ある日お姫様になってしまった件について 58話 ネタバレ。 ある日、私は冷血公爵の娘になった【第58話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件

ある日お姫様になってしまった件について 58話 ネタバレ

弁護士カレシ第59話 はじまる弁護士としての私 朝の支度の最後に、ジャケットの襟に弁護士バッジをつける葵。 辰巳に「夏目先生」とからかわれ照れながらも、ふたり一緒に出勤です。 働くのはもちろんパラリーガルとしてお世話になっていた荒井所長の事務所。 沢渡さんも川田くんもメンバー変わりなくです。 おかえりーと葵に抱きつく川田くん。 辰巳と沢渡さんとで揃って川田くんを引き剥がすところまでがセットですね。 そして沢渡さんも遠慮なく葵を褒めたり食事に誘ったり。 結婚したわけじゃないからまだ可能性があると言う沢渡さんですが、これは辰巳が独占欲から結婚に踏み込むフラグでしょうか。 そんなやり取りをしていると、茉莉花が辰巳を訪ねてきました。 茉莉花は辰巳の情報提供者で葵の良き相談相手でもあるのですよね。 茉莉花は念願のネイルのお店を開くことになり、その顧問弁護士を辰巳にお願いに来たのでした。 そこで葵が弁護士デビューしたと知った茉莉花は、葵に顧問弁護士をお願いすることに。 弁護士初日に、クライアント第一号が決まった葵。 荒井所長から名刺を手渡されて、弁護士としての第一歩を踏み出しました。 茉莉花は自宅でネイルサロンを開業するのですね。 それに伴いどういう手続きや決め事が必要か葵が考えています。 この「弁護士カレシ」の面白いところは、基本は辰巳と葵のラブストーリーなんだけど、弁護士の仕事の内容や案件についての説明もしっかりされているところ。 それが素人でも分かりやすく表現されていて、ストーリーにも絡んでくるから展開に深みが出て面白いのだと思います。 初日だというのに、家に帰っても今日関わった案件について調べている葵に、辰巳は初日から飛ばしすぎるなとアドバイスします。 辰巳にそう言われながら頭を撫でられて、やっと1日の緊張が解けたようです。 その後は、ゆっくり過ごしたふたりですが、暴走した辰巳に葵は機嫌を損ねてしまいました。 次の日、事務所で辰巳にツンケンする葵。 このふたり、結構プライベート持ち込みすぎですよね。 辰巳は仕事中に葵のことを考えすぎです。 仕事中の葵を見て、以前より自信が生まれキレイになったと眺めていた辰巳ですが、なぜかその日から葵のことを避けるようになります。 そのまま泊まりの出張に出た辰巳。 葵が電話してと送ったメッセージにも応えず、すれ違うふたり。 出張から戻った辰巳は家に直帰せず事務所に。 事務所で辰巳を待っていた葵が早く会いたかったから待っていたと言うと、なぜか辰巳はため息をつきます。 そのことにショックを受けた葵に、辰巳が言ったことは。 葵がキレイになったと思ったら意識しすぎてしまい、触れたら自分を止められなくなる気がして距離を置いていたのですね。 辰巳としては頭を冷やすために我慢していたようです。 葵は辰巳の強引さにまだついていけてない時もあるけど、それも含めて好きになったのだからという思いで、ガマンしなくていいと言います。 そんなこと言ったらどうなるか知らねーよって、どうなっちゃうのでしょうね。 いいよ、辰巳くんならと微笑む葵を強く抱きしめる辰巳。 そして、葵に伝えたのは、プロポーズの言葉でした。 彼女としてそばにいてもらうだけじゃ足りない。 葵をちゃんと自分のものにしたいから結婚しよう、と。 葵はなんて返事するのでしょうか。 ここですんなり「はい」と言わないのが、今までの葵のパターンなのですが。 一気に盛り上がっていくのか、また紆余曲折いろいろ起こるのか。 結婚しちゃったら、もう沢渡さんもアプローチできなくなっちゃうし、どうなるのでしょうね。 次回も楽しみです。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」24話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 58話 ネタバレ

弁護士カレシ第59話 はじまる弁護士としての私 朝の支度の最後に、ジャケットの襟に弁護士バッジをつける葵。 辰巳に「夏目先生」とからかわれ照れながらも、ふたり一緒に出勤です。 働くのはもちろんパラリーガルとしてお世話になっていた荒井所長の事務所。 沢渡さんも川田くんもメンバー変わりなくです。 おかえりーと葵に抱きつく川田くん。 辰巳と沢渡さんとで揃って川田くんを引き剥がすところまでがセットですね。 そして沢渡さんも遠慮なく葵を褒めたり食事に誘ったり。 結婚したわけじゃないからまだ可能性があると言う沢渡さんですが、これは辰巳が独占欲から結婚に踏み込むフラグでしょうか。 そんなやり取りをしていると、茉莉花が辰巳を訪ねてきました。 茉莉花は辰巳の情報提供者で葵の良き相談相手でもあるのですよね。 茉莉花は念願のネイルのお店を開くことになり、その顧問弁護士を辰巳にお願いに来たのでした。 そこで葵が弁護士デビューしたと知った茉莉花は、葵に顧問弁護士をお願いすることに。 弁護士初日に、クライアント第一号が決まった葵。 荒井所長から名刺を手渡されて、弁護士としての第一歩を踏み出しました。 茉莉花は自宅でネイルサロンを開業するのですね。 それに伴いどういう手続きや決め事が必要か葵が考えています。 この「弁護士カレシ」の面白いところは、基本は辰巳と葵のラブストーリーなんだけど、弁護士の仕事の内容や案件についての説明もしっかりされているところ。 