東京 電気 おすすめ。 東京ガスの電気は一人暮らしも安くなる!けど1番のおすすめではない!

東京電力エリア(関東)の電力会社の電気料金比較表【掲載数No.1】

東京 電気 おすすめ

「」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。 一人暮らしの月々の電気代・ガス代は平均でどれくらいかかる? 初めて一人暮らしをする方にとっては、毎月どれくらいの電気代がかかるか気になるところでしょう。 まずは一人暮らしでかかる電気代について解説していきます。 大都市圏の一人暮らしにかかる電気代は平均5,137円 総務省が発表する「」によると、 全国の単身世帯における月額の平均電気代は5,852円となっています。 また、東京都区部および政令指定都市を対象とする 「大都市圏」にしぼると、単身世帯の平均電気代は5,137円と低めの数値になります。 これは都市部ほど学生や就労者の単身世帯の割合が多く、日中の電気使用が少ない傾向があるためと考えられます。 そのため、進学や就職などでこれから東京や周辺都市部で一人暮らしを始める方にとっては、こちらのほうが実態に近い数値といえそうです。 ただし、これは年間の平均値になるため、夏季・冬季のエアコンを多く使う時期は電気代が高くなり、それ以外の時期は安めになる傾向があります。 大都市圏の一人暮らしにかかるガス代は平均2,866円 同じく、総務省の「家計調査」によれば、全国の単身世帯における平均ガス代は3,104円です。 これを東京都区部および政令指定都市を対象とする 「大都市圏」にしぼると、単身世帯の平均ガス代は2,866円になります。 大都市圏では多くがコストの安い都市ガスの供給エリアとなっているため、全国平均よりも金額が低くなっています。 ただし、大都市圏でも都市ガス供給エリア外の場所もあります。 全域が都市ガス供給エリアになっている東京23区内に限れば、さらに平均額が低くなることが考えられます。 電気・ガスのセット契約は東京の一人暮らしでもおトクになる?東京電力EPと東京ガスを比較 2016年の電力自由化、2017年の都市ガス自由化によって、ガス会社が電気を販売したり、電力会社が都市ガスを販売したりと、異業種でも電気・ガスの販売ができるようになりました。 こうした動きにあわせて、「電気+他サービス」の組み合わせで契約することで 料金の割引を受けられる「セット割引」の特典を用意している電力会社もあります。 とくに電気・ガスは生活をするうえで基本的に必ず契約するものなので、契約をまとめて電気代・ガス代をおトクにできる電力会社は有力な選択肢の1つになるでしょう。 また、同じ事業者で契約をまとめると、料金がおトクになるだけでなく 料金の支払いや明細をまとめられるというメリットもあります。 では実際に電気とガスの契約をまとめることで、どれくらいおトクになるのでしょうか。 で電気とガスをまとめた場合と、で電気とガスをまとめた場合で比較してみましょう。 東京電力EPで電気とガスをセット契約する場合 まずは東京電力EPで電気・ガスをセット契約するケースです。 東京電力EPでは都市ガスの販売も行っており、電気・ガスそれぞれでおトクな料金プランを打ち出しています。 さらに、 電気とガスをあわせて契約することで支払いをさらにおトクにできます。 一人暮らしにおすすめなのは、従来の「従量電灯B」に相当する電気料金プラン「スタンダードS」とガス料金プランの「とくとくガスプラン」をあわせたセット契約です。 まずは電気料金プランの「スタンダードS」からくわしく見ていきましょう。 東京電力EP「スタンダードプランS」の料金表 区分 単位 東京電力EP「スタンダードS」料金(税込) 東京電力EP「従量電灯B」料金(税込) 基本料金 10A 1契約 280円80銭 280円80銭 15A 421円20銭 421円20銭 20A 561円60銭 561円60銭 30A 842円40銭 842円40銭 40A 1123円20銭 1123円20銭 50A 1404円00銭 1404円00銭 60A 1684円80銭 1684円80銭 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 19円52銭 19円52銭 121kWh〜300kWh 25円98銭 26円00銭 301kWh〜 30円02銭 30円02銭 全体的に「従量電灯B」をベースにした料金設定になっていますが、電力量料金の 第二段階料金のみわずかに割安に設定されています。 そのため、東京電力EPから電力会社を変更せず、電気料金プランを見直すだけでも電気代を安くすることができるでしょう。 続いて、電気とあわせて契約することでおトクになる「とくとくガスプラン」です。 東京ガスの一般料金と比較してみましょう。 そして、 電気とガスを両方契約することでさらにおトクな割引が適用になります。 「スタート割」で12カ月間ガス代が5%割引 「とくとくガスプラン」を契約すると「スタート割」が適用となり、12カ月間ガス代が5%割引になります。 東京電力EPのセット契約はどれくらいおトク? 大都市圏における単身世帯の平均電気代5,137円を東京電力EP「従量電灯B」(契約アンペア数30Aの場合)で換算すると、1カ月の平均電気使用量は約195kWhとなります。 また、同じく平均ガス代2,866円を東京ガス「一般契約」で換算すると、1カ月の平均ガス使用量は15m3となります。 この数値をもとに、セット割が適用になった場合にどれくらいおトクになるのか計算してみましょう。 