非課税世帯コロナ給付金貰える。 コロナ 給付金 対象者 【非課税 年収 所得制限とは具体例わかりやすく説明

30万円現金給付金対象者は?条件は?無職は?受け取り方法

非課税世帯コロナ給付金貰える

未曾有の世界的災害になったコロナウィルス。 日本においても非常事態宣言が出され、各所に影響が出ています。 その影響を少しでも抑えるため、政府から弾きだされたのが、「コロナで収入が激減した世帯への給付金」です。 では、この給付金は「誰が」貰えるものなのでしょうか。 以下では、給付金が貰える対象についてまとめていきましょう。 給付の対象となる人は、2パターン存在しています。 ひとつめのパターンは、元々が低所得な世帯です。 元々の所得が住民税非課税水準ギリギリで、そこにコロナの影響により所得が下がって住民税非課税世帯並みの収入になった場合、30万円の給付を受けられます。 例えば、単身者で毎月の収入が11万円だったものの、コロナの影響により毎月8万円程度しか稼げなくなった場合、給付を受けることが可能です。 2人世帯(扶養している家族1人)であれば、16万円だった収入が10万円になった場合などに給付金がうけられます。 ふたつめのパターンは、元々はそれなりの収入だったものの、収入が大幅に下がった世帯です。 具体的には、収入が半減して住民税非課税世帯の2倍程度に月収が下がった人が対象になります。 例えば、扶養家族が3人の方の月収100万円の人が月収20万円になった場合、「収入が半減する」「非課税世帯並みに下がる」という条件を2つ満たしているので、30万円の給付がうけられます。 もしくは、月収が29万円のひとが月収95000円におちこんでしまった場合も、同様に30万円の給付をうけられます。 ただし、同じく収入が半減以下になったとしても、月収500万円の人の収入が100万円になった場合、給付をうけることは不可能です。 もう少し具体的に説明しましょう。 以下では、母子家庭・年金受給者・生活保護を受けている人の3つのケースでそれぞれ給付金を受け取れるのか、まとめます。 母子家庭の場合 母子家庭の場合は、母親か子どものどちらかが働いていると思われるので、どちらかが受け取れる可能性があります。 ただし、「どちらかが扶養に入っている場合」「どちらも働いている場合」では計算方法が異なるので注意しましょう。 「どちらかが扶養に入っている場合(基本的な稼ぎがほとんどない場合)」ですと、基準となる月収の額があがります。 具体的には1人あたり5万円、水準があがるようです。 しかしこれがどちらも働いている場合ですと、基本的には扶養家族とみなされず、あくまでも「単身世帯」として見られます。 まずは、今現在の収入がいくらになっているかを確認しましょう。 ポイントは、どちらかが扶養に入っている場合は15万円、どちらも扶養に入っていない場合は10万円を下回っているかどうかです。 もし下回っていて、それがコロナにより減った結果の収入だった場合は給付金を受け取れます。 そうでない場合は、次に収入が半減したかどうかを確認してください。 コロナ前と比較して収入が半額以下になり、その額が扶養家族がいる場合は30万円、いない場合は20万円以下かどうかを確認してください。 もし条件に当てはまる場合、給付金を受け取れます。 