それが素人でも分かりやすく表現されていて、ストーリーにも絡んでくるから展開に深みが出て面白いのだと思います。 初日だというのに、家に帰っても今日関わった案件について調べている葵に、辰巳は初日から飛ばしすぎるなとアドバイスします。 辰巳にそう言われながら頭を撫でられて、やっと1日の緊張が解けたようです。 その後は、ゆっくり過ごしたふたりですが、暴走した辰巳に葵は機嫌を損ねてしまいました。 次の日、事務所で辰巳にツンケンする葵。 このふたり、結構プライベート持ち込みすぎですよね。 辰巳は仕事中に葵のことを考えすぎです。 仕事中の葵を見て、以前より自信が生まれキレイになったと眺めていた辰巳ですが、なぜかその日から葵のことを避けるようになります。 そのまま泊まりの出張に出た辰巳。 葵が電話してと送ったメッセージにも応えず、すれ違うふたり。 出張から戻った辰巳は家に直帰せず事務所に。 事務所で辰巳を待っていた葵が早く会いたかったから待っていたと言うと、なぜか辰巳はため息をつきます。 そのことにショックを受けた葵に、辰巳が言ったことは。 葵がキレイになったと思ったら意識しすぎてしまい、触れたら自分を止められなくなる気がして距離を置いていたのですね。 辰巳としては頭を冷やすために我慢していたようです。 葵は辰巳の強引さにまだついていけてない時もあるけど、それも含めて好きになったのだからという思いで、ガマンしなくていいと言います。 そんなこと言ったらどうなるか知らねーよって、どうなっちゃうのでしょうね。 いいよ、辰巳くんならと微笑む葵を強く抱きしめる辰巳。 そして、葵に伝えたのは、プロポーズの言葉でした。 彼女としてそばにいてもらうだけじゃ足りない。 葵をちゃんと自分のものにしたいから結婚しよう、と。 葵はなんて返事するのでしょうか。 ここですんなり「はい」と言わないのが、今までの葵のパターンなのですが。 一気に盛り上がっていくのか、また紆余曲折いろいろ起こるのか。 結婚しちゃったら、もう沢渡さんもアプローチできなくなっちゃうし、どうなるのでしょうね。 次回も楽しみです。

次の

『ある日、お姫様になってしまった件について』

ある日お姫様になってしまった件について 58話 ネタバレ

俺がお嬢様学校に 「庶民サンプル」として拉致られた件 ジャンル 、 小説 著者 イラスト 出版社 レーベル 刊行期間 12月 - 7月 巻数 全11巻+短編1巻 漫画 原作・原案など 七月隆文(原作) 閏月戈(キャラクター原案) 作画 出版社 一迅社 掲載誌 レーベル 発表期間 7月号 - 11月号 巻数 全15巻 漫画:俺がお嬢様学校に 「庶民サンプル」としてスピンオフされた件 原作・原案など 七月隆文(原作) 閏月戈(キャラクター原案) 作画 Sw 出版社 一迅社 掲載誌 月刊ComicREX レーベル REXコミックス 発表期間 8月号 - 2016年7月号 巻数 全2巻 アニメ:俺がお嬢様学校に 「庶民サンプル」としてゲッツされた件 原作 七月隆文 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 佐野隆雄 音楽 アニメーション制作 製作 清華院桜藤会 放送局 ・ 他 放送期間 2015年10月 - 12月 話数 全12話 - プロジェクト ・・ ポータル ・・ 『 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』(おれがおじょうさまがっこうにしょみんサンプルとしてらちられたけん)は、によるの。 イラストは。 からまで、()より刊行された。 メディアミックスとして、『』7月号から11月号まで、作画による漫画版が連載。 発売の小説第5巻特装版では化され、10月から12月にはアニメ化された。 あらすじ [ ] ごく平凡な高校生・ 神楽坂公人は、ある日突然「 清華院(せいかいん)女学校」に拉致されてしまう。 そこは名家の令嬢のみが集い、伝統と格式を重んじる超お嬢様学校。 生徒達は外界とは全くの無縁で、敷地から外に出ることさえも全く無い。 おまけに父親以外の男性や世間の一般常識、挙句は流行を全く知らないままの「超絶箱入り娘」として学校生活を送る。 ゆえに卒業して一般社会に出ても世間に対する常識や耐性が皆無であるがために、近年では現実に絶望して引きこもりのと化す者が多くなってしまった。 そんな問題を解決すべく、異性と世間に免疫をつける教育のために拉致されてきた公人だったが、彼女達は 庶民や 男性の物珍しさや、その純粋さから、彼が学園に来たことを大いに喜ぶ。 そんな中、孤独に悩んでいた同級生の 天空橋愛佳は目立つために公人と共に2人だけの部活「 庶民部」を結成する。 しかし、同様に友人のいない 汐留白亜や 神領可憐が加入、更にはクラスで人気の学級委員長である 有栖川麗子まで加入してくる。 1人だけの表記の場合はテレビアニメ版のみの声優であることを示す。 高等部1年。 (10年)生まれ。 身長174cm 体重58. 9kg。 友人の人数11人。 一日の食事の回数3回。 睡眠時間7時間。 月の小遣額5000円。 成績は平均的で、趣味は料理。 両親の他に姉が一人いる。 庶民サンプル候補No. 72581 普通の高校生(庶民)であったが、ある日、清華院女学校の女生徒に男性というものを直に教えるために拉致され、「庶民サンプル」としてお嬢様学校での生活を余儀なくされる。 平凡な高校生であるが、誰に対しても分け隔てなく接する優しさ、困っている人がいれば助ける正義感を持っており、周りからの評価は高く、慕われている。 