東京電力EPで電気・ガスをセット契約した場合にかかる金額 電気代(契約アンペア数が30Aの場合) (基本料金)842. 40円 + (第一段階料金)19. 3円 ガス代 (基本料金)722. 84円 + (基準単位料金)138. 54円 ガスセット割 -100円 スタート割(12カ月間) 2798. 05) = -139. 93円 上記を合計すると、7,691. 91円となります。 電気・ガスの平均額の合計8,003円と比較すると、 1カ月あたり約311円、年間で3,733円の節約になります。 東京ガスで電気とガスをセット契約する場合 東京ガスでも電気とガス両方の取り扱いがあり、あわせて契約することで割引が適用になります。 一人暮らしに適した、比較的電気使用量の少ない世帯向けの電気料金プラン「ずっとも電気1S」をくわしく見てみましょう。 東京ガス「ずっとも電気1S(東京電力エリア)」の料金表 区分 単位 東京ガス「ずっとも電気1S」料金(税込) 東京電力EP「従量電灯B」料金(税込) 基本料金 10A 1契約 280円80銭 280円80銭 15A 421円20銭 421円20銭 20A 561円60銭 561円60銭 30A 842円40銭 842円40銭 40A 1123円20銭 1123円20銭 50A 1404円00銭 1404円00銭 60A 1684円80銭 1684円80銭 電力量料金 120kWhまで 1kWh 19円49銭 19円52銭 121kWh〜300kWh 24円89銭 26円00銭 301kWh〜 26円99銭 30円02銭 東京ガス「ずっとも電気1S」は、基本料金は東京電力EP「従量電灯B」と同じですが、 電力量料金は使用量にかかわらず「従量電灯B」よりもおトクな設定になっており、切り替えることで電気代を安くすることができます。 また、この 「ずっとも電気1S」とガスの契約をまとめることで「ガス・電気セット割」が受けられるほか、東京ガスの提携プロバイダにてインターネットも契約することでさらに「東京ガストリプル割」も適用になります。 「ガス・電気セット割」で電気代の0. 5%が割引 電気とガスをあわせて契約することで「ガス・電気セット割」が適用となり、毎月電気代の0. 5%(小数点以下切り捨て)が割引になります。 東京ガスのセット契約はどれくらいおトク? 東京ガスでのセット契約ではどれくらいおトクになるのでしょうか。 電気の平均使用量195kWh、ガスの平均使用量15m3を使った場合、東京ガスでセット割が適用になった場合にどれくらいおトクになるのか計算してみましょう。 東京ガスで電気・ガスをセット契約した場合にかかる金額 電気代(契約アンペア数が30Aの場合) (基本料金)842. 40円 + (第一段階料金)19. 95円 ガス代 (単身世帯のガス代平均額)2,866円 ガス・電気セット割 5,047. 95円となります。 電気・ガスの平均額の合計8,003円と比較すると、 1カ月あたり約114円、年間で1,368円の節約になります。 東京電力EPの節約額が1カ月あたり約311円、年間で3,733円なので、 東京電力EPのほうが節約できることになります。 これは、東京電力EPに「スタート割」があることに加え、東京電力EPのセット割が一律100円割引なのに対して東京ガスのセット割は電気代の0. 5%と低めの設定になっていることも影響しています。 ちなみに東京電力EPの「スタート割」は12カ月だけの適用になりますが、上記の理由から2年目以降も東京電力EPのほうが若干ですがおトクになる可能性が高いでしょう。 電気・ガスをセットにしないほうがおトクになることも 電力自由化・ガス自由化によって、電気とガス、その他のサービスなどをまとめて契約できる事業者が増えました。 同時にセット割引で支払いがおトクになるプランも増えています。 ただし注意したいのは、 「セット割引」が必ずしもおトクとは限らないという点です。 電気とガス、それぞれ別の事業者と契約したほうがトータルの金額が安くなることがあるのです。 電力会社やガス会社を選ぶうえで重要なのは、自分の生活スタイルにあわせて選ぶことです。 セット割引だけに注目して契約してしまうと、肝心の料金プランが自分の生活スタイルにあわず結果的に割高になってしまうこともあります。 やを選ぶ際は、自分にあったところを選ぶのが最優先だということを覚えておきましょう。 おトクなのは電気・ガスのセット割引だけじゃない!一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方 では、東京の一人暮らしで自分にあった電力会社を選ぶには、「セット割引」以外にどんな点に注目すればよいのでしょうか?具体的な電力会社の選び方を4つに絞って解説します。 一人暮らしだと電気使用量が少なくなることもありますが、その場合でも 基本料金は電気の使用量にかかわらず毎月必ず発生します。 そのため、電気使用量の少ない世帯だと電気代全体に対する基本料金の占める割合が大きくなり負担になってしまいます。 そこで、とくに電気使用量の少ない(または少なくなる予定の)場合におすすめなのが 基本料金の安さに注目して電力会社を選ぶことです。 東京電力EP「従量電灯B」の基本料金を基準に検討している電力会社の基本料金の設定を見て比べてみましょう。 電力自由化以降、基本料金が0円の電力会社も登場していますので、あわせて検討してみるとよいでしょう。 2.