見込みがある人は「生活福祉資金貸付制度」を利用するように勧められるでしょう。 いずれの場合も、まずは地域の福祉課で相談してみましょう。 以下の各項目から算出される必要費用の合計額から、収入(児童扶養手当などの公的手当も含む)を差し引いた金額が、生活保護費として支給されます。 扶助の種類 扶助の内容 支給額の基準 生活扶助 食費や光熱費、被服費などの生活を営む上での最低限の費用 食費や被服費は個人費用として算出。 今日の生活費すら困窮している人にとっては、1ヶ月以上も待つなんて不可能ですよね。 そのような超緊急時に利用できるのが、「臨時特例つなぎ資金」です。 「臨時特例つなぎ資金」とは、生活保護や生活福祉資金貸付などの支援を申請している人が、支援実施までに必要なお金を借りる制度で、早くて数日、遅くとも1週間ほどでお金を借りることができます。 貸付金の上限は10万円ですが、 連帯保証人不要かつ無利子で借りることができます。 安易に高金利の民間融資を検討する前に、ぜひ利用したい制度ですね。 先程、紹介した生活福祉資金貸付制度の表中の上から3つ(生活支援費・住宅入居費・一時生活支援費)が、総合支援資金に該当します。 目的 貸付限度額 返済猶予期間 生活支援費 生活再建までに必要な資金• 世帯人数2人以上:月額20万円以内• 独居世帯:月額15万円以内 最終貸付日から6ヶ月以内 住宅入居費 賃貸住宅の契約を結ぶために必要な資金 40万円 貸付日から6ヶ月以内 一時生活支援費 就職・転職のための技能習得費、公共料金等の滞納分の支払い、債務整理に必要な費用 60万円 貸付日から6ヶ月以内 生活支援費 生活支援費とは、生活を立て直すまでに必要な生活費のことです。 たとえば失業して収入が途絶えてしまい、しかも雇用保険も適用されないときは、次の仕事が見つかるまで、生活が著しく厳しくなってしまいますよね。 そのようなときは生活支援費を原則として3ヶ月、事情があるときは最長12ヶ月、借り入れることができます。 2人以上の世帯なら月額20万円、単身世帯なら月額15万円まで借りられますので、お金がないときにはぜひ活用してください。 生活費を切り詰める方法については、次の記事で詳しく解説しています。 住宅入居費 転職や転勤、被災等により、引っ越しを余儀なくされることもありますよね。 しかし、引っ越しには敷金や礼金、不動産仲介手数料等のさまざまなお金がかかりますので、預貯金がない人にとっては頭の痛いイベントです。 総合支援資金の住宅入居費に申請し、最大40万円までの融資を受けてみてはいかがでしょうか。 一時生活再建費 債務整理を実施したけれど、一時的にローン業者に支払う資金がないとき。 また、公共料金を滞納して電気や水道などを止められてしまい、一括で未納分を支払わなくてはならないとき。 通常通りの生活に戻るためにも、一時的な資金が必要になりますよね。 生活再建のための一時資金が必要なときは、総合支援資金の一時生活再建費に申請し、最大60万円までの融資を受けてください。 次の記事では、電気料金や水道料金を滞納するとどのような流れで供給停止になるのかについて、解説しています。 また、自営業をしているかた等、生業を成り立たせるために一時的な資金が必要になることもあります。 福祉費 このような、生活に不可欠だけれども生活費ではないものに対しては、生活福祉資金貸付制度の「福祉資金」を活用できます。 福祉資金には、限度額が大きく融資までに時間がかかる「福祉費」と、限度額が小さく短時間で融資できる「緊急小口資金」の2つの種類があります。 使用目的によって貸付限度額が異なりますが、福祉費では 最大580万円まで借り入れることができ、返済猶予期間は6ヶ月、返済期間は最大20年と余裕を持った返済が可能になっています。 福祉費は、連立保証人を立てれば無利子、立てなくても年1. 5%で借りられますが、借り入れ額が大きいときは少しでも返済額を減らせるように、 できるだけ連立保証人を立てるようにしてください。 緊急小口資金 緊急の出費が必要だけれども今回限りの出費であるとき、また、緊急の出費が必要で、10万円以下の小口であるときは、福祉資金の中の「緊急小口資金」を活用できます。 金額が少ないので、返済猶予期間は2ヶ月、返済期間は12ヶ月以内に設定されています。 ただし、「緊急」と名前についていますが、申請から貸付実行までに最短でも5営業日かかります。 総合支援資金の審査は厳しい 生活費に困ったときは、生活福祉資金貸付制度の中でも総合支援資金を利用することになりますよね。 生活支援費と住宅入居費、一時生活再建費の3つの種類があり、借り入れ目的に合わせて選択できます。 しかし、審査は厳しく、誰でも簡単に借りられるわけではありません。 本当に必要な人が借りれないと非難の声も 総合支援資金は、あくまでも融資金ですので、きちんと返済計画を立てて返済しなくてはいけません。 そのため、健康に問題があったり育児に忙しかったりで働けない人は、審査通過が非常に難しくなってしまいます。 市区町村役場の窓口担当者は、「一時的にお金がなく、しかも働けない状況のときには、総合支援資金ではなく生活保護を利用するように」と勧めてくれるかもしれません。 しかし、生活保護は一般的に、自動車や住居以外の不動産などの財産を保有できないため、駅まで遠い人や不動産収益がある人などには現実的ではない選択肢となるでしょう。 つまり、本当に支援が必要な「一時的にお金がなく、しかも働けない人」は、総合支援資金も生活保護も利用できない可能性が高いのです。 審査に受かりやすい人と落ちやすい人 きちんと返済できる人は、総合支援資金の審査に通りやすくなります。 働く意欲があり、しかも、健康上に問題があっても近い将来解決することが分かっているときは、審査に通りやすくなるでしょう。 反対に、働く意欲に乏しく、健康回復の見通しが立たず、今までに定職に就いたことがない人は、審査に通りにくくなります。 審査に落ちたらどうする? 審査に落ちた場合は、窓口担当者のアドバイスをしっかりと聞いてください。 「生活保護の申請なら通る可能性があります」「児童扶養手当が利用できます」「ハローワークで求職申し込みの登録後、再度、総合支援資金を申請してください」等、もっとも適した公的支援について案内してくれます。 借金の返済にめどが立たないなら債務整理 Yahoo! 知恵袋に、以下のような質問が投稿されていました。 借金で困っています。 債務整理を考えております。 債務整理の中には自己破産・任意整理・等 あると聞きましたが借金を整理するには どのような方法があるのでしょうか 詳しい方お教え下さい。 