推測 類語。 推測(すいそく)の類語・言い換え

「推測」の意味と使い方とは?予測や推察などの類語との違いも解説

推測 類語

「憶測」は「 根拠もなく、いいかげんに推測すること。 当て推量」という意味を持っています。 「推量」とは「おしはかること」つまり「ある事柄をもとにして、他の事柄の見当をつけること」の意味です。 したがって、 分からない事柄にこうではないかと見当をつけるのだけれども、ベースとなる正確な情報がない、あるいは乏しい状態から、無責任に想像し判断してしまうことを言います。 基本的に「憶測」は「あてずっぽう」ですから、そのいい加減さが他人に悪影響を及ぼす可能性もあるでしょう。 また、他人の発言に「それは憶測だ」などと言うと、「ちゃんと考えたのにバカにするな!」と反論されトラブルにつながる可能性もあります。 こうした点には気を付けておきたいですね。 「推測」とは「 おしはかって考えること。 推量」という意味です。 「推」は訓読みでは「おす」と読むことができ、実際に押すときの動作イメージから発展して、この場合「考えや判断を前に押し出す」ことを指します。 つまり、 分からない事柄をあれこれ考え(前に押し出し)、こうではないかと見当をつける様子だといえるでしょう。 主に「推測する・される」「推測できる/できない」といった形で用いられます。 例文: 「見た目や話し方から、彼は30代半ばだと推測される」 「ここまでは私の推測通りに事が運んだようだ」 「これまでのデータからは、原因が何なのか推測できない」 「凶器が鋭利な刃物であることは、容易に推測できた」.