電力量料金の安さで比較して選ぶ 電力量料金とは、実際の電気使用量に応じて支払う料金のことを指します。 基本料金をチェックしたあとは、この電力量料金にも注目してみましょう。 東京電力エリアにおける電力量料金の設定でもっとも一般的なのは「三段階料金制」と呼ばれるものです。 これは電気の使用量に応じて、120kWhまでの単価(第一段階料金)、121kWh~300kWhまでの単価(第二段階料金)、301kWh以上の単価(第三段階料金)と、1kWhあたりの料金単価が3段階で変化する料金設定です。 大都市圏における単身世帯の平均の電気代5,137円は、東京電力EPの家庭向けプランである「従量電灯B(30A)」で計算した場合、だいたい195kWh程度の電気使用量にあたります。 この電気使用量を上記の料金設定に当てはめると、第二段階料金までに収まることがわかります。 つまり、 平均的な単身世帯の場合、第一段階料金と第二段階料金の設定が割安な電力会社ほど電気代がおトクになりやすいということになります。 逆に、電気使用量が多く毎月の電気使用量が300kWhを大きくこえるファミリー世帯などでは、第三段階料金の安さを重視したほうがおトクになる可能性が高くなるでしょう。 4.環境への配慮で選ぶ 電気代の安さだけでなく、 環境への配慮で電力会社を選ぶという手もあります。 電気を得るにはさまざまな発電方法が用いられますが、その中には温室効果ガスの1つであるCO2(二酸化炭素)を多く排出する火力発電なども含まれます。 電力会社の中には、環境へのリスクが懸念される発電方法で得られる電気の割合を減らし、太陽光や風力、水力などの 「再生可能エネルギー(自然エネルギー)」による発電の割合を高めることで環境に配慮しているところもあります。 こうした電力会社を選ぶことは環境への取り組みを応援することにもつながります。 環境や再生可能エネルギーの普及に貢献したい方はこうした選び方もおすすめです。 Looopでんき「おうちプラン(東京電力エリア)」の料金表 区分 単位 Looopでんき「おうちプラン」料金(消費税率10%) 東京電力EP「従量電灯B」料金(消費税率10%) 基本料金 10A 1契約 0円 286円00銭 15A 429円00銭 20A 572円00銭 30A 858円00銭 40A 1140円00銭 50A 1430円00銭 60A 1716円00銭 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 26円40銭 19円88銭 121kWh〜300kWhまで 26円48銭 301kWh〜 30円57銭 Looopでんきの「おうちプラン」の最大の特徴は、 基本料金が0円に設定されている点です。 また東京電力エリアの場合、電力量料金は使用量にかかわらず一律26円/kWhに設定されています。 全体の電気代がおトクになりやすいのは、 契約アンペア数が30A以上の世帯です。 20A以下の場合、「従量電灯B」でも基本料金が安めに設定されているため0円になる恩恵が小さく、逆に電力量料金(第一段階料金)の差により割高になってしまうことがあります。 Looopでんきのエネチェンジ限定特典 2020年8月17日までに、エネチェンジにて Looopでんきに申し込むと、 Amazonギフト券5,100円分がもらえます。 ジャストエネルギージャパン「JEブライトプラン(東京電力エリア)」の料金表 区分 単位 ジャストエネルギージャパン 「JEブライトプラン」料金(税込) 東京電力EP「従量電灯B」料金(税込) 基本料金 10A 1契約 224円64銭 280円80銭 15A 336円96銭 421円20銭 20A 449円28銭 561円60銭 30A 673円92銭 842円40銭 40A 898円56銭 1123円20銭 50A 1123円20銭 1404円00銭 60A 1347円84銭 1684円80銭 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 19円50銭 19円52銭 121kWh〜280kWhまで 24円50銭 26円00銭 281kWh〜300kWh 26円50銭 301kWh〜 30円02銭 ジャストエネルギージャパン「JEブライトプラン」の基本料金は、 東京電力EP「従量電灯B」基本料金と比較して一律20%割安に設定されています。 また電力量料金は、281kWh~300kWhの20kWh分を除いて、東京電力EP「従量電灯B」よりも割安な単価設定となっています。 そのため、基本的には電気使用量にかかわらずおトクに電気を利用できるでしょう。 電力量料金は料金の段階が上がるほどおトクになるよう設定されているため、一人暮らしでも電気使用量の多い場合にはとくにおすすめです。 たのしいでんき「東京大江戸プラン 従量電灯B5(東京電力エリア)」の料金表 区分 単位 たのしいでんき「東京大江戸プラン 従量電灯B5」料金(税込) 東京電力EP「従量電灯B」料金(税込) 基本料金 30A 1契約 800円28銭 842円40銭 40A 1067円04銭 1123円20銭 50A 1333円80銭 1404円00銭 60A 1600円56銭 1684円80銭 電力量料金 120kWhまで 1kWh 18円46銭 19円52銭 121kWh~300kWhまで 24円62銭 26円00銭 301kWh~ 28円44銭 30円02銭 たのしいでんき「東京大江戸プラン 従量電灯B5」の最大の特徴は、東京電力EP「従量電灯B」と比較して、 基本料金、電力量料金ともに一律5%割安な料金設定になっていることです。 