水作エイト。 水作エイトユーザー必見!底に溜まるゴミを無くすアイデア最終案

水作エイトユーザー必見!底に溜まるゴミを無くすアイデア最終案

水作エイト

初心者セットによく同梱されている投げ込み式フィルター ぶくぶく が、 水作エイトかろ過ボーイかのどちらかです。 ホームセンターのロゴが入ってる物にろ過ボーイが多いかな。 先に言っておきますが、 歴長い人ほど迷わず水作エイトを買います。 十中八九ね。 そして初心者も迷わず水作エイトを選択した方がいい。 とりあえずの投げ込み式でも、 どうせなら性能が良くて面倒じゃない方が良くないですか。 値段あんまり変わんないし。 なぜ僕が水作エイトの方が良いとおススメ出来るのか、 水作エイトの方が使いやすいのか説明します。 水作エイトをおススメする3つの理由 表面積が広い 単純に真四角な物よりも、ジグザグにまいてある方が表面性が広く取れますよね。 表面積が広いおかげで、の発生する部分が大きくなるわけです。 つまり、ろ過能力が高い。 ろ過能力が高いと水を綺麗にしやすい、魚に良い環境を提供しやすいです。 少ししか変わりませんが、ろ過能力は少しでも高い方がいいですからね。 特にぶくぶくメインでろ過するなら、少しでも水を綺麗にしたいところ。 ちょっとっぽい説明ですね。 ろ材を繰り返し使える=ろ材の寿命が長い ろ過ボーイと比べて、ろ材の抜群です。 中に入っているろ材 綿 部分は汚れてきていても形が保てるため、 非常に長い間使えます。 極端な事をいえば、目詰まりさえしなければずっと使えますね。 ろ過ボーイの場合は長い時間使ってると、ろ材が形を保てない。 ボロボロに崩れてきちゃいます。 ろ材の質の違いもあると思いますが、 大きな違いのひとつに水作エイトの方は、 プラスチックの骨組みの上にろ材が巻いてあるんですよ。 この骨組みが支えているおかげで、長い間形が保てるわけですね。 水槽の中で使用してる間は問題ないですが、掃除の時に引き上げた時に全然違います。 また水槽に入れて使えるか不安になるくらいですからね。 これが結構ポイントで、次に出てくる話にも繋がります。 カスタマイズの幅が広い ろ材の中に両者とも活性炭を入れる事が出来るようになっているのですが、 水作エイトの方が圧倒的に使いやすくて便利なんですよ。 水作エイトの場合は 綿と活性炭を別にセットする事が出来るため、 今回は活性炭なしで、水質調整の方にしてみようかな、とか 汚れが気になるし活性炭を使ってみようかな、とか出来るんですね。 必要なかったら抜いても良い。 ろ過ボーイの場合は、 綿の中に活性炭が入ってるんですよ。 めっちゃ使いにくいし、洗いにくい。 イメージとしてこんな感じ。 ですが、この作りだと 活性炭の交換を行う為にせっかく繁殖したごと捨てないといけないんですよ。 非常にネック。 水作エイトの方は完全に別々セットな事から、 綿の方のろ材はそのまま据え置いて使う事が出来るわけですよね。 めっちゃ大きい違い。 僕は生物ろ過が重要だと思っているので、この点で水作エイトに軍配をあげますね。 ろ材が形を保てないのも相まって、交換作業がめんどくさいのも嫌。 というわけで、水作エイトの方が使いやすい上にカスタマイズしやすく、 も良いおススメフィルターというわけです。 もうひとつ付け加えるとするなら 絶対にどこにいっても扱っているというのも大きいですね。 色んな商品が出回っていますが、 入手がしにくいものや近場で手に入れる事が出来ないものは、 初心者向きではないと思っています。 流通大事。 スタッフに購入相談出来ないしね。 まとめ そもそも、僕は壁掛け式フィルターが入ってる物をおすすめしますけどね。 交換と買い替えの手間が少なくて済むし、ろ過能力もばっちり。 例えば、メダカもらいましたよって人とか、金魚すくってきましたよ、とか小さい出会いから始まるがなくなっちゃうんですよ。 そういう意味でも値段を抑えたセットは絶対に必要だと思います。 その中でどっちが良いですか、と聞かれたときに僕は絶対に水作エイトが入ってる方が良いですよ、とおススメします。 SuperDuperUltraMan.