どうしても借金返済にめどが立たない場合、債務整理を行うことも視野に入れなければなりません。 債務整理を行う場合の注意点などについて、以下で説明していきましょう。 債務整理に関しては専門家に相談を 上掲した質問にもあったように、債務整理には自己破産や任意整理などのいくつかの方法があり、それぞれの方法で効果やメリット・デメリットが異なります。 そのため、債務整理を行わざるを得ない状況になったとしても、債務整理の中でどの方法を選ぶべきかは、弁護士や司法書士といった専門家のかたに相談するようにしましょう。 自分の置かれている状況に適した債務整理の方法を選ばなければ、焼け石に水、もしくは反対に過ぎたるは及ばざるが如しになってしまいます。 債務整理の種類 債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4種類があります。 任意整理では、利息の支払い等をカットしてもらえて返済負担を抑えられるほか、債務整理を行う対象も債務者が自由に選べます。 特定調停では、簡易裁判所が債務者と債権者との話し合いを仲裁してくれ、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働きかけてくれます。 個人再生では、抱えている債務を原則として5分の1程度にカットしてもらえ、それをあらかじめ提出しておいた返済計画に沿って返済していけます。 自己破産では、抱えているすべての債務に対する返済を放棄でき、まっさらな状態から改めて人生を再スタートさせられます。 このように、一口に債務整理と言ってもそれぞれかなり違ったものであることには、注意しておきましょう。 債務整理するときの注意点 先ほどは債務整理の効果やメリットを中心に説明しましたが、もちろんそれぞれの債務整理にはデメリットもあります。 任意整理では利息のカットが中心になるので、借金の元本自体が減るわけではなく、抱えている借金の額によってはあまり意味がありません。 特定調停は、裁判所を介するため非常に煩雑な手続きが必要となりますが、それでいて借金額が思ったほど減らない可能性があります。 個人再生は官報に掲載されるため、周囲に万が一官報をチェックしている人がいれば個人再生を行ったことがバレてしまいますし、手続きにも時間がかかります。 自己破産を行うと一定以上の財産はすべて没収されてしまいますし、自己破産の申請期間中は特定の職業に関しては就業制限がかけられます。 こういったデメリットと上述したようなメリットを天秤にかけて、なおかつ自分が置かれている状況を客観的に判断したうえで、どの債務整理を行うかを決めなければなりません。 育児の事情で働けないとき 生活が厳しいため働きたいけれど、幼い子供がおり、育児の関係でどうしても働きに出るのが難しい人もいると思います。 そのような場合は、子育て支援センターに相談してみるといいでしょう。 子育て支援センターへ相談 子育て支援センターでは、育児相談を行ったり、他の子育て世代の親のかたと情報交換を行ったりできます。 「子供がいるから働くのが難しい」と思い込んでいる人でも、相談したり他の親から情報を得たりすることで、育児しながらでも働けるような仕事・環境を見つけられるかもしれません。 子育て支援センターは各自治体ごとに設けられているので、ご自身がお住まいの地域の子育て支援センターを利用するようにしましょう。 交通事故等で働くことができないとき 長い人生において、交通事故等の不慮の事故で働くことができなくなってしまうということもあるでしょう。 しかし、安心してください。 働けないときでも、労災保険などの保険を利用して、生活費を賄うことができます。 事故の被害者になったとき 交通事故などに巻き込まれ、被害者になってしまったときは、加害者に次のお金を請求できます。 責任の割合によっては、費用の一部しか請求できないこともあります。 なお、障害厚生年金に加入している場合はそちらからお金が出ることもあるので、事故の影響で障碍者になってしまったかたはチェックしておくといいでしょう。 <治療費> 治療にかかった費用だけでなく、通院にかかる交通費も請求できます。 領収書をかならず保管しておきましょう。 <慰謝料> 通院日数の2倍と完治までにかかった日数の少ないほうの日数分のお金を、慰謝料として請求できます。 一般的には、一日当たり4,200円で計算します。 <休業補償> ケガによって本来の給料を得られなくなったときは、休業補償を請求できます。 学生や専業主婦などの金銭収入がない人や就業する予定があった人など、ケガの時点で収入がなかった人でも請求できます。 給料が明確でない場合は、賃金センサスを利用して逸失利益を計算し、支給額を確定します。 一般的には一日当たり5,700円が適用されますが、収入によっては一日当たり19,000円まで請求することも可能です。 後遺障害があるときは? ケガが治って復職できる場合は良いのですが、完治の目処が立たず、後遺障害が残ることもあるでしょう。 そのようなときは、加害者に次のお金を請求できます。 介護費用(介護にかかる費用)• 慰謝料(1級~14級までの障害の等級によって定められた限度額)• 逸失利益(障害の等級と回復までの期間から算出する) 一生涯介護が必要となると、介護費用が数千万円に上ることもあります。 ただし、加害者が任意の保険に加入している場合は良いのですが、最低限の自賠責保険しか加入していない場合は、正当な費用を請求しても通らない可能性があります。 一時的に働けないときは? 被害者になったときは加害者側の保険から金銭的補填が得られますので、生活費に困ることはほぼありません。 ですが、事故の責任が自分にあるときには、慰謝料はもちろん支給されませんし、傷害保険などに加入している場合を除き、治療費も全額自己負担になります。 ただし、事故のために仕事を休んで給料が減らされたときは、 勤務中や通勤途中の事故なら、労災保険から「休業補償」を受け取ることができます。 労災保険からの休業補償は、事故前3ヶ月の平均賃金から割り出された給与日額の60%です。 この休業補償に給与日額の20%の「休業特別支給金」がプラスされ、就労できないときの生活費に充当させることができます。 休業補償のダブル請求は不可! 加害者の保険の休業補償と労災保険の休業補償は、ダブルでは請求できません。 どちらかの休業補償だけを申請しましょう。 ただし、 労災保険の休業特別支給金は休業補償には含まれませんので、加害者の保険か労災保険の休業補償を請求した場合でも、別途、受け取ることが可能です。 