電気使用量にかかわらず、東京電力EPから 切り替えるだけで必ず電気代を安くすることができます。 ただし、契約できるのは契約アンペア数が30A以上の世帯からとなります。 一人暮らしだと20A以下の場合もあるため、事前に確認しておきましょう。 また、電力供給開始日から 1年未満で解約する場合に、違約金2,160円 税込)がかかる点には注意が必要です。 ミツウロコでんき「シングル応援プラン(東京電力エリア)」の料金表 区分 単位 ミツウロコでんき「シングル応援プラン」料金(税込) 東京電力EP「従量電灯B」料金(税込) 基本料金 10A 1契約 280円80銭 280円80銭 15A 421円20銭 421円20銭 20A 561円60銭 561円60銭 30A 842円40銭 842円40銭 40A 1123円20銭 1123円20銭 50A 1404円00銭 1404円00銭 60A 1684円80銭 1684円80銭 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 19円52銭 19円52銭 121kWh〜300kWh 25円61銭 26円00銭 301kWh〜 28円42銭 30円02銭 ミツウロコでんき「シングル応援プラン」は、東京電力EP「従量電灯B」と比較すると基本料金はまったく同じに設定されていますが、電力量料金は 120kWhを超えた分から「従量電灯B」よりもおトクな料金設定になっています。 そのため、電気使用量の少ない月は東京電力EP「従量電灯B」と同等、使用量の多い月はおトクになります。 エネチェンジ限定特典 9月30日までに、エネチェンジでミツウロコでんきに申し込んだ方全員に、 Amazonギフト券10,000円分がもらえるキャンペーンを実施中です! スマ電「どーんと!夜得ホームプラン(東京電力エリア)」の料金表 区分 単位 スマ電「どーんと!夜得ホームプラン」料金(税込) 最低料金 15kWhまで 1契約 373円73銭 電力量料金 16kwh~300kWhまで 1kWh 27円20銭 301kWh〜 28円90銭 平日夜間(22時~翌8時) 24円75銭 休日 24円75銭 スマ電「どーんと!夜得ホームプラン」は、契約アンペア数に応じた固定料金(基本料金)に電気の使用量の応じた料金が加算される「基本料金制」ではなく、最低使用量(15kWh)までは必ず一定の料金がかかり、それを超えると使用量に応じた料金が加算されていく「最低料金制」となっています。 最大の特徴は、 平日夜間(22時~翌8時)と休日(土・日・祝日)の電気料金が大幅に割安に設定されていることです。 学生や社会人で平日の昼間は自宅で電気をほとんど使わないという方は、おトクに電気を利用できるでしょう。 こちらのプランは6カ月の契約期間が設けられており、 6カ月未満で解約した場合、2,160円の解約違約金がかかる点には注意が必要です。 30A~60Aまでいずれの基本料金も、 東京電力EP「従量電灯B」と比較して45%割り引かれた料金設定となっています。 電力量料金は、「デイタイム(平日9時~18時)」は割高に設定されているものの、「ナイトタイム(毎日22時~翌8時)」はとても割安な設定となっており、とくに夜に電気を多く使う生活スタイルの方はおトクになるでしょう。 ただし最初に記載したとおり、 このプランは30A以上の世帯が対象となっており、10A~20Aの世帯では契約できない点には注意が必要です。 エネチェンジ限定特典 7月14日までに、エネチェンジにてシン・エナジーに申し込むと、 Amazonギフト券1,000円分がもらえます。 基本料金については、10A~20Aでは、東京電力EP「従量電灯B」よりも割高になりますが、30A以上でまったく同じ料金となります。 電力量料金は121kWh以上の使用でおトクになります。 また エネチェンジからお申し込みの場合、1年目の基本料金・電力量料金が割引になり、さらにおトクに電気を利用できます。 グリーナでんきのエネチェンジ限定特典 2020年7月31日までに、エネチェンジにて グリーナでんきに申し込むと、最大8,000円分のAmazonギフト券がもらえます。 レモンガス「わくわくプラン」の料金表 料金表 レモンガス「わくわくプラン」基本料金(税込) 東京ガス「一般契約」基本料金(税込) レモンガス「わくわくプラン」基準単位料金(税込) 東京ガス「一般契約」基準単位料金(税込) 料金表A (0㎥から20㎥まで) 745円20銭 745円20銭 135円53銭 142円66銭 料金表B (20㎥をこえ80㎥まで) 1022円20銭 1036円80銭 121円68銭 128円08銭 料金表C (80㎥をこえ200㎥まで) 1187円00銭 1209円60銭 119円62銭 125円92銭 料金表D (200㎥をこえ500㎥まで) 1801円00銭 1857円60銭 116円55銭 122円68銭 料金表E (500㎥をこえ800㎥まで) 5906円00銭 6177円60銭 108円34銭 114円04銭 料金表F (800㎥をこえる場合 ) 11650円00銭 12225円60銭 101円16銭 106円48銭 東京ガス「一般契約」と比較すると、基本料金は料金表Aで同額ですが、B~F表では 一律5%割安な料金設定となっています。 また、基準単位料金も全体的に割安に設定されているため、東京ガスから切り替えるだけでガス代を安くすることができます。 