カシワバアジサイ。 カシワバアジサイの育て方|植え替え時期は?剪定や挿し木の方法は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の育て方 : 育て方.jp|花、野菜の育て方など

カシワバアジサイ

夏の水やり カシワバアジサイは乾燥に弱いため、水やりには注意が必要です。 カシワバアジサイの地植えの場合、夏は湿気を含む土に植えて入れば頻繁に水やりをする必要はありませんが、鉢植えの場合は、表面が乾いて来たらたっぷりと水を与えるようにしましょう。 カシワバアジサイは水が不足してくると葉が枯れ始めるので、乾燥の速い夏場は特に注意して水やりをしましょう。 ただし、よく目にするホンアジサイと比較すると、水不足に多少強い性質があるため、あまり気にしなくても大丈夫です。 冬の水やり カシワバアジサイは冬に向かって、徐々に葉を落とし基本的には枝だけになります。 それにともなって休眠状態に入りますので、冬の間は水を与える必要はありません。 ただし、鉢植えの場合、土が完全に乾燥しているとそのまま枯れてしまうこともあるので、土が完全に乾燥しないように気をつける必要があります。 また、春先に葉が出てきて成長が始まりますが、冬の間に健康な状態になっていないと花が咲かなかったり、病気になるリスクは少なからずありますのでこの点は注意が必要です。 カシワバアジサイの肥料・追肥 挿し木 カシワバアジサイの挿し木は、湿度が高く、日照時間も長い5月から7月頃の梅雨の時期が適しています。 手順としては花芽のついていない新しい芽を用意します。 穂先と1節目の葉を残して余分な芽や葉を取り除きます。 そして、コップ等に貯め水に茎を指し水揚げをして切り口に傷がつかないように、用土に予め開けておいた穴に挿して行きます。 あとは明るい日陰に置き、3週間から1ヶ月程度し発芽していたら成功となります。 挿し木を成功させるコツは発根させる断面をきれいにしておく事、芽の水分が蒸発しすぎないように1節目の葉を半分程度にカットしておくことです。 そのほか、発根を促す発根誘発剤等を用いるのも良いかもしれません。 カシワバアジサイの手入れ・剪定 カシワバアジサイは手入れを怠ると一本の枝だけが大きくなってしまいやすいため、若木のうちにきちんと剪定しておくと良いでしょう。 地面から15〜20cm程度の高さのところで枝を切り落とします。 若木のうちは、思い切り剪定しておく方が良いです。 また、花が終わったあとすぐにも、枝の先端(3枚目の葉あたり)を剪定しておくと、翌年もきれいに花を咲かせます。 また、風通しを良くするためにも、冬の時期に窮屈な箇所の枝は切り落としておきましょう。 ただし、すでに新芽をつけ始めている枝は剪定しないよう気をつけてください。 カシワバアジサイの育て方で注意すべき病気・害虫 つきやすい虫 アジサイの仲間は、いずれの品種もハダニ、コナジラミ等がつきやすいという性質があります。 春先から秋頃までを通じて見られますので茎等を定期的にチェックするようにしましょう。 これらの害虫は茎から養分を吸って枯れる原因となることもあるため薬剤を用いて早めに駆除するようにしましょう。 かかりやすい病気 また、病気では、うどんこ病や褐斑病等がありますが基本的には異常のある枝を少し多めに切り取り、風通しを良くするなどして対処します。 そのほか、湿度の高い場所で育てているとカビ等によって葉に異常が出ることもありますので適宜症状に合わせて対処しましょう。 カシワバアジサイの毒 アジサイは季節を代表する花であるため、懐石料理等の飾りに用いられることがあります。 しかし、アジサイの仲間は非常に強い毒性があるとされており、少量でも食べると30分から1時間程度で嘔吐、めまい、顔面紅潮等の症状が現れることがあります。 また、毒性については解明されていない部分も多く、間違っても食用にすることはやめておきましょう。 カシワバアジサイの管理温度 カシワバアジサイの花は白く、ほかのアジサイと比較すると少し変わった花のつき方をします。 通常のアジサイが丸いシルエットで花をつけるのに対してカシワバアジサイは細長いシルエットで花をつけます。 また、花穂の長さは大きいものだと50センチほどにもなり印象的です。 ただし、カシワバアジサイは幹のサイズに対して全体的な花の数は少なめとなっており、品種改良によって整えられたものとは違い、野性的な印象となっています。 カシワバアジサイの風水 カシワバアジサイに限らずアジサイ全般は家族の団欒や、愛情等の意味を持っていますが、風水学的には未婚の女性には向かない花だといわれています。 水を好むアジサイが未婚の女性の水々しさを吸い取ってしまい、恋愛に関する運気が下がってしまうのでは?というような考え方から来ているようです。 また、いつごろからかアジサイはあまり縁起の良い花ではないと言われることもあるようで、あまり良く思わない方も一部にはいるそうですが、過去の資料等にもそのような事を示唆する物はなく、あくまでも都市伝説の一つと言うような内容のようです。 カシワバアジサイの花言葉.

