アルトサックス。 アルト・サックスのしらべ 憧憬のスタンダード編

【楽天市場】管楽器 > 管楽器一覧 > サックス > アルトサックス:島村楽器

アルトサックス

都道府県• 北海道• 東北すべて• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 関東すべて• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 中部すべて• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 近畿すべて• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 中国すべて• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 四国すべて• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 九州・沖縄すべて• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の

アルトサックスとテナーサックスの違いは何ですか?

アルトサックス

サックスを始める方が、最初に迷うのはこのポイントかもしれません。 漠然と「サックスを始めたい」と思っても、目の前にはソプラノ、アルト、テナー、バリトンと4種類も並んでいます。 メーカーやモデルを考慮したら、星の数ほど選択支があり、「一般的なもの」と考えても、アルトにするかテナーにするかを決めるのは難問です。 今日はそんな方の為に、また既にアルトやテナーをお持ちの方々が自分のサックスの特徴を理解できるよう、「アルトサックスとテナーサックスの違い」についてお話しましょう。 なんて身もフタもない学術的な差異の解説は置いておきましょう(でも覚えておいて損はないです)。 学術的解説をぶっとばして、簡単に、かつ感覚的に言ってしまうと、「アルトは女性っぽい、テナーは男性っぽい」、という表現も嘘ではないでしょう。 声楽的には「アルトは女性の低めの声」、「テナーは男性の高めの声」となっています。 ああ、これも「説明臭い」ですね。 こうなったら、私の主観で説明しちゃいましょう。 絶対分かり易いですが、反論もあると思いますので、その辺はご勘弁を。 私は、アルトサックスは「サックスの美しい王女様」、そしてテナーサックスは「勇ましい王子様」と考えています。 アルトサックスはサックス属のなかで一番美しい音色、音域を出すことが出来るサックス。 そして楽器操作もコントロールもし易いので、高度な技術を要さずにも優雅に、優しい音を出すことが出来ます。 しかし楽器自身が完成された音質の美しさを既に持っているので、奏者による個性を出すことは多少困難です。 しかし、「サックスを始めたいが、どのサックスでも良い」という方には、100%アルトサックスをお勧めします。 それだけ、「サックスの楽しさと魅力」が凝縮されているサックスです。 片やテナーサックスですが、サウンドに対する吹き手による要素が非常に多く、「これがテナーサックスの音」というものが無いといっても良いくらいです(クラッシック・サックスの場合はあるようです)。 暴れ馬とさえ称されるテナーの機種もあるくらいで、吹き手、吹き方、セッティングによって千差万別の「個性」あるサウンドを出せる、また出せてしまうのがテナーサックスです。 それゆえに、「自分の音」を見つけるには多少の修行が必要です。 しかし、それを見つけたときの喜びも最高です。 またアルトより低い音域ゆえに、「男っぽい、ドスの効いた音」、も出し易いのも特徴です。 テナーサックスの低音域のむせび泣くようなサブトーンは、間違いなく「プレイボーイの口説き文句」、としか言いようがありません。 ま、勝手なことを言いまくりましたが、「迷ったらアルト」です。 私はそう思います。 *写真は全てflickrから掲載しています。 鳴らしてみると、今までの音はなんだったんだろう思うほど、気持良い音が出ます。 還暦を迎え、仕事も一段落し、新しい趣味と思ってはじめましたが、楽しく続けられそうです。 AIZEN SO アルトサックスマウスピースご購入 蘆田寿夫様 のお声 残り58名様 AIZENテナーメタル発売記念キャンペーン開催中 冬に重宝するアイテムをプレゼントします。 先着4名様限定 AIZENアルトサックスキャンペーン開催中 16万円相当の特典付き プロフィール 大学4年で初めてジャズトランペットのソロを聞いて全身に鳥肌が立つような感動を覚えました。 私はトランペット奏者のフレディー・ハバードをサックス奏者だと勘違いしており、すぐに真似してみようと思い、アルトサックスを買ったら全然音が違うのでがっかりした覚えがあります。 社会人になりはじめて出たボーナスでテナーサックスを買い、改めてサックスの奥深さに魅入られ、やはりサックスをやり続けて良かったと確信しました。 その時からサックスには自分の恋人のような思い入れがあります。 その後、東京で色々なプロからサックスを教わり、ビンテージサックスやマウスピースに深い興味を持つようになりました。 色々と研究を重ねるうちに、サラリーマン時代のボーナスや給料の大半はサックスのコレクションに消えていきました。 同時に数多くのサックスプレイヤーの音源を聞いて、東京でジャズバーのセッションやプロのライブにも通い、渡辺貞夫さん、マルタさん、ビリーホリデイ等の自伝を読み漁りました。 仕事でオーストラリアへ出向いた後、ある飛行機の中でアメリカ人の女性と出会いました。 彼女との出会いで考え方が大きく変わり、自分が本当に好きな楽器を販売する仕事をやろうと決意します。 以来創業13年になりますが、おかげさまで全国のサックス好きのお客様に恵まれ、私自身も素晴らしい演奏仲間とともに、音楽ライフを楽しむ毎日です。 これまでのお客様との出会いに本当に感謝しています。 音楽ビジネスを通じてこれからも少しでも多くの人々と音楽の楽しさ・感動を分かち合えたら嬉しいです。

次の

アルトサックスとテナーサックスの違いは何ですか?

