岸和田 だんじり 中止。 だんじり祭りの事故!なぜ中止にならない?地元はみんな祭り好き?

2020年祭礼日程表

岸和田 だんじり 中止

かなりの勢いがついているにもかかわらず、そのままの勢いで角を曲がるというのですから危険をを伴うことは必須です。 過去には事故で亡くなられた方もいらっしゃいますので、問題視されている理由にもなっています。 しかし、こんなに危険のある 「やりまわし」は、この祭りの最高の見所でもあるのです。 速度をキープしながら曲がるたびに見物客からは、大歓声があがります。 曳き手たちも腕の見せ所とばかりにチームワークを発揮します。 その状況を動画でみてみましょう。 だんじり祭りに対する批判的な意見も多い? 事故が多い危険なお祭りだから批判も多いと思われますが、実はそれ以外にも多くの理由があるようです。 例をあげると• だんじり祭りの練習で、早朝や夜中連日騒音がして眠れない• 地元民で、ご近所や会社等との関係もあるが、治安や危険等を考えると参加したくない• 仕事の関係で引っ越してきたが、土地勘が無いのにお祭り優先で宇回を強いられ(自転車で)て、大変な思いをした 等です。 「お祭り」は、大嫌いという人は少ないのでは?と思っていましたが、だんじり祭りに関してはかなり批判的な方も多い様ですね。 特に移住してきた方は、今まで経験したことのない状況(早朝・深夜の練習等)に驚いてしまうのでしょうね。 お祭りは、その土地の伝統行事であることがほとんどです。 しかし、事故や死亡者が出ている以上は、安全なお祭りであるように見直す必要があると思います。 伝統行事を絶やさず後世に伝えていくためにも、伝統を守るだけでなく、風潮に合わせて進化していけば、たくさんの方から愛される祭りになるのではないかと思います。 また、悪い部分ばかりでなく、だんじり祭りの良さもみて、経験していただきたいですね。

次の

だんじり祭りの中止が相次ぐ!岸和田の動向に注目!

岸和田 だんじり 中止

Contents• 岸和田だんじり祭2020もコロナで中止? 岸和田だんじり祭2020ですが、コロナによる中止の発表はありません。 地元の人に愛され続け、伝統行事として受け継がれてきた岸和田祭。 大迫力のやり回しには、本当に圧倒されますよね。 あの男気溢れる青年団が、カッコいいです・・。 ハッピマジックともいわれますが、とにかくカッコよく見えますよね。 ただ、さすがの岸和田祭もこのコロナウイルスでやはり開催が心配になります。 そうはいっても、岸和田だし岸和田だんじり祭だし!! 岸和田祭への地元愛は絶大ですしmやるんじゃないか・・と思ったりもしますが、どうなんでしょうね。 コロナに負けるな精神で開催強行というのも、どこかありそうな気がします。 新型インフルエンザが大流行した時も、開催されました。 ただ、コロナは当初思っていたより怖いウイルスとされています。 大阪では、ようやく感染者ゼロの日がでたりとだいぶ感染拡大が落ち着いてきましたが・・。 まだ、緊急事態宣言がでている地域の一つとして残っている状況。 それだけに、岸和田市としても厳しい判断を迫られることになるはず。 もし、岸和田祭が開催になったとしても、やはり屋台営業は厳しいでしょうね。 岸和田祭では、カンカンまでの道・脇道にずらりと屋台が立ち並びますが。 それこそ、飛沫・接触の嵐になる状況ですよね。 とりあえず、岸和田のだんじりが9月開催ということで、少し時期に余裕があります。 岸和田祭までに、何とかコロナが落ち着いてくれることを祈ります!! スポンサーリンク 岸和田だんじり祭2020の中止など開催可否はいつ決まる? 岸和田だんじり祭2020の開催可否ですが、 遅くても6月頃には判断するのでは? 徳島の阿波踊りも、8月12日から4日間の予定でしたが4月に発表されました。 この頃になって、まだコロナウイルス感染拡大の勢いが収まっていなければ厳しいでしょう。 出来る限り、岸和田だんじり祭開催に向けて検討すると思われますが。 あまり長くは引っ張れない世間の空気があります。 とはいえ、地元民の愛が深いので中止となれば、またそれも大変で。 この状況の中での、岸和田祭開催可否を決めるのも辛いところですね。 大阪は、コロナ感染者数が多いですが、外出自粛の頑張りもあり増加スピードは落ちてきています。 大阪だけの問題ではないですが、まずは大阪でのコロナウイルス感染拡大を食い止めることが大事。 その為に、今は外出自粛に協力して過ごしたいですね。 自分は大丈夫・・と思っていると、症状で周りの人にコロナウイルスを感染させることもあります。 より早いコロナ終息に向けて、一人ひとり気を付けていきたい。 スポンサーリンク 岸和田だんじり祭2020の中止や開催についての世間の声 岸和田祭(岸和田だんじり祭)へのコロナの影響による中止など、開催についての声がこちらです。 逆に中止にしたらマジもんの暴動起こるよ。 命より大事なだんじり祭り。 どうするんやろ岸和田。 それでも、岸和田祭は強行する!という声も結構多いですね。 地元民にとにかく愛されているお祭りなので、岸和田だんじり祭開催を望む声も多いです。 スポンサーリンク 岸和田だんじり祭2020もコロナで中止?まとめ 大阪の有名なお祭り・岸和田だんじり祭ですが、コロナウイルスによる中止などはまだ発表されていません。 コロナ感染拡大が進んでいますが、開催に向けてまだしばらく決定を先延ばしにすると思われます。 地域でも開催を待ち望む声が大きいですし、早い段階での中止発表はなさそうです。 世間的にみると岸和田祭も中止という見方がありますが、果たしてどう判断するのか。 岸和田市は、かなり難しい判断を下すことになりますね。 伝統行事が次々コロナで中止になるのは、本当に残念です。 早くこのコロナウイルスが収束して、本来の大阪の街・活気を取り戻したいですね。

次の

だんじり祭りの中止が相次ぐ!岸和田の動向に注目!

岸和田 だんじり 中止

大阪府岸和田市は23日、9月に春木地区で予定されていた「春木だんじり祭」の地車(だんじり)曳行を自粛するとの市への連絡が、住民による実施団体「春木地車祭礼年番」からあったと発表した。 事実上の祭礼中止となる。 新型コロナウイルス感染の第2波襲来が懸念される中で、「感染拡大防止の対策が難しい」ことが理由。 隣接する岸和田地区で同期間に実施され、知名度の高い「岸和田だんじり祭」の判断が注目される。 岸和田市内のだんじり祭は例年9月に開かれ、岸和田地区(22町)、春木地区(12町)が別ルートで各町のだんじりを曳行。 昨年は2日間で計約41万6千人の観客が訪れた。 今年は9月19、20日の曳行を予定していた。 関係者によると、春木地区では今月中旬までに、すべての町会が自粛を決定。 各町から選出され、具体的な運営を担当する祭礼年番が20日の会合で協議し、全町の年番が自粛に賛同したという。 一方、岸和田地区では、「岸和田地車祭礼年番」が医療機関や保健所などと協議し、新型コロナ感染の危険性を少なくして曳行する方法を探っている。 ただ、同地区でも、すでに独自に曳行中止を決めた町が複数ある。 10月中旬にも、市東部と山側の地区でだんじり祭が予定されているが、市には正式に中止などの連絡は入っていないという。

次の