愛佳や恵理など、誰もが関わりを避けるほどの面倒臭い性格の子にさえ親身に世話を焼くお人好しでもあり、その世話焼きな気質(愛佳曰く「召使い体質」)から中学時代は「 セバスチャン」のあだ名で呼ばれていた。 かなりの太ももフェチであり、女性の太ももに対して人並ならぬこだわりを持っている。 清華院女学校では、女子生徒に手を出さないようにするための策として、男性好きの筋肉フェチを装う羽目になっている。 庶民ランドへの課外研修中に露天風呂でのぼせて昏倒した際に愛佳に人工呼吸を受け、これが元で愛佳との交際疑惑を持たれてしまう(しかも愛佳が咄嗟に「公人とキスした」と言った上、昏倒していて知らなかった公人に対して真相をはぐらかしたため、可憐に要らぬ誤解を与えた)。 実は幼少時、みゆきの実兄の一と容姿がそっくりだったことから入れ替わっていた時期があり、みゆきがいじめられていたのを助け、愛佳とも出会っている。 公人自身はこのことを長らく忘れていたが、学園で生活していくうちに次第に思い出していき、最終的に全ての記憶を取り戻した。 にこだわりを持っていたが、すでにみゆきに奪われていた ことにショックを受けていた。 高等部1年。 どんな嘘でも信じてしまうことから、公人に「 ツンピュアさん」(+ピュア)というあだ名を付けられている。 容姿は可愛いのだが、人見知りでヘタレな性格。 ただ、人見知りなのは他者の印象であり、本当は良くも悪くも純粋なだけ。 嘘をつくのがとても苦手で思ったことを口に出してしまうため、過去に友人を傷付けた経験をしたことから、他の生徒との関係を壊してしまうことを恐れて自ら距離を取っている。 だが、必要以上に避ける傾向から、かえって周囲の人間関係をこじれさせてしまう事もある。 これが原因で友達が出来ず、公人を利用して「 庶民部」を結成し、目立とうと奮闘しているが、目立てる場面に限ってヘタレ全開で動けなくなり、すぐさま人と距離を置くため、公人には辟易されている。 食事も一人でしており、本人曰く「離れでの食事は落ち着く」とのことで、トイレにこもって弁当を食べて(=「」をして)いた。 前述の性格が元で、公人が転向してくる以前より自分に分け隔てなく接しようとしてくれた麗子に対しそっけない態度を繰り返してしまっており、彼女自身も気付かない内に鬱屈を溜め込ませてしまう原因を作っていた。 そして、お茶会での事件で、公人に恋心を寄せていた麗子を無自覚に傷つけてしまった結果、遂に彼女の不満を爆発させてしまい、事あるごとに対立する犬猿の仲となってしまう。 白亜と公人の件では彼が召使い体質であることを感覚的に見抜いたりするが、母譲りのトラブルメーカーであり、特に公人関連では彼に真相を話すことを拒むなど、肝心なことをはぐらかすため、度々余計な騒動を起こす。 お嬢様にも関わらず喜怒哀楽が激しく、庶民みたいな言葉遣いで話す。 本人の言葉によると「小学四年の時に熱を出して倒れて、気がついたらこうなっていた」という。 公人曰く「雑種」。 実は六年前のクリスマスパーティーで一と入れ替わっていた公人と出会い、公人に誘われてパーティーを抜け出していたが、後日高熱を出してその記憶を公人が清華院に訪れるまで忘れていた。 高等部1年。 庶民部部員。 御三家本流の一つ・有栖川家の令嬢。 品行方正。 全身から優雅で気品が溢れており、公人から「 お嬢様・オブ・お嬢様」と称される。 兄にの正臣がいる。 クラス(高等部1年桜組)では委員長を担当。 当初から「庶民サンプル」の公人に好意的に接していたが、偶然浴場で公人に裸を見られて以降、公人に「お嫁にもらって頂くしかない」と固く誓い、未来の婿として強く意識するようになる。 公人が転向してくる以前より、皆に心を開こうとせず周りの気持ちを顧みない愛佳に対しても、何とか気を使って歩み寄ろうとし、また愛佳の態度を快く思わない同級生達の事を宥め、彼女に危害が及ばないよう努力していた。 しかし、愛佳の方は一向に自分を変えようとしないばかりか、自分が恋心を寄せるようになった公人と親しく接していた結果、次第に不満や嫉妬心を募らせる様になり、「お茶会事件」がきっかけで遂にそれが爆発。 生まれて初めて本気で怒った結果、愛佳と感情的になって揉み合う程の喧嘩となり、以降は事あるごとに対立する程、犬猿の仲となってしまう。 その後、白亜が庶民部への入部意思を示したことで、これに追従するように入部を宣言し、庶民部三人目の女子部員となる(この時、による封を施した入部届けを手渡していた)。 メインヒロインの1人にも関わらず、キャラクター紹介では、他の主要キャラがカラーで紹介されているのに、自身だけモノクロだったり、他の主要キャラと並んで紹介されると不鮮明な形でしか紹介されておらず、アニメ版以外では割と不遇な扱いをされている。 普段の姿からは想像を絶するレベルの音痴で、歌い始めればその酷い歌声は音波兵器と化して周囲を揺るがし、破壊し尽くす。 そのため、愛佳は麗子が歌うのを極度に恐れている。 周囲が麗子に気を遣って指摘しないため、本人は気付いていない。 中等部2年。 庶民部部員。 工学や化学などの分野で数々の特許を取得し、数学の論文で賞を得るほどの天才少女。 世界各国の大企業から開発依頼を受けており、特許収入で建てたを生活の場としている。 何かを思いつくとどこにでも数式を書き出してしまう「 閃きモード」が発動し、何故か脱衣してしまう癖を持つ。 その反面、小学校低学年生にしか見えない外見に加えて喜怒哀楽に乏しく、着衣すら自分で出来ないほど生活能力が低いため、生活面はメイドのサポートが必須となっている。 