ハム ストリングス と は。 ハムストリングスの機能を考え直す|CLINICIANS

ハムストリングス(太ももの裏)のストレッチ効果とやり方

ハム ストリングス と は

ハムストリングス症候群 太ももの裏が痛いのは、ハムストリングス症候群かも?! あなたの太ももの裏にある痛みは坐骨神経痛ですか? どんな時に痛みが出ますか? 下記をチェックしてみてください。 椅子に座っているとき• 長時間座った姿勢から立ち上がるとき• 椅子に座ろうとするとき• 膝の曲げ伸ばしのとき• また、太ももの裏が硬い! そんなお悩みをお持ちでしょうか? ハムストリングス症候群とは? あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、現代人には意外と多くなっています。 ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)と呼ばれる筋肉の集合体に負担が強くかかり、痛みとなって現れるものです。 坐骨と呼ばれる、お尻の骨の部分から太ももの裏にかけて痛みが出ることから、坐骨神経痛と間違えられてしまうことの多いケガです。 これを読んでいるあなたも、坐骨神経痛かな?と思って検索をしたのではないでしょうか? 坐骨神経痛とは、腰からお尻~下肢に伸びる神経が何かしらの原因により圧迫・牽引(引っ張られる)ことで腰から下肢にかけてしびれや痛みが出てしまう症状のことです。 症状の出る範囲は人により様々です。 ハムストリングス症候群の原因は? 原因は、スポーツによるハムストリングスの使いすぎ(オーバーユース)、立ち仕事などで常に疲労が溜まりやすいことによるもの。 姿勢が悪い方(猫背やO脚・X脚)や腰痛や足の変形を庇う歩き方などが原因で起こってしまうことも多くあります。 また、椅子に腰かけた時に浅く座る人、こんな方はハムストリングスに負担がかかっているので注意です。 ハムストリングス症候群の症状は? ハムストリングスという筋肉の働きは、膝を曲げることです。 そのため、膝の動きに伴う痛みが主な症状になります。 膝の曲げ伸ばしはもちろんのこと、椅子に座るといった行為にも膝の動きが伴いますので、安静にしているのになぜ?と思うかもしれませんが、痛みが出ることがあります。 太ももの裏側の痛み、股関節の痛みや曲げにくさと言った膝だけでなく股関節の動きにも関与してくるような特徴があります。 決して、治りにくかったり重い症状になるようなケガではありませんが、このまま高齢になると、膝の曲げ伸ばしや階段の昇り降りなどで痛みを伴うようになりますので、股関節や膝を動かしにくくなりちょっとした段差でもつまづいてしまうことがあります。 転んだ時に怖いのが、骨折です。 骨折をしてしまうと動けなくなり、そのまま寝た切りになってしまうという不安もありますので、今のうちに改善できるようにしましょう! ハムストリングス症候群にならないように! 今のうちから出来る予防法を行いましょう。 方法は、 長座の姿勢を取ります。 軽く膝を曲げ、まずは両手でしっかりと両足をつかみます。 両手の位置は変えずに、膝を伸ばしていきましょう。 ももの裏にストレッチ感を感じるところでゆっくりと深呼吸を5回繰り返します。 この時、力いっぱい伸ばそうとせずに身体の力が抜けていくようなイメージで優しく行います。 ストレッチポールのない方は、テニスボールなどで構いませんので、二つ用意(両方の足用)していただき、お尻の下に敷きます。 ストレッチポールやテニスボールを当てる場所がすごく大事です! お尻の骨(坐骨)のほんの少し足側に当てましょう! ズーンと響く場所があればそれが正解です。 イタ気持ちいな~と感じるところでそのままキープしていきましょう! もし、少し余裕がある方は写真のように、前に身体を倒してみましょう!(少しだけで充分です) 坐骨という骨にハムストリングスがくっついているところに刺激を入れて、ゆっくりとほぐしていく方法です。 デスクワークなどで、疲れたなー痛いなー というときにやって頂くとすっきりしますよ!! セルフケアまとめ いかがでしたか? ハムストリングス症候群という聞きなれない名前でしたが、もしあなたがももの裏の痛みに悩まされているのならばぜひ、ストレッチと筋膜リリースを試してみてください! ご質問はいつでも受け付けております。 足の裏~ふくらはぎ~ハムストリングス~お尻~腰背部~首の後面~後頭部~前頭部 と体の後面を長く走る筋膜のつながりがあり、ハムストリングスも含まれています。 この筋膜上に形成されたトリガーポイントを、当院では髪の毛ほどの太さの鍼を使って改善を図ります! トリガーポイントはあなたの体の動きを見させていただいたり、実際に触ることで見つけていきます。 ハムストリングスに形成されている可能性もあれば、別の箇所に形成していることもありますので、実際に探して見つけてみなければなりません。 そして、一度形成されたトリガーポイントを手技で取り除くことは経験上、難しいです。 ですので、当院では、鍼治療やショックウェーブを使った衝撃波治療機器を用いてトリガーポイントを改善していきます。 もし、太ももの裏の痛みで悩んでいるならぜひ、ご連絡下さい。

