コロナ ウイルス 現金 給付。 コロナ対策の「現金給付」30万円、申請から受給までの流れ

コロナ対策の「現金給付」30万円、申請から受給までの流れ

コロナ ウイルス 現金 給付

令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになり、総務省に特別定額給付金実施本部を設置いたしました。 施策の目的 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。 医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示され、このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。 事業費(令和2年度補正予算(第1号)計上額) 12兆8,802億93百万円• 給付事業費 12兆7,344億14百万円• 事務費 1,458億79百万円 事業の実施主体と経費負担• 実施主体は市区町村• 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者• 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主 給付額 給付対象者1人につき10万円 給付金の申請及び給付の方法 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の 1 及び 2 を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。 その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図る。 (1)郵送申請方式• 市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送 詳しくは• (2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)• マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要) 詳しくは 受付及び給付開始日• 関連リンク.

次の

新型コロナウイルス、必要なのは早急な「現金給付」。「108兆円」でも「経済瓦解」

コロナ ウイルス 現金 給付

関連記事:• 郵送か電子申請が基本 決定された「新型コロナ特別定額給付金」のポイントは、次の通りです。 収入による条件はありません。 また、年金受給者、失業保険受給世帯、生活保護の被保護者も支給対象です。 生活保護制度の被保護者の収入認定に際しては、収入として認定されません。 従来の「生活支援臨時給付金」(特定の世帯に一律30万円給付)は、今回の制度に切り替えとなりました。 給付金は、原則として申請者の本人名義の銀行口座に振り込まれます。 ただし、やむを得ない場合に限り、窓口での申請および給付が認められることになっています。 (1)郵送申請 申し込みに必要な申請書が、市区町村から受給権者(世帯主)宛に郵送されてきます。 それに記入の上、振込口座の確認書類、本人確認書類の写しとともに、市区町村に郵送します。 申請に必要な書類について、総務省ホームページでは• 振込先口座確認書類 金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(水道料引落等に使用している受給者名義の口座である場合には不要)• 本人確認書類 マイナンバーカード、運転免許証等の写し となっています。 なお、本人確認書類の「運転免許証等」の「等」が具体的に何を指すのかは、現時点では明示されていません。 (2)オンライン申請(マイナンバーカードを持っている人のみが利用可能です) 政府が運営する「マイナポータル」から振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請を行います。 電子署名により本人確認を行い、本人確認書類などは不要です。 つまり、「住んでいる市区町村により違う」ことになりますが、「人口規模の小さな自治体では、5月からの給付が可能ではないか」(高市早苗総務大臣)という見解を示しています。 具体的には、いま説明した市区町村が決定した申請受付開始日から「3ヵ月以内」となります。 これを過ぎると受け取れなくなりますので、注意してください。 「DV避難」をしている方は、急ぎ「申出」の手続きを! 今回の給付は、「1人当たり10万円」。 すなわち、給付対象は「個人」です。 しかし、個人ごとに申請すると、自治体の事務作業が膨大なものになるため、支給の迅速化を優先して、原則として受給権者は世帯主に統一されました。 つまり、3人世帯であれば、合計金額の30万円が世帯主名義の銀行口座に一括で振り込まれ、それを家族で「分配」することになります。 スピーディーな給付という点からはやむを得ない措置なのですが、問題もあります。 世の中は、「平和な家庭」ばかりではありません。 この問題に対処するために、制度には「配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援」が、追加して盛り込まれました。 この場合、基準日(4月27日)以前に、避難している住所に住民票を移すという手があったのですが、それができなかった場合でも、「救済」が可能になりました。 具体的には、必要な手続き=「申出書」の提出を行い受理されれば、• 手続きは、以下の通りです。 申出期間中(2020年4月30日まで)に、今住んでいる市区町村の特別定額給付金担当窓口へ、「申出書」を提出する• 「申出書」は、市区町村窓口のほか、婦人相談所、総務省ホームページなどで入手できます。 申出期間について、総務省ホームページには、「4月30日を過ぎても、『申出書』を提出することはできます。 」と記載されています。 ただし、申出が住民票所在市区町村に到達した時点で、その配偶者等に申出者分の給付金の支給決定通知がすでに行われていた場合、申出者には給付されませんのでご注意ください。 「申出書」には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次のいずれかの添付が必要• 婦人相談所、配偶者暴力相談センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書• 保護命令決定書の謄本または正本 なお、給付金の申請手続は、この申出手続きとは別に行う必要があります。 詳細は、今住んでいる市区町村に問い合わせてください。 ちなみに、今お話ししたのは、公に「DV認定」されていて、相手に住所を知られないかたちで世帯主と別居している場合です。 その他の状況で、世帯主から給付金を分配してもらえないケースについては、今のところ「救済策」は示されていません。 まとめ 総務省は、説明したような給付金について、「今後の検討によって変更もありえます。 内容が固まり次第、追加してまいります。 」としています。 最新情報に注意してください。

次の

新型コロナ:収入半減世帯などに現金給付 政府、あす閣議決定 :日本経済新聞

コロナ ウイルス 現金 給付

気になるのは「所得制限」によってもらえる人ともらえない人がいるのか?ということと、いつ給付になるのか?ということだと思います。 いずれにしても、 1世帯30万円の生活支援臨時給付金と同様、補正予算案が通るか?で今後の動きが変わっていくと思います。 全国を対象とした緊急事態宣言の発動が遅くなったことや、今回の現金給付で国民に混乱を招いたことにより、お詫びをした上での発表となりました。 全国民への現金給付となると、手続きはどうなるのか? 簡素化をすることも検討されているそうですが、申請して給付されると思うのでその辺りも気になりますね。 給付金の申請と給付の方法 次は、あなたの世帯に給付金がもらえる基準があるとしたら、次に気になるのは 申請方法や給付方法ですよね。 「郵送申請方式」または 「オンライン申請方式 マイナンバーカード所持者が利用可能 」により申請。 給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行います。 郵送申請方式 お住いの市区町村から帯全員の氏名(給付対象者)が印字された特別定額給付金の申請書が郵送されます。 基本的には、申請書に必要事項を記入し、 「本人確認書類 運転免許証、マイナンバーカード等 の写し」と「 振込先口座の確認書類 口座番号と口座名義人(カナ が記載されている通帳等の写し の写し」を同封し、返信用封筒 切手不要 に入れて郵送する流れです。 市区町村や年齢・生活環境などにより異なる場合がありますので、お住いの市区町村からのお知らせやホームページなどで確認しておきましょう。 オンライン申請方式 マイナポータルの「ぴったりサービス」からお住いの市区町村を選択し、振込先口座等の必要事項を入力したうえで、振込先口座確認書類 写真データ等 をアップロードしてください 電子署名により本人確認書類は不要。 さいごに 今回は、新型コロナウイルス感染症の経済対策の一つである、収入が減少した世帯に支援給付をする「生活支援臨時給付金 仮称 」についてご紹介しました。 この支援策は、 国会での審議や補正予算・関係法案成立後に活用することとなります。 なので、ここで紹介したことから改善されることや変更されることもあると思います。 それでも、 今現在で分かっている情報をできるだけ分かりやすくお伝えしました。 今後もこの情報について新しいことが決まったり分かり次第、更新していきますね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の