深浦 加奈子。 戸田恵子が故・深浦加奈子さんから死の直前に受け取った言葉

科捜研の女のキャストで死去した深浦加奈子ってどんな人物?原因は何?

深浦 加奈子

両親の影響を受け幼少期からミュージカルや演劇が大好きだったという深浦加奈子さん。 1980年、大学在学中に小劇団に入団し女優としてのキャリアをスタートさせました。 人が演じたがらない悪役や癖のある難役を好んで演じ舞台関係者には知る人ぞ知る女優となっていきました。 しかし、深浦加奈子は30歳過ぎてもアルバイト生活という苦しい生活でした。 苦労を重ねて掴んだ憧れの女優業だからこそ、絶対に失いたくなかったのです。 深浦加奈子は、女優としてこれからという時に、ガンになってしまったのです。 死を目前にしながらも女優を諦めなかった! それでも、深浦加奈子は ウィッグをつけて演技を続けました。 周囲も全く気づかないほどでした。 2006年8月18日、肝臓癌の診断が下され、 手術が不可能な状態で、放射線治療をうけました。 そして5年目の2008年、肺がんに・・・・。 死を目前にしながら女優を諦めていなかったのです。 そして最後の演技、前向きに生きる水商売の女の2時間にわたる芝居を演じきったのです。 それも、共演者にも気づかれずに・・・・。 深浦加奈子は、演じることの喜びを噛みしめていたといいいます。 そして、最後の舞台から半年後、2008年8月25日、イスに座ったまま病院で亡くなったのです。 「今」を精一杯生き抜いた深浦加奈子 仕事を辞めて、娘の芸能人としての女優業を支え続けてきたお母さんの言葉です。 深浦加奈子は、天命として授かった芸能人としての女優業を最後まで演じきったのです。 つまり「今」を精一杯生き抜いたのです。 人生の幸福度は、人生に起こる質や達成度で決まるものではありません。 たとえ、深浦加奈子のように死を目前にしても、ひとつの事柄に対して命がけで取り組むことができれば、その人の人生は光り輝くのです。 進行性乳がんで闘病中だった小林麻央も を立ち上げて、多くの人に生きる勇気と感動を与えました。 それはおそらく小林麻央が、進行性乳がんを退けて、今を精一杯生き抜いたからではないでしょうか?.

次の

深浦加奈子とは

深浦 加奈子

スポンサードリンク 名脇役として活躍した女優の深浦加奈子が、S状結腸がんで亡くなりました。 48歳の若さでした。 2003年の3月、腸にポリープが見つかり、出演予定だったフジテレビの連続ドラマを降板。 大腸がんと分かり、その後、全身に転移が見つかった。 全身転移しした後に「ショムニ」「救命病棟24時」「SP」に出演するなどしたということで、本当にすごい情熱だと思います。 によれば、 深浦さんは5年ほど前からがんを患い、入院、手術を繰り返し仕事をしていたが、肺への転移などもあり今月4日に症状が悪化し、入院。 同24日に昏睡(こんすい)状態となり、帰らぬ人となった。 ということで、闘病を続けながらの女優業だったそうです。 テレビでも、よく見かけた女優さんですし、顔を見れば思い出す人も多いのではないでしょうか。 心よりご冥福をお祈りいたします。 退団後もテレビドラマ「家なき子」「ナースのお仕事」「たそがれ清兵衛」などに出演、脇役として幅広く活躍した。 最終更新日: 2019年12月16日.

次の

Drama Movies

深浦 加奈子

スポンサードリンク 名脇役として活躍した女優の深浦加奈子が、S状結腸がんで亡くなりました。 48歳の若さでした。 2003年の3月、腸にポリープが見つかり、出演予定だったフジテレビの連続ドラマを降板。 大腸がんと分かり、その後、全身に転移が見つかった。 全身転移しした後に「ショムニ」「救命病棟24時」「SP」に出演するなどしたということで、本当にすごい情熱だと思います。 によれば、 深浦さんは5年ほど前からがんを患い、入院、手術を繰り返し仕事をしていたが、肺への転移などもあり今月4日に症状が悪化し、入院。 同24日に昏睡(こんすい)状態となり、帰らぬ人となった。 ということで、闘病を続けながらの女優業だったそうです。 テレビでも、よく見かけた女優さんですし、顔を見れば思い出す人も多いのではないでしょうか。 心よりご冥福をお祈りいたします。 退団後もテレビドラマ「家なき子」「ナースのお仕事」「たそがれ清兵衛」などに出演、脇役として幅広く活躍した。 最終更新日: 2019年12月16日.

次の