年金受給者 年金受給者は、基本的にコロナウィルスの流行の前と後で年金の額は変わらないので、基本的に給付金を受け取れません。 ただし、年金を貰いながら働いている方などは、収入が減った場合、給付金を受け取れる可能性があります。 とはいえ、年金も収入に入るので、通常よりも給付金が貰える可能性は大きく減るでしょう。 生活保護を受けている人 生活保護を受けている人は、何らかの理由で働けない人がほとんどだと思います。 加えて、生活保護はコロナウィルスが流行するしないに依らずに一定額が支給されるので、生活保護を受けている人は給付金を受け取れません。 同様に、何らかの理由で働けずに政府からの支給で生きている方は、コロナウィルスの影響で収入が減るということがないため、給付金は受け取れません。 給付金が貰えるタイミングと手続きの仕方。 結論からいうと、給付金がいつ貰えるのかはわかっていません。 というのも、コロナウィルスに関する給付金は補正予算案の中に盛り込まれているからです。 現在国会では補正予算と共に給付金の内容を審査中であり、これが可決されないことには給付金を支給されることはありません。 そして、仮に可決されたとしても制度や給付システムの整備に時間がかかることが予想されるので、給付金が実際に支給されるのは7月前後になると予想されます。 ただ、現代でもある程度決まっていることはあります。 まず、申請はオンライン上で行われることが推奨されているようです。 もしくは、郵送による申請が行われます。 窓口での申請はこのどちらもができない人向けの方法で、基本的には推奨されません。 給付金は現金でそのまま受け取れるのではなく、本人名義の口座に30万円がふりこまれる形で振り込まれるようです。 また、申請は市町村を通して行われます。 よって、申請が開始されたときは、近くの自治体に問い合わせてください。 申請のときに準備すべき書類は「本人確認書類」と「収入状況を確認できる書類」の2つです。 具体的に、身分証明書と源泉徴収書などを用意しておけば問題なく需給できます。 身分証明書は、顔写真のある運転免許書とマイナンバーカード等のいずれかがあればいいでしょう。 源泉徴収書、あるいは給与明細は、勤め先に問い合わせればもらえます。 すでに貰っている場合は、破棄せずにとっておきましょう。 とはいえ、最近はインターネット上で管理している場所も多いので、貰う方法は各自で確認しておいてください。 なお、これら必要書類はあくまでも「最低限必要な書類」です。 政府の対応や情勢の動き方によっては、さらにたくさんの書類が必要になる可能性もあるので注意しましょう。 とはいえ、政府の方も緊急性の高い給付金であるということは把握しているらしく、「簡易な手続きになるように努力する」としています。 また、「収入が減った」という証明のためには給与明細や証明書が検討されている予定ですが、これについても何らかの救済措置が取られる予定です。 どのような措置が取られるのかは不明ですが、政府の発表を逐一確認しておきましょう。 また、わからないことがあった場合はコールセンターで相談もできます。 加えて、総務省のホームページから説明資料を閲覧可能です。 困ったことがあったら、遠慮なく相談しましょう。

