富山 県 歯科 医師 会。 概要

概要

富山 県 歯科 医師 会

高岡市歯科医師会の概要 概要• 概要 高岡市急患医療センター 概要 名称 一般社団法人 高岡市歯科医師会 所在地 〒933-0045 富山県高岡市本丸町7-1 高岡市急患医療センター2F 電話番号 0766-24-0303 FAX番号 0766-24-0318 会長 山田 真樹(やまだ まさき) 会員数 106名(令和2年4月1日現在) 診療所数 80軒(令和2年4月1日現在) 高岡市歯科医師会の歴史・沿革 大正10年頃、堀井勝三(末廣町)、大道憲治(源平町)、鷹島慶二(坂下町)、永野一彦(三番町)、中保仁久(風呂屋町)、四竈文三郎(宮脇町)、釜田隆三(新横町、東病院)の7名の歯科医師によって高岡市歯科医学会が結成されたのが最初と思われますが、その後の昭和初期の記録が断片的にしかなく、戦後間もなくの昭和23 1948 年に富山県歯科医師会が法人化された際に高岡支部として組織されたのが新生高岡市歯科医師会となります。 その後、日本の復興とともに経済も高度成長を遂げ、会員数も徐々に増加し、平成に入るころには80名を擁する会となりました。 その後、社会的ニーズにこたえるために平成17 2005 年に公益社団法人となり、又この年には市町村合併により福岡町の先生方にも入会いただきました。 平成20 2008 年には国の公益法人改革が行われ、平成25 2013 年4月からは一般社団法人として新たなスタートをきりました。 高岡市歯科医師会は長い間、本丸会館を事務局として使用しておりましたが、平成26 2014 年4月より新築された高岡市急患医療センター内に新事務局を構え地域の皆さまの歯科医療にお役にたつべく活動をしています。 組織図 事務局• 事業内容 総務財務部• 諸会議に関する事項• 定款諸規則に関する事項• 予算及び決算並びに会計に関する事項• 基金、財産及び備品の管理に関する事項• 会計監査に関する事項• 会員の表彰に関する事項• 職員の人事、給与、服務に関する事項• その他庶務ならびに会計に必要な事項 医療管理部• 医療経営の合理化に関する事項• 医療管理、歯科医療安全に関する事項• 歯科医療従事者の研修に関する事項• 医療事故及び苦情に関する事項• 税務に関する事項 社会保険部• 医療保険制度に関する事項• 医療保険の講習会に関する事項• 医療保険の給付等の疑義解釈に関する事項• 診療報酬の算定に関する事項• その他保険診療に関して必要な事項 学術部• 歯科医学の研修教育に関する事項• 歯科医学会・講習会の企画運営に関する事項• 病診連携による研修会に関する事項• 歯科医学図書等、並びに視聴覚設備に関する事項• その他学術に関して必要な事項 文化厚生部• 会員および家族の福祉・共済に関する事項• 会員の文化厚生親睦に関する事項• 高岡市歯科技工師会、歯科衛生士会との共同事業 三歯会事業 に関する事項• その他文化厚生に関して必要な事項 広報部• 会報の発行に関する事項• 内外の広報に関する事項• その他広報に関して必要な事項 公衆衛生部• 口腔衛生の普及啓発に関する事項• 学校歯科保健に関する事項• 乳幼児の歯科健康調査に関する事項• フッ化物塗布に関する事項• 休日在宅歯科医療に関する事項• 歯周病検診、妊婦歯科健診に関する事項• 福祉作業所歯科健診に関する事項• 老人福祉施設歯科健診に関する事項• 訪問診療に関する事項• 介護保険に関する事項• 多職種連携に関する事項• その他公衆衛生に関して必要な事項 IT管理運営部• ホームページの管理運営に関する事項• ICT関連講習会の企画運営に関する事項• 歯科業務のIT化に関する事項• ホームページ休日在宅当番医の案内更新に関する事項 情報公開について 高岡市歯科医師会の情報公開ページはこちらです。 NAVIGATION• 会員歯科医院の検索 地域 校区.