ENEOS都市ガス「標準プラン(TK)」の料金表 料金表 ENEOS都市ガス「標準プラン」基本料金(税込) 東京ガス「一般料金 」基本料金(税込) ENEOS都市ガス「標準プラン」従量料金(税込) 東京ガス「一般料金 」基準単位料金(税込) 料金表A (0㎥〜20㎥) 715円39銭 745円20銭 136円95銭 142円66銭 料金表B (21㎥〜80㎥) 995円32銭 1036円80銭 122円95銭 128円08銭 料金表C (81㎥〜200㎥) 1161円21銭 1209円60銭 120円88銭 125円92銭 料金表D (201㎥〜500㎥) 1783円29銭 1857円60銭 117円77銭 122円68銭 料金表E (501㎥〜800㎥) 5930円49銭 6177円60銭 109円47銭 114円04銭 料金表F (801㎥〜) 11736円57銭 12225円60銭 102円22銭 106円48銭 ENEOS都市ガス「標準プラン(TK)」は、東京ガス「一般契約」と比較すると、基本料金、基準単位料金ともに すべての使用量区分で一律4%割安に設定されています。 こちらのガス料金プランも切り替えるだけでガス代を安くすることができます。 また、1m3あたりの単価については すべての使用量区分で一律5%割安に設定されています。 一人暮らしで電気代を安くしたいならガスとのセット割にこだわらなくてもOK! 一人暮らしにおすすめの電力会社とガス会社を紹介しました。 電力自由化・ガス自由化以降、電気とガスの両方を取り扱う事業者が増え、セット割が適用になるプランも増えています。 しかし実際には、 電気・ガスのセット割を適用したプランが一人暮らしでのもっともおトクな選択とは限りません。 あくまで大事なのは自分にあった電力会社・ガス会社を選ぶことです。 電気とガスそれぞれで自分にあった会社を選ぶことで、より光熱費を節約できる可能性があります。 「セット割があるから」という理由で飛びつくのではなく、各社のプランをしっかり比較しながら検討するようにしましょう。 おトクな電気料金プランを診断してみよう! 電力会社を比較しようと思っても、一つひとつ電力会社のWEBサイトなどを見て比べるのとても手間がかかります。 そこでおすすめしたいのが「エネチェンジ電力比較」です。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

東京の一人暮らしは電気とガスのセット契約がおトク!?本当に電気代の安い電力会社の選び方とは?

東京 電気 おすすめ

「電力会社を切り替えたいけど、どこを選べばいいか分からない…」という方に向けて、この記事ではおすすめの電力会社を紹介します。 おすすめの電力会社を見つけるには、電気料金の安さ、特典・割引の内容、キャンペーンの有無、供給実績を詳しく比較する必要があります。 しかしそれを自分でやるのは至難の業。 そこでこの記事では長年電力業界にいた筆者が徹底的に調べ上げ、 本当におすすめできる電力会社を分かりやすくまとめました。 上記の5社以外にも、様々な目的や状況別におすすめできる電力会社はあるのでそれぞれ詳しく紹介します。 初めて電力会社を乗り換えるという方も、すでに乗り換えたことがあるという方もぜひ電気代の見直しの参考にしてください! 離島を除く全国 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -78円 3~4人世帯 400kwh使用 -793円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,121円 電力自由化直後からサービスを開始し、すでに20万件を超える供給実績のあるLooopでんき。 シンプルなプランとお得な電気料金で、 2020年現在もっともおすすめできる新電力です。 基本料金が0円 Looopでんきは、 基本料金が0円の新電力。 これまでの電力会社では毎月数百円から1,000円前後の基本料金を支払っていましたが、Looopでんきはその分を まるまる0円にできるのです。 基本料金はアンペアが大きいほど高いので、40A以上など契約しているアンペアが大きい方ほど節約効果も大きく、業界でも最安クラスの安さで利用することができます。 Looopでんき+ガスの契約も可能 Looopでんきは東京でガスのサービスも展開していて、 Looopでんき+ガスとしてセットで契約することが可能。 セット割が適用されることで、電気代だけでなくガス代も節約することが可能。 電気とガスをまとめたい、光熱費全体で節約したいという方にもピッタリの新電力です。 環境に優しい電気を使える また、Looopでんきは再生可能エネルギーを多く使用した環境にやさしい電源構成も魅力。 Looopでんきは電気料金の安さと環境への低負荷を両立させた数少ない新電力と言えます。 東京電力エリア、東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -47円 3~4人世帯 400kwh使用 -1,282円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,494円 エルピオでんきは電気料金の安さに特化した新電力で、特に電気をたくさん使う家庭におすすめです。 電気使用量が多いほど安くなる エルピオでんきの最大の特徴は、電気をたくさん使う家庭でとにかく電気料金が安いこと。 