求職中に事故に遭ったときは? ハローワークで求職手続きをした後に事故に遭い、15日以上仕事に就くことができないときは、「傷病手当」が支給されます。 傷病手当は失業保険(雇用保険の基本手当)と同額で、失業前6ヶ月間の給与から算出した賃金日額の45~80%になります。 ただし、年齢によって日額上限が定められています。 年齢 賃金日額の上限 30歳未満 6,370円 30歳以上45歳未満 7,075円 45歳以上60歳未満 7,775円 60歳以上65歳未満 6,687円 出典: 離婚等で生活が成り立たなくなったら 人生における不慮の出来事は、交通事故だけではありません。 離婚によって生活が一変することもあるでしょう。 特に、今まで配偶者の収入で生計を立てていた専業主婦のかたが、離婚によって無収入になってしまうと、明日からの生活にも困ってしまいます。 生活費を借りる 仕事が見つかり、生活にある程度のリズムが戻るまでの資金を、「母子父子寡婦福祉資金貸付制度」で借りることができます。 月額103,000円までのお金を年利1. 0%(連帯保証人を立てる場合は無利子)で貸し付けてもらい、5年~20年かけて返済します。 返済猶予期間が6ヶ月もありますので、一息つくことができますね。 母子父子寡婦福祉資金貸付制度では、生活費以外にも、引越し資金や住宅資金、修学資金も借りることができます。 児童扶養手当の手続きをする 子どもがいる一定収入以下の家庭なら受け取れる「児童手当」。 この児童手当に加えて、ひとり親家庭なら「児童扶養手当」も受け取ることが可能です。 所得制限がありますが、子どもが1人の場合は月10,030円~42,500円、子どもが2人の場合は月52,540円以下、3人の場合は月58,560円以下(いずれも2018年4月時点)受け取れます。 詳しくは、次の記事を参考にしてください。 就職しやすい資格を取得する 看護師などの資格を持っているなら、就職先に困ることも減りますし、ある程度の高収入が期待できます。 ハローワークで求職を申請してから資格取得を目的とした学校に行く手続きをすると、 入学金や受講料の6割もしくは20万円が上限の「自立支援教育訓練給付金」を受け取れます。 また、通学のために生活費を稼げないときは、市区町村役場に「高等職業訓練促進給付金」を申請して、修学期間中(3年以下)の生活費として月々75,000円~100,000円を受け取ることができます。 関連記事をチェック! 高齢や障害、その他の理由で生活困窮 生活が苦しくなるのは、ひとり親家庭だけではありません。 高齢や障害、その他の理由で生活が困窮している場合もあるでしょう。 生活が立ち行かなくなったときは、生活保護を申請することを検討してください。 申請してから受給までに1~3ヶ月ほどかかりますが、 貸付制度ではないので返済しなくても良いというメリットがあります。 もちろん、その分、審査は厳しくなっています。 障害で働けないとき 病気やケガが元で障害を負ったときは、加入している年金から障害年金を受け取ることができます。 障害の程度によっては、年間974,125円に扶養義務がある子どもの分を加算(子ども1人につき224,300円加算。 3人目以降については1人につき74,800円加算)して支給されます。 所得が著しく低いときは、「無料低額診療事業」を利用すれば、治療や診察の費用が無料~低額になります。 また、高額療養費制度も無料低額診療事業制度も利用できないときでも、個々の病院に相談すれば、診療費の分割払いが認められることもあります。 次の記事もぜひ参考にしてください。 介護のお金が足りないとき 介護資金が足りないときは、生活福祉資金貸付制度の福祉資金から580万円を上限として融資を受けられます。 しかし、生活福祉資金貸付制度を利用すると、かならず返済しなくてはいけませんので、年金で生計を立てている人にとっては、通常の生活費に返済金も加わると、生活がかなり厳しくなってしまいますよね。 介護資金が足りないけれどお金は借りたくないという人は、持ち家を利用してお金を借り入れる、民間金融機関の「リバースモーゲージ」を検討してみてはいかがでしょうか。 リバースモーゲージについては、次の記事で詳しく解説しています。 失業した理由や雇用保険の被保険者であった年数によって、受給できる日数は変わりますが、今まで受け取っていた賃金の50%~80%の金額を90日~360日分受け取ることができますので、ぜひとも活用しましょう。 ただし、ハローワークに離職票を提出して基本手当の申請をしてから、7日間の待機期間が終わり、さらに3ヶ月間の給付制限期間(基本手当が受け取れない期間)が終わってから支給時期が始まります。 そのため、受給開始までには 少なくとも4ヶ月半ほど待たなくてはなりません。 一方、会社都合で退職した場合は給付制限期間がありませんので、自分都合で会社を退職した場合より、約3ヶ月早く基本手当を受け取ることができます。 ただし早いと言っても、 実際に失業保険が振り込まれるのは約5週間後ですので、すぐには受け取れないということは覚えておきましょう。 いずれの職業訓練も、基本的には無料で受講できますし、条件を満たすと交通費等が支給されることもあります。 失業中の期間を活かして、スキルアップを目指しましょう。 離職中に生活福祉資金貸付制度を利用するときは、ハローワークで求職申し込みをすることが必要条件となりますので、 ハローワークで求職申し込みをすると同時に、生活福祉資金貸付の申し込みも済ませてください。 就職先を早く見つけるためにも、当座の生活費を準備するためにも、こまめにハローワークに通い、便利に活用してくださいね。 詳しくは、次の記事をご覧ください。 関連記事をチェック! 自分で学費を稼いでいる場合は奨学金を検討する 学費も生活費も同時に稼ぐことが難しいときは、奨学金を利用することが勧められます。 学校に通う間は学業と生活費の確保に専念し、卒業してから学費を返済するという方法も考慮してみてはいかがでしょうか。 たとえば、日本全体の大学生のうち2. 6人に1人が利用している「日本学生支援機構(JASSO)」では、家計基準も特に厳しくありませんので、ほとんどの家庭で有利子奨学金なら利用できるように設定されています。 <世帯人数とそれぞれの奨学金を受給できる給与所得限度額> 無利子貸与型奨学金 有利子貸与型奨学金 3人世帯 657万円 1,009万円 4人世帯 747万円 1,100万円 5人世帯 922万円 1,300万円 また、日本学生支援機構以外でも、財団や企業、地方自治体等で奨学金を実施していることがあります。 