クレア2 設定示唆。 クレアの秘宝伝3|設定判別ツール・設定差・設定示唆・終了画面

クレアの秘宝伝2 設定判別・設定差解析|高設定示唆はRT中にアリ!?

クレア2 設定示唆

設定判別ポイント ボーナス合算確率 高設定ほどボーナス確率が優遇されている。 2 RT中の演出 RT中の演出は、設定を示唆する演出がある。 設定 ノーマル 銀カード 1 87. 2 12. 0 2 85. 4 13. 0 3 83. 6 14. 0 4 82. 2 15. 0 5 80. 6 16. 0 6 79. 2 17. 0 設定 金カード 赤カード 1 0. 8 — 2 1. 6 — 3 2. 4 — 4 2. 7 0. 2 5 3. 2 0. 2 6 3. 6 0. 3 通常時の小役確率 下記3役に設定差が存在する。 23 RT中のハズレ確率 RT中のハズレに設定差が存在する。 ボーナス成立後のハズレと混同しないように注意しよう。 44 スイカ同時当選REG REGとの同時成立役がスイカだった場合は、 設定5or6が確定となる。 設定 赤REG 黄REG 1-4 — — 5 5. 00 5. 00 6 3. 85 3. 85 赤ピラ揃い 分母は大きいが、複数回出現すれば高設定期待度UP。 0 REG中のビタ押し REG中は左リール中段に黄7をビタ押しすることにより特殊ボイスが発生する。 基本は子供クレアボイスが発生するが、 高設定のみ大人クレアボイスが発生する。 ボイスは他にも存在する模様。 特に設定差の大きいスイカとチェリーに注目! 設定 スイカ チェリー チャンス目 1 1. 5 7. 9 19. 9 2 1. 7 8. 8 20. 3 3 2. 1 10. 0 21. 6 4 2. 0 11. 4 22. 4 5 2. 4 12. 4 23. 3 6 3. 0 14. 5 25. 5 立ち回りポイント 設定推測 現状ではボーナス合算を目安に立ち回るのがベター。

次の

クレアの秘宝伝2 REG中のカードやRT終了画面等には高設定パターンアリ!!

クレア2 設定示唆

初当りビッグ後のRTでボーナスを引かなかった場合は、上表の割合で終了画面が選択される。 「ビッグ後のRT中に1回だけボーナスを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通りで、基本パターンは奇数設定の可能性が、偶数設定示唆画面は偶数設定の可能性が大幅にアップ。 また、設定2以上確定画面の選択率も飛躍的にアップする。 「ビッグ後のRT中にビッグを引き、その後のRT中に再度ビッグorREGを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通り。 REG中のカード REG入賞後はまずモード抽選が行われ、設定5or6であれば全て銀カード以上が出現するハイモードが選択される可能性あり。 ただし、通常モードでもヒキ次第では5枚全てが銀カード以上になることもあるうえ、仮にハイモードが選択されていても「ハイモードが選ばれました」という告知は発生しないため、完全に見抜くことは不可能。 ……とは言え、ハイモードでは金カード以上の選択率が飛躍的にアップするため、「1回のREGで銀カード2枚・金カード3枚」のようなことが起こればハイモード濃厚となる。 また、金カードの選択率に関しては通常モードでも設定1と6で4倍の差が設けられているため要注目。 各モードごとの銅・銀・金・赤カード選択率詳細は下表の通りだ(画像タップorクリックで拡大)。 設定5or6のみ選択される可能性があるハイモード中は、金カードと赤カードの選択率が飛躍的にアップ。

次の

クレアの秘宝伝2 設定判別・設定差解析|高設定示唆はRT中にアリ!?

クレア2 設定示唆

初当りビッグ後のRTでボーナスを引かなかった場合は、上表の割合で終了画面が選択される。 「ビッグ後のRT中に1回だけボーナスを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通りで、基本パターンは奇数設定の可能性が、偶数設定示唆画面は偶数設定の可能性が大幅にアップ。 また、設定2以上確定画面の選択率も飛躍的にアップする。 「ビッグ後のRT中にビッグを引き、その後のRT中に再度ビッグorREGを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通り。 REG中のカード REG入賞後はまずモード抽選が行われ、設定5or6であれば全て銀カード以上が出現するハイモードが選択される可能性あり。 ただし、通常モードでもヒキ次第では5枚全てが銀カード以上になることもあるうえ、仮にハイモードが選択されていても「ハイモードが選ばれました」という告知は発生しないため、完全に見抜くことは不可能。 ……とは言え、ハイモードでは金カード以上の選択率が飛躍的にアップするため、「1回のREGで銀カード2枚・金カード3枚」のようなことが起こればハイモード濃厚となる。 また、金カードの選択率に関しては通常モードでも設定1と6で4倍の差が設けられているため要注目。 各モードごとの銅・銀・金・赤カード選択率詳細は下表の通りだ(画像タップorクリックで拡大)。 設定5or6のみ選択される可能性があるハイモード中は、金カードと赤カードの選択率が飛躍的にアップ。

次の