特に電気をたくさん使った時 300kwh~ の単価が安く設定されているため、 電気代が1万円を超える家庭などでお得に利用できます。 ガスとのセット割や基本料金0円などの飛び道具はないですが、シンプルに電気料金が安くなるのが魅力です。 料金プランはいくつか用意されていますが、関東・東北・中部エリアでは「スタンダードプランS」、関西・中国・四国・九州エリアは「使った分だけSプラン」がそれぞれ最もお得に使えるプランです。 キャッシュバックが高額 また、エルピオでんきでは高額なキャッシュバックを実施しているのも特徴。 2020年6月現在では、 電気代3ヵ月15%OFF&3,000円~20,000円のキャッシュバックを実施しています。 業界でもかなり高額なキャンペーンなので、気になる方は実施中の申し込みがおすすめです。 北海道を除く全国 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -165円 3~4人世帯 400kwh使用 -736円 5人以上世帯 650kwh使用 -1,451円 電気使用量が少ない方ほどお得 シン・エナジーは電気をあまり使わない 省エネ志向の方が特にお得になる電力会社。 ここまで紹介してきた電力会社は電気をたくさん使う方がお得でしたが、シン・エナジーは月の電気代が~8,000円くらいまでの方にピッタリの電力会社です。 一人暮らしや二人暮らし、あまり電気を使わない3人家族などが該当しますね。 深夜が安くなるプラン また、シン・エナジーには 深夜の電気料金が安くなる「生活フィットプラン」も用意されています。 共働きの家庭や、日中あまり家にいない方、休日に家族が多く集まる家庭などで特に大きな節約が見込めますよ。 シン・エナジーでは現在、新規申し込みでAmazonギフト券やWAONポイントなどと交換可能な「JOICAセレクトギフト」3,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。 東京電力エリア 1ヵ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -180円 3~4人世帯 400kwh使用 -899円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,300円 電気使用量に合わせた豊富なプラン CDエナジーでは一人暮らしから大家族まで使用量に応じたプランが用意されています。 そのため、どんな使用量の方でも自分にピッタリなプランを選んでお得にすることができます。 電気とガスをセットにできる CDエナジーはガスとセットで契約することも可能。 セット割が適用されることで、電気代、ガス代がさらに0. 5%OFFになります。 他のセットにできる会社では、電気とガスいずれかしか安くできない場合が多いため、どちらも安くできるのはCDエナジーの大きな魅力です。 電気ガス代の支払いでポイントが貯まる さらに、電気ガス代の支払いで毎月独自のポイントが貯まります。 貯まったポイントはTポイントやdポイントなど様々な提携ポイントと交換できたり、貯まったポイントを電気代の支払いに充てることも可能です。 CDエナジーでは現在、新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 検討している方はお早めの申し込みがおすすめです。 東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア 1ヵ月の 節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -138円 3~4人世帯 400kwh使用 -953円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,381円 基本料金が0円 あしたでんきは、 Looopでんきと同様に基本料金が0円の新電力。 電気代は使った分だけ支払えばよく、大きなアンペアで契約していた方ほどお得になるのが魅力です。 Looopでんきに比べてサービス面は若干劣りますが、電気代はさらに100円~300円ほど安くなるように設定されています。 たくさん使う方向けのプランも用意 あしたでんきでは電気をたくさん使う人向けに「たっぷりプラン」も用意。 基本料金は3,000円かかりますが、単価が非常に安く設定されています。 電気代が20,000円を超えるような使用量が多い家庭では一か月に3,000円近くも電気代を節約することも可能です。 安心の東京電力グループ あしたでんきは新電力でありながら東京電力のグループ会社。 東電の社員も多数出向しており、電気に関するノウハウも豊富です。 そして電気料金は北海道に次いで全国2位の高さ。 そのため、数ある新電力の中から本当に信頼出来て電気料金も安くなる電力会社を選ぶのが大切です。 関東エリアでは、ランキングで紹介したLooopでんき、エルピオでんき、シン・エナジー、CDエナジーの他にも、 東京ガスの電気もおすすめです。 東京ガスの電気 東京ガスの電気はご存知東京ガスが提供する電気のサービス。 印象的なM効果もあり、新電力として契約者は全国No. 1の実績を誇ります。 東京ガスの都市ガスとのセット割が用意されており、電気とガスをセットで契約すると毎月270円が割引されます。 また、電気やガスの支払いでパッチョポイントが貯まり、様々な商品や提携ポイントと交換が可能。 また、電気のトラブルに無料で対応してくれるなどのサービスも付帯します。 