募集人数が少なく、審査も厳しいものとなりますが、給付型のものが多いために後で返済する必要もありませんので、気になるかたは検討してみましょう。 地元の市区町村役場や大学の学生課で、詳しい情報を提供してもらうことが可能です。 関連記事をチェック! 長期休みを利用したアルバイト 社会人になったら、1ヶ月や2ヶ月単位の休みは取りにくくなってしまいますが、大学生のうちなら夏休みや冬休み等にまとまった期間の休みを取ることも難しくありません。 1ヶ月以上あれば住み込みでもバイトもできますので、リゾート地や農場、港町等で仕事をするのはいかがでしょうか。 生活費込みで募集されることもありますので、効率よく稼ぎたい人にはうってつけの仕事です。 治験に参加する 治験も高単価のバイトですが、体調や特定の成分の血中濃度などを細かく検査されますので、1週間~1ヶ月ほど拘束されることがあります。 しかし、リゾート地のバイトと同様、治験期間中の生活費はかからないことが多いですので、生活費の工面に頭を悩ますこともありません。 詳しく知りたいかたはこちらのページを読んでみてください。 関連記事をチェック! 教育ローン 金融機関の教育ローンを利用する方法もあります。 ただし、ほとんどの教育ローンは学生本人ではなく保護者が借りる仕組みになっていますので、保護者としっかりと話し合ってから決めましょう。 教育ローンは目的が限定されているローンですので、フリーローンやカードローンと比べると金利は低くなるというメリットがあります。 しかし、生活費ではなく学費に使用することが決まっていますので、学費の支払い明細書等を提出するなど、一般的な無目的ローンよりは提出書類が多くなります。 学生ローン 学生ローンは、学生本人が借りられるローンですので、20歳を超えていれば保護者の同意を必要としない商品がほとんどです。 通常の消費者金融のカードローンと同じく、金利が年18~20%と高く設定されていることが多いですので、他の手段で融資を受けられない場合のみ検討するようにしてください。 学生ローンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。 関連記事をチェック! 留学したい!でも生活費が不安 視野と可能性を広げるために留学をしたい、というかたもいるでしょう。 ですが、日本とは異なる土地ですので何かとお金がかかります。 それに加え、学生ビザではアルバイト等が認められていない国も多くありますので、アルバイトをして学費や生活費を稼ぐという案も難しくなります。 留学したいけれどもお金が不安というかたは、次の3つの方法を検討してみましょう。 日本の奨学金制度を活用する 日本学生支援機構で、留学する際にも奨学金を借りられます。 国内の大学に進学する場合と異なり、 給付型はなく一律貸与型となります。 家計基準はありますが、大学院に進学して修士以上の学位を取得する場合と短期(3ヶ月以上1年以下)の場合は、無利子の奨学金も利用できます。 授業料以外にも、渡航費や新生活を始める費用、入学金等、さまざまな費用がかかってきますよね。 留学関連費用として、10万円~50万円の留学時特別増額貸与奨学金も利用できますので、必要なときは申し込みましょう。 留学先の国の政府や企業が実施している奨学金も、条件さえ合えば申し込めます。 留学先で提供している奨学金は 大学等の学生課で尋ねることもできますが、 大学や留学案内のホームページ等から検索できることもありますので、渡航前にかならずチェックするようにしてください。 単位制の場合は早く単位を取得して在学期間を短縮する 学校によっては、必要単位さえ修得すれば規定年数以下でも卒業できることがあります。 少しでも生活費や学費を減らしたい場合は、勉学にいそしみ、早めに単位を取得して、在学期間を短縮することも検討してみましょう。 また、マレーシアなど、大学が4年制ではなく3年制の国を選んで留学するという方法もおすすめです。 住むところもないという極限の状態なら 日々の生活に困っている状態が極限にまで達すると、「住むところにも困っている」状態、いわゆるホームレスになってしまうでしょう。 そんな極限の状態に達してしまっている場合は、ホームレスに対する支援を行っているNPOの力を借りることも、検討してください。 ホームレス支援を行っているNPOを利用 「ホームレス支援全国ネットワーク」や「Homedoor」など、ホームレス支援を行っているNPOはたくさんあります。 ホームレスのかたに食事や一時的な住居を提供したり、仕事の斡旋を行ったりといった活動を行っているので、ホームレスになって困っている場合には非常に頼りになる存在です。 NPOと聞くと、少しとっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありませんので、利用できるものは何でも利用してホームレスからの脱却を図りましょう。 ホームレス支援で社会再参画を こういったNPOでは場当たり的な支援ではなく、ホームレス生活から抜け出した後に自立していけるように、継続的な支援を行ってくれます。 ホームレスから抜け出して再び社会参画ができるようになれば、安定した収入が得られる職業にも就きやすくなり、お金に困ることも減っていくはずです。 NPOの支援を最大限活用して、社会復帰までの最短ルートを進んでいきましょう。 まとめ 生活に困ったときこそ、公的支援制度をフルに活用しましょう。 また、ケガや失職などの一時的な理由でお金がないときは、ハローワークにこまめに通い、支援を受けながらできるだけ早期に再就職できるように図ってください。 将来に対する希望と「現状を打破したい」という強い思いがあれば、かならず道は開けるはずです。

次の

【弁護士が回答】「福祉生活支援貸付制度」の相談25件

生活福祉資金貸付制度 ブラックリスト

