スプレッドシート タブ移動 ショートカット。 ショートカットキーでワークシートの名前を変更する

Command+↓で、Googleスプレッドシートの最終行に飛ぶ

スプレッドシート タブ移動 ショートカット

IMPORTRANGE "スプレッドシートキー", "範囲の文字列" この 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたいセル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1セルを参照したい場合は、 "データベース! A1"と入力すれば大丈夫です。 表(範囲セル)を参照する 表を参照したい場合は、 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたい範囲セル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1からG9を参照したい場合は、 "データベース! A1:G9"と入力すれば大丈夫です。 集計したデータや表引きを参照する方法 ただ、値を引っ張ってをくるだけじゃ面白くないですよね! IMPORTRANGE関数は、他の関数と組み合わせることでその真価を発揮します。 例1:合計金額を参照する(SUM関数) 合計金額だけを参照したいときは、SUM関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせます。 例えば、 別のシートのA列の合計金額を参照したい場合は、次のようにSUM関数と組み合わせます。 例えば、次のような表があったとします。 ここで『1002』をキーとして、商品名である『ぶどう』を参照したい場合は、次のように記述します。 ほら、こんな感じで参照することができました。 IMPORTRANGE関数とVLOOKUP関数を組み合わせれば、このように他のスプレッドシートであっても表引きを実現できるんです。 スプレッドシートすごすぎません?Excelには出来ない芸当ですよね。 例3:スプレッドシートを簡易的なデータベースとして使う 集計したデータや表引きしたデータだけをIMPORTRANGEで持ってくるということは、スプレッドシートをデータベースのように扱うことができます。 スプレッドシートは200万個のセルにしか値を入力できませんが、IMPORTRANGEを使えば実質無限のセルを使うことができるんですよ。 詳しくは割愛しますが、気になる方はこの記事をどうぞ! 同じスプレッドシートの別シートから参照する 次に、同じスプレッドシートの別シートから参照する方法を紹介します。 値(単一セル)を参照する やり方はとっても簡単です。 シングルクォーテーションで 参照したい値を持つシート名を挟んで、その値のセル番号を入力するだけです。

次の

Chrome のキーボード ショートカット

スプレッドシート タブ移動 ショートカット

原因:ショートカットキーが競合している 公式サイトに記載されているショートカットを試してみても、効かない場合があります。 原因としては、別のシステムにも同じショートカットが設定されていて、そちらが優先されているケースがほとんどです。 別のシステムとして考えられるのは• Chrome 自分でオリジナルのショートカットを以前に設定済みの場合など• Chromeの拡張機能 1. 「Chrome」と競合している場合 「グーグルスプレッドシート」で「ショートカットキーの一覧」を確認する。 「Chromeの拡張機能」と競合している場合 スプレッドシートよりも、こちらが優先されてしまう。 拡張機能のオプションでショートカットキーを確認する。 ショートカットキーが設定されていないか確認。 hatanaman2.

次の

Edgeショートカット|タブを閉じる/タブ切り替え/新規タブ/検索ボックス

スプレッドシート タブ移動 ショートカット

原因:ショートカットキーが競合している 公式サイトに記載されているショートカットを試してみても、効かない場合があります。 原因としては、別のシステムにも同じショートカットが設定されていて、そちらが優先されているケースがほとんどです。 別のシステムとして考えられるのは• Chrome 自分でオリジナルのショートカットを以前に設定済みの場合など• Chromeの拡張機能 1. 「Chrome」と競合している場合 「グーグルスプレッドシート」で「ショートカットキーの一覧」を確認する。 「Chromeの拡張機能」と競合している場合 スプレッドシートよりも、こちらが優先されてしまう。 拡張機能のオプションでショートカットキーを確認する。 ショートカットキーが設定されていないか確認。 hatanaman2.

次の