次の

「推測」に関連した英語シソーラスの一覧

推測 類語

中富は捜査陣の弱点を的確に衝いてきた。 小滝が金田老人の金を所持していたとするのは、あくまで推測の域を出ない。 小滝が金田の金を持っていたことを立証する術はない。 … 森村誠一『棟居刑事の断罪』 より引用• とともに爆発物運搬中の事故であった可能性も排除できない。 もちろん、いずれもあくまで推測の域をでるものではない。 現時点ではあらゆる可能性が考えられる。 … 藤原伊織『テロリストのパラソル』 より引用• そやからあくまで推測やけど、自ら命を絶つ者はそれなりの覚悟をしているはずや。 姉小路祐『動く不動産』 より引用• その後、計画通りこの子を誘拐するのだが、言うことを聞かなかったか、他の理由でこの子を殺し、林の中へと隠した。 これはあくまで推測で、他の動機があるかもしれんが。 となると、犯人は何処にいる? … 山田悠介『8. 1 Game Land』 より引用• 館の天井の木の梁か何かに紐をかけて首を吊ってもいいのですが、それでは自殺ということがストレートに出過ぎてしまいますから、木綿の紐かなにかで絞殺されていたようにしたのでしょう。 今朝は、事件のことを詳しく聞かないで出発しましたから、あくまで推測ですけど。 木綿には、木の字が入っていますから、曜日を示すダミーにぴったりですからね。 … 石崎幸二『日曜日の沈黙』 より引用• この史上空前の大戦争の演出者こそ、ナチス・ドイツ総統ヒトラーであるわけだが、そのヒトラーが〈女性化〉していたというのは、いささか奇矯にすぎるかもしれない。 むろん、これはあくまで推測あるいは推理であって、確たる証拠はなにもない。 が、その推理には、意外に根深い根拠を見出し得るのであり、最も重要な示唆を与えてくれるのが、第二次大戦中の米国諜報機関OSSの記録である。 … 児島襄『指揮官』 より引用• 自らへその緒をちぎり、自らお腹の中から産まれてくる。 それはあくまで推測だった。 それしか考えられなかったから。 … 山田悠介『 ベイビーメール』 より引用• しかし自然に「もみじ」になるのを待たずにそうして青葉のうちに散ろうとすると、「根源的な意識の連続体」があるとすれば、それは強烈に色づけされるように思えるのだ。 あくまで推測だが、豊かであるべき死の体験が、まったく別物になってしまうのではないかと 危惧 きぐするのである。 むろん、なにが自然なのかは判らない。 … 玄侑宗久『死んだらどうなるの?』 より引用• 多分とか言ってたから、あくまで推測じゃねぇのか? 児玉ヒロキ『イット2』 より引用• 縄文時代に植物質の粉食が行われていたことは想定されているが、レシピや形状についてはあくまで推測の域をでないものである。 これまで判明している範囲での 側の暗号解析能力を当てはめれば、連中がどれくらいで発射コードを入手できるか推測が可能だ。 あくまで推測だが。 … 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』 より引用• その内の一つ、『鏡の水底』は、西アジアで発見されてオーストリアの画廊に預けられていたところ、噂を聞いた独裁者に奪われてしまった。 あくまで推測だよ? … 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』 より引用• 計画が失敗したんだが、三田村は、愚かにも、ゆすられていることを、冴子に話して、しまったのさ。 もちろん、これはあくまで 推測 すいそくだが、そうでないと、 辻褄 つじつまが合わなくなってくるんだ。 なぜ、そんなことを、三田村は、妻の冴子に話してしまったのか。 … 西村京太郎『夜の終り』 より引用• ピーター・コービンとダグラス・セッジは、『トマス・オブ・ウッドストック』は「相当幅広く力量のある」作者が書いたと主張する。 「あくまで推測」としてシェイクスピア「とも他の作者とも」考えられるとしながらも、次のように指摘した。 それにしても、あの海岸はどこなのであろうか。 陽子の居た別荘のある伊豆の西海岸の漁村だと推定するのが、何となく自然のように思われるが、それもあくまで推測であるに過ぎない。 それからまた、いつの年のいつのことであろうか。 … 井上靖『崖(下)』 より引用• そりゃ許嫁に怒られるわ、と思いながら俺は咒式を結び終わった。 ロルカからの報告をギギナに話そうと思ったが、あくまで推測なので、 先程 さきほどと同じ問答が起こるのが嫌なのでやめておく。 とにかく策を考えるが、大して浮かばないままに時が無為に過ぎる。 … 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』 より引用• 北アメリカの個体数は現在約2億羽と推定されているが、その全ては1890-91年にかけてアメリカ順化協会の設立者ユージン・シーフリン Eugene Schieffelin がヨーロッパから輸入してニューヨークのセントラルパークで放ったおよそ100羽の子孫である。 なお、この移入に関してはシーフリンがシェークスピアの戯曲に登場する全ての鳥をアメリカに定着させたかったから、という理由付けがよくされるが、それを裏付ける確実な証拠はなく、あくまで推測の域を出ない都市伝説である。 雪山に限らず、脱衣した状態で凍死した例は世界各国で何件か見つかっている。 日本でも、過去に服を身につけない状態で凍死した事例が37件発見されており、「矛盾脱衣」が原因だと考えられているが、全員死亡のため実際の状況について詳しいことはわかっておらず、あくまで推測の域にとどまっている。 以上の審理を経て事実調べと証拠調べは終了し、検察側はKに懲役2年6か月を求刑した。 対する弁護側は、筆跡鑑定はあくまで推測にすぎないのであって断定的な証拠ではない、とKの無罪を主張した。 そして7月19日の第7回公判において、判事の小倉明により判決は言い渡された。 営業所の起源についての詳細は不明だが、1933年には前身である横須賀自動車の衣笠工場が小矢部444番地に存在している。 横須賀自動車が横須賀駅 - 佐野枇杷山下間の路線を法塔まで延長したのが1927年、さらに衣笠まで延長したのが1934年であるので、この頃に営業所が設置された可能性が高いが、あくまで推測に過ぎず確証はない。 なお「京濱電氣鐵道沿革史」によると、1941年頃には既に湘南電気鉄道の衣笠営業所および衣笠車庫として存在している。

