全国 学力 学習 状況 調査 結果。 全国学力・学習状況調査の概要:文部科学省

全国学力・学習状況調査の概要:文部科学省

全国 学力 学習 状況 調査 結果

小学校六年生 # 国語A 国語B 算数A 算数B 理科 1 秋田県 197 77 9. 2 61 4. 9 67 9. 4 57 5. 7 66 10. 5 2 石川県 208 76 9. 2 61 4. 9 68 9. 5 59 5. 9 66 10. 5 福井県 193 76 9. 1 57 4. 6 66 9. 3 56 5. 6 64 10. 3 4 青森県 289 75 8. 9 57 4. 5 65 9. 1 53 5. 3 62 10. 0 5 岩手県 318 74 8. 9 57 4. 5 63 8. 8 51 5. 1 61 9. 8 東京都 1,294 74 8. 8 57 4. 5 67 9. 4 55 5. 5 62 9. 9 富山県 184 74 8. 9 58 4. 6 66 9. 2 55 5. 5 64 10. 2 8 京都府 373 73 8. 8 56 4. 5 65 9. 1 53 5. 3 62 9. 9 広島県 473 73 8. 8 59 4. 7 66 9. 2 54 5. 4 63 10. 1 10 福島県 431 72 8. 6 54 4. 3 64 9. 0 51 5. 1 60 9. 6 新潟県 465 72 8. 7 57 4. 6 66 9. 2 51 5. 1 60 9. 6 長野県 362 72 8. 6 55 4. 4 62 8. 7 50 5. 0 61 9. 8 岐阜県 371 72 8. 6 56 4. 4 63 8. 8 51 5. 1 61 9. 7 和歌山県 228 72 8. 6 55 4. 4 63 8. 8 51 5. 1 60 9. 6 山口県 284 72 8. 6 57 4. 6 64 8. 9 52 5. 2 62 9. 9 愛媛県 269 72 8. 7 55 4. 4 65 9. 2 54 5. 4 61 9. 8 大分県 251 72 8. 6 56 4. 5 65 9. 1 52 5. 2 63 10. 1 18 山形県 242 71 8. 6 54 4. 3 63 8. 9 51 5. 1 62 9. 8 茨城県 495 71 8. 5 56 4. 5 65 9. 1 52 5. 2 63 10. 2 栃木県 358 71 8. 5 55 4. 4 63 8. 8 51 5. 1 61 9. 8 群馬県 311 71 8. 5 54 4. 3 62 8. 7 50 5. 0 61 9. 7 埼玉県 816 71 8. 5 54 4. 3 62 8. 7 50 5. 0 59 9. 4 山梨県 170 71 8. 5 54 4. 3 62 8. 7 50 5. 0 60 9. 6 鳥取県 126 71 8. 5 55 4. 4 62 8. 6 50 5. 0 60 9. 5 岡山県 383 71 8. 5 54 4. 3 62 8. 7 50 5. 0 60 9. 6 福岡県 730 71 8. 6 55 4. 4 63 8. 9 51 5. 1 61 9. 8 佐賀県 161 71 8. 5 54 4. 3 63 8. 8 51 5. 1 61 9. 7 熊本県 343 71 8. 5 56 4. 5 64 8. 9 51 5. 1 62 9. 9 宮崎県 235 71 8. 5 54 4. 3 62 8. 7 50 5. 0 60 9. 6 国公私立計 19,583 70. 9 8. 5 54. 8 4. 4 63. 7 8. 9 51. 7 5. 2 60. 4 9. 7 全国 公立 19,386 70. 7 8. 5 54. 7 4. 4 63. 5 8. 9 51. 5 5. 1 60. 3 9. 6 30 北海道 1,012 70 8. 4 53 4. 2 62 8. 7 49 4. 9 59 9. 4 千葉県 796 70 8. 4 53 4. 3 62 8. 7 51 5. 1 61 9. 8 神奈川県 863 70 8. 4 54 4. 3 64 8. 9 52 5. 2 60 9. 5 三重県 355 70 8. 4 54 4. 3 63 8. 8 50 5. 0 59 9. 4 兵庫県 754 70 8. 4 54 4. 3 63 8. 8 52 5. 2 59 9. 5 徳島県 164 70 8. 4 54 4. 3 61 8. 5 50 5. 0 59 9. 4 高知県 192 70 8. 4 55 4. 4 65 9. 1 53 5. 3 60 9. 6 鹿児島県 500 70 8. 4 53 4. 2 64 9. 0 49 4. 9 59 9. 5 38 宮城県 375 69 8. 3 53 4. 2 62 8. 7 49 4. 9 59 9. 4 静岡県 502 69 8. 3 56 4. 4 63 8. 8 51 5. 1 60 9. 6 奈良県 195 69 8. 3 53 4. 3 63 8. 8 50 5. 0 59 9. 5 香川県 157 69 8. 3 58 4. 7 64 8. 9 53 5. 3 60 9. 6 長崎県 321 69 8. 3 54 4. 3 62 8. 7 50 5. 0 60 9. 6 43 愛知県 980 68 8. 1 52 4. 2 61 8. 5 50 5. 0 58 9. 4 滋賀県 223 68 8. 2 53 4. 3 60 8. 5 49 4. 9 58 9. 3 大阪府 990 68 8. 2 52 4. 2 63 8. 9 51 5. 1 57 9. 2 島根県 187 68 8. 2 55 4. 4 61 8. 6 49 4. 9 58 9. 3 沖縄県 260 68 8. 1 56 4. 5 66 9. 3 52 5. 2 61 9. 