逆にメイドの方は白亜の生活面を一から十までサポートしなければならないことから、ほとんどが一年と持たずにギブアップしてしまう有様。 公人と偶然出会い(歓迎式の日もラボにこもっていたので、彼のことは伝聞でしか知らなかった)、世話してもらったことから非常に懐いており、淡い恋心を抱いている。 基本的にラボにこもっているが、公人に出会って以降、暇を見つけては彼の部屋を訪れるようになり、公人と一緒にいたい一心から自ら入部届を書いて庶民部への入部を宣言し、愛佳に次ぐ二番目の庶民部女子部員となる。 ただ、白亜自身は公人にラボで一緒に居てほしいと願っており(実際、最初の出会いでラボに帰った時、公人にそう言っている)、専属メイドの崎守に作ってもらった公人のぬいぐるみを肌身離さず持っている。 普段は曜日ごとに決まった物 しか食べないが、公人に出会って以降、彼が作ったり用意したりした食べ物だけは曜日や好みを問わず何でも食べるようになる。 一緒に作って食べることも多く、特に最初に作ったがお気に入り。 端からは、仲の良い兄妹のようなほのぼのとした関係にも見えるほどで、崎守を筆頭としたラボのメイドたちは関係を発展させるべく躍起になっている。 公人といる時は常に彼の膝の上に座り、食べ物も公人の手から食べさせてもらっているが、逆に公人以外の者から差し出された場合は一切見向きせず、曜日ごとの決まった物しか口にしなくなる(言い方を変えるなら、公人の手からでなければ食べない)。 また、この時は「閃きモード」の発動が少なくなる。 が、自身は公人と学問にしか関心が無く、当初はそれがメンバー(特に可憐)の嫉妬と苛立ちを募らせる原因になっていた。 庶民部メンバーのことを友達とは呼ぶものの、変態的な接し方をしてくる可憐だけは嫌っている。 高等部1年。 庶民部部員。 なぜか常に(しかも真剣。 ちなみに銘は「鬼丸」)を帯びており、可憐式という自己の流派を持っている。 言葉遣いは一人称が「私」である以外完全な男言葉で、愛佳以上に「お嬢様」から逸脱しているが、公人の嘘や占いの結果などを信じ込みやすく、その点は愛佳と似た者同士。 フトモモは肉つきがよく、公人曰く「すべての太ももフェチが求めた理想のアーサー王」らしいが、可憐自身はこれがコンプレックスになっている。 シスコンの妹・雅がいる。 かわいいものが大好きで、それを目の前にして豹変した姿は変態そのもの。 動物では兎、庶民部では白亜のことを大いに気に入っているが、肝心の白亜には嫌われている(白亜に対する可憐の接し方が変態的で、かつ姿を見た途端に傍に駆け寄って離れようとしないため)。 白亜の「閃きモード」が発動すると止めないばかりか、鼻血を噴き出しながら満面の笑みで白亜にすり寄る超変態の役立たずと化すため、愛佳に「死ね!」と激怒されている。 常に帯刀しているために周囲からは忌避されており、これが原因で愛佳と同じく友達がいない。 だが、可憐自身は帯刀していることが当然と思っており、友達がいない原因が自分自身にあることを全く理解していない。 見たら半泣きして怖がる程の虫嫌いで、これを斬ろうと公人の前でいきなり抜刀して振り回したのが原因で彼と勝負をする羽目になるも敗北を喫す。 その後は勝負に負けた屈辱感と、白亜が公人に懐いていることへの激しい嫉妬から、彼を主としながらも命を狙い続けていたが、自分のコンプレックスを褒めてくれたことによって徐々に気持ちの変化が芽生える(途中、愛佳が公人関連で余計な騒動を起こすため、これを真に受けて彼を嫌ったりもするが)。 庶民部最後の女子部員で、白亜を自分のものにし、かつ公人を主としつつ命を狙うという二つの目的から入部を宣言した。 意外にも裁縫が神業レベルの腕前で、切れたり破れたりした痕跡を全く残さない。 先制攻撃や初撃、遠距離用に使用するなど、使用頻度が高い。 風力の体感は扇風機の「中」程度だが、なぜか衣服のみを細切れにする。 公人との初対戦の際、二度目に至近距離で放ったために公人を全裸にさせ、しかも自爆で自分の服を細切れにしてしまった。 鬼丸を突き刺した相手の姿形を変える、奇天烈な技。 使用すると、着用した衣服が全て消し飛んで全裸になってしまうのが最大の欠点。 麗子の母・鳳子が最後の牙城として配置していた巨大ロボに対して使用したが、どういう訳か横文字を並べ立てた技名で、公人にも「名前に統一性を持てよ!」と突っ込まれた。 神楽坂家での包装紙とふた、中の焼き菓子をポップコーンのように浮かばせた。 運動会の棒倒しで使用してしまい、可憐達藤組はこれが原因で反則による失格となった。 氷のような冷たい雰囲気の容貌を持つクールビューティーで、斜めにカットされた前髪(公人曰く「歯ブラシみたいな前髪」)に左目の下に泣きぼくろがある。 特殊部隊を使って公人を拉致し、「庶民サンプル」にした張本人(厳密に言えば恵理と公人の両親も一枚噛んでいる)。 性格は非常にで、容貌に違わぬ冷酷さと冷徹さを持つ。 公人が失態を犯す度にきつい制裁を行っているが、自身に非があった時には公人に向けて忌々しく舌打ちするなど、他人に厳しく自分に甘い部分も目立つ。 しかし、一方で朝早く部屋に来て眠っている公人にキスするなど不可解な行動を起こしている。 その正体は御三家本流も遠く霞む影響力を持つ名家中の名家である九条家、それも本家の令嬢であり、学校長に「何も言うことはありません」と言わしめるほどの絶対的な発言力を有している。 だが、それだけの地位と権力を有する彼女が何故メイド長に就いたのかは、彼女自身が「大した理由ではありません」と答えるだけでそれ以上を語ろうとしないため、学校中がこれを不思議がり困惑している。 