ワード 罫線。 【Word・ワード】罫線を引く方法と、罫線を消す方法

Wordで罫線を引く方法と消す方法|Office Hack

ワード 罫線

下の図のような表の完成を目指して、 後、し、更にや、を整え、をし、そしてや、を整え、下の図のようになりました。 もう完成は目の前ですが、今回は表の線の種類や太さを変更したいと思います! 線種の変更はこの「セリフ」で! まず今回は、下の図のように、矢印の位置の罫線を、二重線に変更してみます。 こういう場合は、「 1行目の下の線を二重線に変更する」と考えます。 というわけで、まずはします。 【Word 2013】 表内のいずれかのセルを選択すると、リボンに[表ツール]が表示されます。 【Word 2010・2007】 表内のいずれかのセルを選択すると、リボンに[表ツール]が表示されます。 【Word 2013・2010・2007】 この[ペンのスタイル]ボックスでは、二重線とか点線といった、「線の種類」を選択します。 今回は二重線にしたいので、一覧から二重線をクリックで選択します。 ちなみに、この時点でマウスポインタを文書のところに持っていくと、マウスポインタの形が、左のようなペンの形になっていますが、特に気にせず、そのまま先に進めてください。 次は「線の太さ」を選択します。 【Word 2013】 【Word 2010・2007】 【Word 2013・2010・2007】 今回の二重線の太さは、細すぎず、太すぎず、「ふつう」の太さにしたいです。 Wordの表の線は、既定値で「0. 5pt」という太さで入りますので、「ふつう」にしたいなら、「0. 5pt」をクリックで選択します。 ちなみに今回は、最初から「0. 5pt」になっていたので、選択せずそのままでも良かったのですが、とりあえず練習をしたかったので、あえてクリックで選択し直してみました(笑)。 今度は「線の色」を選択します。 先ほどの[ペンの太さ]ボックスの下に、[ペンの色]ボタンがあります。 線の色は、既定値で「自動」という色になっています。 これは通常「黒」なんですが、他の設定が加えられて、その線が見えづらいようなことになった場合には、自動的に適切な色に変わりますヨ、というものです。 特にカラフルな色にする必要が無い場合は、通常は「自動」でOKです。 そしてこのボタンも、最初から「自動」になっていたので、選択せずそのままでも良かったのですが、とりあえず練習をしたかったので、あえて「自動」をクリックで選択します。 また、上記で表示される色の一覧は、その文書に設定されている「テーマ」によって、表示される色が変わります。 「テーマって何?」という方は、「」をご覧ください。 【Word 2013】 最後に、ここまでで選択した線を、どの位置に設定するのかを指定します。 位置を設定するのは、先ほどまで使っていた[ペンの太さ]や[ペンの色]の右側にある[罫線]ボタンです。 【Word 2010・2007】 最後に、ここまでで選択した線を、どの位置に設定するのかを指定します。 [罫線]ボタンというボタンで、位置を設定するのですが、先程までのボタンとちょっと位置が違います。 [表ツール]の[デザイン]タブにあることは変わらないのですが、グループが[表のスタイル]グループになります。 今回は、「 1行目の下の線を二重線に変更する」と考えて、最初に1行目を選択してから作業に入っています。 というわけで、選択した箇所の「下」の線を変えたいわけですから、[下罫線]をクリックすると、 1行目の下の線を二重線にすることができました! 範囲選択したままだと、何となく変化の感じがつかめない〜というのであれば、 すれば、セルが見えやすくなるので、二重線に変わったことが分かりやすくなるかもしれません。 