確定申告 返信用封筒 切手代。 【角形2号】封筒の切手代はいくら?【一覧表でスッキリ解決】

確定申告を郵送する時の「返信用封筒」を同封する?控えとは?

確定申告 返信用封筒 切手代

郵送で確定申告を送るメリット 確定申告には電子申告、直接持ち込むなど、郵送の他にも方法があります。 電子申告が一番手間が少ないですが、導入までのハードルが高く、特に確定申告を初めたばかりの初心者には難しいです。 直接持ち込むのが確実ですが、多忙な毎日に数時間を費やして持参するのも面倒です。 郵送であれば、完成した申告書類をポストに投函するか、郵便局に持ち込むだけで、申告が完了するため、手間が少ない点が大きなメリットとなります。 確定申告に必要な書類 最低限必要な書類 確定申告に最低限必要な書類として以下の3点となります。 ・青色申告決算書(画像左)・・・2枚つづり ・確定申告書B(画像中)・・・4枚つづり ・確定申告添付書類(画像右)・・・1枚(控除証明書・マイナンバーカードの写しを貼り付ける) 控えの返信が欲しい場合に必要な書類(任意・オプション) 確定申告書類に控えが欲しい場合(各種申請等で利用する場合必要)は、返信用封筒と確定申告控え用書類を同封しておけば、税務署が押印をして、返信してくれます。 ただし押印は「受け取りましたよ」という意味で、申告内容に関しての承諾ではない事に注意して下さい。 控えの返信に必要な書類は以下のとおり。 ・青色申告決算書(控え)(画像左)・・・2枚つづり ・確定申告書B(控え)(画像中)・・・4枚つづり ・返信用封筒(画像右)・・・1通 返信用封筒の種類・書き方・切手料金 同封する返信用封筒の種類 確定申告の控えを収めてもらう封筒は「長形3号」であれば「A4」を追って収めれるので問題ないと思われます。 (毎年これで返信されてきてます。 ) 定形郵便用のサイズなので切手は82円で済みますが、枚数が多い場合は重量オーバーとなり過不足が発生します。 青色申告決算書と確定申告書Bの両方の控えを必要とする場合は、念のために 94円分の切手を貼っておきましょう。 82円切手では料金不足になる可能性があります。 普通に個人の確定申告ではない極端に大きな書類や膨大な書類がある場合は、更に大きな封筒とそれに合った切手を準備しましょう。 返信用封筒の書き方 返信用封筒には自分の郵便番号・住所・名前を記載しておきます。 名前の後は「行」で問題ありません。 「控え用返信封筒」と記載しても良いですが、確定申告にこの封筒を同封しておけば、ほぼ担当者は理解するので必須ではないと思います。 (毎年これで控えが返ってきてます。 ) 確定申告書類を収める封筒のサイズ・書き方・切手 案内に同封されている封筒を袋状にする 確定申告書類を収める封筒は、こだわりがなければ、税務署からの確定申告の案内に同封されている専用の封筒を利用する事で問題ありません。 キリトリ線にそって、ハサミかカッターで形を点線どおりに整えていきます。 あとは案内に従って、山折、谷折りを行い、セロパンテープなどで固定すれば封筒が完成します。 確定申告封筒の住所の書き方 送付先の住所は、税務署からの案内の封筒の右下に「返還先・連絡先」と記載されている税務署に送れば問題ありません。 作った封筒の宛先が「税務署行き」となっているので「行き」を打ち消し線で訂正して、「御中」に直しておきます。 (日本の返信する際のマナー) あとは確定申告書類を同封して、封をすれば完成です。 封を行うまでに 記載漏れ、押印漏れがないか最終確認をしたほうが良いでしょう。 (とくに押印漏れ) 確定申告書類の封筒の送り方・切手料金 確定申告用の封筒は、通常郵便か信書で郵送できます。 通常郵便の場合、通常郵便料金ですが重さによって必要な切手代が変わります。 50gまで・・・120円 100gまで・・・140円 150gまで・・・210円 250gまで・・・250円 500gまで・・・390円 今回の様に控えを同封すると最低料金の50gを軽く超えます。 同封する封筒によってもグラムが変わるので、一番確実なのは 郵便局の窓口に持っていき「こちら郵送お願いしたいのですが」と述べると、重さを図って切手代を計算してくれます。 その場で切手代を払うと、窓口の形が張って発送してもらえます。 自宅に計量図りがあれば、自分で測って切符を別途容易しても問題ないですが、締め切りギリギリという事情出ない限りは、窓口に持ち込んだ方が手間は小さいでしょう。