なお、崎守を始めとした白亜関係のメイドたちからは公人が「庶民サンプル」になったことを感謝されている。 単に冷酷なだけでは無く、仲間として麗子を取り戻そうと行動を起こした庶民部(正確には公人)に対し、庶民部の活動の一環であることを確認しつつ黙認しており、少々食えない面も見せている。 実は幼少時に実兄の一と一時期入れ替わっていた公人と過ごしており、当初は公人のことを快く思わず邪見していたが、学校でいじめられていたのを助けられたことから、公人を深く心酔し「お兄様」と呼んで非常に溺愛するようになった。 この経緯が、後に公人を庶民サンプルに最終決定する鶴の一声への布石ともなった。 公人が記憶を取り戻して以降は、二人っきりの時は「みゆき」として振舞い甘えて来る ようになったり、愛佳達が公人と少し触れただけでも大義名分を用いて彼から引き離そうとするなど、独占欲を露わにしている。 11巻の終盤では、メイド長を辞めて中等部の制服に身に纏い、「庶民部」への入部届けを公人に出してあっさり入部する。 原作2巻以降の最後で「 九条さんのドS相談室」というコーナーをやっており、公募の相談に猛烈な辛口で答えている。 花江 恵理(はなえ えり) 声 - 公人の幼なじみ。 高校1年。 高校生でありながらの仕事をしている学校のアイドル的存在。 外面がとても良く、表向きは人付き合いの良い性格だが、内心では本当に人間かと疑いたくなるほど腹黒く言葉は汚い。 特に公人に対しては家に呼び付けて部屋の掃除をさせたり、パシリをさせるなど奴隷扱いして横暴の限りを尽くしている(自身は幼なじみだから当たり前と思っており、反省どころか罪悪感さえ持っていない)。 拉致されて以来ほとんど連絡がない公人に腹を立てており、彼を連れ戻すために愛佳を利用して自力で清華院女学校を突き止める。 そして、学校側にここの場所をバラすと脅して公人を連れ帰ろうとするが、みゆきの圧倒的な権力の前に挫折してしまう。 しかし、みゆきの計らいにより二人目の「庶民サンプル」に採用される。 小学生の頃、自分の声に非常にコンプレックスを抱いており、一部の男子にからかわれていたが、それを気に掛けていた公人に励まされて以降、徐々に自信が付いてクラスの人気者になる。 この恩から公人に強い好意を抱くようになり、上記の彼に対する扱いも実は好意の裏返しであるが、小学四年の時のバレンタインデーで他の女生徒からチョコを受け取ったのを目撃して以降、今のような横暴な性格になった。 また、公人が一と入れ替わった際、唯一別人だと見抜いた。 清華院女学校 [ ] 伝統と格式を重んじ、立派な大和撫子を育てることを目的とした全寮制の超お嬢様学校。 名家の令嬢しか入ることが許されておらず、校長を始め職員も全て女性という徹底した男子禁制をとっており、原作中で判明している限りでは幼稚園から大学までのエスカレーター式。 また、存在自体が秘密扱いされており、この学校の存在は一般には知られていない。 飛行場と専用旅客機を備えるほどの広大な敷地を持つが外界とは全くの無縁で、生徒は敷地から一歩たりとも外に出ることを禁止されている。 生徒には専属のメイドが最低一人は必ず付くシステムになっており(公人も例外とはならず、彼にはメイド長である九条みゆき自らが専属で付いている)、麗子曰く「祖母の時代には結婚による中退もあった」という。 父親以外の男性や世間の一般常識なども知ることさえ無いまま学校生活を送るがゆえに、卒業して一般社会に出ても世間に対する常識や耐性が皆無なため、近年では現実に絶望して引きこもりのネトゲ廃人と化す者が多くなってしまった。 この問題を解決すべく、異性と世間に免疫をつける教育のためにとの名目で公人が九条みゆきによって拉致されてしまうところから、物語の幕が切って落とされる。 高等部 [ ] 東城 香絵(とうじょう かえ) 声 - 高等部1年。 アイドルの様な明るい雰囲気を持つ。 麗子、瑞穂、麻矢とは幼稚園から続いている間柄で、よくお茶会を4人で行っている。 あるお茶会で公人と愛佳の話題を積極的に話したために麗子を怒らせ、酷く落ち込んで泣いてしまっていたが、公人と愛佳によって無事仲直りする。 しかし、その一方で愛佳と麗子の確執が表面化し、彼女らはそれ以後、事あるごとに対立する関係となる。 末広 瑞穂(すえひろ みずほ) 声 - 高等部1年。 「やばい空気」が読める文学眼鏡っ子。 香絵の話を止められなかったため、「お茶会事件」と呼ばれる、愛佳と麗子の対立の原因を生む結果となった。 意外に足が速い。 壬生 麻矢(みぶ まや) 声 - 高等部1年。 ふんわりとした雰囲気でお喋り好き。 また、寂しがり屋で泣き虫でもある。 桂木 裕美(かつらぎ ゆみ) 高等部2年。 以前から吹奏楽部に興味を持ち、2年生であるが吹奏楽部に入部しようと思い、裏山でトランペットの練習していた。 しかし、そこで熊に襲われてしまうが、可憐に助けられる。 蓮花寺 敦子(れんげじ あつこ) 高等部3年。 演劇部部長。 凛として貴公子を思わせるほどの容貌で、校内で屈指の有名人で人気者。 六合 清子(ろくごう きよこ) 高等部3年。 清華院女学校高等部生徒会長。 上品に編み込んだロングの髪に「聖女」というイメージを感じさせるほど全身から清らかさが漂っている。 自分の苦労を顧みずに生徒に尽くす人柄で校内において(良くも悪くも)多くの「伝説」を持つカリスマ的存在。 九条一の一番目の許婚。 みゆきをして「 公安のマークを付けるべき」と言わしめるほど、かなり突拍子もない行動をすることがあり、運動会の時には勝手に公人を運動会の優勝賞品にしてしまった。 