テスタ。 人気ブロガー・テスタさん 前編:資産20億円!勝つデイトレーダーには理由がある!

デイトレで資産20億円を稼いだテスタのトレード手法を大公開

テスタ

アナログマルチメータの内部 アナログテスターとも呼ばれる。 広範囲の直流、直流、交流電圧、の測定が可能である。 多機能機種では、電流、の電流率、の、などが測定できるものもある。 構造 [ ] アナログマルチメータは一般に以下の部品から構成される。 メータ(指針)• 値を表示する部分である。 ロータリースイッチ• 測定レンジの切り替えを行う。 ゼロオーム調整つまみ• 測定用端子• プラス側およびマイナス側のテストリードを接続する。 テストリード• 接触用の金属棒・絶縁棒がセットになった。 仕様 [ ] 大型・精密の用途を除き、平坦な場所に置いたを上から覗きメーター(指針)の指示値を読むようになっている形状が一般的である。 測定に際してはテストリードを端子に接続し、スイッチ切り換えまたはテストリードの挿入端子を変更して目的の測定回路を選択する。 一般に用いられているアナログマルチメータの測定範囲(レンジ)は、おおよそ次のようになっている。 直流電圧: 0. 1~1000(または0. 12~1200)• 直流電流: 50~10(または60~12)• 交流電圧: 2. 5~1000(または3~1200)• 抵抗: 1~20 異なるレンジで目盛りを共有するため、抵抗を除く各レンジは2. 5, 5, 10または3, 6, 12の倍数、抵抗は10倍または100倍刻みに設定されている。 ただし、交流電圧の最低のレンジに限り、の特性の関係からゼロ付近が詰まった特別な目盛りになっていることが多い。 後述のデジタルマルチメータのように自動でレンジが切り替わる製品も存在する。 この値が大きいほど回路に及ぼす影響が小さく精密な測定が可能であるが、機械的に弱くなるため取扱いには注意を要する。 特に高い内部抵抗を必要とする場合には、入力段にを使用した高入力抵抗タイプのものか、デジタル式を使う方が望ましい。 使用方法 [ ] 電圧、電流の測定 [ ] 測定するおおよその値が既知である場合(例えば)では、その値が測定可能で最も指針が大きく振れるレンジに切り換える(1. 5Vの乾電池の電圧を測るならば2. 5または3Vレンジ)。 次に、直流であれば赤のテストリードを測定物の側、黒のテストリードを側に当てて、指針を読み取る。 極性を誤ったり、電流レンジで誤って電圧を計測すると破損の原因になるので注意する(ほとんどの場合はその前に保護が溶断する)。 交流を計測する場合はテストリードのプラス・マイナスの区別は無い。 測定する値が未知である場合は、まず最大のレンジ(電圧ならば1000または1200V)で目安的に確認しておき、それに合った低いレンジに切り換えて測定する。 その後で測定物にテストリードを当て、指針を読み取る。 電圧、電流と目盛りの向きが逆(右から左)であることに注意する。 指先で2本のテストリードの両方に測定物を直接押し当てるようにすると、並列接続された人体の抵抗とともに測るため正確な測定ができない。 また、電子回路内の抵抗を測定するには、必ず電源を切っておき、抵抗器などの値を測定するには、その一端を回路から外しておく。 抵抗の場合は電圧、電流と違い、レンジの選択が適切でなくてもテスター本体が故障することは無い。 ただし、低抵抗のレンジでは測定物に大電流が流れるため、一部のなどは破損する可能性がある。 デジタルマルチメータ [ ] ポータブル型デジタルマルチメータ デジタルマルチメータ(digital multimeter、略称:DMM)は、を用いて測定値をモニタにで表示する 回路計である。 デジタルテスタとも呼ばれる。 構造 [ ] デジタルマルチメータは一般に以下の部品から構成される。 メータ(モニタ)• 値を表示する部分である。 一般的にであり、バックライトを内蔵する製品もある。 商用電源を使用する据え置き型ではや(VFD)を用いたものもある。 古くはを用いたものもあった。 ロータリースイッチ• 測定レンジの切り替えを行う。 ブザー• 導通状態を音によって示す。 導通の有無が表示を見なくても音で判り作業性が良い。 測定用端子• プラス側およびマイナス側のテストリードを接続する。 テストリード• 接触用の金属棒・絶縁棒がセットになったリード線。 仕様 [ ] の切り換えにより、広範囲の、、、、の測定が可能である。 高級機種では、コンデンサの、、などが測定できるものもある。 小型化されカード形のものやペン形の製品も存在する。 アナログ式と比較して内部抵抗(入力抵抗)が非常に高く、低電圧、低抵抗、高抵抗などの測定に向いている。 また、アナログ式では交流電流の測定は一部の高級機種に限られる機能であるが、デジタル式では低級機種でなければ交流電流の測定機能が付いていることが多い。 一方で、測定値が絶えず変動する場合には数字の読み取りが困難であるといった欠点がある。 そこで測定値の保持機能や、モニタ上においてバーの点灯個数により測定値の大小を直感的に示すバーグラフ式表示機能などが設けられることがある。 アナログ・デジタルを一つの本体に複合した製品も存在する。 オートレンジという機能があり、測定値の大小に応じて自動的にレンジが切り替わるのが一般的である。 しかし、測定値が大きく変動するような場合はレンジが頻繁に切り替わると読み取りが困難になる。 そこで、指定したレンジに固定するレンジホールドと呼ばれる機能も用意されている。 機種によっては、直流信号と交流信号を自動識別してモードを切り替えるものもある。 なお、デジタル式で抵抗レンジを選択した場合、アナログ式とは異なり赤がプラスとなる。 また、オートレンジ機能により流れる電流が変化するため、スピーカーなどにテストリードを当てるとレンジの切り替えにともなってプチプチという音が聞こえる。 使用方法 [ ] 使用方法は、アナログ式とほぼ同じであるので、を参照されたい。 ただし、直流電圧・電流レンジでの測定時に極性を逆に接続しても、-(マイナス記号)などの表示が出るだけで、本体が故障することは無い。 また、抵抗の測定では、ゼロオーム調整が不要である。 主なメーカー [ ] 日本 、、、、、、、 日本国外 、、 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 三好 正二 『基礎テキスト 電気・電子計測』 東京電機大学出版局、1995年。 西野 治 『電気計測』 コロナ社、1958年。 出典・脚注 [ ] [].

