一方通行 打ち止め 風呂。 旧 SSナビ(移転しました) : 一方通行「助けろ三下ァ……」

旧 SSナビ(移転しました) : 一方通行「助けろ三下ァ……」

一方通行 打ち止め 風呂

」タタタ ガチャ 一方通行「よォ……」ガタガタガタ 打ち止め「……」ブルブルブル バタン 一方通行「おいいいいィィィィ!! 閉めンなァ! た、たすっ、たすけろ三下ァァ!! 」ドンドンドンドン 打ち止め「ふぇぇええええん!!! ってミサカはミサカは大号泣!」 上条「不幸だあああああ!」 (数分後) 上条「……で? なんで上条さんのところにいらっしゃったのでせう?」 一方通行「そ、それはだなァ……」ブルブル 打ち止め「ふぇ……」ガクガク 上条「言えないことならどこか遠い所で幸せになってもr」 一方通行「言う! 言うからチェーン外せェ! 入れろ!」ガタガタガタ 上条「ちょ、ドアの隙間こじ開けようとすんなよ! 何涙目になってんだ! 怖!」 一方通行「こうなったらオラァああ!! 」カチッ! チェーン ブッチン! 上条「壊すなぁあああ!」 打ち止め「うわあああん! こわいよおお! ってミサカはミサカはあなたの胸にダイビング!」ダキツキッ! 一方通行「何とかしろォ! 三下ァああ!! 」ダキツキッ! 上条「ぎゃーっ! 上条さんにそんな後ろめたい趣味はありませんのことよっ!」 一方通行「何も殴ることねェンじゃねェの?」ヒリヒリ 打ち止め「大丈夫? ってミサカはミサカはいたいのとんでけしてみる」トンデケー! 上条「ごめん……って、あれはお前が悪いだろ!」 一方通行「ドアくらい弁償するゥ」 上条「ったく。 それで? 何かあったのか?」 一方通行「……うン」 上条(歯切れが悪いな。 それに、一方通行があんなに取り乱すなんて、もしかして何か事件が?) 上条「言いにくいことかもしれないが、俺を信じて言ってみてくれよ。 ここに来たってことは俺なら助けになれるかもしれないって頼ってくれたんだよな? 俺に出来ることならなんでも手伝ってやる。 だから勇気を出して、俺にも事情を説明してくれないか?」 上条(キリッ 一方通行「じ、実はァ……」 (数時間前) 一方通行「暇だァ……」ダラーン 打ち止め「暇だね……あ、そうだ! ってミサカはミサカはグッドな暇つぶしを思いついてみる!」ピコーン! 一方通行「何だクソガキ。 : , : , : , :. : , : , :. : , :. : : , :. 」 打ち止め「ごめんなさーい」 上条「一方通行はいいお父さんになるな」 一方通行「別にィ……」テレ 打ち止め「この人はお父さんじゃなくてミサカの将来のお婿さんって、ミサカはミサカは宣言しtふきゃっ!? 」 一方通行「何言ってんですかァこのクソガキ。 お前が大人になるころ俺が何歳だと思ってンだァ?」 打ち止め「あ、あなたならいくつになってもきっと素敵だよって、ミサカはミサカは……キャー!」ワシャワシャワシャ 一方通行「ハイハイありがとよォ」 上条「ゴチソウサマデスナー」 一方通行「実質0歳児がここまでマセガキてのも困ったもンだぜ」ハァ 打ち止め「ここは何っ?」ガチャ 上条「トイレだぞ」アハハ 打ち止め「ここはっ!? 」ガチャ 上条「風呂と洗面所」ホホエマシイ 打ち止め「これはっ!? 」ヒョイ 上条「片栗粉X……ってNOOOOOOO!!!! 」シュバッ! 一方通行「落ちつけ打ち止め。 悪ィ、このガキ人様ン家に慣れてねェンだよ……」ソワソワ カチコチ 上条「お前も絶対慣れてないだろっ! 何だその武士のような正座は!」 一方通行(これ変なのかァ……!)ガーン 上条「あーもうお茶でも淹れますから二人は足を崩しておくつろぎくださいよ!」 通行止め「「あっ、おかまいなくゥ」」ダラッ 上条(自宅モードのくつろぎっぷり……だと……!? )ゴクリ 一方通行「ご愁傷様ってかァ?」 打ち止め「ご飯ないのー? ってミサカはミサカはお腹と背中がくっつきそうになってみたり!」 上条「うう……」 一方通行「しょうがねェ、一旦黄泉川ン所に戻って食材を……」 打ち止め「お家にはないよって、ミサカはミサカはアドバイス」 一方通行「あァ、警備員の慰安旅行で空にしてったンだったかァ」 打ち止め「ヨシカワも同窓会で空けてるから 今日はお家は誰もいないし何もないって、ミサカはミサカは説明口調!」 