種類 説明・条件 総合支援資金 生活支援費 生活再建のためにハローワーク等で求職活動をしながら、3~6カ月の間の生活費を借りる制度。 単身世帯だと月15万円以内、家族世帯だと月20万円以内まで。 住宅入居費 引越し、住居探しに伴う敷金・礼金・保証料などを借りるための制度。 なお、家賃の援助自体は「住居確保給付金」制度を利用する。 一時生活再建費 公共料金(電気ガス水道、家賃等)の滞納により、生活再建で一時的に不足する日常生活費を借りるための制度。 債務整理の費用も借りれる。 60万円以内。 福祉資金 緊急小口資金 緊急かつ一時的に生活の維持ができなくなった場合に、10万円以内の金額を無利子で借りれる制度。 最短5営業日以内の振込で、返済期限は1年。 総合支援資金 生活支援費 生活再建のためにハローワーク等で求職活動をしながら、3~6カ月の間の生活費を借りる制度。 単身世帯だと月15万円以内、家族世帯だと月20万円以内まで。 住宅入居費 引越し、住居探しに伴う敷金・礼金・保証料などを借りるための制度。 なお、家賃の援助自体は「住居確保給付金」制度を利用する。 一時生活再建費 公共料金(電気ガス水道、家賃等)の滞納により、生活再建で一時的に不足する日常生活費を借りるための制度。 債務整理の費用も借りれる。 60万円以内。 福祉資金 緊急小口資金 緊急かつ一時的に生活の維持ができなくなった場合に、10万円以内の金額を無利子で借りれる制度。 最短5営業日以内の振込で、返済期限は1年。 生活福祉資金も、もちろん借りるにあたって審査があります。 ですが、銀行のような営利組織ではなく福祉資金なので、いわゆる債務整理ブラックの方でも、条件を満たせばお金を借りることができます。 この記事では、上記の中でも有名な「緊急小口資金」「一時生活再建費」を取り上げます。 緊急小口資金を借りるための条件 緊急小口資金を借りるための条件は、一般的には、 1)低収入であること 、 2)緊急かつ一時的な生活困難であること 、 3)今後1年以内で返済できる見通しが立つこと 、 の3つです。 低収入の基準っていくら? この基準は、各都道府県の社会福祉協議会によって異なります。 例えば、東京都の社会福祉協議会では、平成29年度で以下の基準になっています。 一般的な市区町村では、大体、「市民税・県民税が非課税になるレベル」「住民税の均等割のみ課税になるレベル」の収入を基準としているようです。 これは単身世帯であれば、年収100万円以下くらいが目安になります。 ご自身のお住まいの都道府県の基準がわからない場合は、各市区町村の社会福祉協議会の窓口に電話をして聞いてください。 「市町村名 + 社会福祉協議会」で検索すれば、すぐに窓口の電話番号を探すことができます。 緊急かつ一時的な困窮であること 緊急小口資金は、給付ではなく貸付なので返済義務があります。 つまり生活困窮の原因があくまで一時的な支出増(または収入減)によるもので、将来的には、生活収支が改善して返済できる見通しが立っていなければなりません。 具体的な対象理由として、東京都の社会福祉協議会は以下を挙げています。 【 対象理由 】• 医療費または介護費の支出で、臨時の生活費が必要• 火災や被災、給料盗難等によって生活費が必要• 年金、保険、公的給付が開始するまでの生活費のつなぎ• 会社からの解雇、または休業で収入が減った• 滞納していた税金や保険料を払って生活費が不足• 事故等で損害を受けたことによる支出の増加• 就職先が決まり、初回の給与を貰うまでの生活費のつなぎ 逆に、緊急小口資金を利用できない世帯として、 「収入が少ないために恒常的に生活全般に困窮している世帯」 「多額な借金があって返済が滞っている世帯」 「債務整理の予定がある、債務整理中である世帯」 と記載されています。 参考リンク 要するに、 収入が少なくて常に生活に困っている方、今後も食べていけない方は、生活保護や他の福祉資金を検討してください、ということです。 緊急小口資金は、あくまで一時的なトラブルや資金繰りで、直近の生活費のみ不足している人が対象です。 根本的に生活が破綻している人は、後述する総合支援資金を申請するか、先に債務整理をするか、生活保護を申請する()、などの選択肢を検討することになります。 緊急小口資金の貸付条件 項目 内容 上限額 10万円以内 利息 無利子 貸付時期 申込みから最短5営業日 返済期間 12カ月以内 据置期間 2カ月 保証人 不要 任意整理の返済中でも緊急小口資金は借りれるか? 前述のように、根本的に生活が破綻している場合はダメですが、そうでなければ、単に「借金がある」「任意整理の返済中である」というだけで即審査落ちになることはありません。 例えば、任意整理の返済額が多すぎて生活に困窮している、という場合は対象外です。 ですが、しばらくの間だけ家族の医療費を支払っていたので一時的に生活に困窮している、というケースであれば、任意整理の返済中であっても貸付対象にはなるでしょう。 信用情報の開示の有無 生活福祉資金の貸付けにあたって、「信用情報が開示されるか?」を心配される方も多いようですが、2017年8月現時点では、どの社会福祉協議会も、信用情報機関(CIC・JICC)には加盟していません。 ただし通常は申請時に、借入額や月々の返済額がわかる書類や通帳等の提出を求められます。 月々の返済額が大きい場合は、審査に不利になる可能性があります。 こちらは緊急小口資金とは異なり、「すぐに返済できる目途」がなくても借りられます。 ただし再就職した後の給与で返済しなければならないので、病気やケガで働けない人は対象になりません。 自立支援機関に相談して就職活動をすることが、お金を借りる条件になります。 一時生活再建費の貸付条件は? 一時生活再建費は、いま現在、日常的に生活に困窮している方が、再就職を目指すまでの間の生活費を借りることのできる制度です。 借金を抱えている方や、任意整理の返済中の方でも、借りられる可能性はあります。 (債務整理の費用は、都道府県の社協によっては対象外なので事前に確認してください) 【 必要書類の一部 】• 債務の総額・返済額・返済状況がわかる書類• ただし、もちろん審査はありますので、明らかに現状の返済額に無理があったり、生活の再建が困難である(就職後の給与で返済できる見込みがない)と判断されれば、貸付は不可となるでしょう。 借金そのものが生活困窮の原因である場合は、やはり債務整理を先にするしかありません。 なお、一度、任意整理をした後でも、個人再生や自己破産を検討することは可能です。 【最後に】重要なことまとめ 生活福祉資金は、債務整理ブラックの方、任意整理の返済中の方でも借りることのできる数少ない借入金の1つです。 しかし税金による公的融資なので、返済可能かどうかの審査はかなり厳格です。 提出書類も多いので、必要な書類を揃えるだけでも一苦労です。 さらに振り込まれるまでのスピードも遅く、緊急小口資金ですら書類準備も含めれば1週間以上、総合支援資金に至っては1カ月以上かかると思った方がいいです。 つまり「明日の生活費が足りない」というギリギリの状態で役所などに駆け込んでも、すぐには助けて貰えないということです。 家計が行き詰まりそうな場合には、なるべく早く動いて福祉協議会の窓口などに相談してください。

次の

緊急小口資金の申請は超簡単だった。審査も甘い?ほぼスルーって?