次の

社団法人 滑川市医師会

富山 県 歯科 医師 会

質の高い治療と 継続的なメインテナンスに力を注ぐ 当院ではただ単に現在お困りのところの対処をするのではなく、その原因をしっかり見定め再発を繰り返さないための質の高い治療、そして治療の好結果を長期に維持安定させるためのメインテナンスに力を注いでいます。 歯科疾患実態調査によれば、日本人の成人の半数以上は何らかの程度で歯周疾患に罹患しているといわれています。 また昨今では歯周病と高血圧や糖尿病、その他全身疾患との関連も指摘されています。 基礎工事のない建築物は考えられないのと同様、歯周治療は修復処置、インプラント治療その他すべての歯科治療の基本となるものであり、それらを長持ちさせる秘訣といえます。 お口の中にトラブルを発生させず未然に防ぐ、さらに治療後にも再発を防いで長期に安定させる。 それこそが意義のある質の高いデンタルヘルスケアであると考えています。 根分岐部病変 〜臨床対応とエビデンス〜 執筆:根分岐部病変へのアプローチの実際 歯界展望別冊 2015年11月 医歯薬出版• 「歯周病が再発!メインテナンスの落とし穴 〜歯周病再発の原因や傾向、対策を解説〜」連載(6回) デンタルハイジーン vol. 35 No. 7〜9 医歯薬出版• 連載:Study Group File 〜富山剱の会 編〜「さらなる飛躍にむけて」 日本歯科評論 2015年11月 ヒョーロンパブリッシャーズ• 歯の動揺への歯科衛生士の視点と役割 デンタルハイジーン vol. 34 No. 11 2014年 医歯薬出版• シリーズ 天然歯を守る「重度歯周病罹患症例を解く鍵は、咬合性外傷の除去にある」 歯界展望 vol. 124 No. 3 2014年9月 医歯薬出版• GPこそマイクロスコープを! 歯根破折の発見 歯界展望 vol. 122 No. 3 2013年9月 医歯薬出版• 特集:歯肉退縮 〜退縮の原因とクリーピング〜 牧野 明/奥村紀子/宮内睦美(広島大学病理 デンタルハイジーン 2013年4月 医歯薬出版• 歯の長期保存の臨床 〜私はこうして歯を守る〜 下地勲/千葉英史/編 デンタルダイヤモンド 2013年春期増刊号 デンタルダイヤモンド社• 『10歯前後欠損症例の「読み」と「打つ手」』 宮地建夫/松田光正/倉嶋敏明/鷹岡竜一/編 歯界展望別冊 2013年4月 医歯薬出版• 「力を診る」〜歯列を守る力のマネジメント〜 市川哲雄/森本達也/熊谷真一/編 補綴臨床別冊 2012年12月 医歯薬出版• 歯と歯列を守るための「歯根膜活用術」「歯周治療における歯科医師歯科衛生士の役割」 歯界展望別冊 2011年11月 医歯薬出版• 知っておきたい「力」のこと 〜気づく、伝える、守る〜 「力を与える側」「力を受ける側」への対応における歯科衛生士の役割 デンタルハイジーン別冊 2010年 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力12完 メインテナンスでの歯肉退縮への対処、クリーピングの誘導 歯界展望 vol. 116 No. 6 2010年12月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力11 ブラキシズムのコントロールを試みる 歯界展望 vol. 116 No. 5 2010年11月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力10 患者さんのモチベーションとメインテナンスの継続 〜歯周補綴の症例から〜 歯界展望 vol. 116 No. 4 2010年10月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力9 根分岐部病変とメインテナンス 歯界展望 vol. 116 No. 3 2010年9月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力8 歯根膜が歯周組織を再生させる 歯界展望 vol. 116 No. 2 2010年8月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力7 初診時のX線像と保存の可否 歯界展望 vol. 116 No. 1 2010年7月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力6 動揺=暫間固定? 歯界展望 vol. 115 No. 6 2010年6月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力5 歯の自然移動を予測する 歯界展望 vol. 115 No. 5 2010年5月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力4 X線写真上での骨欠損像と治癒のかたち 歯界展望 vol. 115 No. 4 2010年4月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力3 歯周基本治療とメインテナンスで多くの症例は安定する 垂直性骨欠損の二つの治癒のかたち 歯界展望 vol. 115 No. 3 2010年3月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力2 歯周基本治療とメインテナンスで多くの症例は安定する 歯周基本治療と歯の自然移動 歯界展望 vol. 115 No. 2 2010年2月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力1 歯周基本治療とメインテナンスで多くの症例は安定する 垂直性骨欠損と歯肉退縮の長期経過から 歯界展望 vol. 115 No. 1 2010年1月 医歯薬出版• 連載:歯肉がせりあがる!