上条「仕方ない、一旦買い物に……」 一方通行「えっ……」 上条「その傷ついたような顔やめてくんないかな」 一方通行「だ、だってよォ、もう外は暗いしィ……」シドロ モドロ 上条「」 上条「あのー、まだ完全下校時刻前なんですけど……」 一方通行「冬だから日が落ちるのが早いしィ……」オロオロ 打ち止め「夜道で後ろから足音がしたら怖くて心臓止まっちゃうって、ミサカはミサカは……」プルプル 上条「じゃあ上条さんがパパーっとスーパーに買いに行くので二人はここで待っt」 通行止め「「置いてくなァあああ!!! 」」ブワッ 上条「わかった! 置いてかないから! わかったからっ!」 上条(どんだけ怖いんだよ!) 一方通行「要はメシが食えりゃァ良いンだよなァ?」 上条「だから材料がないんだって」 一方通行「ン……」ピッピッピ プルルルルルル 一方通行「あ、もしもしィ? 特上3人前、1人前サビ抜きでェ」 一方通行「第7学区の学生寮のォ……」 上条「うぎゃああああこんなもの口にしたら呪いがかかる! 他の食べ物がゴミにしか感じられなくなるという呪いが上条さんにぃぃいい!」ギリギリ 一方通行「別にそンなンねェけど……」モグモグ 打ち止め「あなたはファミレスのハンバーグでも回らない特上寿司でも同じ顔で食べるのねって ミサカはミサカは発見してみる」モクモク 一方通行「くだらねェ事はいいから食えよ。 」ワシャワシャ 打ち止め「あぁ~極楽ですなぁ~とミサカは……わぷっ!? 」アワアワ 一方通行「バカ、口に泡入るだろうが。 口ゆすげ」シャワー 打ち止め「ん~」ブクブクペッ 上条「上条さんはいつまで目をつぶっていればいいのでせう?」ギューッ 一方通行「開けたら血液逆流なァ」ワシャワシャ 上条(ちくしょおおおおおお!! せっかく今日はインデックスがいなかったというのに! 普段占領されっぱなしのベッドでフィーバーナイトの予定だったというのに!) 打ち止め「こうして比べて見るとあなたのって本当に白いし細いって、ミサカはミサカは再確認!」ピョンコピョンコ 一方通行「バカ、見比べンなって……やめろクソガキ」ガシッ 打ち止め「あなたに比べてこの人は太いし黒いし長いってミサカはミサカは指摘してみる!」 一方通行「俺ももう少し鍛えるかなァ……身長は同じくらいのはずなンだけど」ヒョロー 打ち止め「ちなみに腕の話だよって、ミサカはミサカは釘をさしてみる!」ビシッ 一方通行「誰と話してンだお前は」ズビシ 打ち止め「チョップしないでって、ミサカはミサカは……」 一方通行「はいはい」ズビシ ズビシ 上条「……じゃあそろそろ風呂場も乾いたところで上条さんは寝かせていただきますよ」 一方通行「風呂場が乾くと寝るのに何の関係があるンだよ。 おい、どこ行くンだ三下! 寝床は部屋だぞとうとうボケたのかァ!? 」 上条「いやいやいや、うちにはベッドが一つしかないんだよ。 シングルだし。 普段はインデックスが使ってるし。 おかげで風呂で寝るのにもなれてるんです!」 打ち止め「じゃあいつもあそこで寝てるの? って、ミサカはミサカはびっくりしたり」 一方通行「仕方ねェなァ……ンじゃ風呂場にベッドをぶちこンで」ブツブツ 上条「なんですかその強制模様替えは! 上条さんのベッドの下にそこまで興味がおありですか! 隠してるブツがモロ見えになっちゃうんですけども!」 一方通行「ベッドの下になンかあるらしいぞ打ち止め」 打ち止め「わーい! 宝探しってミサカはミサカは遠慮なく手を突っ込んでみたり!」ガサゴソ 上条「やめて! お願いだからやめてください打ち止めさん!」 一方通行「腹減ったしィ、朝はどっか食いに行くかァ……」 打ち止め「あーっ! 話をそらしてるって、ミサカはミサカは指摘してみたり!」 上条「あれ、また靴下が片方ない!? お前が楽しんでるならそれは良いことじゃねーか。 上条さんのことは気にしないで、のんびりして来いよ。 神裂もいるなら安全だろうしな」 『とーま……ありがとうなんだよ!』 『ニャー! 』 『あ、スフィンクスのご飯の時間だから、そろそろ切るね』 上条「ああ、またな」 ピッ 上条「上条さんの時代がやってまいりましたぁあああああああ!!!!