次の

郵便で切手の料金不足があった時、どうなるの?不足分は誰が払う?

確定申告 返信用封筒 切手代

返信用封筒の切手を間違えたら…? 相手から、書類を返送してもらう必要がある郵便物には 返信用封筒と切手を同封して送り返してもらう、という 方法を取ることもあります。 切手が無いと、相手が発送することができないので、 基本的に、切手も同封することになるのです。 しかし、この切手の金額… 普段郵便物を出さない人にとっては結構分かりにくいものです。 私も一度、間違えたことがあります(汗) もしも、返信用封筒に同封した切手の金額を間違えて しまった場合はどうなってしまうのかを見ていきましょう。 大きい金額の切手を送ってしまった場合… これは、送った自分が損するだけです。 相手方は、その切手を使って、返送してくるでしょう。 郵便局からすればラッキー!というわけです。 大きい金額の切手を貼ってしまった場合、基本的には 返送はちゃんとされてくると思います。 実際に、そういうケースを見たこともあります。 まぁ、なので、変な話、迷ったら 大きい方の切手を貼っておけば、自分は損しますが 必ず返信はされてくるはずです。 もちろん、当然のことながら余計に貼った分の 切手が返ってくることはありませんから、 その点は覚えておきましょう。 スポンサーリンク 小さい金額の切手を送ってしまった場合 返信用封筒に対して、同封した金額の切手が不足 している場合。 こちらのパターンの場合は、確実に返送してくれるか どうかは分かりません。 私も実際に1回やってしまったのですが、 私の場合は一応、返送はされてきました。 金額不足の場合は、下記のいずれかの対応に なるかと思います。 ・返送されてきて受け取り時に代金を支払う 返送はされてきますが、それを受け取る際に、 不足金額分を郵便局の方に支払うケースですね。 このケースになる場合も多いかと思います。 この場合は、高くても、数十円か数百円だと思いますから 不足分を支払いして、受け取ってしまいましょう。 ちなみに、受け取りを拒否してしまった場合、 どうなるか(流石にやったことないので…)分かりませんが 恐らくそのまま返送はされてこないと思います。 場合によっては向こうから確認の電話などはあるかもしれませんね。 ・返送されてきて、葉書に切手を貼って出す。 私の場合はこれでした。 10円、不足してしまっていたのですが、 その際に、返送されてきた封筒と一緒に、 郵便局からの葉書がセットになっていました。 その葉書の内容は「料金が不足していたので不足分の切手を この葉書に貼って、郵便ポストに入れて欲しい」というものでした。 私の場合は10円不足だったので、その葉書の切手添付欄に 切手を貼り付けて、近くの郵便ポストに入れました。 一応、受け取り拒否することもできるらしく、その場合は、受け取り拒否の旨 葉書に書いて、届いた封筒を開けずに返却して下さい、と 書かれていました。 ・返信されない 返信用封筒用切手が入っていなかったり、 明らかに金額が不足している場合は、相手方の判断によって 返信されない可能性もあります。 この辺りは、相手次第ですからなんとも言えませんが、 そのまま返信を送ってもらえず、連絡に支障が出る可能性もあります。 ・電話などで確認が入る 返信用封筒の料金が不足している場合、電話などで 相手先から確認の電話が入る可能性もあります。 その場合は、電話で相手と話し合って、 送ってもらうか、それともやめるかどうか、 よく考えてから決断するようにしましょう。 返信用封筒の切手の金額が足りないケースとしては 上のような対応になるのではないでしょうか。 いずれにせよ、面倒と言えば面倒ですから、 分かる範囲で、先に確認しておけると良いですね。 郵便局に支払いをしないと…? 郵便局から、不足金の支払いを求められているのに 支払いをしなかった場合は、郵便局から 何らかの連絡やペナルティをかけられる可能性もあります。 実際に「支払いをしなかった」という事例はあまり聞かないので、 どうなるかは分かりませんが、 良いことでないのは確かなので、しっかりと金額が不足していたら 支払いをするようにしましょう。 まとめ 返信用封筒なんて、普段なかなか同封する機会もないのですから 迷ってしまいますよね・・・。 切手の料金云々言われても、「え?」となってしまう 気持ちも分かります。 もしも、金額を間違えていても、 基本的には何らかの連絡があったり、 そのまま返信されてきて、追加料金を支払えば、受け取り できるようにはなっているとは思いますが、 どうなるかは確実ではありません。 が、万が一、返信用封筒を同封して、何かを発送 したのにも関わらず、相手から返送書類が到着しない場合は、 相手に対して、問い合わせをしてみましょう。 忘れていたり、切手の料金不足で止まっている可能性も ありますから、連絡してみることをおすすめします。