次の

ハムストリングスの機能を考え直す|CLINICIANS

ハム ストリングス と は

こんにちは。 島田です。 バレエを踊っていて、もも裏の筋肉(ハムストリングス)が硬くて困るなと思ったことありませんか? 例えば、 「バーに足をかけてストレッチするときに、ハムストリングスが硬くて皆みたいに体が折れない…」 「一生懸命にストレッチしてもハムストリングスがゆるまない…」 など、ハムストリングスが硬いと、足を前に上げるときに引っかかったり、脚を伸ばすときに膝が曲がってしまいます。 また、柔軟するときに、開脚でも前屈でももも裏や坐骨が引っかかって十分なストレッチができません。 ハムストリングスが硬くなるには原因がいろいろあります(参照:)。 でも、なかには意外な場所が原因でハムストリングスが硬くなることもあるんですね。 そこで、今回は ハムストリングスが硬くなる隠れた原因になるポイントと、そのゆるめ方についてお話します。 ハムストリングが硬い 隠れた原因は足首の外側 ハムストリングスが硬くなる隠れた原因は、足首の外側、外くるぶしの下です。 疲労が溜まったり、足首をひねって、この辺りの組織(皮膚や靭帯など)が硬くなったりゆるんだりすると、外側体重になります。 そのまま使い続けることで… ・アライメント 身体が動きやすい位置に筋肉や骨、関節がある状態 がズレる ・外くるぶしの皮膚が引っ張られることで、つながっている筋膜が引っ張られて伸びにくくなる などが起こって、ハムストリングスの硬さにつながります。 この場合、ハムストリングス自体は正常なので、もも裏の筋肉をストレッチでゆるめようとしてもあまり効果的ではありません。 外くるぶしの下に疲労が溜まって足首の動きが悪くなった結果として、その防御反応でハムストリングスが硬くなっています。 なので、ハムストリングスの筋肉自体はゆるんでも、使うときになると足首が危ないのでガッチリ固まっちゃうんですね。 ハムストリングスをゆるめる方法 それぞれのポイントを整える(疲れをとる、皮膚の引っ張られ具合を直す)ことで、ハムストリングスをゆるめることができます。 これらのポイントを整えてハムストリングスをゆるめるには、 『外くるぶしの皮膚を前後に引っ張る』のがお勧めです。 押さえる強さは、押し付けすぎないくらいで、皮膚の奥を引っ張るように前後に動かすのがポイント。 対応エリアは分かれていますが、全部のポイントをまんべんなく整えることで、ハムストリングスの硬さがスーッと取れやすくなっていきます。 長座でハムストリングスのストレッチをする前に、外くるぶしの下をほぐしてからやるのがオススメ。 まとめ ストレッチしても、ハムストリングスの硬さがとれないのは、別のところをかばってハムストリングスが硬くなっているから。 その隠れた原因の1つは、足首の外側。 外くるぶしの下に疲労がたまると、アライメントのズレや連動する筋膜に引っ張られる形でハムストリングスに硬ささがでる。 ハムストリングスの対応ポイントを整えることで、ハムストリングスの硬さをゆるめることができる。 ぜひ、明日からのレッスンで活かしてもらえれば嬉しいです。 もしハムストリングスが硬くて困るシーンが前屈するときなら、そもそも前屈をしやすくする方が近道です。