電気代が安くなるだけでなく、豊富な特典や抜群の実績も兼ね備えた新電力です。 関西エリアでおすすめの電力会社は? 関西エリア(京都、大阪、滋賀、兵庫、奈良、和歌山、福井の一部、三重の一部、岐阜県の一部)は関東に次いで2番目に電気を使う人口が多いエリア。 電気をたくさん使う人は先ほどのランキングのエルピオでんき、Looopでんきがおすすめですが、電気をあまり使わない人は シン・エナジー、関西電力の「なっトクパック」(電気とガスのセット契約プラン)がおすすめです。 電気とガスをまとめられる関西電力がおすすめ 関西電力「なっトクパック」は、電気とガスをセットにしたプラン。 電気代、ガス代ともに安くすることができます。 特に使用量が少ない家庭では電気だけでの節約は限界があるため、ガスもセットでお得にすると良いでしょう。 関西電力エリアにおすすめ電力会社はこちらでも詳しくまとめています。 北海道では特に基本料金が高いため、 基本料金が0円の電力会社がおすすめになります。 北海道で利用できる基本料金0円の電力会社でおすすめは Looopでんき。 基本料金は契約しているアンペアによって料金が変わり、北海道電力では40Aなら1,364円、60Aなら2,046円です。 一方Looopでんきは何アンペアで契約していても0円なので、それだけで1,000円~2,000円を節約できることになります。 基本料金0円は多くの方にメリットがありますが、北海道の方は特にその恩恵を受けられるのです。 北海道電力エリアでおすすめ電力会社はこちらで詳しくまとめています。 中部地方で特におすすめの電力会社は あしたでんき、エルピオでんきの2社です。 1人~4人家族まではあしたでんきがお得で、4人以上で電気をたくさん使う家庭ではエルピオでんきがお得になります。 一人暮らしにおすすめの電力会社は? 一人暮らしの方は電気をあまり使わないため、電気をよく使うファミリー世帯とは異なる電力会社がおすすめになります。 一人暮らしの方は 使用量が少ない時の単価が安いシン・エナジー、 毎月一律額が割り引かれるCDエナジー「シングルでんき」を選ぶとお得です。 一人暮らしにおすすめの電力会社はこちらの記事でも詳しくまとめています。 電気ガスのセット契約ができる電力会社は上でも紹介したCDエナジーや東京ガス、関西電力がありますが、他にも ニチガスもおすすめです。 また、小田急グループが提供する 小田急でんき、東急グループが提供する 東急でんきも、それぞれガスとのセット契約が可能です。 スマホとまとめるのにおすすめの電力会社は? 大手スマホキャリアで電気のサービスを行っているのはauとソフトバンクの2社です。 auでんきは電気代の支払いでPontaポイントが貯まります。 また、電気のトラブルに無料で駆けつけてくれるサービスも利用できます。 オール電化におすすめは? 現在、オール電化の家庭の方で2016年より前に設定された料金プランを利用している人は、料金プランを変更してしまうと高くなってしまいます。 つまり、そうした方々は「 今の電力会社を使い続けることがおすすめ」となります。 ただそれ以降に設定された料金プラン、例えば東京電力であれば「スマートライフプラン」を利用している人には、必ず安くなる出光昭和シェルの電気がおすすめです。 Looopでんき ・基本料金0円/一律の使用料金 エルピオでんき ・たくさん使う人が特に安くなる シン・エナジー ・少量使用者が安くなるプラン CDエナジー ・使用量で選べる3つのプラン ・定額サービスが無料になる3つのプラン ・ガスとのセットで0. 5%OFF ・カテエネポイントが100円=1P貯まる 東京ガス ・少量使用者、ファミリー世帯で選べる2つのプラン ・ガスとのセットで0. 5%OFFまたは月275円引き ・パッチョポイントが1,000円=15P貯まる あしたでんき ・基本料金0円/一律の使用料金 ニチガス ・200kwhまで定額。 3人家族以上で安くなる ・ガスとのセットで月300円引き 出光昭和シェルの電気 ・たくさん使う人が安くなる 楽天でんき ・基本料金0円/一律の使用料金 ・楽天ポイントが最大100円=1. 開示されていないものは「開示なし」とします。 CDエナジー 開示なし あしたでんき 開示なし ソフトバンクでんき 開示なし シン・エナジー 開示なし 親指でんき 卸電力取引所 100% Looopでんき 再エネ 23. 4% 、水力 2. 卸電力取引所とは電気の取引を行う市場で、ここには火力、原子力、水力など様々な方法で発電した電気が含まれます。 また「その他」「開示なし」の場合は詳細が不明です。 そのため100%自社発電の電気を利用できる電力会社はほとんどないのが現状です。 電力会社の4つの比較ポイント 電力会社を比較する際のポイントを4つ紹介します。 電気料金 電力会社を比較する際は、まずはその電力会社の電気料金を比較しましょう。 比較の方法は、従来の電力会社(東電など)に対して、 基本料金、単価がどれだけ安いのか?を見ることです。 一般的に、以下のことが言えます。 セット割・特典の豊富さ セット割や特典の豊富さを比較することも重要なポイントです。 自分が普段からよく使うサービス(ネット、スマホ、ガスなど)とセットにすることでそれらの料金を安くすることもできたり、ポイント特典が付く電力会社では電気代の支払いでポイントを貯めることもできます。 電気料金の節約だけでなく、生活費全体をお得にしたい方はセット割・特典が豊富な電力会社を選びましょう。 