7 中学校三年生 # 国語A 国語B 数学A 数学B 理科 1 秋田県 116 80 25. 6 66 5. 9 70 25. 1 51 7. 1 70 19. 0 2 石川県 89 79 25. 3 65 5. 8 71 25. 4 52 7. 3 71 19. 2 福井県 78 79 25. 3 64 5. 7 72 25. 9 53 7. 4 71 19. 3 4 富山県 85 78 24. 9 63 5. 6 70 25. 3 51 7. 1 70 18. 8 静岡県 269 78 24. 8 63 5. 7 68 24. 4 49 6. 9 68 18. 3 6 北海道 589 77 24. 5 61 5. 5 65 23. 4 46 6. 4 67 18. 0 青森県 155 77 24. 7 61 5. 5 67 24. 1 46 6. 4 68 18. 3 宮城県 205 77 24. 6 62 5. 6 65 23. 4 47 6. 5 67 18. 1 山形県 100 77 24. 5 61 5. 5 65 23. 4 46 6. 4 68 18. 2 茨城県 227 77 24. 5 62 5. 6 66 23. 9 47 6. 5 68 18. 3 群馬県 168 77 24. 7 63 5. 7 67 24. 1 48 6. 8 69 18. 5 東京都 638 77 24. 6 63 5. 7 67 24. 2 49 6. 9 65 17. 7 新潟県 235 77 24. 5 62 5. 6 67 24. 1 47 6. 6 66 17. 8 京都府 172 77 24. 5 62 5. 6 67 24. 1 48 6. 7 66 17. 8 兵庫県 346 77 24. 6 61 5. 5 69 24. 7 48 6. 8 67 18. 1 山口県 152 77 24. 6 61 5. 5 67 24. 2 46 6. 5 67 18. 0 徳島県 82 77 24. 5 60 5. 4 69 24. 9 47 6. 5 67 18. 2 愛媛県 133 77 24. 7 62 5. 6 69 24. 7 49 6. 8 68 18. 4 大分県 127 77 24. 5 62 5. 5 66 23. 9 45 6. 3 67 18. 1 国公私立計 10,040 76. 4 24. 4 61. 7 5. 6 66. 6 24. 0 47. 6 6. 7 66. 5 17. 9 全国 公立 9,597 76. 1 24. 3 61. 2 5. 5 66. 1 23. 8 46. 9 6. 6 66. 1 17. 9 20 岩手県 162 76 24. 2 61 5. 5 62 22. 3 43 6. 0 65 17. 6 福島県 218 76 24. 2 61 5. 5 64 22. 9 44 6. 2 66 17. 7 栃木県 159 76 24. 2 61 5. 5 65 23. 2 46 6. 4 67 18. 0 千葉県 386 76 24. 3 61 5. 5 64 23. 0 46 6. 4 65 17. 6 神奈川県 420 76 24. 2 62 5. 6 66 23. 6 48 6. 7 66 17. 7 山梨県 84 76 24. 4 62 5. 6 66 23. 6 48 6. 7 67 18. 2 長野県 189 76 24. 5 61 5. 5 65 23. 6 46 6. 4 66 17. 9 岐阜県 184 76 24. 3 62 5. 6 67 24. 2 49 6. 9 68 18. 4 愛知県 427 76 24. 3 61 5. 5 69 24. 7 49 6. 9 68 18. 4 奈良県 104 76 24. 2 60 5. 4 66 23. 8 46 6. 5 64 17. 3 鳥取県 62 76 24. 4 60 5. 4 66 23. 7 45 6. 3 66 17. 8 島根県 95 76 24. 4 61 5. 5 64 23. 1 45 6. 3 66 17. 7 岡山県 156 76 24. 2 59 5. 3 65 23. 5 44 6. 2 66 17. 7 広島県 241 76 24. 5 61 5. 5 66 23. 7 46 6. 5 66 17. 8 香川県 70 76 24. 3 60 5. 4 67 24. 1 46 6. 4 66 17. 7 35 埼玉県 422 75 24. 1 61 5. 5 65 23. 4 47 6. 5 65 17. 6 三重県 158 75 24. 1 60 5. 4 67 24. 0 46 6. 4 66 17. 8 滋賀県 102 75 23. 9 58 5. 2 65 23. 5 45 6. 3 64 17. 3 大阪府 470 75 23. 9 59 5. 3 65 23. 5 46 6. 4 64 17. 3 和歌山県 120 75 24. 0 59 5. 3 67 24. 1 45 6. 3 65 17. 4 高知県 110 75 24. 1 60 5. 4 64 23. 1 43 6. 0 64 17. 2 福岡県 351 75 24. 1 61 5. 5 65 23. 3 46 6. 4 65 17. 7 佐賀県 94 75 24. 0 59 5. 3 64 23. 2 44 6. 2 64 17. 3 長崎県 178 75 24. 1 60 5. 4 65 23. 4 45 6. 4 66 17. 7 熊本県 166 75 24. 0 59 5. 3 65 23. 3 46 6. 4 66 17. 8 宮崎県 133 75 24. 1 59 5. 4 66 23. 8 44 6. 2 65 17. 7 鹿児島県 221 75 24. 0 58 5. 3 64 23. 2 45 6. 3 65 17. 5 47 沖縄県 148 72 22. 9 58 5. 3 59 21. 3 40 5. 5 61 16.