生活福祉資金貸付制度 ブラックリスト

記事の目次• 銀行でお金を借りやすい理由とは ローンに申込む際は必ず理由(資金用途)を申告しなければなりません。 ローンによっては、資金使途を限定しているものもありますので、お金を借りるための理由によっては借りられないこともあります。 では、自由な資金に利用できるフリーローンやカードローンの場合は、どのような理由だと借りやすいのでしょうか。 フリーローンの借入理由 フリーローンは、基本的には何にお金を使用しても問題ないローンですが、申込時に申告した使い道にしか借りたお金を使用することができません。 そのため、お金を使う理由について見積書などの根拠が必要になる場合もありますし、きちんと申告した資金に利用したのかを確認するために、融資金の振込を条件とする銀行もありますし、領収書などが必要になることもあります。 また、おまとめローンがある銀行では、おまとめはフリーローンの借入理由として認められないこともあり、銀行によって、どこまでフリーローンで認めてくれるのかということは大きく異なります。 フリーローンで借りやすくなる理由は、銀行が融資対象としていないものであればほぼ大丈夫であり、非常に幅広い範囲の資金が該当すると言えます。 カードローンの借入理由 カードローンは、何にお金を使用しても自由なローンです。 また、お金を借りる理由についても、フリーローンのように見積書などの証明書類は必要なく、銀行も申告した理由通りに借りたお金が使われるとは考えていません。 そのため、カードローンにおいて借りやすくなる理由は、基本的にはどんなものでも良いです。 しかし、この理由によっては、審査に悪影響が出るものもあります。 お金を借りやすい理由の具体例 カードローンやフリーローンでは、基本的に銀行の商品概要に沿っていれば何にでも借りることができます。 しかし、資金使途によっては借りやすくなる理由があるのも事実です。 ここでは、フリーローンやカードローンが借りやすくなる理由をいくつか挙げていきたいと思います。 冠婚葬祭費用 結婚披露宴への参加や、親族がなくなった際の花代などの場合、かかる費用は数万円です。 そのため、10万円程度のカードローンを利用したい場合は、冠婚葬祭費用を理由にすることで、整合性も取れて借りやすくなります。 また、自身の結婚披露宴の資金や親が亡くなったなどの際は、数百万円のお金が必要になります。 この場合、ホテルや葬儀会社からきちんとした見積などを貰うことができます。 このため、資金の支払い先もしっかりとしており、フリーローンを借りやすくなります。 旅行やレジャー費用 旅行やレジャーというのは、意外とお金がかかるものであり、特に海外旅行ともなれば多額のお金が必要になります。 そのため、旅行費用のためにお金を借りることは不自然ではなく、カードローンの申込理由にはぴったりです。 また、旅行会社のパンフレットなどで必要な資金を確認できますので、フリーローンを借りる際の理由にも有効です。 引っ越し費用 引っ越しを業者に頼むことで、意外と多くの費用が必要になります。 前もって引っ越しが決まっている場合には、業者から見積書などを貰うことができますので、フリーローンの資金使途証明資料に利用できます。 また、転勤などで急に引っ越しが必要になることもありますので、カードローンの借入理由としてもぴったりであり、借りやすくなります。 習い事の費用 習い事にかかる費用は、毎月払っていくものと、試験などで随時払っていくものがあります。 そのため、比較的高額になることもあり、正確な費用を把握することは難しいです。 カードローンで少し多めに借りたい場合には、習い事を理由にすることで借りやすくなります。 フリーローンで借りたい場合には、習い事をするために購入するものがあれば、そのパンフレットや見積書で借りることができますし、銀行の中には習い事専用のフリーローンを提供しているところもありますので、このような商品に申し込むことでも借りやすくなります。 関連記事をチェック! カードローン審査通過の5つのコツ フリーローンの場合、多くが資金使途を証明する資料の提出を銀行から求められます。 そのため、その資料を提出して過剰な借入金額となっていなければ理由として成立します。 しかし、カードローンは申込時に見積書などの資料提出が必要ないローンです。 そのため、手続きが簡単というメリットはありますが、だからこそ、理由そのものが若干ですが審査にも影響を与えることもあります。 そのため、お金を借りる理由と申し込み金額が一致していることが重要です。 例えば、テレビを購入するのに200万円と申し込んだとしたら、その理由と申込金額には整合性がないことになります。 また、テレビだけでなく、家電製品の購入として場合でも、さすがに全部を合わせて200万円もの製品を買うという理由は苦しいです。 200万円を借りる際に適切な理由としては、先ほども紹介した結婚資金や葬儀費用、高級家具の購入資金というような理由が挙げられます。 もしも金額と理由に整合性がない場合には、理由に見合った金額まで減額されてしまうこともあります。 例えば、葬儀にかかる費用には、実際に葬儀にかかる費用もあれば、礼服を購入する費用もあります。 借りる理由が2つになれば、それだけ借りる金額も多くなり、先ほどの整合性の部分をクリアできます。 筆者は自動車修繕費用と、他債務返済費用と述べて、申込金額と理由の整合性が取れた理由で申し込んだことがあり、最優遇金利でカードローン審査に通過したことがあります。 個人では最も審査が厳しい住宅ローンでも、住宅の新築資金の他にも火災保険の保険料や引っ越し資金まで借りられるように、カードローンでも理由が複数あっても問題ありません。 そのため、過剰な借入をして返済できない状況とならないように、お金を借りる理由が身の丈に合った買い物かどうかも銀行はしっかりと見ています。 例えば、年収200万円に満たない人が100万円以上する高級バッグを購入するような場合には「身の丈に合った買い物ではない」と判断されて、減額や否決となってしまうこともあります。 これはカードローン審査でもそうですが、資金使途を見積書などによって確認するフリーローンではさらにその傾向が強くなります。 すると、申込直後の申込内容確認の電話の際に、審査担当者から「自動車修繕だと自動車ローンもありますし、おまとめだとおまとめ専用ローンもありますが、カードローンでよろしいですか?」と確認が行われました。 カードローンを借りる理由が他のローンで対応できる場合には、「なぜカードローンなのか、カードローンで大丈夫か」という確認が行われることが少なくありません。 このような時は「カードローンは毎月返済額が少ないから、複数の借金をするよりもカードローンで1本で借りたい」などと言う理由を応えれば問題ありません。 しかし、先ほどもお話しましたように、カードローンでは「返済できるかどうか」が最も大事であり、返済できると判断できれば、銀行とすれば借りたお金を何に使用してくれてもよいと考えています。 