次の

推測の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

推測 類語

スポンサーリンク 「杞憂」の意味と由来が気になる! まず最初に 「杞憂(きゆう)」の意味と由来について見ていきましょう。 「杞憂」という言葉は「きゆう」と読みます。 中国の故事にちなんで成立した日本語の熟語です。 漢字や文化が中国大陸から伝来したことと相まって、日本語の中には、古代中国のさまざまな伝承、文献などに由来する故事成語が数多くあります。 その中でも「杞憂」は有名なものの一つといえるでしょう。 「杞憂」の「杞」とは、古代中国の殷代から戦国時代にかけて存在した国の名前です。 いくつもの国が栄えては滅ぶ時代にあって、杞もかなり小さい国だったようで、現在残されている史料などは非常に少ないそうです。 「杞憂」の「憂」は会意文字です。 この漢字は「頁」と「心」と「夕」から成っています。 「頁」とは人の頭のことを指し、「夕」は「人が行き詰まり悩むこと」とされます。 すなわち「憂」は、「心の悩みが顔に表れる」ことを表す字です。 ここから「憂う」といったように、悩んだり、心配したりする様子を表すようになったとされます。 このように 「杞憂」は 「杞の国の人の憂い」という意味で、「列子」という中国・戦国時代の寓話集から取られた言葉です。 「列子」は元来は、この書を書いた思想家の名前ですが、そのまま書名になっており、全部で八巻から成ります。 故事・寓言・神話を多く載せており、唐代に道教教典として尊ばれたようです。 「杞憂」はこのうちの「天瑞」という本にみえる故事です。 かつて、杞の国の人が、 「天が落ちてきたり、大地が崩れたりしないか」とおよそあり得ないことを心配して、夜も眠れず食事も喉を通らなかったそうだ、というエピソードです。 このことから、 「本来、する必要もない無用な心配をすること」や 「取り越し苦労をすること」を、 「まるで杞の人の憂いのようだ」との趣旨で表現したのが、この名詞の由来です。 「杞憂」の正しい使い方は? 次に 「杞憂」の正しい使い方について見ていきましょう。 スポンサーリンク このように「杞憂」は、もともとの語意からすると、「しても無駄な心配」、あるいは「必要のない配慮や懸念」というニュアンスを持つ言葉です。 単に何かを気にしたり、「大丈夫だろうか」、「うまくいくだろうか」と思い悩むだけではなく、本来あり得ないこと、「行きすぎ」、「気にしすぎ」といえるような事柄まで、過剰に想定して不安がる状態を表します。 日本語表現では 「取り越し苦労」が一番近いといえるでしょう。 「杞憂」に似た言葉に、 「思い過ごし」という言い方があります。 これも 「杞憂」に近く、 「考え過ぎること」、「余計なことまで考えて心配すること」、「つい悪い方に考えること」という意味があり、やはり 「余計な推測をすること」を示します。 ただ考えすぎの度合いとしては、「杞憂」の方が元来の意味からは相当過度であるといえます。 「杞憂」とはすなわち「取り越し苦労」であり、「可能性がまったくないような、不要で無駄な心配をすること」だからです。 これに対して、「思い過ごし」は「やや余計なことを考え過ぎる」とか、「物事を悪い方に考える」というニュアンスとなります。 「必要がない」、「そんな恐れは全くない」とまでは言えないものの、「そこまではちょっと考えすぎだろう」といった印象です。 例えば「最近彼が暗いので、何かあったのかと気にしていたのだが、思い過ごしだった」のような使い方です。 このように、大仰さの程度では「杞憂」は最高ランクに心配性な状態を示す言葉ですが、現代では次第に使い分けがあいまいになっているようです。 故事成語らしい堅い印象が文章のアクセントになることからも、「結局はうまくいった」という軽い感じの文脈でも最近ではよく使われています。 後ほど例文をご紹介します。 「杞憂」の類語と例文を教えて? 最後に 「杞憂」の類語と例文をご紹介したいと思います。 「過剰な心配」という趣旨での「杞憂」の類語には、次のようなものがあります。 強迫観念• 被害妄想• げすの勘繰り• 無用の不安• いらざる心配 などがあります。 「杞憂」の例文としては次のようなものが挙げられます。 今度の人事異動で転勤を命じられるかと気が気じゃなかったが、杞憂でよかったよ。 杞憂かもしれないが、彼はこのところ体調が優れないようだ。 一度病院に行くよう勧めてみようと思う。 家を出た後、いつも鍵の掛け忘れが気になって一度戻るんだが、毎回杞憂に終わる。 「杞憂」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「杞憂」の 意味と正しい使い方、そして由来や類語、例文について詳しくご紹介しました。 ちなみに「杞憂に終わる」の意味合いは「取り越し苦労」「心配する必要がなかった」などの意味合いがありますね。 もし使う場面がありましたら是非、参考にしてください。

次の