さぁ、ここまで使ったボタンを、どの順番でクリックしてきたのかをまとめると、こんな感じになります。 【Word 2013】 【Word 2010・2007】 (1) どの線(線種)を (2) どの太さで (3) どの色で (4) どこに引く となります。 でも、この操作の前には範囲選択が必要でしたから、これを含めて更にまとめると、 「 どこに対して/ どの線を/ どの太さで/ どの色で/ どこに引く」となります! どこに対して (前準備)範囲選択 どの線を (1)[ペンのスタイル]ボックス どの太さで (2)[ペンの太さ]ボックス どの色で (3)[ペンの色]ボタン どこに引く (4)[罫線]ボタン スポンサーリンク さらに練習! 今度は、下の図のように、 1列目にある4つのセルの右側の線を二重線にしてみたいと思います。 1列目にある4つのセルの右側の線を二重線にしたいわけですから、まずは前準備として、します。 この時、1列目にあるセルだから・・・と、しようとする方が、たまにいらっしゃいます。 「列」はその列の上から下までのセルすべてが揃って「列」と言えます。 この表の場合、一番下の行がされているため、上から下までのセルすべてが揃った「列」の状態は無くなっています。 そんな表の、1列目にある4つのセルに対して操作をしたいからと、してしまうと、そもそも「列」の状態が無くなっているため、下の図のように選択されてしまいます。 というわけで、で、1列目にある4つのセルを範囲選択しました。 これで、前準備の「 どこに対して」が終了です。 【Word 2013】 あとは、[表]ツールの[デザイン]タブ、[飾り枠]グループにある、ボックスやボタンを使って、 「(1) どの線を/(2) どの太さで/(3) どの色で/(4) どこに引く」 を指定していけばいいわけですが、 【Word 2010・2007】 あとは、[表]ツールの[デザイン]タブにある、ボックスやボタンを使って、 「(1) どの線を/(2) どの太さで/(3) どの色で/(4) どこに引く」 を指定していけばいいわけですが、 【Word 2013・2010・2007】 これらのボックスやボタンは、直前に選択したものが引き継がれているので、現時点で(1)の線の種類も二重線になっていますし、(2)の線の太さも「ふつう」の0. 5ptになっていますし、(3)の線の色も「自動」になっています。 【Word 2013】 そして、「(4) どこに引く」を設定するのが、左の図の[罫線]ボタンでした。 今回は選択したセルの右側の線を引き直したいわけですから、[右罫線]をクリックすると、 【Word 2010・2007】 そして、「(4) どこに引く」を設定するのが、左の図の[罫線]ボタンでした。 今回は選択したセルの右側の線を引き直したいわけですから、[右罫線]をクリックすると、 【Word 2013・2010・2007】 1列目にある4つのセルの右側の線を、二重線に引き直すことができました! スポンサーリンク 外枠を太くする 今度は、下の図のように、 表全体を囲む外枠を、太くしてみたいと思います。 え、この図じゃ、どの線のことか分からない!という方は、更にその下の図と見比べてみてください。 表全体を囲む外枠、つまり、下の図のオレンジ部分の線を、上の図のように太くします。 まずは前準備の「 どこに対して」から。 今回は、表全体の外枠を太くしたいわけですから、します。 残りの手順は、「(1) どの線を/(2) どの太さで/(3) どの色で/(4) どこに引く」です。 ちなみに下図のボックスやボタン、リボンのどこにあるか、もうOKですか? 