ー歯肉退縮とクリーピング 第3回:歯間隣接面へのクリーピング デンタルハイジーン vol. 27 No. 9 2007年9月 医歯薬出版• 連載:歯肉がせりあがる!ー歯肉退縮とクリーピング 第2回:歯肉退縮はブラッシングで回復できる デンタルハイジーン vol. 27 No. 8 2007年8月 医歯薬出版• 連載:歯肉がせりあがる!ー歯肉退縮とクリーピング 第1回:歯肉退縮の原因とブラッシング指導 デンタルハイジーン vol. 27 No. 7 2007年7月 医歯薬出版• 「ミニマルインターベンションによるカリエスコントロール」 デンタルハイジーン別冊 2006年11月 医歯薬出版• 66 7 8月号Vol. 66 8 日本歯科評論• 「スタディレポート 高岡臨床カンファレンス(その2)」 富山歯科医師会報 No. 230 2004年1月• 「スタディレポート 高岡臨床カンファレンス(その1)」 富山歯科医師会報 No. 229 2003年11月• 「卒後20年の臨床:それぞれの予防指向への取り組み〜術後経過観察と私の20年の経過〜」 日本歯科評論 Vol. 65(3)・749 2005年3月 ヒョーロンパブリッシャーズ• 「これだけは身につけたい 診療室のベーシックワーク」 デンタルハイジーン別冊 2004年5月 医歯薬出版• 「診療室拝見 車椅子対応のためのBefore&After」 デンタルハイジーン vol. 25 No. 11 2005年11月 医歯薬出版• 「元気印のハイジニスト 何ごとにも前向きでありたい!畔川澄枝」 デンタルハイジーン vol. 24 No. 9 2004年9月 医歯薬出版• 「歯周組織の変化 〜歯肉退縮と回復、フェストゥーン、付着歯肉〜」 デンタルハイジーン vol. 23 No. 8 2003年8月 医歯薬出版• 「いっしょに行こう!歯科医師からのエール」歯科臨床と自己研鑽 デンタルハイジーン vol. 23 No. 6 2003年6月 医歯薬出版• 「ライフステージからみた患者さんのからだとこころ」 デンタルハイジーン別冊 2005年5月 医歯薬出版• 「Quality Dentistryのために 〜顕微鏡レベルでのマージンフィットのためのマルティプルダイシステム」 富山県歯科医師会会報• 「歯周治療で歯は動く 〜短期間に自然移動で歯列不正を改善した症例〜」 デンタルハイジーン vol. 25 No. 8 2005年8月 医歯薬出版• 「歯周補綴に期待する効果と代償〜何を守るために何を犠牲とするのか?〜」 日本歯科評論 vol. 63 No. 723 2003年1月 ヒョーロンパブリッシャーズ• 「歯周組織の治療とX線像」日本歯科評論 vol. 697 2000年1月 ヒョーロンパブリッシャーズ• 「臨床のヒント150第2弾」補綴臨床 vol. 31 No. 4 1998年 医歯薬出版• 「臨床のヒント150」補綴臨床 vol. 30 No. 4 1997年 医歯薬出版• 「歯周治療とメインテナンス 〜CareとCureの狭間で〜」 日本歯科評論 No. 623 1994年1月 ヒョーロンパブリッシャーズ もっと見る 書籍・雑誌掲載• 完全保存版 週刊朝日Mook「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ! 2015年2月 朝日新聞出版• 完全保存版 週刊朝日Mook「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ! 2013年2月 朝日新聞出版• 完全保存版 週刊朝日Mook「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ! 2012年2月 朝日新聞出版• 「からだクラブで広がるサプリファン」株式会社サプリ第15期経営計画発表会DVD収録 2011年10月• 「今、注目のホスピタル」 健康情報誌『からだくらぶ』vol. 20 2011年2月 文創社• 暮らしの設計 新歯科の実力 良い歯科医を選ぶための最強ガイド 読売新聞医療情報部編 2010年 中央公論新社• 週刊朝日「いい歯医者」歯周病編 2009年8月 朝日新聞出版• 「信頼できる歯医者さん 2000人 技術・設備・人柄」 2001年6月20日 第1刷発行 主婦の友社• 「入れ歯の上手な歯医者さん」 安心 1998年5月• GCセミナー「歯科医師と歯科衛生士のコラボレーションによる 改めて学ぶ歯周治療セミナー」(2011〜年2回、東京大阪で開催中)• 日本臨床歯周病学会 第72回関東支部教育研修会 特別公演「歯周基本治療で治す」〜意義と威力〜(2015年12月6日)• 第58回春季日本歯周病学会 歯科衛生士シンポジウム講演「歯周基本治療で治る!歯周基本治療で治す!」 幕張メッセ(2015年5月15日)• 日本臨床歯周病学会東北支部で講演(2013年9月30日)• 日本臨床歯周病学会第31回年次大会で講演(2013年3月5日)• 富山剱の会特別講演会「臨床の疑問に基礎が答える」を主催(2013年1月19日)• 北海道歯周病研修会にて講演(2012年8月9日)• GC友の会東京学術講演会 1200人満席〔写真〕(2012年8月7日)• GC友の会大阪学術講演会 650人満席(2012年6月19日) スタッフ紹介.

