煽り運転通報サイト。 煽り運転を通報の仕方や通報された場合の対処法!ドライブレコーダーがある場合

あおり運転投稿サイト「ナンバーデータ(Number Data)」が復活!今後はあおり運転の証拠となる”動画を含む投稿のみ”掲載可能に

煽り運転通報サイト

運転態様 違反の種別 違反点数など(普通車) 前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発する 車間距離不保持違反(道路交通法26条) 一般道:1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 高速自動車国道等:2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1号の4) 危険防止を理由としない、不必要な急ブレーキをかける 急ブレーキ禁止違反(同24条) 2点 反則金7,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の3) 後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならないような進路変更を行う 進路変更禁止違反(同26条の2第2項 1点 反則金6,000円 左側から追い越す 追越しの方法違反(同28条) 2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項2号の2) 夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する 減光等義務違反(同52条第2項) 1点 反則金6,000円 執拗にクラクションを鳴らす 警音器使用制限違反(同54条第2項) なし 反則金3,000円 車体をきわめて接近させる幅寄せを行う 安全運転義務違反(同70条) 2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項9号、同条2項) 初心運転者等保護義務違反(71条第5号の4) 1点 反則金6,000円 出典:警視庁 さらに警察庁は、「道路交通法違反のみならず、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)、暴行罪など道交法に限らず使える法令を駆使して厳正な捜査を行う」としています。 あおり運転によって事故が発生し死傷者が出た場合には、「危険運転致死傷」(自動車運転死傷行為処罰法2条)を適用して、人を負傷させた場合は15年以下の懲役、死亡させた場合は1年以上の有期懲役という厳罪を科すのも、この考え方の一環です。 加えて、刑法犯として罪に問う動きもあります。 あおり運転や、車を停めての脅迫行為についてとして摘発(2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料)しようというものです。 あおり運転の処分の後に何か犯罪を犯した場合、裁判の量刑で大きな違いが出ます。 刑法犯である暴行罪は、再犯として刑罰が重くなる材料になります。 さらに、2019年1月には「殺人罪」を適用する例が出てきました。 オートバイに追い抜かれたことに憤慨してあおり行為を繰り返し、オートバイに追突、転倒させて死に至らしめたドライバーに対し、大阪地裁堺支部は殺人罪を適用し、懲役16年の判決を言い渡しました。 ただし、この裁判はまだ一審の地裁レベルで、まだ最高裁で確定した判断ではありません。 あおり運転に殺人罪が適用されるかどうか、最終判断はもう少し待つ必要があります。 では、実際に自分があおり運転にあったらどう対処すべきでしょうか? まず、自分がいまどういう運転をしているのかを確かめましょう。 高速道路で追い越し車線を走っていたら、周囲の安全を確認して走行車線に戻りましょう。 スピードを落とすことで、追い越して、通り過ぎてくれればいいのですが、しつこく追い回されるなど悪質な場合は、パーキングエリアやサービスエリアに入るなど、なるべく相手の車から離れる工夫をし、相手と直接コミュニケーションを取ろうとしてはいけません。 そして車のドアを開けずに警察に通報しましょう。 相手が車外から車を降りるように迫ってきても、決して外に出ないようにしてください。 あおり運転の被害にあわないことが1番ですが、対策としてドライブレコーダーを取り付けるドライバーも増えています。 ドライブレコーダーは後方からのあおり運転だけでなく、万一の事故の際の状況証拠にもつながるからです。 あおり運転の取締り強化が進められ、その成果に期待したいところですが、私たちにできることは周囲をよく見て、まわりの車に思いやりをもった運転をするという安全運転の基本に立ち返ることでしょう。

次の

煽り運転の罰則強化はいつから?煽り運転通報サイトはどこ?