次の

旧 SSナビ(移転しました) : 一方通行「助けろ三下ァ……」

一方通行 打ち止め 風呂

第1期 19話:打ち止め ラストオーダー Aパートはずっと出ていてBパートは前半に出ています。 20話:最終信号 ウイルスコード A・Bパート両方ずっと出ていますが、打ち止めは 気を失っているので正確には二人の絡みはありません。 24話:虚数学区・五行機関 EDで一方通行と打ち止めが寝ています 通常のEDではないです。 第2期 6話:残骸 レムナント Bパートに入って少し経った時に登場。 一方通行が打ち止めの面倒をみるという名目で一緒にお風呂に入っています。 7話:座標移動 ムーブポイント Aパートの3分の2くらいの時とBパートの3分の2くらいの時に登場。 打ち止めも妹達に協力したいと独り言をいい、一方通行がそれに一言。 次の登場では、一方通行が打ち止めのためにあわきんを撃退、 その後少し時間を置いて打ち止めと会話。 17話:罰ゲーム Aパート始まって少し経ったら登場して、車の中で会話しています。 またAパートが終わる前には車から降りて、黄泉川先生と子も絵先生と会話。 Bパートが始まって少し経ったら、部屋で会話しています。 また、Bパートの終わりで一方通行がお風呂場で3人を目撃します。 18話:検体番号 シリアルナンバー Aパートの半分で登場して、打ち止めの留守電に一方通行がキレています。 Bパートでは一方通行と黄泉川が電話と1期の19話と20話の回想。 Bパートの3分の1が過ぎたところで、一方通行とインデックスが遭遇。 そのころ打ち止めは当麻と遭遇して終わりにそれぞれが再会する。 19話:木原数多 けんきゅうしゃ A・Bパート両方ほぼ出ています。 Aパートの方では前半は絡みありで、後半はあまりありません。 Bパートでは、打ち止めはでますが、当麻と一緒に居るので 一方通行との絡みはなし。 20話:猟犬部隊 ハウンドドッグ A・Bパート両方ほぼ出ていますが、一方通行はインデックスといて、 打ち止めは当麻といるので二人の絡みはありません。 21話:学習装置 テスタメント Aパートでは一方通行が多く出ていますが、 打ち止めとの絡みはありません。 Bパートでは始めの方に一方通行が登場し、 統括理事会の一人を殺しその後パソコン操作 絡みなし で、 Bパートの終わりごろで一方通行が打ち止めを助けに入りました 打ち止めは気を失っているため正確には絡みなし。 22話:天罰術式 Aパート始まって登場し、木原クンと交戦 打ち止めはいるが絡みなし。 以上だと思われます。 見落としがあったらスミマセン。

次の

打ち止め「銭湯というものに行ってみたい!」 一方通行「あァ?」: とあるSSまとめサイト!

