都立 多摩 総合 医療 センター。 東京都立多摩総合医療センターの専門医・人員の体制

「東京都立多摩総合医療センター」(府中市

都立 多摩 総合 医療 センター

スタッフ 人数 外来担当 入院病棟担当 医師 310. 9人 310. 9人 0. 0人 歯科医師 9. 0人 9. 0人 0. 0人 薬剤師 49. 1人 0. 0人 0. 0人 助産師 39. 0人 0. 0人 37. 0人 看護師 756. 2人 102. 0人 679. 2人 看護補助者 0. 0人 0. 0人 33. 6人 理学療法士 PT 15. 1人 0. 0人 0. 0人 作業療法士 OT 6. 0人 0. 0人 0. 0人 言語聴覚士 ST 3. 0人 0. 0人 0. 0人 視能訓練士 4. 4人 0. 0人 0. 0人 社会福祉士 4. 0人 0. 0人 0. 0人 精神保健福祉士 2. 0人 0. 0人 0. 0人 診療放射線技師・診療エックス線技師 43. 2人 0. 0人 0. 0人 臨床検査技師・衛生検査技師 44. 4人 0. 0人 0. 0人 臨床工学技士 16. 0人 0. 0人 0. 0人 管理栄養士 11. 3人 0. 0人 0. 0人 臨床心理士 2. 0人 0. 0人 0. 0人 医療社会事業従事者 医療ソーシャルワーカー等 5. 8人 0. 0人 0. 0人 歯科衛生士 9. 0人 0. 0人 0. 0人 歯科技工士 2. 0人 0. 0人 0. これは常勤職員を1人とし、非常勤職員が小数で計算されるためです。 東京都立多摩総合医療センターの学会認定専門医 専門医資格 人数 整形外科専門医 12. 0人 内分泌代謝科専門医 3. 0人 皮膚科専門医 2. 0人 消化器外科専門医 7. 0人 麻酔科専門医 12. 2人 細胞診専門医 2. 0人 放射線科専門医 3. 8人 透析専門医 4. 8人 眼科専門医 2. 0人 脳神経外科専門医 3. 0人 産婦人科専門医 12. 0人 心臓血管外科専門医 3. 0人 耳鼻咽喉科専門医 5. 0人 呼吸器外科専門医 2. 0人 泌尿器科専門医 2. 0人 消化器内視鏡専門医 10. 8人 形成外科専門医 2. 8人 リウマチ専門医 7. 8人 病理専門医 3. 0人 乳腺専門医 3. 0人 総合内科専門医 39. 2人 臨床遺伝専門医 1. 0人 外科専門医 19. 0人 気管支鏡専門医 5. 8人 糖尿病専門医 4. 8人 アレルギー専門医 3. 0人 肝臓専門医 4. 8人 気管食道科専門医 1. 0人 感染症専門医 3. 0人 婦人科腫瘍専門医 4. 0人 救急科専門医 8. 0人 ペインクリニック専門医 1. 8人 血液専門医 4. 0人 熱傷専門医 3. 0人 循環器専門医 6. 0人 脳血管内治療専門医 1. 0人 呼吸器専門医 7. 8人 がん薬物療法専門医 5. 0人 消化器病専門医 10. 8人 一般病院連携精神医学専門医 1. 0人 腎臓専門医 4. 8人 精神科専門医 4. 0人 小児科専門医 1. 0人 口腔外科専門医 2. これは常勤職員を1人とし、非常勤職員が小数で計算されるためです。