中等部 [ ] 神領 雅(じんりょう みやび) 中等部3年。 可憐の妹。 学年首席で中等部の生徒会長を務める優等生。 しかし、その本性は姉の可憐を愛しているシスコン(と言うよりは重度のレズビアン)。 本人曰く「 将来の夢はお姉さまと二人きり他に誰もいない森の奥深くのお家でとろとろ抱き合いながら永遠に過ごすこと」。 幼稚園年少・藤組 [ ] 董(かおる) 紹子(しょうこ) 操(みさお) 徳美(とくみ) 権子(けんこ) メイド [ ] 霧生 菫(きりゅう すみれ) 声 - 麗子専属のメイド。 27歳。 清華院女学校に勤務して4年目のベテランであり、一学級約30人のメイドを束ねる「クラス長」の地位に就いている。 眼鏡をかけているのが特徴。 自他共に厳しく完璧主義な性格で、麗子が呼べば何処からともなく現われる。 メイドとして非常に有能な一方で、白亜の専属メイドを務める崎守にやや嫉妬を抱いている。 基本的に20歳前半で結婚などで退職する清華院のメイドだが、いまだに相手がいない。 それ故に焦りを感じているが、自分の性格が災いして中々相手を見つけられないでいる。 崎守(さきもり) 声 - 白亜専属のメイド。 白亜のラボに勤務するメイドたちを統括する役目も担っている(霧生のクラス長と同じようなもの)。 清華院女学校での勤務は2年目。 メイドの中では若手の方だが、楽天的な性格もあってか、すぐに根を上げると言われた白亜の専属メイドを一年以上続けているなど意外に優秀。 白亜が公人に恋心を抱いていることを知ると、ラボのメイドたちを総動員して公人と白亜の関係を更に発展させようと画策し、様々な罠を張り巡らせる。 逆に他のヒロインたちに対しては、公人に近付けなくするために妨害を仕掛ける。 公人と白亜の仲を陰に日なたに応援しており、白亜のために公人のぬいぐるみを作るなど手先はかなり器用。 黒江(くろえ) 愛佳専属のメイド。 とても色白で大人しい性格。 そのため存在感が薄く気付かれないことが多い。 実は代々上流階級に重宝されてきた特殊な家の出で、存在感を自在に消せる特技の持ち主。 人見知りの愛佳を元気にさせてくれた公人のことを感謝していたが、次第に彼に好意を抱くようになり、事あるごとに彼の部屋に訪れるようになる。 終盤ではみゆきに続いて「庶民部」の入部届けを出した。 教職員・その他関係者 [ ] 来待 早百合(きまち さゆり) 声 - 清華院女学校の校長。 中学生(アニメとコミック版では女子高校生)を自称しているが、どう見ても三十路前のいわゆる「痛い人」。 九条家令嬢にしてメイド長のみゆきの命令には立場上逆らうことが出来ず、自身も割と軽い性格なため、校長としての威厳や権限はあまり無い。 立絵はコミック版でのみ登場。 家族関係者 [ ] 有栖川 鳳子(ありすがわ ほうこ) 声 - 麗子の母親で、清華院女学校OGの一人。 公人曰く「麗子を二段階くらい進化させた感じ」「麗子がお姫様ならお妃様」。 外見は非常に若々しく、スタイルもいい一方で御三家本流としての風格と威厳も兼ね備えている。 名家同士の繋がりこそ重要であり、個人の意思は無意味と信じて疑わない貴族的思考の持ち主だが、自分の邪魔をする者はたとえ身内といえども精鋭部隊を差し向けて容赦無く叩き潰し、自分に恥をかかせた者を絶対に許さない。 麗子に何も伝えず、かつ彼女の意志などお構いなしに同じ御三家・近衛家長男との縁談を進め、これを有無を言わさず承諾させた。 また、正臣に対しても反論を認めさせないなど、子供達に対する威厳も半端なものでは無い。 しかし、両家顔合わせの場に乗り込んできた公人達と麗子の強い意志により、近衛家長男が逃げ出したため縁談を白紙にされる。 しかし、鳳子は特に怒る様子もなく、むしろすっきりとした様子で麗子に「自分が望む相手と結婚しなさい」と伝える。 一方、縁談を白紙にされ恥をかかされたことには非常に深く根に持っており、その原因となった公人を「大嫌い」だと公言しているが、公人が言った「俺の家に来い!!」という言質に付け込んで「我が家に取り込んで、ひたすらイビリ倒して差し上げますわ」と笑顔で勝手に婚約者扱いする、過剰なスキンシップを図る、やたらと「 親子丼」を公人に勧める(脂の乗った親だけ食べてもいい、とも)などむしろ公人を気に入っている節がある。 5巻の挿絵では( 登場していないにも関わらず)本来麗子がいる位置にカラーで描かれた。 有栖川 正臣(ありすがわ まさおみ) 声 - 麗子の兄で、大学に通っておりアメフト部のエースを務めている。 ガラケー愛好者でもある。 容姿端麗、大学主席を修め身体能力も高く、特別扱いされることを嫌い、誰に対しても分け隔てなく紳士的に接するため人望が高い等、絵に描いた様な完璧超人。 公人曰く「 ほんといい体してんな 」とのこと。 しかし、その実態は妹の麗子を死ぬほど愛している極度のシスコン。 そのため、どんなに言い寄ってくる女性に全く興味を示さず、しかも公人みたいに鈍感なため、小鞠の好意にも気付いてない。 一方、麗子に近づく男には口も態度も悪くなり、特に公人を異常なほど毛嫌いしている。 だが、母が有無を言わさずに決めた麗子の縁談を自身としてはぶち壊したいと思っていたところに、公人たちが庶民部の仲間として麗子を取り戻すべく行動を起こしたことで利害が一致し、お見合い場所に庶民部メンバーを送り届ける形で協力する。 後にシスコンであるのを小鞠に知られたことで弱みを握られてしまい、それ以後は彼女専用の人間椅子にさせられてしまう。 天空橋 美子(てんくうばし よしこ) 愛佳の母親。 絵本の中から出てきた人と思う様な綺麗さだがあどけなさがあり、口調は丁寧でいかにも「お姫様」という雰囲気を持つ。 