次の

ぶくぶくに迷ったら?絶対に”水作エイト”です。【現時点で投げ込み式最強?】

水作エイト

サブストラットを水作エイトに詰め込んでみた! どうもこんにちは、ごん太です。 さて前回から水作エイトの分解&改造について紹介しています。 前回は・・・ 今回はその続きで・・・ 分解した水作エイトSにエーハイムサブストラットを詰め込んでいきたいと思います。 ( 今回は改造とっても他社製のろ材を詰め込むだけなのであしからず。 ) それでは目次に続きまして本文へと入っていきます。 続きをどうぞ。 水作エイトSをお手軽改造してみた! 何度も同じことを言っていますが、改造といってもろ材を詰め込む程度の話です。 専門的な工具不要なお手軽改造となっています。 とはいえ水作エイトにとっては本来の使用方法ではありませんので ・・・ 改造とその成果物の利用は必ず自己の責任において行ってください。 毎度毎度な注意書きですが、とりあえず記しておきます。 さて前回までで水作エイトSを分解したので、、、 今回はろ材をガシガシと詰め込んだ後、再度組み立てていきたいと思います!。 最近ショップでもよく見かけるエーハイムサブストラット「プロ」ではなく普通のエーハイムサブストラットです。 このろ材はエーハイムサブストラットプロが登場する前の大昔に購入したものです。 現在はそのほとんどがメイン水槽のろ材と手の任を解かれ、水作エイトSと交換することになった前任の睡蓮鉢のエデニックシェルトV3で利用されていたものです。 一応このサブストラットをさらりとレビューするならば・・・ 生物ろ過能力ばっちりなろ材です。 その性能はというと・・・ ろ材を詰め込んだ時にろ材とろ材の隙間が狭くなるような感じのろ材です。 ですから、どちらかといえば水流を確保しつつゴミを絡めとる物理ろ材というよりは、、、 ぎっちりと詰め込みがきき、硝化細菌を広い表面積で定着させるための生物ろ材。 ・・・そんなレビューができるろ材です。 さて話を戻しまして、今回はそのエデニックシェルトV3をやめて水作エイトに変更するわけですから、エデニックシェルトで利用していたこのろ材が無駄になってしまいます。 そんなわけですから・・・ せっかく硝化細菌が付いているろ材(エーハイムサブストラット)を捨ててしまうなんてとんでもない! というのが前回まで話した今回の改造の直接的な理由となっています。 まずは底皿にろ材をほどほどに詰める さて前置きが長くなってしまいましたが、早速分解した水作エイトSにろ材を詰め込んでいきたいと思います。 まずは前回分解した底皿から砂利をすべて取り出し、砂利の代わりにエーハイムサブストラットを入れます。 底皿での失敗もあり、今度は8分目程度に詰め込んでみました。 (補足)サブストラットと水作エイトSの相性 さて、上の写真でご覧いただいたらわかる通り、小さな水作エイトSには外部フィルター用として設計されているであろうサブストラットは大きすぎるのかもしれません。 どちらかといえば・・・ シポラックスミニのような水中フィルターや外掛けフィルターでの利用が想定された小さめなろ材が望ましいです。 (とはいえ、新しいろ材を入れたら今回の改造の意味が・・・) とりあえず今回はサイズの不一致感は無視して作業を続けることとしました。 まぁ、改造自体簡単ですから気に入らなかったら入れ直せばいいだけですからね。 そんなざっくりとした気持ちで進めていきます。 最後に本体カバーを取り付けできあがり! 改造の最後として本体カバーを取り付けていきます。 こちらも本体のストッパーはめ込むだけの簡単な操作となっています。 そんなこんなで、エーハイム信者が改造した水作エイトが次の写真となります。 見た目は多少違いますが、いつも通りの水作エイト(?)といった感じでしょうか? とりあえず今回はこれにて改造はできあがりとなります。 次の項より今回改造した水作エイトSを実際に設置していく様子を紹介していきたいと思います。 さっそく睡蓮鉢に設置してみる 水作のスリムチューブを利用してみました! 話の仕上げとして睡蓮鉢に設置した様子を紹介して、話を終わりにしたいと思います。 いままでエデニックシェルトV3ががんばっていたので・・・ 直径30cm程度の小さい睡蓮鉢に 外部フィルターのパイプ2本とホース2本(それぞれ給排水) さらにエアレーション用のエアチューブ1本 器具だけでもかなり目立っていたわけなんです。。。 今回はろ過もエアレーションも水作エイトSのみ。 といことは・・・ エアチューブのみで済む!! これだったら、配管が目立つこともありません。 まぁ、目論見は外れるわけなんですがね。。。 そんな、エアチューブをさらに目立ちにくくするために、スリムチューブを利用してみることにしました。 結果なかなか美しくすっきりとした印象になりました。 (睡蓮鉢の写真は次の章でしょうかいします。 ) ただ注意点が1つあります。 それはこのスリムチューブと普通のエアチューブを接続させるアダプターが2個しか付属していないということです。 スリムチューブはこのアダプターがないとエアポンプやエアストーンさらには普通のエアチューブに接続できませんから、エアエアストーン、 エアチューブ、エアポンプ1セットののエアのルートしか作ることができせん。 よく吟味してこのアダプターを接続箇所を考える必要があります。 器具や水草をもとに戻して出来上がり! さて話を戻しまして、まずは水作エイトSを設置していきます。 設置といっても睡蓮鉢に置くだけなんですが、その手軽さも水作エイトの良いところ。 睡蓮鉢のふち付近にホースやパイプがなく、さらにチューブが細いということで、かなりすっきりしたのがお分かりいただけるかと思います。 静音性については、コポコポ音が気にならない程度までエアの量を絞って利用していることもあってか、それほど気になりません。 なお、写真では水が少々濁っていますが、1時間後にはいつも通りの透明な水に戻りましたことをあわせて記しておきます。 ・・・ ・・・・・ しかし、やっぱり流木で水作エイトSを隠しきれていません。。。 (汗 さてどーしたものかと思いつつ今回はここまで。 というわけで、水作エイト改造ネタはこれでおしまいです。 エデニックシェルトV3の時は紆余曲折「フィルターはやっぱりろ材がいっぱい入る方がいいよね!」という結論で利用していたので、 この小さな鉄人とも言うべく水作エイトSには不安を感じていたのですが・・・ なんだかんだ言って長年多くの人に愛されるだけのことはあり、現在に至るまで水質が不安定であることを指し示す現象はおきませんでした。 やはり、メンテナンスのしやすさとろ過能力、これがほかの形式のフィルターではまねできないところなのかもしれません。 最近は水作エイトのウールを100均スポンジを加工したものに変更しましたので、まだまだ活躍してもらう予定です。 あとがき いかがだったでしょうか? 次回はミナミヌマエビもしくはヘアーグラスなどの水草の話になるのかと思いますが詳しくは未定です。 それでは次回もお楽しみに! (サイト内リンク) ウィローモスの現状と睡蓮鉢のフィルター交換についての一連の記事です。 よろしければ、こちらもあせてご覧ください。

