俺 の エクレア。 【ファミリーマート】俺のエクレア

【俺のエクレア】3年ぶりの復活!待ってた♡(ファミリーマート)

俺 の エクレア

ファミリーマートの人気スイーツは、テレビ番組で紹介されてから品薄になっていたようですが、今朝ふと「俺のエクレア」が一つだけ売れ残っているのを発見し、買ってしまいました。 「俺のエクレア」は、男性向けを狙って甘さを抑えてサイズを大きくしたエクレア。 買ったはいいですが、コッペパンのような大きさにしばし悩む……いつ食べよう? 朝は食べても太らないという説を信じ、出勤前のスターバックスでこっそり食べることに。 周囲に人がいなくてよかった。 こっそり(スタバの)スプーンをもらってきましたが、袋をみると「食べ方心得三カ条」なるものが書かれています。 一、大口を開けてかぶりつくこと 二、3つのチョコの組合せを味わうこと 三、ザクッとしたナッツの食感を楽しむこと ……スプーン禁止ですな。 ココア入りのシュー生地に、唯一茶色くないカスタードクリーム、その上にクラッシュアーモンド入りチョコ、チョコホイップクリーム、ビターチョココーティング。 確かに甘さ控えめで、ときどき歯に当たるクラッシュアーモンドの食感が心地よいです。 一度手に持ってしまったら置きづらいというのもあり、やっぱり一気に完食してしまいました。 512kcalを……。 とっても美味しかったし、後で胃もたれしたりもしませんでした。 でもさすがに今日一日は、チョコレートを見ても食べたいと思いませんでした。 下手なケーキよりよっぽど満足感が得られるのは確かです。

次の

俺のエクレア♪

俺 の エクレア

と、いうわけで品薄になっている「俺のエクレア」の詳細は以下から。 これが「俺のエクレア」です。 フォントや色合いから男性的な感じがします。 3つの心得を守りながら食べることが正しい作法のようです。 3種類のチョコにカスタードクリームが組み合わさっているとのこと。 1個当りのカロリーは512Kcalと、実に男らしい仕上がりです。 原材料名。 比較用に「Wクリームエクレア」も用意しました。 こちらは1個で284Kcal。 「俺のエクレア」の半分ほどしかありません。 原材料名はこんな感じ。 「俺のエクレア」を袋から出しました。 大量のクリームが崩れてしまわないように厳重にシートでくるまれています。 お皿に取り出してみると、クリームの量やビターチョコレートの色からどこか迫力を感じます。 一方の「Wクリームエクレア」もものすごい量のクリームです。 「俺のエクレア」を横に切ってみました。 クラッシュアーモンドが確認できます。 「Wクリームエクレア」はクリームの量に比べて本体が小さめです。 並べてみました。 上から見るとこんな感じ。 「俺のエクレア」を食べてみました。 大量のクリームは甘さが控えめなので意外と抵抗なく食べ進めることができ、口当たりもなめらか。 生地にココアを練り込んだことでビターな香りが生まれ、チョコの風味もより強く感じられます。 程よい甘さのチョコホイップの下に入っているものが単なるホイップクリームではなくてカスタードクリームというのも好印象。 そしてビターチョコレートが総合的に味をうまくまとめつつ、クラッシュアーモンドの歯触りが良いアクセントとなっていてなかなかの食べ応えです。 全体として甘すぎないので男性にも食べやすく、しかもボリュームはバッチリなエクレアに仕上がっています。 これで230円というのは破格と言っても過言ではありません。 エクレア好きの人であれば見かけた時に買ってみても良いのではないでしょうか。 ちなみに、「俺のティラミス」も一緒に置いてあったので買ってみました。 の香りと味が弱く、スポンジからエスプレッソの香りがしないので、ティラミスというよりはフワフワしたババロアや軽い口当たりのプリンのような印象です。 口当たりは極めてマイルドなので、どちらかというと「俺」と言うよりは「ワタシのティラミス」という感じでしたが、ボリュームだけは確かに男らしさがあふれています。 ただ、一人でこの量を食べるのはちょっとキツイのも事実です。

次の

俺のエクレア: ゆるゆる

俺 の エクレア

と、いうわけで品薄になっている「俺のエクレア」の詳細は以下から。 これが「俺のエクレア」です。 フォントや色合いから男性的な感じがします。 3つの心得を守りながら食べることが正しい作法のようです。 3種類のチョコにカスタードクリームが組み合わさっているとのこと。 1個当りのカロリーは512Kcalと、実に男らしい仕上がりです。 原材料名。 比較用に「Wクリームエクレア」も用意しました。 こちらは1個で284Kcal。 「俺のエクレア」の半分ほどしかありません。 原材料名はこんな感じ。 「俺のエクレア」を袋から出しました。 大量のクリームが崩れてしまわないように厳重にシートでくるまれています。 お皿に取り出してみると、クリームの量やビターチョコレートの色からどこか迫力を感じます。 一方の「Wクリームエクレア」もものすごい量のクリームです。 「俺のエクレア」を横に切ってみました。 クラッシュアーモンドが確認できます。 「Wクリームエクレア」はクリームの量に比べて本体が小さめです。 並べてみました。 上から見るとこんな感じ。 「俺のエクレア」を食べてみました。 大量のクリームは甘さが控えめなので意外と抵抗なく食べ進めることができ、口当たりもなめらか。 生地にココアを練り込んだことでビターな香りが生まれ、チョコの風味もより強く感じられます。 程よい甘さのチョコホイップの下に入っているものが単なるホイップクリームではなくてカスタードクリームというのも好印象。 そしてビターチョコレートが総合的に味をうまくまとめつつ、クラッシュアーモンドの歯触りが良いアクセントとなっていてなかなかの食べ応えです。 全体として甘すぎないので男性にも食べやすく、しかもボリュームはバッチリなエクレアに仕上がっています。 これで230円というのは破格と言っても過言ではありません。 エクレア好きの人であれば見かけた時に買ってみても良いのではないでしょうか。 ちなみに、「俺のティラミス」も一緒に置いてあったので買ってみました。 の香りと味が弱く、スポンジからエスプレッソの香りがしないので、ティラミスというよりはフワフワしたババロアや軽い口当たりのプリンのような印象です。 口当たりは極めてマイルドなので、どちらかというと「俺」と言うよりは「ワタシのティラミス」という感じでしたが、ボリュームだけは確かに男らしさがあふれています。 ただ、一人でこの量を食べるのはちょっとキツイのも事実です。

次の