次の

確定申告を郵送でするときに注意したいこと。返信用封筒を入れ忘れたら?

確定申告 返信用封筒 切手代

切手代がかからないので「時間外収受箱投函」「署内の収受箱」を毎年利用してます。 税務署が開いてる時は、署内の収受箱に投函します。 電車で行きますが、買い物ついでなので交通費は考えない。 >税務署にある時間外収受箱に投函するにも「投函した証拠がない」ので申告漏れと扱われるのではないか。 郵便も同じです。 署内・署外の収受箱も同じです。 届かないことによる申告漏れを恐れるなら、普段か届かいないおそれがあると、郵便もメールも使わない人なのですね。 そんなふうでは、生きていくのが辛いでしょう。 気楽に過ごしたほうが良いですよ。 私なら届かない不安より、記載ミスが心配です。 ユーザーID: 3363723749• 普通郵便で送ってます それこそ昨日郵便局窓口で普通郵便で送って来たばかりです。 一昨年までは簡易書留で送っていたのですが、普通郵便は送った証明は残らないのですが、紛失する事も無いと思うので普通郵便に切り替えました。 因みに郵送した日(毎年2月入れば郵送しています)から7日から10日で税務署から収受検印が押された控えが返送されて来ます(自分の住所名前を書いた封筒に82円切手を貼った返送用封筒は、郵送時に同封です) 毎年数日かかって自力で書き上げて、郵送が無事に終われば肩の荷が下ります。 ほっとしています。 ユーザーID: 4322831345• 返信用封筒 ネットを見ていたら「簡易書留でないとダメだ」「普通郵便で万が一あったらどうするの?」を閲覧して不安になりました。 最初は「高くても簡易書留にするかな」と思っていました。 でもそこまでして・・・時間外収受箱は良いけど、電車で最寄り駅に行き、バスを10分待ち、乗車後10分後に到着。 何かのついでがあれば難なくできますが、それだけの目的で行くのは時間のロスのように思えてきました。 特定記録は休日営業している郵便局に行けば良いのですが、普通郵便と一緒に配達される可能性が高いので、それなら普通郵便で投函した方が時間のロスもないし、第一面倒でないと思ってきました。 ネットは情報に過ぎなく、経験豊かな小町の皆さんの意見を聞いて「普通郵便で送る」ことに決めました。 申告書と一緒に返信用封筒に切手を貼り同封します。 返信用が届いたら「受け取った」と思い一安心します。 みなさん、貴重な意見ありがとうございました。 ユーザーID: 8782942273•

次の