次の

カシワバアジサイ(柏葉アジサイ)の育て方

カシワバアジサイ

カシワバアジサイは、北アメリカ島南部に自生するアジサイです。 日本のアジサイとは異なり、新梢の先に円錐状の花序を付けます。 秋になると葉が紅葉する姿も美しいでしょう。 アジサイの中では大型の葉がつく品種です。 花 カシワバアジサイの花は、6月~7月に開花します。 装飾花は白い4枚の花びらから構成されています。 花びらに見える部分は、萼片と呼ばれるものです。 中央に見える花も白色です。 花房は長さ15~25cmの円錐状になり、まっすぐの花房をつくります。 一般的なアジサイは丸形の花房ですが、カシワバアジサイは長細い花房が特徴です。 葉 カシワバアジサイの葉は、浅く5つに裂けた手のひら形です。 葉の長さは8~25cmと、ほかのアジサイと比べても大きくなります。 樹高 カシワバアジサイの樹高は、1~2m程度です。 一般的なアジサイも樹高が1~2m程度なので、通常のアジサイと変わらない庭の広さで栽培ができます。 種類 カシワバアジサイは、八重咲など多数の園芸種がつくられています。 たとえば「スノークイーン」「ハーモニー」「テネシーグローネ」などです。 「スノーフレーク」は八重咲になるカシワバアジサイの園芸種で、花びらが重なり合っています。 「ビーウィー」はカシワバアジサイの小型の品種で、可憐な花の様子が魅力です。 カシワバアジサイの基礎知識 カシワバアジサイの花言葉は? カシワバアジサイの花言葉は、「汚れなき心」「純粋」などです。 カシワバアジサイの水揚げのやり方 アジサイ類は、切りとっただけの花を花瓶にさしていても、すぐに枯れてしまいます。 アジサイ類の水揚げは多少面倒ですが、長く花を楽しみたいときは水揚げ方法を覚えておきましょう。 カシワバアジサイを切るときは、成熟した茶色い枝を選びます。 切ったらすぐに水につけ、「コンロで焼く」「金槌で叩く」「湯揚げする」などの方法でやりましょう。 コンロで枝先を炭化するまで炙るか、20~30秒熱湯に付けるか、金槌で枝先を叩いて切り落とすなどのやり方があります。 詳しくは「株式会社 太田花き」さんのサイトで解説しているので、参考にしてみてください。 リンク: カシワバアジサイのドライフラワーの作り方 カシワバアジサイの花を長く楽しみたいなら、ドライフラワーに加工するのがおすすめです。 アジサイ類の花は比較的容易にドライフラワーにできます。 ドライフラワーに適しているのは、開花してから萼片に厚みが出てきたものです。 一度給水させてから、アジサイを陰干ししてドライフラワーをつくります。 1週間くらいでカシワバアジサイのドライフラワーができるでしょう。 カシワバアジサイの育て方 カシワバアジサイは、寒さにも強く、強健で初心者でも育てやすいです。 植え付ける場所は、日当たりと保水性がよく、水はけがよい場所です。 有機質にとんだ場所であれば、多少乾きやすい場所でも栽培できます。 剪定 植え付け直後は剪定する必要はありません。 地際からはうように枝が出るようになったら、剪定しましょう。 剪定はアジサイと同様で、花が咲き終わった直後です。 花柄のすぐ下の芽が花芽となるので、花芽を切りとらないように剪定します。 剪定場所は花穂の下にある葉のすぐ下です。 また、樹高が高くなった場合や、樹高を低くしたい場合は、1つ目の花芽の下でも剪定が可能です。 まっすぐ伸びた枝の中間部分にも小さな花芽ができるので、芽の上で剪定できます。 移植や植え替え カシワバアジサイを鉢植えで育てている場合は、2年に1回の頻度で植え替えしましょう。 一回り大きな鉢に植え替えます。 植え替えに適しているのは、芽が動く前の3月までです。 地植えしているカシワバアジサイを植え替えする場合は、できるだけ根を切らないよう大きめに掘り起こします。 鉢植えも地植えも、植え替えしたらたっぷりと水を与えましょう。 カシワバアジサイの入手方法 値段 カシワバアジサイのポット苗は、1,000円前後から売られています。 販売先 カシワバアジサイは日本にも導入され栽培されるようになったので、幅広い地域のホームセンターや園芸店で入手できるでしょう。 八重咲になるものなど特定の品種が手に入りにくい場合は、ネットショップの活用がおすすめです。 苗木 カシワバアジサイの苗木を入手したら、12月か2月~3月に植え付けします。 用土に堆肥や腐葉土を混ぜ合わせておきましょう。 鉢植え カシワバアジサイは、鉢植えとしてもよく出回っています。 アジサイは母の日のプレゼントとしてもお馴染みですが、ちょっと変わったアジサイを送りたいならカシワバアジサイがおすすめです。 カシワバアジサイは乾燥に弱いので、表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えます。 夏は乾燥しやすいので注意が必要です。 花がらは・・・ 剪定時期も教えてください。 普通のアジサイは花の後すぐ剪定するときいていますがカシワバアジサイも同じと考えていいのでしょうか。 カシワバアジサイは剪定しても花は咲きますか・・・ アジサイは短く剪定すると花が咲かないそうですが、カシワバアジサイも同じですか?大きくなりすぎたので小さくしたいのですけど。 カシワバアジサイを庭へ植付けしたところ、花・・・ 葉っぱは、ところどころ赤くなっていますが元気です。 なぜ、花が咲かなかったと思いますか?また今年は、花は咲かなかったが剪定したほうがいいでしょうか?もし剪定するなら、いつ頃が良いでしょうか? アジサイが病気になってしまいました。 種類は・・・ 種類はカシワバアジサイだったと思います。 白く細長い花が咲きます。 知人から頂いたものを庭に植えて7年ほど経ったものです。 特にこれといった世話をしていませんでしたが、毎年花をつけていました。 ところが去年の花が咲き終わってから幹に写真のような白い斑点?が大量に付いています。 カシワバアジサイについて質問いたします。 九州在住のものですがカシワバアジサイの生育の事ですが他の枝先はだいぶ葉が出てきているのですが一つだけ写真の状態です。 たぶん今年は咲かないと思いますが今年はいつごろ、どういう剪定をすれば良いでしょうか? まとめ 日本でよく見かける丸い花房を付けるアジサイに飽きたら、長細い花房を付けるカシワバアジサイを選んでみましょう。 葉が手のひらのような形で、秋になると紅葉も楽しむことができます。 白い花が可憐で、八重咲のものもあります。 日本のアジサイよりやや日当たりがよい場所に植えてください。