一方通行 打ち止め 風呂

」タタタ ガチャ 一方通行「よォ……」ガタガタガタ 打ち止め「……」ブルブルブル バタン 一方通行「おいいいいィィィィ!! 閉めンなァ! た、たすっ、たすけろ三下ァァ!! 」ドンドンドンドン 打ち止め「ふぇぇええええん!!! ってミサカはミサカは大号泣!」 上条「不幸だあああああ!」 (数分後) 上条「……で? なんで上条さんのところにいらっしゃったのでせう?」 一方通行「そ、それはだなァ……」ブルブル 打ち止め「ふぇ……」ガクガク 上条「言えないことならどこか遠い所で幸せになってもr」 一方通行「言う! 言うからチェーン外せェ! 入れろ!」ガタガタガタ 上条「ちょ、ドアの隙間こじ開けようとすんなよ! 何涙目になってんだ! 怖!」 一方通行「こうなったらオラァああ!! 」カチッ! チェーン ブッチン! 上条「壊すなぁあああ!」 打ち止め「うわあああん! こわいよおお! ってミサカはミサカはあなたの胸にダイビング!」ダキツキッ! 一方通行「何とかしろォ! 三下ァああ!! 」ダキツキッ! 上条「ぎゃーっ! 上条さんにそんな後ろめたい趣味はありませんのことよっ!」 一方通行「何も殴ることねェンじゃねェの?」ヒリヒリ 打ち止め「大丈夫? ってミサカはミサカはいたいのとんでけしてみる」トンデケー! 上条「ごめん……って、あれはお前が悪いだろ!」 一方通行「ドアくらい弁償するゥ」 上条「ったく。 それで? 何かあったのか?」 一方通行「……うン」 上条(歯切れが悪いな。 それに、一方通行があんなに取り乱すなんて、もしかして何か事件が?) 上条「言いにくいことかもしれないが、俺を信じて言ってみてくれよ。 ここに来たってことは俺なら助けになれるかもしれないって頼ってくれたんだよな? 俺に出来ることならなんでも手伝ってやる。 だから勇気を出して、俺にも事情を説明してくれないか?」 上条(キリッ 一方通行「じ、実はァ……」 (数時間前) 一方通行「暇だァ……」ダラーン 打ち止め「暇だね……あ、そうだ! ってミサカはミサカはグッドな暇つぶしを思いついてみる!」ピコーン! 一方通行「何だクソガキ。 : , : , : , :. : , : , :. : , :. : : , :. 」 打ち止め「ごめんなさーい」 上条「一方通行はいいお父さんになるな」 一方通行「別にィ……」テレ 打ち止め「この人はお父さんじゃなくてミサカの将来のお婿さんって、ミサカはミサカは宣言しtふきゃっ!? 」 一方通行「何言ってんですかァこのクソガキ。 お前が大人になるころ俺が何歳だと思ってンだァ?」 打ち止め「あ、あなたならいくつになってもきっと素敵だよって、ミサカはミサカは……キャー!」ワシャワシャワシャ 一方通行「ハイハイありがとよォ」 上条「ゴチソウサマデスナー」 一方通行「実質0歳児がここまでマセガキてのも困ったもンだぜ」ハァ 打ち止め「ここは何っ?」ガチャ 上条「トイレだぞ」アハハ 打ち止め「ここはっ!? 」ガチャ 上条「風呂と洗面所」ホホエマシイ 打ち止め「これはっ!? 」ヒョイ 上条「片栗粉X……ってNOOOOOOO!!!! 」シュバッ! 一方通行「落ちつけ打ち止め。 悪ィ、このガキ人様ン家に慣れてねェンだよ……」ソワソワ カチコチ 上条「お前も絶対慣れてないだろっ! 何だその武士のような正座は!」 一方通行(これ変なのかァ……!)ガーン 上条「あーもうお茶でも淹れますから二人は足を崩しておくつろぎくださいよ!」 通行止め「「あっ、おかまいなくゥ」」ダラッ 上条(自宅モードのくつろぎっぷり……だと……!? )ゴクリ 一方通行「ご愁傷様ってかァ?」 打ち止め「ご飯ないのー? ってミサカはミサカはお腹と背中がくっつきそうになってみたり!」 上条「うう……」 一方通行「しょうがねェ、一旦黄泉川ン所に戻って食材を……」 打ち止め「お家にはないよって、ミサカはミサカはアドバイス」 一方通行「あァ、警備員の慰安旅行で空にしてったンだったかァ」 打ち止め「ヨシカワも同窓会で空けてるから 今日はお家は誰もいないし何もないって、ミサカはミサカは説明口調!」 