そのため、筆者が銀行員時代には、資金使途欄に「未定」と記入して審査に通過した人も実際に存在しました。 審査に影響しないこともないのですが、やはりカードローン審査において、お金を借りる理由は大きくは影響しません。 関連記事をチェック! 資金用途に嘘をついたらどうなる? カードローンの場合、資金使途を証明する資料や融資後に領収書などの提出もありません。 そのため、基本的には資金使途を偽ったとしてもバレることはほぼありません。 しかし、何かの拍子に資金使途を偽っていることがバレる可能性もあります。 偽ったことがバレたタイミングが審査時である場合には、カードローンの利用限度額を減額されてしまう可能性があります。 ですが、融資後にバレた場合は、特に問題はありません。 例えば、家電製品購入を理由にして契約した場合でも、事情によって購入を見送る可能性もあり、たとえ使わなかった理由を聞かれたとしても結局買わなかったと言えばそれまでです。 カードローンのダメな理由 カードローン審査においてはそれほど大きく影響しない「お金を借りる理由」ですが、やはり審査に通りにくい理由や、法的にアウトな理由は存在します。 その理由というのが、公序良俗に反する理由や、返済の見込みが立たない理由、投資・事業資金目的の理由であり、このような理由は審査に通過できません。 ギャンブル資金 カードローンの借入金をギャンブルや風俗・キャバクラへの使用は、基本的に審査には通過できません。 その理由としては、浪費に該当するためであり、対価となる財産を何も得ることができないうえ、ギャンブルなどで借りたお金は返済されない可能性が高いからです。 つまり、生活費のような必要資金にもならないためであり、銀行によっては「健全な消費性資金」をカードローンの資金使途として謳っているところもあり、このような場合はそもそも申し込みすらできません。 また、銀行はお金を融資することによって、経済を活性化して、社会の発展につなげるという公共的使命を負っているため、公序良俗に反する理由への貸付は基本的に行っていません。 しかし、銀行のような公共的使命を負っていない消費者金融などのノンバンクは、このような理由でも返済可能と判断さえできれば融資に応じてくれる可能性もあります。 転貸資金 誰かにお金を貸すための資金を転貸資金と言いますが、このような理由も銀行からお金を借りにくい理由です。 カードローンのみならず、すべてのローンは自分の収入の中から返済を行っていくということが大前提となっています。 しかし、転貸資金は、お金を貸した第3者から契約者がお金を回収し、それを返済に充てることが前提となっています。 銀行からしてみれば、申込人が「この人は絶対にお金を返済できる人だから大丈夫」といくら主張したとしても、その主張に根拠はないですし、銀行から融資を受けられないからこそ、転貸の必要性が生じたと見なします。 このため、誰かにお金を貸すための資金である転貸資金も、お金を借りる理由としては審査で著しく不利になってしまいます。 当該銀行での投資資金 銀行は投資信託・保険商品・国・外貨預金などの投資商品も取り扱っています。 銀行は、融資先に対して「お金を貸している」という優越的な地位を持っていますので、この地位を利用して投資商品を購入させることは法律によって禁止されています。 このため、銀行は基本的に自社の融資先(融資の相談を受けてから融資が実行されるまでの期間)に対して投資商品の販売を取り扱っていません。 よって、A銀行からお金を借りてA銀行の投資信託や保険などを購入するという理由は、絶対にお金を借りる理由としては認められません。 また、他の金融機関や証券会社で購入するという理由も避けたほうがよいでしょう。 投資はそもそも余裕資金であ、借金から行うものではな配当が不確定で元本割れのリスクがあるため、投資収益から返済が可能とは銀行は判断してくれません。 事業資金 カードローンは借りたお金を何に使用しても自由なローンですが、唯一事業資金にだけは使用することができません。 このため、会社の運転・設備資金や、会社の借金返済などの理由を書いた時点で、審査は即刻否決になります。 これは、個人事業主がカードローンに申し込む場合も同じであり、あくまでも個人用としなければ審査に通ることはありません。 もしも事業のためにカードローンを契約したい場合は、法人や事業主向けの事業専用のカードローンに申し込むようにしましょう。 その他の銀行融資の借入理由 カードローンやフリーローンの場合は、そこまで資金使途に制限がありません。 しかし、住宅ローンや自動車ローンなどのように、資金使途を限定しているローンの場合は、資金使途を限定しているからこそ低金利で借りられるものであり、そのローンに該当しない理由の場合は申し込むことができません。 では、ローン商品ごとにどのような資金に利用できるのかを、それぞれ紹介していきます。 住宅ローンの場合 住宅ローンは、居住用の住宅およびその関連費用にしか借りたお金を使うことができないローンです。 住宅ローンで許容される理由は以下の通りです。 また、住宅ローンは居住用の住宅の購入・建築・増改築にしか使用することができず、別荘などのセカンドハウスや、投資用不動産の購入・建築費用、増改築の費用には使用することができません。 本人が住んでいるからこそ、返済に励み、銀行にとってはリスクが低い商品であるためです。 自動車ローンの場合 自動車ローンは、自動車の購入やその関連費用に使用することができるローンです。 認められる理由は以下の通りです。 このため、車体の購入費用にしか使用することができない、貸金業者のオートローンやディーラーローンよりも認められる理由が多いという点はメリットです。 リフォームローンの場合 リフォームローンは、軽微なリフォームに対して融資を行うローンです。 自宅の延床面積が変わるほどの大規模なリフォームは、登記が変わるため住宅ローンで対応できることが一般的です。 リフォームローンが対応している理由は、以下の通りです。 また、バリアフリーなど特定のリフォームには、金利が優遇されることもあります。 教育ローンの場合 教育ローンは、教育関連の理由であれば幅広く対応しているローンです。 認められる理由は以下の通りです。 しかし、銀行の中にはカードローンタイプの教育ローンを提供しているところもあり、この場合は在学期間中に必要となる分を上限に利用限度額が設定されることになり、借入の際は見積などの書類が必要ありません。 銀行より公的援助を頼ったほうが良いケース お金を借りる理由には人それぞれ違いますが、理由によっては銀行などの金融機関ではなく、公的な援助制度を利用したほうが良い場合があります。 ここでは、「医療費を借りたい場合」と「失業でお金を借りたい場合」の2つのケースでお金を借りられる公的援助制度を紹介していきます。 医療費を借りたい場合 高額な医療費がかかった場合、「高額療養費制度」を利用することで上限以上の支払いは免除されます。 また、会社員が病気やケガによって会社を休むことで「傷病手当金」を受給できます。 