ただし、セット割や特典が豊富な電力会社は電気料金の安さで少し劣る場合が多いので注意しましょう。 キャンペーン 電気の乗り換え時にキャンペーンを実施しているかどうかを比較します。 キャンペーンの内容はギフト券のプレゼントであったり、電気代のキャッシュバックであったりします。 キャンペーンやキャッシュバックは、その金額の分だけ電気代をさらに安くできたということになります。 電気料金では若干高いとしても、キャンペーンを含めると安くなる場合も多いので、キャンペーンの有無と金額はしっかり比較しましょう。 電気の供給実績 その電力会社がどれくらい電力事業の実績があるのかを比較します。 電力会社(新電力)は、大きく分けて以下の3つに分類できます。 ・電力自由化以前から電力事業を行ってきた企業 例:出光昭和シェル、ENEOS、シン・エナジー ・電力自由化に合わせて電力事業に参入した企業 例:楽天でんき、auでんき、ソフトバンクでんき ・従来の電力会社の関連会社や子会社 例:あしたでんき 自由化以前から電力事業を行ってきた企業、従来の電力会社の関連企業は電力事業に関するノウハウが豊富です。 また、多くの電気の販売実績もあります。 電気を提供するインフラ企業としての実績を比較し、安心して契約できる電力会社を選ぶことも大切です。 電力会社を乗り換える前の基本情報 おすすめな電力会社は見つかったでしょうか?最後に電力会社を乗り換える前の基本情報をまとめます。 電力会社の乗り換え方法と流れ 電力会社の乗り換えは、公式サイトから申し込むだけで完了します。 申し込む際は 電気の検針票(新電力の場合はマイページ画面)、クレジットカードまたは口座番号を手元に用意しましょう。 公式サイトから申し込む• スマートメーターの設置作業が行われる• 現在の電力会社の解約が行われる• 電気が切り替わる 申し込み者がするのは1だけで、以降は何もする必要はありません。 工事は不要 電気の切り替えで工事はありません。 スマートメーターが未設置の場合のみ設置作業が行われますが、家の外にあるメーターの簡単な取替作業なので立ち合い不要、費用も無料です。 現在の電力会社の解約作業も不要 現在契約している電力会社の解約は、申込先の電力会社が代行してくれます。 自分で解約の手続きや連絡をする必要はありません。 約1か月で電気が切り替わる 電力会社によって異なりますが、おおむね申し込みから約1ヵ月で電気が切り替わります。 切り替え当日も何もする必要はなく、自然に切り替わります。 解約金・違約金がかかる場合がある 現在の電力会社を解約する際に、解約金や違約金が発生する場合があります。 なお、この記事で紹介してきた電力会社で解約金・違約金が発生するのは以下の電力会社です。 今までは必ず地域の決められた電力会社としか契約できませんでしたが、電力自由化以降、私たちは好きな電力会社と契約できるようになりました。 電力自由化以降に登場した電力会社は「新電力」と呼ばれ、大小あわせて500社を超えるといわれています。 乗り換えても電気の品質・安定性は変わらない 電気を家庭まで送る送電網はこれまでも従来の電力会社が管理しますし、乗り換え先の電力会社で万が一電気の供給がストップしても、代わりに従来の電力会社がバックアップする仕組みになっています。 これまでと全く同じ電気を使うことができます。 まとめ いかがでしたか? かなり長くなってしまいましたが、新電力会社への乗り換えにきっと役に立つと思います。 たくさんあって選ぶのが面倒だという方もいると思いますが、そうした方にはこの記事で紹介した「」からぜひ検討してみてくださいね。 , ,•

次の

【東京電力エリア】電力自由化でおすすめ新電力会社10社を徹底比較

東京 電気 おすすめ

世帯人数別におすすめの電力会社を紹介します。 一人暮らし世帯には 条件 おすすめの電力会社 東京ガスのガスを契約中 ずっとも電気1 東京ガスの契約無し 2・3人世帯で、かつ東京ガスのガスを契約している場合は、の「ずっとも電気1」というプランがおすすめです。 月275円のセット割引があるので、トップクラスの低料金となります。 関連記事• 東京ガスのガスを使っていない場合は、がおすすめです。 電気料金だけでトップクラスの安さを実現しています。 関連記事• 4人以上の世帯には 電気を多く使う4人以上の世帯では、が安いです。 新電力大手のF-Power社が提供しています。 注意点としては1年以内に解約すると2千円の違約金が発生します。 違約金が発生するプランを避けたい場合にはがおすすめです。 入会特典としてキャッシュバックがあるので、ピタでんよりもお得に使える場合もあります。 関連記事• オール電化住宅には オール電化プランを契約している場合は、上で紹介した新電力のプランに切り替えることで、かえって料金が高くなってしまいます。 必ずオール電化用プランに切り替えてください。 関連記事• ガスの自由化も 2017年4月からは、ガス会社も選べるようになりました。 元々の料金が安いため乗り換えのメリットは電気よりも小さいですが、年間数千円以上の節約になります。 内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額 東京ガスのガスと 東京電力の電気 5007円 9306円 14313円 - 電気・ガスともに東電 4857円 9156円 14013円 -300円 電気・ガスともに東ガス 5007円 8573円 13580円 -733円 のガスと 4797円 8620円 13417円 -896円.

次の