上条「仕方ない、一旦買い物に……」 一方通行「えっ……」 上条「その傷ついたような顔やめてくんないかな」 一方通行「だ、だってよォ、もう外は暗いしィ……」シドロ モドロ 上条「」 上条「あのー、まだ完全下校時刻前なんですけど……」 一方通行「冬だから日が落ちるのが早いしィ……」オロオロ 打ち止め「夜道で後ろから足音がしたら怖くて心臓止まっちゃうって、ミサカはミサカは……」プルプル 上条「じゃあ上条さんがパパーっとスーパーに買いに行くので二人はここで待っt」 通行止め「「置いてくなァあああ!!! 」」ブワッ 上条「わかった! 置いてかないから! わかったからっ!」 上条(どんだけ怖いんだよ!) 一方通行「要はメシが食えりゃァ良いンだよなァ?」 上条「だから材料がないんだって」 一方通行「ン……」ピッピッピ プルルルルルル 一方通行「あ、もしもしィ? 特上3人前、1人前サビ抜きでェ」 一方通行「第7学区の学生寮のォ……」 上条「うぎゃああああこんなもの口にしたら呪いがかかる! 他の食べ物がゴミにしか感じられなくなるという呪いが上条さんにぃぃいい!」ギリギリ 一方通行「別にそンなンねェけど……」モグモグ 打ち止め「あなたはファミレスのハンバーグでも回らない特上寿司でも同じ顔で食べるのねって ミサカはミサカは発見してみる」モクモク 一方通行「くだらねェ事はいいから食えよ。 」ワシャワシャ 打ち止め「あぁ~極楽ですなぁ~とミサカは……わぷっ!? 」アワアワ 一方通行「バカ、口に泡入るだろうが。 口ゆすげ」シャワー 打ち止め「ん~」ブクブクペッ 上条「上条さんはいつまで目をつぶっていればいいのでせう?」ギューッ 一方通行「開けたら血液逆流なァ」ワシャワシャ 上条(ちくしょおおおおおお!! せっかく今日はインデックスがいなかったというのに! 普段占領されっぱなしのベッドでフィーバーナイトの予定だったというのに!) 打ち止め「こうして比べて見るとあなたのって本当に白いし細いって、ミサカはミサカは再確認!」ピョンコピョンコ 一方通行「バカ、見比べンなって……やめろクソガキ」ガシッ 打ち止め「あなたに比べてこの人は太いし黒いし長いってミサカはミサカは指摘してみる!」 一方通行「俺ももう少し鍛えるかなァ……身長は同じくらいのはずなンだけど」ヒョロー 打ち止め「ちなみに腕の話だよって、ミサカはミサカは釘をさしてみる!」ビシッ 一方通行「誰と話してンだお前は」ズビシ 打ち止め「チョップしないでって、ミサカはミサカは……」 一方通行「はいはい」ズビシ ズビシ 上条「……じゃあそろそろ風呂場も乾いたところで上条さんは寝かせていただきますよ」 一方通行「風呂場が乾くと寝るのに何の関係があるンだよ。 おい、どこ行くンだ三下! 寝床は部屋だぞとうとうボケたのかァ!? 」 上条「いやいやいや、うちにはベッドが一つしかないんだよ。 シングルだし。 普段はインデックスが使ってるし。 おかげで風呂で寝るのにもなれてるんです!」 打ち止め「じゃあいつもあそこで寝てるの? って、ミサカはミサカはびっくりしたり」 一方通行「仕方ねェなァ……ンじゃ風呂場にベッドをぶちこンで」ブツブツ 上条「なんですかその強制模様替えは! 上条さんのベッドの下にそこまで興味がおありですか! 隠してるブツがモロ見えになっちゃうんですけども!」 一方通行「ベッドの下になンかあるらしいぞ打ち止め」 打ち止め「わーい! 宝探しってミサカはミサカは遠慮なく手を突っ込んでみたり!」ガサゴソ 上条「やめて! お願いだからやめてください打ち止めさん!」 一方通行「腹減ったしィ、朝はどっか食いに行くかァ……」 打ち止め「あーっ! 話をそらしてるって、ミサカはミサカは指摘してみたり!」 上条「あれ、また靴下が片方ない!? お前が楽しんでるならそれは良いことじゃねーか。 上条さんのことは気にしないで、のんびりして来いよ。 神裂もいるなら安全だろうしな」 『とーま……ありがとうなんだよ!』 『ニャー! 』 『あ、スフィンクスのご飯の時間だから、そろそろ切るね』 上条「ああ、またな」 ピッ 上条「上条さんの時代がやってまいりましたぁあああああああ!!!!

次の