次の

富山市医師会健康管理センター(富山県・健康診断・健診・検診・ドック・検査・ストレスチェック)

富山 県 歯科 医師 会

質の高い治療と 継続的なメインテナンスに力を注ぐ 当院ではただ単に現在お困りのところの対処をするのではなく、その原因をしっかり見定め再発を繰り返さないための質の高い治療、そして治療の好結果を長期に維持安定させるためのメインテナンスに力を注いでいます。 歯科疾患実態調査によれば、日本人の成人の半数以上は何らかの程度で歯周疾患に罹患しているといわれています。 また昨今では歯周病と高血圧や糖尿病、その他全身疾患との関連も指摘されています。 基礎工事のない建築物は考えられないのと同様、歯周治療は修復処置、インプラント治療その他すべての歯科治療の基本となるものであり、それらを長持ちさせる秘訣といえます。 お口の中にトラブルを発生させず未然に防ぐ、さらに治療後にも再発を防いで長期に安定させる。 それこそが意義のある質の高いデンタルヘルスケアであると考えています。 根分岐部病変 〜臨床対応とエビデンス〜 執筆:根分岐部病変へのアプローチの実際 歯界展望別冊 2015年11月 医歯薬出版• 「歯周病が再発!メインテナンスの落とし穴 〜歯周病再発の原因や傾向、対策を解説〜」連載(6回) デンタルハイジーン vol. 35 No. 7〜9 医歯薬出版• 連載:Study Group File 〜富山剱の会 編〜「さらなる飛躍にむけて」 日本歯科評論 2015年11月 ヒョーロンパブリッシャーズ• 歯の動揺への歯科衛生士の視点と役割 デンタルハイジーン vol. 34 No. 11 2014年 医歯薬出版• シリーズ 天然歯を守る「重度歯周病罹患症例を解く鍵は、咬合性外傷の除去にある」 歯界展望 vol. 124 No. 3 2014年9月 医歯薬出版• GPこそマイクロスコープを! 歯根破折の発見 歯界展望 vol. 122 No. 3 2013年9月 医歯薬出版• 特集:歯肉退縮 〜退縮の原因とクリーピング〜 牧野 明/奥村紀子/宮内睦美(広島大学病理 デンタルハイジーン 2013年4月 医歯薬出版• 歯の長期保存の臨床 〜私はこうして歯を守る〜 下地勲/千葉英史/編 デンタルダイヤモンド 2013年春期増刊号 デンタルダイヤモンド社• 『10歯前後欠損症例の「読み」と「打つ手」』 宮地建夫/松田光正/倉嶋敏明/鷹岡竜一/編 歯界展望別冊 2013年4月 医歯薬出版• 「力を診る」〜歯列を守る力のマネジメント〜 市川哲雄/森本達也/熊谷真一/編 補綴臨床別冊 2012年12月 医歯薬出版• 歯と歯列を守るための「歯根膜活用術」「歯周治療における歯科医師歯科衛生士の役割」 歯界展望別冊 2011年11月 医歯薬出版• 知っておきたい「力」のこと 〜気づく、伝える、守る〜 「力を与える側」「力を受ける側」への対応における歯科衛生士の役割 デンタルハイジーン別冊 2010年 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力12完 メインテナンスでの歯肉退縮への対処、クリーピングの誘導 歯界展望 vol. 116 No. 6 2010年12月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力11 ブラキシズムのコントロールを試みる 歯界展望 vol. 116 No. 5 2010年11月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力10 患者さんのモチベーションとメインテナンスの継続 〜歯周補綴の症例から〜 歯界展望 vol. 116 No. 4 