【Word 2013】[表]ツールの[デザイン]タブ、[飾り枠]グループにありますヨ。 【Word 2010・2007】[表]ツールの[デザイン]タブ、[罫線の作成]グループと[表のスタイル]グループにありますヨ。 お次は「(2) どの太さで」。 ふつうの太さである「0. 5pt」よりも太ければいいので、どの太さでもいいですが、今回は「2. 25pt」を選択します。 ちなみに、今回はわざとらしく太さを強調したくて「2. 25pt」を選んでますが、普段の私は「1. 5pt」を好んで選択しています。 この辺は完全に好みの問題ですので、お好きな太さを選んでください。 左の図はWord 2013の[罫線]ボタンの図です。 Word 2010・2007で[罫線]ボタンってどこ?!という方は、この先に進むのは危険です(笑)。 もう一度このページを最初からご覧ください。 表全体の外枠を太くすることができました! スポンサーリンク 斜めの線を引く 今度は、表の一番左上にあるセルに、下の図のような斜めの線を引いてみたいと思います。 まずは前準備の「 どこに対して」。 表の一番左上にあるセルに線を引きたいわけですから、一番左上のします。 残りの手順は、「(1) どの線を/(2) どの太さで/(3) どの色で/(4) どこに引く」です。 【Word 2013】 【Word 2010・2007】 【Word 2013】 「(1) どの線を」ですが、今回引きたい線はふつうの一重線。 先程の設定が残っていて、既に一重線になっているので、わざわざ選びなおさなくても、そのままでOK。 でも、選びなおしたい方はどうぞ(笑)。 【Word 2010・2007】 「(1) どの線を」ですが、今回引きたい線はふつうの一重線。 先程の設定が残っていて、既に一重線になっているので、このままでOKなんですが、この下の[ペンの太さ]ボックスで指定してある太さで線が表示されてしまうため、「あれ?細い線じゃない!」と焦ったりしちゃったり。 太さは下のボックスで指定しますので、太く表示されてようが何だろうが(笑)、一重線を指定します。 【Word 2013・2010・2007】 次は「(2) どの太さで」。 今のままでは、先程の設定を引き継いで「2. 25pt」の太い線が引かれてしまいます。 今回は「ふつう」の太さの斜め線にしたいので、表の線の既定値である「0. 5pt」を選択します。 「(3) どの色で」は、これもまた先程までの「自動」を引き継いでいるので、選びなおさなくてもそのままでOK。 そして最後の「(4) どこに引く」は、選択したセルの中で、右下の方向に下がる斜め線を引きたいので、[斜め罫線(右下がり)]をクリックします。 左の図はWord 2013の[罫線]ボタンの図です。 Word 2010・2007で[罫線]ボタンってどこ?!という方は、もう一度このページを最初からご覧ください。 選択したセルに、斜めの線を引くことができました! さぁ、今回のポイントは、もうこのセリフしかありません! 「(前準備) どこに対して/(1) どの線を/(2) どの太さで/(3) どの色で/(4) どこに引く」 【Word 2013】 【Word 2010・2007】 このセリフの中でも、意外と忘れがちなのが前準備の範囲選択。 ボタンに気を取られるあまり、ついつい忘れがちなので、「どこに対して〜」と、ガッチリつぶやきながら操作していきましょう! どこに対して (前準備)範囲選択 どの線を (1)[ペンのスタイル]ボックス どの太さで (2)[ペンの太さ]ボックス どの色で (3)[ペンの色]ボタン どこに引く (4)[罫線]ボタン.