次の

東京都立多摩総合医療センター|ドクターズ・ファイル

都立 多摩 総合 医療 センター

ご理解、ご協力をお願いいたします。 1 新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方や自宅待機を指示されている方、また、風邪のような症状や発熱、強いだるさや息苦しさ、味がしない・匂いがしない等の違和感や下痢等 の体調不良が認められる方は 利用をお控 えください。 2 マスクの着用をお願いいたします。 お持ちでない場合は、ハンカチ、ティッシュ等で口や鼻を覆い、咳・くしゃみを受け止めるなどの対応 をお願いいたします。 3 入口にアルコール消毒液を設置しております。 入館の際には手指消毒をお願いします。 入館後も、手指消毒、手洗いの実施にご協力ください。 4 密閉をさけるため、窓や扉を開けて換気をしていますのでご協力ください。 5 職員がマスクを着用して対応させていただく場合があります。 6 ご利用の際には検温させていただく場合があります。 思春期・青年期デイケア(ショートケア)について 新型コロナウイルス感染拡大防止のためお休みしていましたが、 6月8日(月)より再開となります。 当面の間は、 ショートケアのみ(午前または午後の半日参加のみ)の利用となります。 また、感染拡大防止のため利用方法が変更になります。 詳しい変更内容については、 下記のお知らせの『デイケア(ショートケア)利用にあたってのお願い』をご参照ください。 思春期・青年期デイケア施設見学会について 新型コロナウイルス感染拡大防止のためお休みしていましたが、 6月24日(水)より再開となります。 当面の間は 事前予約制とさせて頂くなど、感染拡大防止のため参加方法が変更になりますので、ご協力をお願いいたします。 詳しくは 下記のお知らせの『デイケア施設見学会(デイケアの利用を考えている方向け)』をご確認いただいたうえで、 (電話)042-373-7711(生活訓練科)までお問合せください。 【思春期・青年期/依存症 本人グループ及び家族教室の開始について】 思春期・青年期/依存症 本人グループ及び家族教室につきましては、新型コロナウィルス感染症対策のため今年度当初より実施を見送ってきましたが、感染症対策をとった上で下記の日程・実施要領で開始します。 参加にあたっては、発熱や体調不良のある方はお控えいただき、マスクの着用、入館時の手指消毒・手洗いと検温へのご協力をお願いします。 ホームページ内の「多摩総合精神保健福祉センター 来所者の皆様へ」にある新型コロナウィルス感染対策をご理解・ご協力の上、参加くださるようお願いします。 1.思春期・青年期相談 ・6月より思春期・青年期「本人グループ」及び「家族教室」を開始します。 「本人グループ」は6月1日(月)から、「家族教室」は、初回が6月22日(月)(「第1回公開講座 思春期問題に対する家族療法的視点」)となります。 ・「家族教室」については、事前に 電話かメール、またはセンター職員へ口頭でお申込みください。 感染症対策のため申込み人数により参加をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。 metro. tokyo. ・ 「家族教室」については6月より開始します。 初回は6月2日(火)(「依存症とは」)となります。 すでにセンター職員と相談されているご家族含め、必ず事前に 電話かメール、またはセンター職員へ口頭でお申込みください。 感染症対策のため申込み人数により参加をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。 その際はホームページに掲載しますので、事前にホームページでご確認いただくか、相談担当まで電話でお問い合わせください。 精神保健福祉研修 前期) (6月から8月まで)の開催中止について 6月から8月までの期間に予定していた下記の研修は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、開催を中止とさせていただきます。 ・精神保健福祉概論(6月8日) ・保健所、市町村職員研修(6月12日) ・大人の発達障害(6月15日) ・相談、支援力UP研修(6月18日) ・虐待防止研修(1 基礎編)(6月25日) ・援助者のためのメンタルヘルスサポート講座(6月26日) ・精神科領域の疾病の理解1. 2 7月1日) ・アサーション研修(7月10日)・精神障害にも対応する地域包括ケアシステム(7月14日) ・日中活動系サービス事業所職員研修(7月17日)・心神喪失者等医療観察法研修(7月30日) ・施設実習研修(通所部門実習研修)(8月3日から7日まで、8月17日から21日まで) なお、9月に予定している研修についても、開催を中止又は変更させていただく場合があります。 その場合は、ホームページでお知らせします。 研修参加時は、必ずこのホームページ上で最新情報を確認してから会場へお越しください。 お知らせ• 2020年6月24日• 2020年6月11日• 2020年6月10日• 2020年6月10日• 2020年6月2日.

次の

東村山・清瀬を中心とした総合病院「多摩北部医療センター」

都立 多摩 総合 医療 センター

2020年04月08日 都立多摩総合医療センターに勤務する看護師が、新型コロナウイルスに感染したことが判明しましたので御報告します。 自宅待機。 受診時以外は自宅で待機 〇 4月7日(火曜日) 早朝に下痢症状あり。 自宅待機 〇 4月8日(水曜日) 検査の結果「陽性」が判明。 現在、自宅療養中 (2)現在判明している事実 〇 当該職員は、3月22日(発熱14日前)以降、7人の入院患者(患者の中に陽性者は1人)及び8人の透析患者の看護を行っていた。 4月5日に熱があったため、それ以降自宅待機。 4月6日に当院で診察し、PCR検査を行い、4月8日に陽性が判明した。 発熱のあった4月5日以降は勤務していない。 〇 当該職員は、新型コロナウイルス陽性患者の対応を行う際は、N95マスク、フェイスシールドマスク、ビニールガウン、手袋を着用していた。 また、陽性でない患者の対応においてはサージカルマスク、手袋、ビニールエプロン又はビニールガウンを着用し、感染防止対策を取っている。 なお、同一勤務時間帯においては、新型コロナウイルス陽性患者の看護を行った職員は、他の患者の看護は行わないこととしている。 〇 当該職員と接触した職員は、現時点で把握している限り、ICU勤務の看護師28人を含む看護師30人である。 〇 現時点で、当該職員と接触した患者や職員に、咳・発熱等の症状は認められない。 3 病院の対応 (1)当該職員と接触した入院患者については、健康観察を継続している。 また、透析患者についても、個別に連絡を取り、症状があった場合には、病院に連絡するよう伝えている。 (2)当該職員と接触した職員には自宅待機を指示した上で、経過観察を実施している。 今後、接触した職員が症状を訴えた場合、速やかな診察とPCR検査を含めた対応を行う。 (3)4月8日にICU病棟及び休憩室、透析室等関連個所について消毒を実施した。 (4)当該職員及び病棟全体で標準的な感染予防策を適切に実施しており、当該職員の感染経路については、現在のところ不明であり、保健所の調査に協力していく。 4 今後の診療について 当該看護師が勤務していたICU病棟は、既に入室している新型コロナウイルス陽性患者のケアは継続するが、当該職員と接触のあった看護師を4月19日まで自宅待機としているため、この間、新規の受入れを停止する。 なお、当院では、手指衛生やマスクの着用などの標準的な院内感染対策を適切に行っていること、現時点まで当該職員との接触者の発熱がないことから、他の入院及び外来における診療はこれまでどおり実施する。 <問合せ先> 病院経営本部サービス推進部事業支援課 電話 03-5320-5835 多摩総合医療センター事務局庶務課 電話 042-323-5111 報道発表 2020年04月13日.

次の