ハンバーグ の タネ リメイク。 ハンバーグ作りに失敗しても、華麗においしくリメイクする方法︎

ハンバーグのタネは冷凍できますか?

ハンバーグ の タネ リメイク

レストランの絶品ハンバーグを家庭でも 肉汁がじゅわ〜っとにじみ出てくる、お店でいただくようなハンバーグ。 焼き方のコツさえ身につければ、カンタンに作れちゃうんです。 自宅でハンバーグ焼き職人になれるコツをまとめました。 焼く前のタネにひと手間を! よくこねる ハンバーグのタネづくりのポイントは、しっかりこねること。 生地に粘りがでるまで挽肉同士を密着させれば、肉汁が中に包み込まれます。 空気を抜く タネに空気が入っていると、焼いた時に表面が割れてしまう原因に。 これではせっかくの肉汁が流れ出てしまいます。 タネを両手でぱんぱんと叩き、しっかり空気を抜きましょう。 真ん中をくぼませる 生地の真ん中を指でくぼませると、中まで火が通りやすくなります。 まわりが焼け過ぎてパサパサになるのを防ぎ、しっとりジューシーな焼き上がりに。 上手に焼ける火加減と時間管理のコツ 1:中火で3分 少量の油を熱したフライパンに、くぼんだ面を上にしてタネを置きます。 まずは中火で3分!焼いている面に香ばしい焼き色がつきます。 2:ひっくり返して蒸し焼き3分 生地をひっくり返し、水または酒を少量振り入れて蓋をします。 やや弱火にしてさらに3分。 蒸し焼きで中まで火を通します。 3:ひっくり返して強火でこんがり! 生地をひっくり返して、今度は強火にします。 アルコールや水分を飛ばして、こんがり仕上げます。 4:肉汁の透明度を確認! 一番分厚いところに竹串を刺して、透明な肉汁が出てきたら火が通っているサイン。 もしまだ赤い汁が出てきたら、蓋をして水分を足し、もう少し蒸し焼きにしましょう。 これで肉汁溢れる絶品ハンバーグの焼き上がり!.

次の

おからハンバーグが”オムレツ”に変身!簡単リメイクのお弁当

ハンバーグ の タネ リメイク

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

ハンバーグがボロボロに崩れる原因は?うまく焼くコツをご紹介

ハンバーグ の タネ リメイク

スポンサーリンク ハンバーグがボロボロ リメイクはできる? まずは焼いているうちにどんどん割れていってボロボロになったハンバーグのリメイク料理を紹介しますね。 単に見た目が悪くなってしまっているだけで、味が悪いわけではないので、いくらでもリメイク可能ですよ。 ・そぼろ丼 ・チャーハン ・オムレツ ・ミートソース ・ボロネーゼ ・じゃがいもと一緒に ・ロコモコ ・ビビンバ ・カレー そぼろ丼 時間がかからずすぐ出来るのがそぼろ丼へのリメイクです。 そぼろは崩れたハンバーグをそのままつかって、炒り卵をつくったらご飯のうえにのせて完成。 余裕があればハンバーグを甘辛く炒めておいたり、グリーンピースや枝豆など、緑色の食材ものせると彩りもよくなりますよ。 チャーハン お次も簡単チャーハンです。 ハンバーグは木べらやフライ返しでどんどん崩して、ご飯と適当に具材をたして味付けして完成。 ケチャップで味付けしてもおいしく仕上がりますよ。 オムレツ 溶き卵を熱したフライパンに流してオムレツ状にしたら、ボロボロになったハンバーグをのせて包むだけです。 ハンバーグにはすでに火が通っているのであっという間にできちゃいますよ。 ミートソース 生のトマトを刻んだり、ケチャップやトマト缶をつかってミートソースも作れます。 ミートソースかボロネーゼかって感じですね。 ひき肉でできているハンバーグとトマトの相性はバツグンなので、おいしいミートソースにしてパスタにかけたりもできます。 ご飯がすでに沢山あるならご飯にかけて食べてもおいしいですよ。 じゃがいも ふかしたじゃがいもを適当なサイズに切って、壊れたハンバーグと炒め合わせ、とろけるチーズをかけます。 コンソメで味付けしておいてもいいかと。 ハンバーグの付け合わせにポテトを用意していたら、それを使うとちょうどいいですよ。 ロコモコ 具材はあれば~になりますが、野菜や目玉焼きといっしょにごはんにのせて、ロコモコ風にしても。 ハンバーグは崩れてしまっていますが、食べやすくはあるのでむしろ良かったりしますw ビビンバ こちらもモヤシ(ナムル)やニラなど他の食材が必要になってきますが、あればビビンバにしてしまうのもおいしいです。 カレー キーマカレーっぽく、カレー粉で味付けしてみるのもオススメですよ。 野菜も足してしまえばよりおいしくなります。 ハンバーグが崩れてしまう理由はなんといっても「こね不足」! ひき肉を練ってねってコネてこねてもうピンク色っぽいような白っぽいような色になるまでとにかくこねます。 ひき肉と塩(レシピ通りの量、またはひき肉の1%の量の塩)のみで、粘りがでてねと~~っと手やボウルにまとわりつくまでよくこねてみてくださいね。 他の材料を入れるまえに粘り気をだすのが大事です。 次につなぎですがハンバーグのタネがゆるすぎになるぐらい入れないように気を付けてくださいね。 レシピ通り適量をいれ、ちょっと生地がゆるいかもってときは、お麩やこまかくちぎった食パンとかを足してみてもいいかと思います。 それからみじん切りの玉ねぎをタネにいれますよね、刻み方が粗いとハンバーグがボロボロになる原因になります。 またじっくりとあめ色になるまで炒めて、しっかり冷ました状態でタネに混ぜるようにしてください。 あとはハンバーグのタネを小判型に成形するとき、空気をぬくためのキャッチボールを忘れずに。 キャッチボール不足も生地の中の空気がおおくて、ハンバーグが割れてしまう理由のひとつです。 ハンバーグを焼くコツ!崩れない焼き方 ハンバーグの生地作りで崩れない対策をしたら、あとは焼く時のコツですよね。 しっかりこねて空気もぬいたタネですが、成形してすぐに焼くのはちょっと待ってください。 そのままでは生地が手の温度でダレてしまっているので、これもボロボロになる上にパサパサ食感の原因になります。 成形したハンバーグのタネは、冷蔵庫で休ませてからフライパンで焼いてくださいね。 焼く時にはフライパンに油をしっかりとしいて、ちゃんと熱してからハンバーグのタネを置きます。 最初は強火で両面に焦げ目がついたら弱火でフタをして蒸し焼き。 あまり何度もひっくり返さないようにしたほうがハンバーグは崩れずに済みますよ。 崩れたハンバーグのリメイクや対策のまとめ 崩れたハンバーグのリメイクや対策のまとめです。 ボロボロになったハンバーグのリメイクは、そぼろ丼やチャーハンなど使いみちは色々あります。 次回から崩れてしまわないようにするには、しっかりとこねてタネをつくるようにしてみてくださいね。 おいしいハンバーグ作りのお役に立てれば幸いです。

次の