次の

ワードの罫線を完全マスター!「引く」「消す」「行…|Udemy メディア

ワード 罫線

ワード罫線の引き方と消し方 罫線はページの幅いっぱいに引く線です。 文字単位で下線を引く場合は「下線付きフォント」(Uボタン)を使ってください。 罫線を引くには、「ホーム」タブのリボン中ほどの下にある罫線設定ボタンを使います。 罫線を引く 罫線を引きたい段落をマウスで選択します(段落内で3回クリックしても選択できます)。 メニュー内の該当するアイコンをクリックすると、罫線を文章の下に引いたり、文章を丸ごと囲んだりといった基本的な操作ができます。 罫線の長さを調節することもできます。 「表示」タブの「ルーラー」をチェックします。 ページの最上部にルーラーを表示させます。 ルーラーの左右のタブ(両端下側にある三角のつまみ)をマウスで内側に動かすと長さが変わります。 罫線を消す、罫線を編集する 一度つけた罫線をすべて消すには、まず、その段落の文字をすべて選択します。 「罫線メニュー一覧」から「枠なし」を選びます。 罫線の一部だけ消したい場合は、まず、「線種とページ罫線と網掛けの設定」のダイアログを表示させます。 そして、線の上下左右の位置を示すアイコンをクリックすると消えます。 うまくいかない場合は、段落を正しく選択しているか確認してください。 罫線の種類や太さ、色を変えたい場合は、先ほどと同じく、メニューの一番下「線種とページ罫線と網掛けの設定」をクリックします。 すると、ダイアログが表示され、実線や破線など線の種類や、色、太さ、上下左右の位置(縦、横、囲み)が設定できます。 罫線とテキストの間隔を変えるには、ダイアログ右下の「設定対象」を「文字」から「段落」に変え、オプションボタンをクリックします。 表示された「文字列との間隔」の数字を変更すれば、罫線とテキストの間隔が変わります。 表の罫線を操作、ズレを直す 表の罫線を操作することもできます。 ワード上で表を挿入すると、範囲指定した段落すべての行と列に罫線が引かれますが、これも上記の手順と同じように、ダイアログを使って編集することができます。 作業しているうちに表の縦罫線がズレてしまった場合は、修正したい列全体を選択し、縦罫線をダブルクリックすると揃えることができます。 この手順でズレが修正されないときは、Altキーを押しながらズレている縦罫線を手動で揃えてください。 便箋のようなワード罫線の引き方 ワードの罫線を活用して、便箋や原稿用紙を作成することも可能です。 ワードのシート上に便箋のような罫線を引く方法を説明します。 すると、便箋が出来上がります。 縦書きにしたい場合は「ページレイアウト」タブの「文字列の方向」ボタンで「縦書き」を選び、上と同じ手順で作成できます。 ページの縦横は同じタブ内の「印刷の向き」ボタンで変えられます。 主役はあくまでも文章で、罫線は読みやすくするためのものですから、便箋の罫線には薄い灰色や淡色を使うことをおすすめします。 色や線の太さの変更は、「線種とページ罫線と網掛けの設定」のダイアログを使い、先ほどと同じ手順で行います。 既存の文章を便箋スタイルにする 上記は白紙の便箋での作成ですが、既存の文書を便箋スタイルにすることもできます。 やり方は先ほどとまったく同じです。 原稿用紙の作成はもっと簡単です。 「ページレイアウト」タブ内「原稿用紙設定」のオプションから使いたいものを選びます。 こちらは後から文字を直接入力することができます。 ワードでページ罫線を引く方法 ページ罫線は主に装飾のために使います。 色つきの線や図柄で文書全体を囲むことで華やかさやインパクトを加えることができます。 使用するのは「線種とページ罫線と網掛けの設定」のダイアログの「ページ罫線」タブです。 「ページレイアウト」タブ内にも「ページ罫線」ボタンがあります。 表示されるダイアログには線種や色などのほか、「絵柄」があり、リンゴやキャンディー、ケーキなどの絵柄が多数用意されています。 また、「設定対象」には「文書全体」や「このセクション-1ページ目のみ」などの選択肢があります。 ページ罫線はワードのファイル全体に適用されるため、特定のページや文書の一部だけを囲いたいときは、その前後に「セクション区切り」を挿入します。 「セクション区切り」は「ページレイアウト」タブの「区切り」ボタンの中にあります。 ダイアログ内の「オプション」では、普通の罫線よりも多くの項目を設定できます。 その中の「基準」で設定できる罫線の位置には「本文」と「ページの端」があり、どちらを選択するかで文書の印象が変わりますので、より見やすいほうを選んでください。 罫線は「一歩控えめ」に 罫線を効果的に使うことで見やすい文書を作ることができますが、逆に罫線が主張しすぎると、見づらくなってしまいます。 特にビジネス文書では凝った装飾などは控えましょう。 主役はあくまでも文章。 罫線は「一歩控えめ」を心掛け、罫線を入れる位置や太さを使い分けながら、読みやすい文書の作成を目指しましょう。

