総武快速 遅延。 総武線快速って首都圏で一番遅延が発生しやすいですか?

JR総武線 遅延に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

総武快速 遅延

小さな遅延はどの路線でもそこそこありますよ。 京急なんて雨降ると遅れるし。 バスかよお前、みたいな。 ただ、総武快速は千葉-横須賀線間のどこかで何かが起きると、全列車東京折り返しになるから、なかなか回復しないというのはあるかもしれない。 まず、電車が来なくなって、いざ電車が来て乗ってみたら、東京駅が満線で入線できません、ってことがよくあるので。 各駅停車は御茶ノ水折り返しになることはまずなくて、遅れても比較的本数が来てきちんと流れるので、電車のダイヤ自体は後ろにずれてても、所要時間がべらぼうに遅くなる、というのは比較的少ないかと。 横須賀線に何かあったときに影響を受けるのは、横須賀線と一蓮托生だから仕方がないんだけど、湘南新宿ラインができたころはひどかった。 今は真っ先に湘南新宿ラインを犠牲にするみたいですが。 回答するほうも客観的な根拠を示して質問者の疑問に寄り添って答えるよう心掛けたいものです。 嫌味はともかくとして。 さて、ご質問の総武線が首都圏で1番かどうかはわかりませんが、例えば下記のような指標で見てみると、質問者さんの認識があながち間違いでは無いことがわかります。 それはJR東日本が掲載しているオンライン遅延証明書です。 試しに掲載されている遅延分数を合計してみると450でした。 さて、ご質問の総武線、これには横須賀線も含まれてしまいますが、掲載対象日数は28日、合計遅延分数は511でした。 ちなみに。 似たような境遇の宇都宮・高崎線だと掲載対象日数は27日、合計遅延分数は571でした。 この指標こそが正しい、とも思いませんが、少なくとも総武線の遅延が月に1か2回ということは無いであろう事は容易にわかりますね。

次の

総武線快速って首都圏で一番遅延が発生しやすいですか?

総武快速 遅延

JR西船橋駅に総武快速線が停車しないのはどうしてなのでしょうか? あれだけの賑やかなところなのに。 普通に考えて不自然な気が。 こんな事をいうと怒られるかも知れませんが、船橋が各停のみ停車で西船橋が各停&快速停車のほうが便利だと思う人も多いのではないでしょうか? なにか特殊事情などあるのでしょうか? 補足皆様回答ありがとうございます。 不可能だからしないのでなく「あえてしない」というのですね。 う~ん…。 ライバルに有利にならないようにとか、混雑しすぎて大変とか。 ただこれが「東京駅」とか「新宿駅」ならまた違うのでしょうね。 「西船橋」という微妙な位置つけのところにポイントがあるのですね。 もう少し皆様の意見をお聞かせ願います。 よろしくおねがいいたします。 昔、総武線が複々線化した時、JRが東京メトロ東西線への乗客が逸走を防止するためにわざと快速線ホームをつけなかったんです。 今でも快速線のホームが設置できる空間があります。 また、開業当初は今みたいなターミナル駅ではなく、もっと寂れた感じで、その時は総武線だけでしたが、年をかさねていくうちに今みたいなターミナル駅になりました。 快速線はそろそろ止めても良いはずですが、駅構内はターミナル駅にしては狭く、日中混んでいるため、快速線ホームをつけるとますます混んでしまい、日中がお祭り騒ぎみたくなります。 船橋駅は千葉県で乗降数が1位なので、快速を通過となると大変なことになりますね。 自分の考えでは快速線ホームをつけると設計的に駅構内にあるDila西船橋をなくすか、駅を今の2倍位に増築しないと難しいですね。

次の

船橋駅で人身事故 総武線(快速)が遅延「車内が停電」飛び込み自殺か・・・情報がtwitterで拡散される

総武快速 遅延

小さな遅延はどの路線でもそこそこありますよ。 京急なんて雨降ると遅れるし。 バスかよお前、みたいな。 ただ、総武快速は千葉-横須賀線間のどこかで何かが起きると、全列車東京折り返しになるから、なかなか回復しないというのはあるかもしれない。 まず、電車が来なくなって、いざ電車が来て乗ってみたら、東京駅が満線で入線できません、ってことがよくあるので。 各駅停車は御茶ノ水折り返しになることはまずなくて、遅れても比較的本数が来てきちんと流れるので、電車のダイヤ自体は後ろにずれてても、所要時間がべらぼうに遅くなる、というのは比較的少ないかと。 横須賀線に何かあったときに影響を受けるのは、横須賀線と一蓮托生だから仕方がないんだけど、湘南新宿ラインができたころはひどかった。 今は真っ先に湘南新宿ラインを犠牲にするみたいですが。 回答するほうも客観的な根拠を示して質問者の疑問に寄り添って答えるよう心掛けたいものです。 嫌味はともかくとして。 さて、ご質問の総武線が首都圏で1番かどうかはわかりませんが、例えば下記のような指標で見てみると、質問者さんの認識があながち間違いでは無いことがわかります。 それはJR東日本が掲載しているオンライン遅延証明書です。 試しに掲載されている遅延分数を合計してみると450でした。 さて、ご質問の総武線、これには横須賀線も含まれてしまいますが、掲載対象日数は28日、合計遅延分数は511でした。 ちなみに。 似たような境遇の宇都宮・高崎線だと掲載対象日数は27日、合計遅延分数は571でした。 この指標こそが正しい、とも思いませんが、少なくとも総武線の遅延が月に1か2回ということは無いであろう事は容易にわかりますね。

次の