次の

回路計を使う(テスタ)

テスタ

窪田 2017年上半期は、テスタさんにとってどのような相場でしたか?成績もかなり好調だったとうかがっていますが……。 テスタ 僕は2005年の9月から専業トレーダーとして取引を続けてきましたが、今年前半の相場は2013年 アベノミクス相場の第一波 に次いでよかったと感じています。 少なくとも2014〜2016年と比べれば、自分にとっては攻略しやすい相場で、上半期を終えた時点で 6億円の利益を出せました。 僕の好きなカテゴリーである ゲーム株が盛り上がっていたので、それらを中心に売買しましたね。 ただ、2013年のように何でもかんでも上がったわけではなく、あくまで局地的な動きに留まったので、それほどではなかったという人もいるでしょう。 窪田 2017年下半期については、どのような見通しを立てていますか? テスタ 特に何も騒動が起きずに安定していれば、 今後もいい相場が続くと思います。 ただ、海外を中心に不安要素もあるので、「何が起きるかわからない」と考えていたほうが無難かもしれません。 特に米国の政治はどう動くのかが読みづらい。 もっとも、トランプ大統領はよくも悪くも、相場に大きな値動きをもたらしてくれます。 僕が主に用いているスキャルピングという手法にとっては、1日のうちに派手に動いてくれることが大事です。 相変わらず北朝鮮やシリアなどで地政学リスクも燻っていますが、小波乱程度の騒動にとどまっていれば、相場がそれなりに織り込んでいるので大丈夫でしょう。 窪田 制度信用取引や無期限信用取引では不可能な銘柄も売り建てられるプレミアム空売りも当社が独自に始めたサービスですが、こちらのほうの感想はいかがでしょうか? テスタ 他の証券会社では空売りできない稀少な銘柄も空売りできるのは確かに魅力的 ですが、翌営業日まで持ち越しができないことや相応の手数料がかかることも踏まえて、慎重に使うように心掛けています。 それから、大勢の投資家が殺到するからでしょうが、下落の確度が高い銘柄は在庫切れとなりやすい点も要注意ですね。 窪田 新興市場が崩れている際に在庫切れになるのは、その時盛り上がっている銘柄に限られています。 崩れる際には周辺銘柄も値下がりすることが多いので 矛先を変えて空売りを仕掛けるのも一考ですよ。 テスタ なるほど、そういった活用法も考えられるわけですね。 今度、試してみます。 窪田 テスタさんからのご提案をヒントに、今年8月から新たにリリースするのが株式売買損益機能です。 こちらの機能についての感想はいかがですか? テスタ 僕たち現役のトレーダーの要望に応えていただいて、本当にウレシイ限りです。 画面がとても見やすいし、 銘柄コードでソートできるのも便利 ですね。 こうした機能を活用することによって、自分がどのような銘柄を得意としていて、どういった銘柄で苦戦しているのかが判明します。 こうした 復習が次の作戦にも生かせます し、特にデイトレードは 個々の取引データを詳細に分析することが重要です。 僕が知る限り、そういった細かい計算をきちんとやってこまめに振り返っているトレーダーが着実に勝っている気がします。 それから、 現物取引の損益もわかる点がありがたいですね。 他の証券会社では信用取引の損益しか把握できない場合もあるけど、松井証券では現物取引まで含めて判明するので、信用取引で買いを入れた銘柄を持ち越して現引きする際にも正確な状況を掴めて便利です。