次の

ワード 罫線を引く

ワード 罫線

もし以前に国産ワープロを使った経験がある人でしたら、そこで使っていた罫線の経験はすべて忘れてください。 Wordの罫線の概念は全く異なりますので、国産ワープロでこうすればできていたはずと言う経験は役に立ちません。 むしろその経験は逆に邪魔になります。 Wordの罫線は、それに囲まれた領域が本文とは別の段落となります。 なので罫線の本数を変える=段落の数を変える行為です。 部分的に段組みを作ってあるのを増減することだと考えれば、理解しやすいかも知れません。 そういう思想が背景にあるもんで、Wordの罫線機能は場当たり的・思い付きで線を引いたり消したりする作り方には激しく不向きです。 最初から枠を何個作るかをきちっと決めておいて、枠の大きさを後からいじる方がはるかに簡単にできます。 枠の大きさをいじるのはかなり自由ですが、後から線を引いたり消したりするのは可能だけど面倒なことになりやすいです。 Q 「日本の新元号に関する Office の更新プログラム」というページ(下記)で、 「Windows と Office の更新プログラムを適用済みの場合でも、Windows 上で実行されている Office 製品は 2019 年 5 月 1 日に新元号が開始されるまで、新元号を表示しませんのでご注意ください。 」 と書かれています。 microsoft. もし、できるということであれば、「2019 年 5 月 1 日に新元号が開始されるまで、新元号を表示しません」とはどのような意味なのでしょうか。 A ベストアンサー 無料のOfficeソフトがある。 office. ただ、処理能力が低いパソコンではちょっと動作が遅いのが難点。 Microsoft アカウントが必要です。 Windowsを使っているなら、Windowsを起動するときのユーザーID(メールアドレス)とパスワードで利用可能です。 プログラムをダウンロードしたりインストールする必要はありません。 WEBブラウザですぐ操作を行えます。 microsoft. PDFなどの別のファイル形式にすると問題なく表示されるので、 直接プリンターへ送らないでPDFファイルなどにしたものを印刷 してはいかが。 ちなみにプリンター側の[プレビュー]の段階で、上記の方法による 違いがでています。 受け取った情報に何らかの問題があるよです。 Q 15分単位でエクセルでタイムカード等の時間を計算したいですが、 15分の区切りが特殊で計算に困っています。 15分単位と言えば通常、0分・15分・30分・45分という区切りだと思いますが、 当社では、10分・25分・40分・55分の15分単位の区切りになっています。 エクセルで「CEILING」や「FLOOR」を使用して、計算表の作成を試みたのですが 0分・15分・30分・45分の区切りでの計算になっており 例えば 9:24出勤の場合 当社では9:25の表示にならなければならないのに CEILINGを使用すると9:30の表示 17:46退社の場合 当社では17:40の表示にならなければならないのに FLOORを使用すると17:45の表示になってしまいます。 坂道10%は5. 71059度 坂道30%は16. 69924度 坂道50%は26. 56505度 坂道100%は45. 90度を関数電卓でtan 90 と計算するとエラーになりました。 試しにtan 26. 56505 と計算すると=0. 49999 角度 % 70 274. 大卒ですが九九が出来ないレベルで数学が苦手です。 何を答えてほしいのかも数学が苦手すぎてわかりませんが、どうにか教えてください。 坂道10%は5. 71059度 坂道30%は16. 69924度 坂道50%は26. 56505度 坂道100%は45. 90度を関数電卓でtan 90 と計算するとエラーになりました。 試しにtan 26. 56505... A ベストアンサー こんにちは。 それは、MS-IME の特徴ではないのかな? 文節で、「ひ 日 」で記憶しているからで、Shift を押しながら矢印キーで、おかしなところで切れている文節をもとに戻して、変換確定してあげれば直るはずです。 例えばこんな例があります。 次からは、「今日は医者に行く」になります。

次の