次の

コロナ給付金30万円は非課税世帯のみ?申請から受給までのながれは?

非課税世帯コロナ給付金貰える

4月6日に安倍首相が緊急経済対策の方針を発表しました。 「過去にない強大な、GDPの2割に当たる 事業規模108兆円の経済対策を実施する」 108兆円の経済対策のうち、私たちのもとに直接届くのは6. 5兆円の民間支出と言われています。 少ないと思うのか、多いと思うのか、 実際に手にすることができる金額によって、 それぞれ感じ方は異なるのではないでしょうか。 補助金や給付金、助成金は融資と異なり、基本的に返済をしなくてよいお金です。 少しでも条件に該当する心当たりがあれば、 申請にトライしてみましょう。 現時点(2020年4月18日)でリリースされている給付金などについて、 個人事業主が使える、という観点でまとめています。 どうぞ、ご活用ください。 INDEX• 持続化給付金 こちらの給付金は 必ずチェックしてください。 前年当月比の売上高が大きく減少した場合に申請できる給付金です。 該当する月がひと月でもあれば申請できます。 もしかして受けられるかも、 と心当たりのある場合は、 申請がスタートしたらすぐに申込できるように、直近の月別売上高の集計など、準備を進めておきましょう。 詳細の発表は、国会で補正予算が成立する4月末に予定されています。 (詳細が発表になりましたら、こちらのblogでもご案内しますね!) 給付条件:事業収入が前年同月比 50%以上減少した事業者 金額:個人事業主は昨年1年間の売上からの減少分を上限に 100 万円以内で給付 中小企業生産性革命推進事業【特別枠】 「 ものづくり補助金」、「 持続化補助金」、「 IT導入補助金」のそれぞれで 新型コロナ対策の加点枠が策定されています。 新型コロナ対策にかかわらず、これらの補助金を使用する予定のあった個人事業主は ぜひともこの機会に、特別枠の条件を確認し、補助金の申請をしましょう。 当事務所では、IT導入補助金と持続化補助金を申請される方が多くいらっしゃいます。 リモートワークのためのITツール導入を考えているかたはこちら。 IT導入補助金特別枠 生活支援臨時給付金(仮称) 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入が減少し、生活に困っている世帯に対する生活維持のための臨時の支援です。 弁護士ドットコムが簡単な質問に答えるだけで対象となるかどうかを判定できるサイトを準備していますので、どうぞご活用ください。 扶養親族等なし(単身世帯) 10万円• 扶養親族等1人 15万円• 扶養親族等2人 20万円• 扶養親族等3人 25万円 (注1)扶養親族等とは、扶養親族及び同一生計配偶者を指す。 (注2)扶養親族等の4人目以降は、基準額を1人当たり5万円加算。 給付額 1世帯あたり30万円 感染拡大防止協力金 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、施設の使用停止に全面的に協力した中小の事業者に対する協力金 現在は東京をはじめ、神奈川県、京都府、大阪府、岐阜県、愛知県、静岡県一部、福岡県一部、千葉県一部で協力金が設定されています。 緊急事態宣言が全国に拡大されたことに伴い、今後は各都道府県で感染拡大防止協力金もさらに対象エリアが拡大されていくと思われます。 4月18日時点の対象エリアの詳細はこちらをご参照ください。 「補助金ポータル」 学校等休業助成金・支援金 学校等休業助成金・支援金 子どもが通う学校が休みになったことで仕事ができなかった際に受け取ることができる支援金です。 個人事業主の場合の要件は以下の通り 条件: ・保護者であること ・臨時休業等をした小学校等に通う子ども、新型コロナウイルス感染症に感染したまたは感染の恐れがある小学校等に通う子どもの世話をした ・業務委託契約等を締結していたが業務を行うことができなくなった 金額:日額4100円 詳細はこちらをご参照ください 子育て世帯への臨時特別給付金 児童手当の受給世帯に対して児童1人当たり1万円上乗せして受け取れる給付金です。 生計中心者の所得が所得制限限度額以上(特例給付)の世帯は除きます。 特に追加の申請は必要ありません。 条件:児童手当(本則給付)を受給する世帯 金額:児童一人当たり1万円 開始時期:早ければ6月支給分より まとめ 助成金・補助金・給付金は基本的に返済が必要のない給付金です。 それだけに本来は条件が厳しく設定されていたり、申請書類が多岐にわたるものも少なくありませんが、現在はコロナ禍の経済への影響を最小限に食い止める趣旨に条件がかなり緩和されています。 補助金や給付金と合わせて、特別融資支援策も活用しつつ、資金繰りが急激に緊急事態となる前に、新型コロナ禍をなんとかしっかりと乗り切っていきましょう!.

次の

現金給付の対象になる住民税非課税世帯とは?年収の目安はいくら?