次の

臨床では無視できない。ハムストリングスの身体機能への影響。

ハム ストリングス と は

ハムストリングスが硬くなる理由 ハムストリングスが硬くなる理由ですが、 間違いなく 「日常生活の過ごし方」 これが大きく影響していると思います。 テレビを見るとき• 仕事をするとき• 椅子に座っているとき• 長時間立っているとき• 家でくつろいでいる時 おそらくこういった日常生活の中で、• 骨盤が後傾している• 胸椎の後弯が大きい• 膝を曲げている時間が長い こういった人がほとんどではないでしょうか? だから、ハムストリングスは短縮しやすい筋肉の1つになります。 じゃあ、ずっと骨盤前傾して、膝を伸展位で生活するのか? これをするのもしんどいです。 健康意識が高い人ならやるかもしれませんが、ほとんどの人がこんなことしても続くわけがありません。 だから、 1日に10分でも20分でもいいので身体のケアをする時間を作ることが必要になってくる。 ハムストリングスの柔軟性が低下することで起きる影響 ハムストリングスが硬いと色んな悪影響が生じる。 ・swayback ・Flatback ・股関節外旋位 ・骨盤後傾 ・猫背 ・腰痛 ・膝OA ・大腿直筋過剰収縮 ・股関節周囲筋の機能低下 ・スポーツのパフォーマンス低下 高齢者〜アスリートまで共通してハムストリングスは柔らかくしておいた方が当然だけど良い。 — 薬師寺 偲 Shinobu Yakushiji gmawgmaw これは、子供から始まり、高齢者やスポーツ選手まで全ての人に共通して言えることであり、 ハムストリングスの柔軟性が低下することで機能不全やパフォーマンスが低下している人は結構います。 逆にハムストリングスの伸張性がしっかりあって、動作の際にハムストリングスをしっかり使える様になると、この様な問題が生じる可能性がかなり減ります。 ハムストリングスの機能向上のポイント ハムストリングスの伸張性を出して、使えるハムストリングスを作るには、ただ筋トレだけしていても全く意味がありません。 よく患者さんの話を聞いたり、色んなセラピストに聞く話ですが、 「伏臥位になって、足首に重りを巻いて膝をひたすら屈曲させる運動」 いわゆるレッグカールのような運動ですよね。 あの運動をやり続けても、 確かにハムストリングスの筋バリュームは増大してたくましい筋肉に見えるようになるかもしれませんが、全く動作では使えない筋肉であり、余計にハムストリングスの柔軟性を落としてしまうことも考えられます。 レッグカールのような運動は、ハムストリングスの起始部が固定された状態で、停止部をひたすら動かす動きになっています。 つまり、停止部ばかりをトレーニングしてしまうと、返って膝関節の屈曲を強めたり伸張性を低下させることになります。 ハムストリングスは起始部が重要 色々と問題になってくるハムストリングスですが、 臨床上、とても重要になってくるのが 「ハムストリングの起始部」です。 起始部の柔軟性があること• 起始部を伸ばしながら使えること この2点がめちゃくちゃ大事です。 「ハムストリングス硬いと色々と悪影響出ますよ。 」 って言いましたが… 「起始部・停止部・筋腹」 どこの伸張性が低下しているのかを評価すること。 例えば、 sway backも比較的ハムストリングスの停止部の伸張性はあるけど、起始部や臀筋群とのクロスポイントが機能不全起こしているケース多い。 — 薬師寺 偲 Shinobu Yakushiji gmawgmaw 臨床上は、圧倒的に停止部より起始部が使えない人が多いです。 そして、多くの現代人のハムストリングスの起始部の状態として、• 短縮したままになっている• 遠心性収縮できない 伸ばしながら使えることが現代人のハムストリングスでは必要になってきます。 つまり、ハムストリングスのストレッチで停止部ばかりストレッチするのではなく、起始部付近のハムストリングスのストレッチを掛けてあげらられるような工夫が必要になってきます。 ハムストリングスの起始部のトレーニング ハムストリングスのストレッチのコツ• 骨盤前傾を崩さない• 脊柱は伸展位をキープ• 足関節背屈位(下腿三頭筋の伸張)• 相反抑制を使う(大腰筋・大腿四頭筋の収縮)• Ib抑制で伸張時は呼気を中心に行う• ホールドリラックスを使う(ハムストリングスの最大収縮後の弛緩)• 股関節内外旋と体幹回旋を組み合わせる• CKCでの遠心性収縮 ポイントは、• 内外側のどちらのハムストリングスに制限が強いかを判断すること• バックライン全体を伸張させること まとめ ハムストリングスの筋力はあっても、柔軟性がない人が多いです。 毎日ハムストリングスしっかり伸ばす時間作りましょう。

次の