2010年10月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力9 根分岐部病変とメインテナンス 歯界展望 vol. 116 No. 3 2010年9月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力8 歯根膜が歯周組織を再生させる 歯界展望 vol. 116 No. 2 2010年8月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力7 初診時のX線像と保存の可否 歯界展望 vol. 116 No. 1 2010年7月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力6 動揺=暫間固定? 歯界展望 vol. 115 No. 6 2010年6月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力5 歯の自然移動を予測する 歯界展望 vol. 115 No. 5 2010年5月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力4 X線写真上での骨欠損像と治癒のかたち 歯界展望 vol. 115 No. 4 2010年4月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力3 歯周基本治療とメインテナンスで多くの症例は安定する 垂直性骨欠損の二つの治癒のかたち 歯界展望 vol. 115 No. 3 2010年3月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力2 歯周基本治療とメインテナンスで多くの症例は安定する 歯周基本治療と歯の自然移動 歯界展望 vol. 115 No. 2 2010年2月 医歯薬出版• 経過症例からみた歯周基本治療の威力1 歯周基本治療とメインテナンスで多くの症例は安定する 垂直性骨欠損と歯肉退縮の長期経過から 歯界展望 vol. 115 No. 1 2010年1月 医歯薬出版• 連載:歯肉がせりあがる!ー歯肉退縮とクリーピング 第3回:歯間隣接面へのクリーピング デンタルハイジーン vol. 27 No. 9 2007年9月 医歯薬出版• 連載:歯肉がせりあがる!ー歯肉退縮とクリーピング 第2回:歯肉退縮はブラッシングで回復できる デンタルハイジーン vol. 27 No. 8 2007年8月 医歯薬出版• 連載:歯肉がせりあがる!ー歯肉退縮とクリーピング 第1回:歯肉退縮の原因とブラッシング指導 デンタルハイジーン vol. 27 No. 7 2007年7月 医歯薬出版• 「ミニマルインターベンションによるカリエスコントロール」 デンタルハイジーン別冊 2006年11月 医歯薬出版• 66 7 8月号Vol. 66 8 日本歯科評論• 「スタディレポート 高岡臨床カンファレンス(その2)」 富山歯科医師会報 No. 230 2004年1月• 「スタディレポート 高岡臨床カンファレンス(その1)」 富山歯科医師会報 No. 229 2003年11月• 「卒後20年の臨床:それぞれの予防指向への取り組み〜術後経過観察と私の20年の経過〜」 日本歯科評論 Vol. 65(3)・749 2005年3月 ヒョーロンパブリッシャーズ• 「これだけは身につけたい 診療室のベーシックワーク」 デンタルハイジーン別冊 2004年5月 医歯薬出版• 「診療室拝見 車椅子対応のためのBefore&After」 デンタルハイジーン vol. 25 No. 11 2005年11月 医歯薬出版• 「元気印のハイジニスト 何ごとにも前向きでありたい!