非課税世帯コロナ給付金貰える

【2020年4月10日の最新情報】 当初の案から変更になっていますので、最新情報はこちらをご覧ください。 【2020年4月16日追記!】 【現金30万円支給対象世帯】 あくまで世帯単位なんですねえ。。 「2月〜6月の月収で判断」 2020年2月〜6月のうち、いずれかの月の収入がコロナ発生前(2020年1月以前)と比べて減っていることが条件になります。 この条件が厳しすぎる。 私もほんの少しだけ期待しており(4月はマイナス数十万円)、もし30万円もらえたらイルビゾンテで全額使い切ろうと思っていました。 が、私は対象外のようです。 (いいことだけど) 「支給条件を満たす月収とは?」 2つあり、いずれかに当てはまれば支給対象です。 (かつ2020年1月以前より収入が減少してることね) 2つに共通している「住民税非課税世帯」については後から解説します。 「住民税非課税とは」 ポイントとなる「住民税非課税」について解説します。 住民税というのは、新卒1年もよりも2年目の方が手取りが急激に減るというアレです。 住民税は収入に関係なく自治体ごとに一律で決まっている「均等割」と前年の収入に応じて決まる「所得割」の2種類から構成されています。 「均等割」「所得割」それぞれが非課税になる所得上限が異なります。 当然のことながら、両方非課税になる=住民税が非課税です。 「均等割」の非課税水準を満たすと、必然的に「所得割」の非課税水準を満たすことになりますので、今回の現金30万円給付案では「住民税の均等割が非課税になる」ことが給付の条件になります。 「住民税非課税対象者」 住民税が非課税になるのは以下の人たちです。 上記は愛知県名古屋市の場合 「具体的にいくらになってたらもらえるの?」 例えば 単身者である サラリーマンの場合。 「合計所得が35万円以下」を満たす年収は100万円です。 令和元年までの給与所得控除が65万円だからね 月収だと約8. 3万円ということになります。 つまり、 コロナの影響で2月〜6月のいずれかの月の収入が月収8. 3万円以下にならないと30万円現金給付の対象にはなりません。 もしくは月収が半分になり、かつ16. 6万円(8. 3万円の2倍)以下です。 「フリーランスはもっとやばい」 フリーランスは給与所得控除がありません。 なので売上から必要経費を控除した金額が年収35万円未満じゃないと対象にはなりません。 月収でいうと約2. 9万円です。 どうですかみなさん?もらえそうですか? まあ、ほとんどのフリーランスが青色申告していると思うので65万円の控除が受けられるとしても先述のサラリーマンと同じく年収100万円・月収8. 3万円ということになります。 「2人世帯は?」 前年の所得額が91万円以下(年収だと156万円以下)なら非課税世帯になるので現金30万円給付の対象世帯です。 世帯主がサラリーマン・公務員の場合ね。 ほとんどのサラリーマンはコロナの影響を受けていないのでは。。 【緊急事態宣言発令でどうなる】 いわゆる海外の「ロックダウン」を想像してしまいますが、違います。 対象になる都道府県知事が色々と行動しやすくなるという解釈でいいと思います。 知事が住民に不要不急の外出自粛などを要請できます。 コンサートなどの人が大勢集まるイベント等について今までは「自粛のお願い」でしたが、緊急事態宣言で「やるべきではない!」と指示できます。 罰則はないらしいですが、指示に従わなかったぞーって会社名を公表される可能性もあるらとか。 会社等も「緊急事態宣言が出たんだから仕方がない」と、様々な判断に踏ん切りがつくのでいいのではないでしょうか。 【まとめ】 コロナの影響で収入が減少した人たちに絞った手厚い給付案かと思いきや、掘り下げてみるとコロナの影響を受けてなくても支給対象になりそうな人たちがいそうということがわかりました。 当初の案(3月に囁かれていた一律10万円)のような 「経済を好循環させる資金」というよりは「貧困世帯の援助資金(生活資金)」という感じですね。 フリーランス、自営業者。 中小企業への資金援助もあるそうなので、こちらも詳細が公表されたら紹介します。 LINE公式アカウント友達追加で 2大特典プレゼント! 虎の巻其の壱「クレジットカード」 年間37万マイル貯める男が使うクレジットカード1枚を大公開! 虎の巻其の弐「ふるさと納税の極意」 ふるさと納税の自己負担が実質0円!?知らなきゃ損の裏ワザ! その他、セミナー情報をはじめ世界情勢や旬な情報をお届けしています!•

次の