しかし、性格は非常に我儘で頑固であり、気まぐれで物事を決めては周りを振り回す天性のトラブルメーカー。 その資質は娘である愛佳にしっかり受け継がれてしまっている。 天空橋 和眞(てんくうばし かずま) 愛佳の父親。 優男の印象がある。 美子のことを死ぬほど愛しており、彼女の言うことは何でも聞くのはもちろん、九条家を敵に回すことも辞さないほど。 気概こそ立派だが、傍から見れば完全に美子の奴隷としか映らない。 しかし、それには過去に美子のたまたまの思い付きのおかげで一命を取り留めたことがあり、それ以降美子のことを「幸せの女神さま」と心酔している。 汐留 紅子(しおどめ こうこ) 白亜の母。 背が高くスレンダーな女性。 音楽家の家系に生まれたため音には非常に敏感で、声でその人の性質や知性を読み取ることができる。 白亜と同じく「閃きモード」があり彼女の場合は音符を書き始めるが、その際何故か着ている衣服が弾け飛ぶ。 神領 静(じんりょう しずか) 可憐、雅の母。 外見が娘達よりも非常に幼く小学校低学年ぐらいにしか見えない。 巫女の様な格好に自分の身長よりも長い大剣を背中に携えている。 これは仕事道具であり、本人曰く「 悪霊の類を斬っている」とのこと。 九条 一(くじょう いつき) 九条家の長男にしてみゆきの実兄。 現在は海外の大学に飛び級で留学中。 小四の時に自分と瓜二つの公人と出会い、興味本位で彼と入れ替わることを提案した。 公人が二日で自首してしまい入れ替わりが露見するが、自分と公人を見分けられなかったことに対する失態を名目に使用人達を脅し、入れ替わりを続行させた。 入れ替わり中、非常に上手に公人を演じていたため、公人の親友や両親に全く気付かれなかったが、恵理にだけは即座に見破られた。 公人と外見は瓜二つであるが、みゆき曰く「実際に会えば、すぐに別人だとわかるくらい雰囲気が違う」とのことで、みゆきですら兄とか肉親とかと捉えることが出来ないほど遠い存在(強いて例えると、「生まれながらの王」)と言わしめるほど。 恵理が入れ替わりを見破ったのは、一の持つ異質な雰囲気を感じたせいであると思われる。 その他 [ ] 佐々木 小鞠(ささき こまり) 正臣の幼馴染の大学生。 アメフト部のマネージャーの1人で、正臣以外のアメフト部員達を分け隔てなく世話を焼いているため、部員達からの人気が高い。 正臣に好意を抱いており、告白したことがあるが彼の性癖ゆえにあっさり振られる。 後に正臣の性癖を知ったことで弱みを握り、それ以降、彼を人間椅子にして座って罰を与えている。 夕霧 瑠璃子(ゆうぎり るりこ) 正臣の後輩の大学生。 黒いストレート髪が特徴で、一見すると正統派美少女といった雰囲気を持つ。 アメフト部のマネージャーの1人で、気立てが良く後輩のフォローも出来るなど、正臣や他の部員達からの評判は良い。 しかし、その本性は正臣のことを異常なまでに好意を抱く。 新入部員勧誘の時に、正臣に一目惚れして以降、部屋に夥しい数の彼の写真で埋め尽くすなどのストーカー行為にも及んでいる。 アメフト部の合宿で、正臣と部員達を睡眠薬を入れたワインで眠らせ、正臣と既成事実を目論もうとしたが、寸でのところで小鞠に阻まれて失敗する。 山田 みさき(やまだ みさき) 声 - 恵理が出演しているラジオ番組の司会者のアイドル。 だが、コメントの返しの悪さなどから恵理から酷評されている。 武宮(たけみや) 声 - 有栖川家に使えるボディーガード。 筋肉質で身体能力も高い。 正臣に対し、いい加減妹離れしてほしいと思っている。 既刊一覧 [ ] 小説 [ ] 『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』 巻数 発売日 表紙キャラ 1 2011年11月19日 天空橋 愛佳 2 2012年 4月20日 汐留 白亜 3 2012年 7月20日 有栖川 麗子 4 2012年10月20日 神領 可憐 5 2013年 2月20日 (特装版) 恵理,みゆき (通常版) 花江 恵理 6 2013年 5月18日 九条 みゆき 7 2013年 9月20日 (特装版) 愛佳,白亜,麗子,可憐,恵理,みゆき (通常版) 神楽坂 公人 7. 5 2014年 1月18日 崎守 8 2014年 7月18日 天空橋 愛佳 9 2015年 1月20日 黒江 10 2015年10月20日 (特装版) 愛佳,麗子 (通常版) 花江 恵理 11 2016年 7月20日 愛佳,白亜,麗子,可憐,恵理,みゆき• 5巻、7巻特装版はドラマCD付き• 10巻特装版はイラスト&スピンオフ短編収録の小冊子付き 漫画 [ ] 『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』 巻数 発売日 初出 表紙 1 2012年10月27日 月刊ComicREX 24年7月 - 10月号 天空橋 愛佳 2 2013年 5月27日 月刊ComicREX 24年11月 - 25年4月号 有栖川 麗子 3 2013年 9月27日 月刊ComicREX 25年5月 - 9月号 汐留 白亜 4 2014年 1月27日 月刊ComicREX 25年10月 - 26年2月号 神領 可憐 5 2014年 7月18日 月刊ComicREX 26年3月 - 7月号 花江 恵理 6 2015年 2月 1日 月刊ComicREX 26年8月 - 12月号 九条 みゆき 7 2015年 7月27日 (特装版) (通常版) 月刊ComicREX 27年1月 - 4月号 崎守 8 