次の

水作エイトはソイルや大磯の中に埋めたほうが良いの?

水作エイト

今回はこの水槽で水作エイトコアMを導入します。 で、買ってきました。 このコアのパッケージには活性炭カートリッジ 参考は は付属されていますが、今回はバイオカートリッジ 写真右 を取り付けます。 活性炭カートリッジでも十分活用できますが、効果の持続が2週間とちょっと物足りないので我が家ではバイオの方を愛用しています。 早速取り出してみました。 こころもち、旧水作エイトよりも大きい気がします。 フィルターの取り外しも簡単で素晴らしい。 旧水作エイトは、使い続けていると細かい砂利がカバーと底皿の間やアタッチ部分に入り込んで中のフィルターを取り外しにくくなってしまいました。 その上にアタッチ部分の構造が細くてぶっ壊れやすいと言う難点が。 カバーにフィルターがくっついています、これは掃除しやすい。 このデザインを考えた人は本当に遅れてきた天才だと思います。 で、全体的にプラスチック部分が厚くなって、頑丈そうなつくりになっているような気がします。 が、しかし… うおいいい今度はカバーとフィルターをつなぐ部分がちゃっちくなってんじゃあねえかぁぁぁ!! cv. S田 なんだこの一長一短は… ふたを開けたところにちゃんと書いてありましたね。 さて仕方ないので、このツメの部分をぶっ壊さないように指をねじ込んで取り外します。 こんな感じでちょっとツメを外に広げてはずします。 余程力を入れない限り折れる心配はなさそうです。 m627.

次の