次の

テスター特集ランキング 【通販モノタロウ】

テスタ

窪田 2017年上半期は、テスタさんにとってどのような相場でしたか?成績もかなり好調だったとうかがっていますが……。 テスタ 僕は2005年の9月から専業トレーダーとして取引を続けてきましたが、今年前半の相場は2013年 アベノミクス相場の第一波 に次いでよかったと感じています。 少なくとも2014〜2016年と比べれば、自分にとっては攻略しやすい相場で、上半期を終えた時点で 6億円の利益を出せました。 僕の好きなカテゴリーである ゲーム株が盛り上がっていたので、それらを中心に売買しましたね。 ただ、2013年のように何でもかんでも上がったわけではなく、あくまで局地的な動きに留まったので、それほどではなかったという人もいるでしょう。 窪田 2017年下半期については、どのような見通しを立てていますか? テスタ 特に何も騒動が起きずに安定していれば、 今後もいい相場が続くと思います。 ただ、海外を中心に不安要素もあるので、「何が起きるかわからない」と考えていたほうが無難かもしれません。 特に米国の政治はどう動くのかが読みづらい。 もっとも、トランプ大統領はよくも悪くも、相場に大きな値動きをもたらしてくれます。 僕が主に用いているスキャルピングという手法にとっては、1日のうちに派手に動いてくれることが大事です。 相変わらず北朝鮮やシリアなどで地政学リスクも燻っていますが、小波乱程度の騒動にとどまっていれば、相場がそれなりに織り込んでいるので大丈夫でしょう。 窪田 制度信用取引や無期限信用取引では不可能な銘柄も売り建てられるプレミアム空売りも当社が独自に始めたサービスですが、こちらのほうの感想はいかがでしょうか? テスタ 他の証券会社では空売りできない稀少な銘柄も空売りできるのは確かに魅力的 ですが、翌営業日まで持ち越しができないことや相応の手数料がかかることも踏まえて、慎重に使うように心掛けています。 それから、大勢の投資家が殺到するからでしょうが、下落の確度が高い銘柄は在庫切れとなりやすい点も要注意ですね。 窪田 新興市場が崩れている際に在庫切れになるのは、その時盛り上がっている銘柄に限られています。 崩れる際には周辺銘柄も値下がりすることが多いので 矛先を変えて空売りを仕掛けるのも一考ですよ。 テスタ なるほど、そういった活用法も考えられるわけですね。 今度、試してみます。 窪田 テスタさんからのご提案をヒントに、今年8月から新たにリリースするのが株式売買損益機能です。 こちらの機能についての感想はいかがですか? テスタ 僕たち現役のトレーダーの要望に応えていただいて、本当にウレシイ限りです。 画面がとても見やすいし、 銘柄コードでソートできるのも便利 ですね。 こうした機能を活用することによって、自分がどのような銘柄を得意としていて、どういった銘柄で苦戦しているのかが判明します。 こうした 復習が次の作戦にも生かせます し、特にデイトレードは 個々の取引データを詳細に分析することが重要です。 僕が知る限り、そういった細かい計算をきちんとやってこまめに振り返っているトレーダーが着実に勝っている気がします。 それから、 現物取引の損益もわかる点がありがたいですね。 他の証券会社では信用取引の損益しか把握できない場合もあるけど、松井証券では現物取引まで含めて判明するので、信用取引で買いを入れた銘柄を持ち越して現引きする際にも正確な状況を掴めて便利です。

次の