アルトサックス

出典: サックスは息を吹き込むネックと管、音を出すベルから成っており、音を変えるために操作する部分を「キィ」と呼びます。 サックスのキィにはタンポという蓋になるパーツがついており、タンポがトーンホール(音孔)を塞ぐことで、本体の管の長さが変わり、音が変化するという仕組みです。 サックスの種類 サックスは、音階によって9種類に分けられ、一般的に使用されるのはテナーサックス、アルトサックス、バリトンサックス、ソプラノサックスの4種類です。 中でもアルトサックスはクラシック、ジャズなど様々なシーンで使われ、初心者でも音を出しやすいと言われています。 全9種類のサックスを、高音域から低音域の順でご紹介します。 ソプラニッシモ ソプラニッシモサックスは、ドイツのメーカーでつくられている、30cmサイズの小さなサックスです。 ソプラノサックスの1オクターブ上の音域を出すことができますが、演奏するには奏者に高度な技術が必要とされます。 演奏される機会が滅多になく、希少なサックスと言えるでしょう。 ソプラニーノ ソプラノサックスも希少なサックスで、演奏機会の少ない上級者向けの楽器です。 音程のコントロールが非常に難しいと言われており、他のサックスを担当しているサックスプレイヤーが、持ち替え用の楽器として使用するようなサックスです。 ソプラノ ソプラノサックスは一般的によく見かけるタイプのサックスで、音域の高さが特徴です。 世界的に有名なサックスプレイヤーのケニー・Gも、ソプラノサックスを愛用しており、ソロパートやトップパートでも使われています。 ソプラノサックスには真っ直ぐな「ストレートタイプ」とカーブしている「カーブド」の2種類があり、ストレートタイプは柔らかな音色、カーブドは扱いやすさに特徴があります。 アルト アルトサックスは、サックスの中で最もメジャーなタイプです。 クラシックだけでなく、ジャズやポピュラーミュージックでも活躍します。 手に入りやすい価格や扱いやすさ、必要な肺活量など、初心者に最適なタイプで、「初めての1台を持つならアルトサックス」と言われています。 楽器店で気軽に購入でき、楽譜も多く扱われているので、趣味で始める方にもおすすめのサックスです。 テナー ソプラノサックス、アルトサックスに並び、よく演奏されるのがテナーサックスです。 アルトサックスよりも音域が低く、重厚感のある甘い音色が特徴的です。 ジョン・コルトレーンやソニー・ロリンズなど、ジャズの名プレイヤーが愛用していることでも知られています。 なお、吹奏楽ではトロンボーンと同じ、中音域を担当することが一般的です。 バリトン ソプラノ、アルト、テナーの次によく演奏されるのが、バリトンサックスです。 低音なバリトンサックスは、力強いパワフルな音色で低音域や伴奏を担当することの多いサックスです。 吹奏楽ではチューバと同じ低音部のフレーズを担当することの多い楽器です。 サックスの中でもよく使われますが、楽器のサイズや重量が大きく、肺活量も必要なため、趣味のサックスとしては、他のサックスを練習した後にチャレンジすることをおすすめします。 バス テナーよりも1オクターブ低い音域のサックスが、バスサックスです。 サイズはバリトンよりも更に大きく、大人が抱きかかえるようにしてようやく持つことができます。 吹奏楽やサックスのアンサンブルで、用いられることがあります。 コントラバス コントラバスサックスは、2m近くのサイズを持つ大きなサックスです。 サイズの大きさから、演奏のときには脚立が必要とされるほどです。 オーケストラの1部の曲でしか使われず、日本にも3点しかない希少性の高い楽器です。 サブコントラバス ドイツで実験的に製作された、世界で数本しかないサックスです。 5mから3m近い非常に大きなサイズです。 サックスの選び方 音域・音色をチェック 一般的に使用される4種類のサックスは、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの順で音域は低くなっていき、他の5種類のサックスは、音域の高低が極端です。 サックスの音域を選ぶときは、初心者でも音の出しやすい音域や、ジャズに適した音域など、9種類の中から自分に合った種類を選びましょう。 自分の演奏してみたい音色がどのサックスなのかは、動画などを確認すると良いでしょう。 なお、楽器店などで販売されている楽譜や教本は、アルトサックス向けのものが大半です。 ポピュラーミュージックやジャズなど、多くの曲を演奏してみたい場合は、アルトサックスが最適です。 材質・塗装方法で選ぶ 出典: サックスは一般的には真鍮で作られていますが、洋白といった合金や銀が使われていることもあります。 また、塗装はラッカーが一般的ですが、銀や金ニッケルなどでメッキされているものも多くあります。 素材やメッキ、ラッカーの種類によって、振動が変化することで、音色にバリエーションが生まれます。 材質や塗装によって、どのような音が出るかを聴き比べてから、購入すると良いでしょう。 使う場面で選ぶ 使うシーンに合った価格帯のサックスを選びましょう。 部活で使うなら耐久性の高いものを 活動で使う場合、3年間ほぼ毎日数時間の部活で、サックスを使用することになります。 演奏会の場合は楽器を持ち運んだり、運搬したりすることもあるため、相応の耐久度が必要になります。 実力の高い吹奏楽の部活動では、サックスの音色のクオリティも求められるため、数万円程度の入門機よりも、中級クラスの20~50万円の価格帯のサックスがおすすめです。 なお、学校によって基準がある場合や、選び方が分からない場合は、顧問や上級生に尋ねてみましょう。 趣味で使うならアフターサポートをチェック 今までサックスを扱った経験がなく、趣味でサックスを始めようとしている場合は、10万円から販売されているアイテムがおすすめです。 3万円前後で販売されている格安サックスは、手頃で手に取りやすい点がメリットですが、アフターサポートがなかったり、壊れやすかったりするため注意が必要です。 格安アイテムを購入する場合は、フォロー面もチェックして購入しましょう。 必要なアイテムは付属しているか.

次の