次の

平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査結果

全国 学力 学習 状況 調査 結果

、に記事化しました。 (平成30年4月17日編集部追記) 文部科学省は、全国的に子どもたちの学力状況を把握するため、平成19年度から「全国学力・学習状況調査」、いわゆる全国学力テストを実施している。 調査の対象学年は小学6年生と中学3年生。 児童生徒への調査に加え、保護者に対する調査も実施した。 平成29年度の参加学校数は2万9,850校。 平成29年度からは都道府県別の結果に加え、指定都市の調査結果も公表している。 調査の結果、 都道府県別では、秋田県が小中の国語A・Bで1位、石川県が小学国語Bと算数A・B、中学国語Aで1位。 福井県は中学国語A、中学数学A・Bで1位となった。 何を学んでいるのかを示す「学習課題」、何を学んで、何をできるようになったのかを振り返る「まとめ」、どのように学んでいるのかを自覚する「振り返り」のある授業を目指している。 新潟市教育委員会はこの3つのフレームワークを小中学校の教育現場に広く周知し、授業づくりや小中学生の学力の向上に取り組んできたという。 仙台市教育委員会はこれまで、仙台市内小中学校全児童生徒を対象に独自の「学力標準検査」を実施しており、児童生徒の学力の把握や課題の発見、教員の指導力向上に活用してきた。 平成22年2月からは川島隆太教授らが構成する東北大学の研究チームと協働研究を締結し、学習意欲の科学的研究も行っている。 教員の指導力向上については、宮城教育大学と立ち上げた「確かな学力研修委員会」と協働し、教員に向けた模擬授業「提案授業」の実践や公開、提案を実施。 担当者は、今回の成績は児童生徒と教員、市が一丸となって実現した結果としながらも、今後の課題は「取組みをより広く周知して、(児童生徒だけでなく教員に)知っていただくこと」とコメント。 これまでの取組みをまとめた資料の作成や「提案授業」内容をDVD化し、模擬授業を体験できなかった教員にも役立つ情報の活用に努めるとしている。 全国学力テストの結果は、国立教育政策研究所のWebサイト内で閲覧できる。 《佐藤亜希》.

次の

平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査結果

全国 学力 学習 状況 調査 結果

調査の目的• 義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図る。 学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる。 そのような取組を通じて、教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する。 理科は3年に1度程度の実施。 英語は3年に1度程度の実施。 生活習慣や学校環境に関する質問紙調査• 児童生徒に対する調査• 学校に対する調査 調査の方式 (19年度~21年度)悉皆調査 (22年度、24年度)抽出調査及び希望利用方式 (25年度)きめ細かい調査• 抽出調査:都道府県毎に平均正答率が95%の確率で誤差1%以内になるよう抽出率を設定(抽出率約30%)。 希望利用方式:抽出調査対象以外の学校は、学校の設置管理者の希望により、調査を利用することができる。 きめ細かい調査では、対象学年の全児童生徒を対象とした本体調査により、すべての市町村・学校等の状況を把握するとともに、1. 経年変化分析、2. 経済的な面も含めた家庭状況と学力等の状況の把握・分析、3. 少人数学級等の教育施策の検証・改善に資する追加調査等を新たに実施。 調査結果の公表・提供• 国全体、各都道府県・指定都市、地域の規模等における調査結果を公表。 教育委員会及び学校に当該教育委員会・学校の調査結果を提供。 児童生徒に個人票を提供。 お問合せ先.

次の