畔川澄枝」 デンタルハイジーン vol. 24 No. 9 2004年9月 医歯薬出版• 「歯周組織の変化 〜歯肉退縮と回復、フェストゥーン、付着歯肉〜」 デンタルハイジーン vol. 23 No. 8 2003年8月 医歯薬出版• 「いっしょに行こう!歯科医師からのエール」歯科臨床と自己研鑽 デンタルハイジーン vol. 23 No. 6 2003年6月 医歯薬出版• 「ライフステージからみた患者さんのからだとこころ」 デンタルハイジーン別冊 2005年5月 医歯薬出版• 「Quality Dentistryのために 〜顕微鏡レベルでのマージンフィットのためのマルティプルダイシステム」 富山県歯科医師会会報• 「歯周治療で歯は動く 〜短期間に自然移動で歯列不正を改善した症例〜」 デンタルハイジーン vol. 25 No. 8 2005年8月 医歯薬出版• 「歯周補綴に期待する効果と代償〜何を守るために何を犠牲とするのか?〜」 日本歯科評論 vol. 63 No. 723 2003年1月 ヒョーロンパブリッシャーズ• 「歯周組織の治療とX線像」日本歯科評論 vol. 697 2000年1月 ヒョーロンパブリッシャーズ• 「臨床のヒント150第2弾」補綴臨床 vol. 31 No. 4 1998年 医歯薬出版• 「臨床のヒント150」補綴臨床 vol. 30 No. 4 1997年 医歯薬出版• 「歯周治療とメインテナンス 〜CareとCureの狭間で〜」 日本歯科評論 No. 623 1994年1月 ヒョーロンパブリッシャーズ もっと見る 書籍・雑誌掲載• 完全保存版 週刊朝日Mook「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ! 2015年2月 朝日新聞出版• 完全保存版 週刊朝日Mook「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ! 2013年2月 朝日新聞出版• 完全保存版 週刊朝日Mook「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ! 2012年2月 朝日新聞出版• 「からだクラブで広がるサプリファン」株式会社サプリ第15期経営計画発表会DVD収録 2011年10月• 「今、注目のホスピタル」 健康情報誌『からだくらぶ』vol. 20 2011年2月 文創社• 暮らしの設計 新歯科の実力 良い歯科医を選ぶための最強ガイド 読売新聞医療情報部編 2010年 中央公論新社• 週刊朝日「いい歯医者」歯周病編 2009年8月 朝日新聞出版• 「信頼できる歯医者さん 2000人 技術・設備・人柄」 2001年6月20日 第1刷発行 主婦の友社• 「入れ歯の上手な歯医者さん」 安心 1998年5月• GCセミナー「歯科医師と歯科衛生士のコラボレーションによる 改めて学ぶ歯周治療セミナー」(2011〜年2回、東京大阪で開催中)• 日本臨床歯周病学会 第72回関東支部教育研修会 特別公演「歯周基本治療で治す」〜意義と威力〜(2015年12月6日)• 第58回春季日本歯周病学会 歯科衛生士シンポジウム講演「歯周基本治療で治る!歯周基本治療で治す!」 幕張メッセ(2015年5月15日)• 日本臨床歯周病学会東北支部で講演(2013年9月30日)• 日本臨床歯周病学会第31回年次大会で講演(2013年3月5日)• 富山剱の会特別講演会「臨床の疑問に基礎が答える」を主催(2013年1月19日)• 北海道歯周病研修会にて講演(2012年8月9日)• GC友の会東京学術講演会 1200人満席〔写真〕(2012年8月7日)• GC友の会大阪学術講演会 650人満席(2012年6月19日) スタッフ紹介.

次の