しかし、高額療養費では一定割合は支払わなくてはなりませんし、傷病手当金では医療費をすべて賄うことができないこともあり、多少なりとも自己負担額が発生することになります。 このような場合には、• 高額医療費貸付制度• 中小企業従業員生活資金融資 を利用することで、無利子または低金利で借りることができます。 この他にも、医療費が無料または低額となる制度や、医療費の支払いが免除または猶予される制度もあります。 高額医療費貸付制度 高額医療費貸付制度は、高額療養費の返金までにかかる医療費を借りることができる制度です。 この制度では、会社員などの社会保険に加入している人であれば8割まで、個人事業主のような国民健康保険に加入している人であれば9割までを上限とし、無利子で借りることができます。 利用する際は、加入している健康保険組合や市区町村の健康保険の担当課で申し込むことができます。 中小企業従業員生活資金融資 中小企業従業員生活資金融資は、中小企業の従業員を対象とした貸付制度であり、生活の安定に資することを目的とした資金を借りることができます。 この制度は、基本的な借入上限は70万円までとなっていますが、特例として医療費は100万円が上限となっています。 利用する際は、都道府県と提携している労働金庫(ろうきん)で申し込むことができますが、借りるには所定の審査に通らなくてはなりません。 失業でお金を借りたい場合 失業によって収入がなくなると、銀行などからは借りることができません。 そのため、失業保険だけではお金が足りないという場合には、「生活福祉資金貸付制度」を利用しましょう。 この制度では、• 必要な資金を他から借りることが困難な低所得者世帯• 障害者手帳などの交付を受けた人が属する障害者世帯• 65歳以上の高齢者が属する高齢者世帯 に該当すればお金を借りることができます。 借りられる資金にはいくつか種類があり、その一部を以下で紹介していきます• 生活支援費・・・生活再建までの間に必要な生活費用• 福祉費・・・福祉用具の購入や医療費に必要な資金など• 教育支援費・・・子どもが高校や高専、大学などに修学するために必要な費用• 不動産担保型生活資金・・・生活資金に必要な費用(高齢者世帯が対象) この制度では、連帯保証人がいる場合には無利子となり、連帯保証人がいなくても1. 5%で借りることができます。 利用の際は、各市町村にある社会福祉協議会で申し込むことができます。 この際、初期投資が少ないなどで創業にかかる資金が少ない場合は、きちんと貯めていれば自己資金だけでも会社を作ることはできます。 しかし、建設業などで設備が絶対的に必要な業種の会社を起こす場合、どうしても個人の力だけでは創業に係る資金を貯めることができません。 そんな時でも創業できるようにするのが借入であり、今では創業する人を支援する融資商品や制度はたくさんあります。 これにより、長年考えてきた創業の夢を叶えることができますし、独立して会社を作ることもできます。 借金に対してはあまり良くないイメージを持っている人も多いのですが、そもそも借金というのは少ない資金でも夢を叶えられるようにするための方法です。 借金をしてまでと思うかもしれませんが、借金をするからこそ成り立っている人も多いですし、借金できる環境があるからこそ、経済も発展していくのです。 そのため、カードローンに申し込む際に嘘をついていたとしても、それが犯罪になるわけではありません。 しかし、カードローンを事業性の資金に利用した場合や、銀行で定めている融資対象外のために使用したことが発覚すると、カードローンの利用規定に違反することになります。 規定に違反した場合、カードローンの利用を停止させられてしまう可能性もありますし、借りている分の一括返済を求められることもあります。 カードローンのようなATMで自由に借りられるローンは、その資金使途を完全に把握することはできませんが、万が一バレると不利益を被ることになります。 そのため、お金を借りる理由は、申し込み時点で必要となっている理由を正確に申告し、利用中も禁止されている資金には使わないようにしなければなりません。 なお、カードローンで借りたお金を反社会的勢力などに渡している場合や、最初から犯罪目的で利用している場合には、犯罪となる場合もあります。 まず、普通預金口座に定期預金をセットして借りる(これを総合口座といいます)場合、お金を借りる都度理由を聞かれることはありませんし、口座振替時の残高不足やATMでも借りることができますので、その理由を銀行が完全に把握できません。 そのため、総合口座では借りる理由は必要なく、定期預金を担保にする際も、その理由を聞かれることはまずありません。 しかし、特定の目的のために定期預金を担保にして借りる場合は、その理由を申告しなければなりません。 例えば、祖母の定期預金を担保とし、孫がマイカー資金を借りる場合には、車の購入資金などのように、きちんと申告が必要になります。 この際、きちんと目的のために融資金が使われたのかを確認するために、振込や領収書の提出を求められることもあります。 この方法でお金を借りる人は少ないのですが、この方法では贈与税を払わなくても良いというメリットもありますので、覚えておいて損はありません。 また、商品概要で投資目的を禁止していない場合でも、審査に通ることはほぼありません。 しかし、カードローンであれば、借りた後の資金が何に使われているかを把握することは難しいですので、投資目的でも借りることはできます。 ただ、借りたお金で投資をすることは、さらなるリスクを生む行為ですので、望ましいことではありません。 あくまでも自己資金の範囲内で行うようにしましょう。 なお、投資目的への利用を禁止している銀行のカードローンで投資をした場合、それがばれればカードローン規定に違反することになりますので、一括返済を求められる可能性があります。 そのため、慰謝料や養育費を理由に銀行からお金を借りることは可能です。 人によっては、高額な慰謝料が発生することもありますし、養育費は長い期間払っていかなければならず、途中で収入が減少してしまえば払えなくなってしまう可能性もあります。 慰謝料の場合はフリーローン、養育費はカードローンというように、その目的に合わせてローンを使い分けることも方法ですので、よく考えて利用しましょう。 ただ、当然ですが審査に通らなければ借りることはできませんので、最低限、信用情報は正常にしておくようにしましょう。 また、中途で退職する可能性もありますので、常に状況を把握していなければなりません。 これを銀行がやろうとすると、業務量が大幅に多くなり、管理しきれなくなります。 たしかに、公務員のような退職金が確実に出るようなところに勤務していれば、審査で有利になるのですが、退職金自体は担保にしません。 退職金を担保にしてお金を借りたい場合は、自分が勤務している会社の福利厚生を確認してみましょう。 公務員や大企業には、福利厚生として退職金を担保に貸付しているところもあります。

次の