2015年 10月27日 月刊ComicREX 27年5月 - 8月号 天空橋 愛佳 9 2016年 1月27日 月刊ComicREX 27年9月 - 28年2月号 有栖川 麗子 10 2016年 7月27日 月刊ComicREX 28年4月 - 8月号 神領 可憐 11 2017年 1月27日 月刊ComicREX 28年9月 - 29年1月号 汐留 白亜 12 2017年 7月27日 月刊ComicREX 29年2月 - 7月号 九条 みゆき 13 2017年12月27日 月刊ComicREX 29年8月 - 12月号 14 2018年6月27日 月刊ComicREX 30年1月 - 6月号 15 2018年12月27日• 7巻の特装版は、ラバーストラップ付き Sw 『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてスピンオフされた件』 巻数 発売日 初出 表紙 1 2016年 1月27日 月刊ComicREX 27年8月 - 28年1月号 愛佳,白亜,可憐 2 2016年 7月27日 月刊ComicREX 28年2月 - 28年7月号 愛佳,恵理,みゆき テレビアニメ [ ] 『 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』のタイトルで、2015年10月より12月まで、、、、、、にて放送された。 全12話。 作品名を原作から改題するにあたり、放送前には「ゲッツ! 」のネタを生んだと原作者・七月が「調印式」を取り行い、坂野は「ゲッツ! 監修」という役職のスタッフに就任。 ちなみに「ゲッツ」と「された」の間にハートのマークが入る。 スタッフ [ ]• 原作 - 「俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件」(刊)• 監督 -• シリーズ構成・脚本 -• キャラクター原案 -• キャラクターデザイン - 佐野隆雄• プロップデザイン - 松井誠• 美術監督 -• 色彩設計 - 平井麻実• 撮影監督 -• 編集 -• 音響監督 - 土屋雅紀• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 高橋克典• 音楽制作 -• プロデューサー - 川村仁、笠井秀樹、横田真吾、深尾聡志、金子逸人、重成幸生、青木絵理子、松村俊輔、伊藤幸弘• アニメーションプロデューサー - 金子逸人、伏見宣人• アニメーション制作 -• 製作 - 清華院桜藤会(、、、、SILVER LINK. 第1巻は原作巻末に掲載『九条さんのドS相談室』が完全新作アニメとして収録。 第2巻以降冒頭『』をモチーフにした『金力坂(神楽坂二丁目の坂)』と言うエピソードが挿入される。 『全力坂』ナレーション• 第2-5話 - 神楽坂公人()• 第6話 - 九条みゆき() 主題歌 オープニングテーマ「イチズレシピ 庶民部Ver. 第3巻 「番外編エピソード 九条さんと五月雨の日」 - オリジナルエピソード案のプロットをシナリオ形式にしたもの。 第4巻 「TVアニメ10話Bパート原作小説」 - オリジナルエピソードとなったアニメ第10話の初期稿。 第5巻 「アニメ10話Bパート原作小説決定稿 ドイツのお祭りかよ!」• 第6巻 「崎守エンド」 ラジオ [ ] 『 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされたラジオ』は、にて2015年9月30日から2016年1月13日まで毎週水曜日に配信されたラジオ番組。 パーソナリティは(天空橋愛佳 役)と(有栖川麗子 役)。 月曜 1:30 - 2:00枠(日曜深夜) 前番組 番組名 次番組• これは、生徒に扮して公人の身元調査をしていた清華院のメイドに恵理が悪意満載のデタラメを吹きこんだせいであり、さらにみゆきから「ノーマルであればお嬢様方の安全のために男性器を即座に切除する」と脅されたため。 6巻で清華院に来てからすでに「 358回」もキスされていたが、幼少時を含めると「 1007回」もキスされている。 11巻でようやく普通に紹介された。 例として水曜日はホタテグラタン。 本来は別の人物に「庶民サンプル」が決まりかけていたところを、みゆきが鶴の一声を発したことで公人が選ばれたため。 しかし、他の人物が現れた時はすぐに「九条さん」に戻って制裁を加えている。 あくまで横暴な性格は公人や一部の人物だけであり、家では幼少時と変わらない素の性格を見せている。 11巻で28歳になっていた。 元々は自身が白亜の専属として選任される予定だった。 彼に触れた時の感想。 この間、みゆきと霧生も手を貸している。 ただし、正臣自身の行動目的が公人にさえ分かってしまうほど単純なため、母に先手を打たれていた。 出典 [ ] []• 2012年9月23日閲覧• ナターシャ 2014年7月4日. 2014年7月4日閲覧。 animate TV(株式会社アニメイトラボ) 2015年9月27日. 2015年9月28日閲覧。 TVアニメ「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツされた件」公式ウェブサイト. 2015年8月30日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 2015年10月2日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の