煽り運転通報サイト

被害にあったときはどうすれば良いか 煽り運転は、日常的に起こっていると思います。 自分が被害にあう可能性も十分に考えられます。 いつも通り運転していても、安全に運転していても、被害にあう可能性があります。 本当に理不尽ですが、被害にあってしまうかもしれない、とゆうことも、頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。 もし運転中に煽られたり、クラクションで威嚇されたり、妨害されたりなんてしたら、本当に怖いです。 パニックになってしまうかもしれません。 被害にあって怖くても、 スピードを上げて逃げるなんてことはしてはいけません。 相手を刺激してしまい、追いかけてくる可能性もありますし、そんな心理状態での運転ではとても危険です。 では、実際に被害にあったら、どうすれば良いか…。 継続的に被害を受けてしまったら、 徐々にスピードを落として、ハザードランプを点灯させて、路肩へ停車して相手を先に行かせましょう。 相手がそのまま走り去ったら、心を落ち着かせて、運転を再開しましょう。 間違っても、追いかけたりなんてことは絶対にしてはいけません。 停車して、相手が降りてこっちに来たら… 全部の窓を閉めて、全部のドアをロックしてください。 何をされても、窓やドアを開けたり、外に出てはいけません。 相手を刺激するような行動、言動もしないようにしましょう。 そして すぐに警察に通報しましょう。 警察を待っている間も、怖いと思いますが、外へ出ないで車の中で待機します。 被害にあってするべきことは、自分の安全を確保して通報することです。 同時に、証拠を残すことができると後々警察に説明をするときなど役にたちますし、もしその場で通報できず、後日通報するときには証拠が必要になりますので、 ドライブレコーダーで録画をしたり、スマートフォンで動画を撮影する方が良いです。 スマートフォンは、相手に向けると刺激を与えてしまう可能性があるので、隠しながら撮影するなど、相手を刺激しないようにしましょう。 相手の車のナンバーや、車種なども記憶しておきましょう。 自分自身の運転も気をつける どんなことがあっても煽り運転なんてしてはいけませんが、 煽り運転をするきっかけを作ってしまっていることもあります。 遅いスピードで走っていたり、急に車線変更をしたり、強引に合流したり、追い越し車線でゆっくり走っていたり、無駄に車間距離をとっていたり、無駄にブレーキを踏んだり、ハイビームの状態で走っていたりなど、理由もたくさんあります。 以前私は煽り運転を見かけました。 トラック専用レーンで、トラックの前に軽自動車がかなり遅いスピードで走っていてその後ろから今にもぶつかりそうな距離でトラックがずっと煽り運転をしていました。 見ているこっちの方が怖かったです。 煽られている方は、全然気づいていないようにも見えました。 軽自動車は何でよけないんだろう、別の車線走ればいいのにって感じでした。 私自身も、免許を取ったばかりの頃、ハイビームのまま気づかないでずっと走っていたこともあります。 煽られることはありませんでしたが、前の車、対向車は迷惑だったと思います。 運転するからには、周りをよく見て、無理をしないで、流れも気にしながら、思いやりの心を持って運転するようにしましょう。 まとめ.

次の

煽り運転の通報方法…ドライブレコーダーの場合

煽り運転通報サイト

煽り運転通報サイトはどこ? すみません、調べてみたら、岡山県警が全国で「あおり運転」通報専用サイトを開設というのがあるくらいで、まだまだのようです。 警視庁のHPには 危険な運転者に追われるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難して、 ためらうことなく警察に110番通報をしてください。 と書かれています。 しかし、それだけで警察に動いてもらうのはどうかと思います。 証拠にもなりませんしね。 ドライブレコーダーもしくは助手席に方に動画を取ってもらうのが一番いいかと思います。 証拠があればこちらのものですからね! サービスエリアに行っても付いてきたりしたら、ためらわずに110番しましょう。 身の危険がありますからね 道交法改正案にはもう一つ法案が! 今回の道交法改正案にはもう一つの法案があります。 それが 高齢運転者対策としたものです。 ・一定の違反をした75歳以上の高齢者に運転技能検査(実車試験)を義務化 ・検査に合格しなければ免許更新不可 ・安全運転サポート車(サポカー)が条件の限定免許を創設 とあります。 この最後の安全運転サポート車(サポカー)がなんとも言えませんね。 ディーラーの販売の手助けにしか思えない。 そこまでしないと乗れない方は乗せてはいけないと思うんですよね。 それなら、安全運転サポート車(サポカー)を売る時につける誓約書を無くして欲しいものです。 ディーラー自体が絶対に止まると言っているわけではないのですからね。 まだまだ、安全ではないんですよ。 安全運転サポート車(サポカー)は補助的なものとなぜ考えられないのでしょうかね? まとめ 煽り運転の罰則強化はいつから?煽り運転通報サイトはどこ?という事で書いてきました。 煽り運転は未だに無くなっていないようですね! ツイッターを見ていたら、かなり動画をUPしてあります。 日ごろのうっ憤を車に乗るとという方もいるのかもしれませんが、これからは煽り運転はしてはいけませんね。 飲酒運転と同じくらい罰金などが重いですからね! 飲酒運転についてはで書いております。 下取りは必ず一括査定サイトを使う事!下取りは必ず一括査定サイトを使う事! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも多々あります。 あなたの車を勝手に競って、値段が吊り上がります。 値段が上がればあなたの出費は減りますよね。

次の