次の

カシワバアジサイの育て方

カシワバアジサイ

水を欲しがる 鉢植えにした場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。 カシワバアジサイは水を好む植物で、他のアジサイより葉っぱが大きいので水が切れやすいです。 水が切れるとすぐにシワシワになります。 水が切れないように気をつけてください。 庭植えにした場合は、植え付けした直後は水をしっかりとやりますが、その後は日照りのときには水をやりますが、基本的には降雨だけで十分です。 ただし、日当たりが良いところで育てた場合は乾燥で水切れしやすいから注意。 肥料 ができる7月8月、生育が始まる2月3月辺りに一回ずつ、緩効性化成肥料をやります。 4月に生育するために肥料をやるとなおいいです。 肥料がなくても枯れないですが、やると生育がいいです。 一般的な花と野菜ので植えるか自作する場合は小粒64を混ぜたものを使う。 植え替え・植え付け 鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。 店で売っている鉢は地上部に対して鉢が小さく仕立てていることが多いので、水切れしやすいです。 カシワバアジサイは水を欲する植物なので植え替えた方がいいです。 同じ大きさの鉢に植え替える場合は、三分の一ほど土を落としておきます。 一回り大きな鉢に植え替える場合は、土は落とさないようにします。 鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。 鉢底から水が出るまで水をやってください。 庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土かを3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

次の